東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 VI

2022-02-05 改訂
2014-07-20~2019-07-21 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.本宮祭で大いに賑わう伏見稲荷へ

02.献納提灯で真っ赤に染まる本宮祭

御膳谷奉拝所四ツ辻展望地表参道楼門外拝殿内拝殿鳥居奥社奉拝所四ツ辻御膳谷奉拝所展望地伏見稲荷駅

献納提灯で真っ赤に染まる本宮祭

御膳谷奉拝所

御膳谷奉拝所 献納提灯が並ぶ御膳谷奉拝所
2014年7月20日。 19時前、稲荷山の御膳谷奉拝所。既に電燈や献納提灯に点灯されています。

御膳谷奉拝所の参道 献納提灯が並ぶ御膳谷奉拝所
献納提灯が並ぶ御膳谷奉拝所 献納提灯が並ぶ御膳谷奉拝所
2018年7月22日。参道や軒下に吊るされた提灯の赤が、じわじわ濃くなっていきます。

献納提灯が並ぶ山上の祈祷所 祈祷殿奥の御膳谷神蹟
山側の石段を登ると、山上の祈祷所こと祈祷殿があります。

献納提灯が並ぶ山上の祈祷所 真っ赤に点灯された献納提灯
献納提灯が並ぶ祈祷殿 御膳谷旧蹟とお塚
2018年7月22日。御膳谷は稲荷山の神蹟。稲荷大神に神饌をお供えする祭祀の場であります。

献納提灯で照らされる参道
日が暮れてからが本宮祭の本番。四ツ辻へ戻ります。

献納提灯で照らされる参道 赤く染まりつつある参道
赤く染まりつつある参道。明るさと暗さが同居する時間です。

本宮祭の雰囲気が漂う参道 本宮祭の雰囲気が漂う参道
2018年7月22日。薄暗くて静かな稲荷山の参道が好きです。

四ツ辻

日没前の四ツ辻 日没前の四ツ辻
1910、四ツ辻に戻りました。中腹でこの賑わい。山麓はもっと混雑しているでしょう。

展望地

献納提灯で朱色の鳥居を表現 献納提灯で朱色の鳥居を表現
献納提灯で朱色の鳥居を表現
荒神峰の北西にある展望地。提灯に点灯され、稲荷山らしく朱色の鳥居を表現しています。

稲荷山に浮かぶ献納提灯の鳥居 稲荷山に浮かぶ献納提灯の鳥居
稲荷山に浮かぶ献納提灯の鳥居 稲荷山に浮かぶ献納提灯の鳥居
2018年7月22日。提灯から滲み出る赤。この鳥居は山麓の表参道から見えています。

稲荷山参道を下る
四ツ辻から本殿に下ります。

暗くなった稲荷山参道 赤く照らされる稲荷山参道
すっかり暗くなった参道。日没後に稲荷山に登る人も多いです。電燈が設置されているとはいえ、暗いところもあるから要注意。ヘッドランプや手持ちライトがあれば便利です。

混雑する境内
20時前、本殿周辺に下りました。一旦、混雑する境内を出ます。

表参道

伏見稲荷大社の一の鳥居
2008、再び伏見稲荷大社、表参道の一の鳥居。この車道は交通量が多くて危ないです。

本宮祭の一の鳥居 本宮祭の一の鳥居
2018年7月22日。ISO100のリバーサルフィルムで撮るのは難しい。ピントも合ってないし。

献納提灯が並ぶ表参道
真っ赤に染まる表参道 真っ赤に染まる表参道
2014年7月20日と2018年7月22日。真っ赤に染まる表参道。献納提灯と短冊が風に揺られます。

本宮祭の献納提灯 本宮祭の表参道
本宮祭の神幸道 本宮祭の神幸道
2019年7月21日。この時は日没前から山麓で待機しました。参拝者は年々増加して飽和状態です。

楼門

真っ赤にライトアップされた楼門
ライトアップされた楼門
ライトアップされた楼門
2018年7月22日と2014年7月20日。ライトアップされた楼門をお楽しみください。

