貴船山ハイキング 1/2

2014年1月19日(日)

57 
1207、電鞍馬線の貴船口駅に到着。
ここまで来ると、貴船神社に向かう観光客がいっぱい。

58 
駅舎にて、ひとまず装備を整理。

駅前には京都バスの貴船口駅前バス停があります。
貴船神社までバスを利用するのが無難かな。

59 60 
駅舎の裏に回って昼食&休憩タイム。
パック飯を加熱しながら、冷えた指を温めます。
本日のメニューは白飯&かつおカレー煮でした。

1315、休憩終了につき出発。
じっくり休んだし、後半戦を楽しみましょう。

61 62 
R361を2kmほど歩いて貴船神社方面へ。
空はすっかり雪雲。本格的に降ってきました。

63 
こちらの区間も歩道はありません。
そして、京都の交通マナーは本当に・・・

64 65 
まもなく貴船神社。

66 
鞍馬寺西門。いつも下ってくるところです。
今回、鞍馬寺には寄りません。

67 69 
68 
1327、貴船神社本宮に到着。観光客だらけ。
赤い鳥居は新緑にも雪にも映えますね。

R38とR361の分岐にあったのが一の鳥居。
こちらは二の鳥居になります。

1 2 
これは2010年1月17日の撮影分。
同じシーズンでも、雪が降ったり、積もらなかったり。

73 72 
境内へ登ります。いつものアングル。
滑りやすいから気を付けて。

74 
神門をくぐって境内へ。
雪が降っていても、帽子やグローブを外すのが普通。

75 
拝殿にて参拝。
祭神は水の神様として知られるタカオカミ神です。

76 
水占いのおみくじコーナー。
こんなシーズンでも賑わってます。

77 
Wi-Fi対応、と以前も書きました。

79 78 
境内の様子。家族連れやアベックなど色々。

81 
本宮を出ます。

80 82 
R361へ下ります。とても滑りやすい。
こういうコンディションですから、足回りは万全の装備で。

83 84 
R361を歩いて結社へ。また晴れてきました。

85 
1347、貴船神社結社。
本宮→奥宮→結社が正式な参拝順序。
帰りに訪れます。

88 
更にR361を歩いて奥宮へ向かいます。

89 90 
思ひ川を渡って参道へ。

92 91 
林内は立入禁止。
貴船山から適当な斜面で下るのはNGです。

93 
1400、ここから貴船神社奥宮。

東方的には、「地霊殿」の水橋パルスィの元ネタの一つ。
その手の情報は「鞍馬寺・貴船神社探訪 II」からどうぞ。

94 95 
神門をくぐって境内へ。観光客少なめ。

96 
正面が拝殿、奥が本殿。
左奥には御舟型石があります。

98 99 
本殿にて参拝。祭神はタカオカミ神です。

絵馬コーナーの隣には防犯カメラが設置。
ここが特別なわけではなく、今時どこにでもあります。

97 100 
拝殿から境内の様子。
よく積もってますね。

101 
リターン開始。今日は変な天気です。

86 
貴船神社結社に戻りました。
こちらの祭神は磐長姫命。

87 
天乃磐船と結び文コーナー。
今回もいい雰囲気でした。

102 103 
それでは、貴船川に沿って下りましょう。
貴船口駅まで歩く人は意外と多い模様。

105 111 
1443、貴船口駅にリターン完了。
本日の歩行距離は約17km。 短い行程を終えました。

109 
後は電車で帰るだけ。
短いながらも充実のプランとなりました。
お疲れ様~

「京都の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。