鞍馬寺・貴船神社探訪 II 1/2/3

2013年6月12日(水)
初夏の鞍馬・貴船探訪。
射命丸文と水橋パルスィの元ネタ巡り。
鞍馬山の鞍馬寺と、貴船神社を歩きます。

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。
必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。

1 
0800、叡電鞍馬線の貴船口駅にて下車。
ここは京都府京都市左京区になります。
平日の朝ですから、他には誰も降りません。

2 172 
天気予報によると、今日は曇り&雨。
梅雨を求めてやってきたら、実際には晴れ模様。

鞍馬・貴船地図 
こちらが鞍馬・貴船周辺の地図。
本日は貴船口駅をスタートして竜王岳に取り付き、鞍馬寺へ。
鞍馬寺から貴船神社に下り、貴船口駅に戻ってゴールの予定。
山歩きを兼ねた探訪プランとなっています。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。
「カシミール3D」で出力し、ポイント及びルートを追記。
利用規約に基づいて掲載しています。

4 
0812、出発。R38で鞍馬方面へ。
正面に見えるのが竜王岳(500m)。

5 6 
適当なところから竜王岳に取り付きます。
今日はちゃんとナビゲーションしよう。

※竜王岳はハイキングコースとして整備されておらず、
正式な登り口やルートはありません。念のため。

7 
尾根をストレートに登ります。それなりにきつい。
一応、巻き道が作業道として設けられています。

11 
登っていると相当暑い。
写真では傾斜が伝わりにくいです。

16 
作業道らしき道に合流。

20 19 
北西に見えるのが鞍馬寺。下には鞍馬本町の様子。

21 
まもなく最初のピークです。

23 22 
0900、最初のピークに到着。眺望はありません。
薄く竜王岳と書かれていますが、地形図的には次のピークが竜王岳。

26 27 
竜王岳山頂へ向かいます。
道はありませんが、緩やかなルート。

29 30 
0920、竜王岳山頂(500m)に到着。
ここにも経塚があります。そして暑い。

33 
山頂からの眺望。
鞍馬山(584m)の中腹には鞍馬寺の本殿金堂。
その向こうが貴船山(699.8m及び716m)の尾根となります。

34 
休憩後、鞍馬寺方面へ下ります。

36 39 
北東に下れば、静原方面から延びてきた薬王坂に合流。
今回は合流せず、北西の斜面を下っていきます。

41 42 
鞍馬寺の仁王門が見えました。遠足の記念撮影中。
さて、どこに下ろうかな~

43 
・・・下は民家の裏手になっており、適当な下り口が見当たらない。
このまま林縁に沿って、薬王坂に合流しましょう。

44 45 
1023、京都一周トレイル西山コースに合流。
最初から薬王坂に合流すればよかった。

46 
鞍馬川を渡って鞍馬本町に入ります。
どんより曇ってきました。

57 
1027、鞍馬寺。
まずは周辺を散策しましょう。

48 173 
49 50 
1033、叡電鞍馬線の鞍馬駅。
そろそろハイカーや観光客が増えてくる時間です。
ザックを下ろして一旦休憩・・・

2 6 
2015年5月2日撮影分。
ストレートに鞍馬寺へ参拝する場合は、当駅にて下車。
今回は天気がイマイチなので、ここから2015年撮影分で進行します。

3 4 
駅前には天狗のオブジェ。
鞍馬山僧正坊と呼ばれる大天狗の伝説があり、鞍馬天狗として有名です。

東方的には、「文花帖」や「風神録」に登場する射命丸文、
「ダブルスポイラー」の姫海棠はたての元ネタの一つとして考えられるでしょう。
あやや&はたては鴉天狗であり、大天狗の部下に相当します。
一応、白狼天狗の犬走椛も関係してるかな・・・

7 9 
10 
駅を出ると、すぐに鞍馬寺の仁王門。
やっぱり晴れの日に訪れるのがいいですね。

11 12 
13 
仁王門をくぐって山内へ。入山料は200円。

宝亀元年(770年)に、鑑禎上人によって開かれた鞍馬寺。
現在は天台宗系の鞍馬弘教総本山。山号は鞍馬山です。

15 14 
ここから浄域、信仰の山です。

60 1 
仁王門から入山。
左が2013年、右が2009年6月6日撮影分。
いつ訪れても同じような写真に。

16 17 
山内にはケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)が通っており、
麓から中腹までショートカットが可能です。

麓の普明殿にあるのが山門駅。
鞍馬寺的には、「健康のためにも、できるだけお歩きください」とのこと。
もちろん、私も徒歩での参拝を推奨します。

18 19 
山内を登っていくと、鬼一法眼を祀る鬼一法眼社。
右手には魔王の瀧と、魔王の碑があります。
ここまで2015年撮影分でした。

まもなく由岐神社。
次ページに続きます。

「京都の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。