大江山ハイキング V 1/2/3/4/5

2014年4月9日(水) 1日目

1_63 1_64 
皇大神社境内を出て天岩戸神社に向かうと、正面に岩戸山。
天皇皇后両陛下の大江町御巡幸記念植樹もあります。

1_65 
1215、岩戸山(427.3m)。
城山や日室ヶ嶽の名でも知られ、古くから信仰の対象となっていた神体山。
山自体が禁足地のため、この場所に遥拝所が設けられています。
夏至の日には、山頂に太陽が沈むのだとか。

17 
2009年4月撮影分。
古い写真のほうが、それらしく撮れていたり。
最近の補完探訪は全体的に事務的だと思う。

1_66 1_67 
舗装路で天岩戸神社へ下ります。

1_68 1_69 
車道に合流すると、すぐに天岩戸神社。

1_70 1_71 
階段を下ります。

1_74 1_86 
1_72 
1225、皇大神社奥社の天岩戸神社。
小さな社務所に参拝帳が置かれています。
センサー式のライトと防犯カメラもあるヨ。

1_75 1_76 
その名の通り、岩戸隠れの伝説の残る社。
櫛岩窓戸命と豊岩窓戸命をお祀りしています。

1_77 1_78 
私が色々書くより、パネルを読んでもらったほうが分かりやすい。

1_79 1_80 
急な石段を下ります。スリップ注意。

1_81 
こちらが社殿。
岩場に設けられており、チェーンで登ります。
意外と普通に登れますが、無理しないでください。

8 9 
2010年撮影分。冬は危ないからオススメできません。

1_82 1_83 
社殿裏側には、御座石と呼ばれる巨岩があります。
滑りやすいから気を付けて。

1_84 1_85 
沢から社務所の様子。とても秘境っぽい雰囲気。
この沢は五十鈴川に合流しています。

1_87 1_88 
元伊勢巡りを終えて大江山へ。
時刻は1250、まだまだ余裕があります。

1_89 1_90 
二瀬川渓流沿いのR9に合流しました。

1_91 1_92 
R9を外れて散策道へ。

1_93 
散策道まで軽い上り。

1_94 1_95 
1330、散策道入口。
鹿・猪対策の防護柵が設置されています。

1_96 1_97 
鬼の足跡がありました。
私のトレッキングシューズは26cmです。

1_98 
頼光の腰掛岩。
かつて鬼退治に訪れた源頼光が座ったらしい。

10 11 12 
13 
これも2010年撮影分。
R9から散策道、頼光の腰掛岩へ。
人間がここに座るのは無理がありそう。

1_99 
二瀬川渓流に架かる新童子橋。
対岸にも散策道があるようですが、高所恐怖症だからパス。
この辺りは紅葉でも有名だとか。

1_101 
福知山と宮津を結んだ旧宮津街道の石畳。
「地霊殿」的には、旧地獄街道みたいな感じで。

散策道には東屋やトイレが設置されており、
規模の割にはよく整備されていると思います。

1_103 1_102 
1_104 
左手には美多良志荒神社。
源頼光よりも古い時代の鬼退治伝説。

1_105 1_106 
石畳を歩いて、まもなく車道に下ります。

1_107 1_108 
1350、車道に下って分岐の様子。
左は大江山・鬼嶽稲荷神社方面。右はR9で宮津方面へ。

1_109 
ここまで来れば、大江山の家は目前。

1_110 
1355、大江山の家グリーンロッジ。
宿泊とかキャンプとかできます。

1_111 1_112 
大江山にむかう頼光たち。
平安時代、大江山を拠点に人攫いなど悪行の限りを尽くした酒呑童子は、
帝の命を受けた頼光らによって討伐されました。

酒呑童子討伐に派遣されたのは源頼光と副官の藤原保昌に、
四天王の渡辺綱、坂田公時、碓井貞光、卜部季武で増強された
6名編成の精強な特殊作戦分遣隊。山伏に変装して鬼の本拠地を奇襲しました。
史実というわけではなく、地方勢力との戦いを元にした伝説と考えられています。

頼光といえば、大江山の鬼だけでなく土蜘蛛退治の伝説も有名。
萃香や勇儀以外に、黒谷ヤマメも懲らしめられたことがありそうです。
それよりずっと後の時代、源頼政は先祖である頼光の弓を使って
鵺を射落としています。妖怪は退治される運命にあるんだね。

1_114 1_113 
1_115 1_182 
大江山周辺の地図。
大江山の家バス停から大江駅に戻ることができます。
右下は平成の大鬼と、日本鬼の交流博物館。
こじんまりした観光地ですね。

1_116 1_117 
1405、童子荘の裏手にIN。ここで休憩&昼食タイム。
この先、自販機はありません。

出発から4時間ほど。結局ノンストップで歩きました。
時間は十分あるし、しばらく休ませてもらいます。

1_119 
1505、休憩終了につき出発。
本日の目的地である鬼嶽稲荷神社へ。
次ページに続きます。

「京都の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。