大江山ハイキング V 1/2/3/4/5

2014年4月10日(木) 2日目
連山縦走。

2_1 
0500起床。コンディションが良すぎて快眠できました。
現在地は京都府福知山市、千丈ヶ嶽の大江山休憩所。

休憩所の外は既に明るくなっています。
手早くチキンラーメンを作って出発準備。

2_2 2_3 
0542、空山の向こうから日が昇っています。
もう少し明るくなったら出発です。

2_4 2_5 
朝日に照らされる鬼嶽稲荷神社。
いい雰囲気ですね~

2_6 2_7 
0605、行程開始。天気は快晴、気温は12℃。
まずは、鬼嶽稲荷神社から1.1km先の千丈ヶ嶽を目指します。

大江山地図 
ここで大江山の地図をもう一度。
実は、大江山というのは赤石ヶ岳・千丈ヶ嶽・鳩ヶ峰・鍋塚から成る連山のこと。
本来は大江山連峰なのですが、一般的には大江山として知られています。
特に、最高峰の千丈ヶ嶽のことを大江山と呼びます。

本日は鬼嶽稲荷神社~千丈ヶ嶽~鳩ヶ峰~鍋塚~航空管制塔のルートを縦走。
以降は車道で辛皮駅に下ってゴール。約14kmの予定です。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋して掲載。
「カシミール3D」で出力し、ポイント及びルートを追記しています。

2_8 2_9 
千丈ヶ嶽へ。普通のハイキングコースです。

山歩きのスタイルが確立されたのは、2009年12月の「熊野古道トレッキング I」の頃。
今では基本的にフル装備で、淡々と行程をこなしています。もちろん楽しいですよ。

2_11 2_12 
0635、赤石ヶ岳(736.2m)方面からのルートに合流。
山頂まで緩い登り。

2_13 
まもなく山頂。
休日はハイカーで賑わいます。

2_14 2_16 
0640、大江山最高峰の千丈ヶ嶽山頂(832.5m)。
福知山市と与謝郡与謝野町の境界です。

2_15 2_17 
山頂の様子。これは南東の岩戸山方面。
ちょっとだけ休憩します。

2_19 2_18 
こちらは北西の与謝野町方面。
標識やトイレ等、よく整備されたルートだと思います。
アスセスは若干不便ですが・・・

16 17 
2009年11月撮影分、山頂の様子。
これも掲載しておきましょう。

2_20 2_21 
0652、出発。
鳩ヶ峰まで1km、まずは下りから。

2_23 2_22 
千丈ヶ嶽の北斜面には残雪があります。
この辺りで鹿を見かけました。

2_24 2_25 
鳩ヶ峰まで0.5km。ここから登りです。

2_26 
軽い岩場。普通に登れます。
ストックぐらいはあったほういいですね。

2_28 2_27 
振り返ると千丈ヶ嶽。
東には、昨日歩いてきた車道が見えます。

2_29 
まもなく山頂。

2_35 2_31 
0728、鳩ヶ峰山頂(746m)です。
北に見えるのは、これから向かう鍋塚。

2_33 2_30 
北西の下界、与謝野町の様子。
ちょっと霞んできました~

18 19 
20 
2009年11月撮影分。鍋塚方面の眺望。
ここからも雲海を楽しめます。

21 22 
同じく2009年撮影分。
北西の与謝野町と、南の千丈ヶ嶽。
空気が澄んでいれば日本海まで見えます。

2_37 2_38 
すぐに出発。鍋塚手前の駐車場まで0.6km。
普通に下っていきます。

2_39 2_40 
雪解けシーズンなので、道は若干ぬかるんでます。
スパッツを装備しておきましょう。

2_41 
まもなく駐車場。

2_42 
0800、駐車場に到着。
昨日の分岐から、ここまで車道で上がることができます。

2_44 2_45 
バイオトイレと避難小屋が設置されています。
コンディションは鬼嶽稲荷神社のほうが上。

2_43 2_47 
5.7kmのハイキングコース的には、ここが中間点といったところ。
出発から2時間、まだ休憩するほどでもありません。

2_48 2_49 
そのまま出発。鍋塚まで1.1km。
振り返ると鳩ヶ峰&千丈ヶ嶽。

2_50 2_51 
711mのピークを過ぎると、正面に鍋塚が現れます。

2_52 2_53 
ここからは岩場。
鳩ヶ峰&千丈ヶ嶽がよく見えますね。

2_54 
まもなく山頂。
ラスト、5ページ目に続きます。

「京都の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。