本宮祭の手水舎と楼門 参集殿駐車場で本宮踊りが開催
楼門前の手水舎。右手の参集殿駐車場では本宮踊りが開催中です。

真っ赤な楼門 真っ赤にライトアップされた楼門本宮祭の手水舎と楼門 真っ赤にライトアップされた楼門
2018年7月22日。朱色を強調するため意図的にVelviaを使用しており、実際にはこれほど明るくシャープな情景ではないです。イメージ写真として鑑賞してください。

献灯提灯に照らされる狐 献納提灯で飾られた楼門
本宮祭で賑わう手水舎 本宮祭で賑わう楼門前
2019年7月21日。楼門と手水舎。この賑わいも本宮祭の魅力の一つです。「いなこん」4話、楼門のライトアップや揺れる短冊の描写が最高でした。

献納提灯で飾られた楼門 献納提灯で飾られた楼門
大きな献燈が掲げられた楼門。本宮祭の熱気を写真で伝えるのはとても難しい。

本宮祭を見守るうか様のパネル
楼門前には、うか様こと宇迦之御魂神のパネル。伏見稲荷の主祭神です。

真っ赤な楼門
行灯画が並ぶ楼門
ライトアップされた楼門
2018年7月22日、2014年7月20日、2019年7月21日。楼門から境内へ。行灯画にも点灯されています。作中では宵宮祭の情景を完全再現。神作画でした。

外拝殿

行灯画が並ぶ外拝殿
外拝殿に並ぶ行灯画
よしだもろへ氏の行灯画
外拝殿。うか様の行灯画があります。稲荷山の情景に魅了されて何度も訪れるうちに信仰に目覚め、「いなこん」をきっかけに伏見稲荷の探訪記事を作成しました。私にとって特別な作品です。

真っ赤な外拝殿 真っ赤な外拝殿
2018年7月22日。鎮座1250年を記念して始められた本宮祭。稲荷社が誇る1300年以上の歴史では最新の祭礼です。古代の秦氏が見たら鮮烈すぎて驚愕するかもしれません。

よしだもろへ氏の行灯画 休憩所に並ぶ行灯画
2019年7月21日。休憩所前によしだもろへ氏の行灯画を見つけました。アメリカンショートヘアー…猫派だったのですね。

本宮祭の献納提灯 外拝殿に並ぶ行灯画
2019年7月21日。内拝殿前の提灯と行灯画。デジタルのほうが現実的な写りではあります。

内拝殿

本宮祭の内拝殿 本宮祭の内拝殿
2035、内拝殿にて参拝。右の写真は3時間前。稲荷山を歩き回ると、あっという間に日が暮れます。

真っ赤に染まる内拝殿 真っ赤に染まる内拝殿
2018年7月22日。内拝殿奥の本殿に稲荷大神が鎮座。お祭りを見守ってくれているのでしょう。

夜の稲荷山へ
権殿左手の鳥居をくぐり、再び稲荷山に入ります。

鳥居

献納提灯に照らされる参道 献納提灯に照らされる参道
真っ赤な参道を通って千本鳥居へ。4話のいなりちゃんと丹波橋くんのシーンと同じ幻想的な感覚を味わえます。今年は全国から「いなこん」の探訪者が来ているはず。

献納提灯に照らされる参道 献納提灯に照らされる参道
献納提灯に照らされる参道
2019年7月21日。原作が完結しても「いなこん」モードで探訪。まだまだ熱心なファンを見かけます。

千本鳥居の献納提灯
千本鳥居の献納提灯 千本鳥居の献納提灯
千本鳥居。ここは相当混雑する場所。空いたタイミングを見計らって撮影します。

千本鳥居の電燈 千本鳥居の献納提灯
千本鳥居の献納提灯 千本鳥居の献納提灯
2019年7月21日。千本鳥居の献燈。ちょっとだけ構図を工夫してみるの。

奥社奉拝所

本宮祭の奥社奉拝所 本宮祭の奥社奉拝所
奥社奉拝所の行灯画
21時前、奥社奉拝所。ここにも行灯画が並んでいます。

白狐を象った絵馬 うか様の絵馬
奥社左奥には白狐の絵馬コーナー。うか様やいなりちゃんのイラストが沢山ありました。

夜の稲荷山参道
ここから2019年7月21日。奥社から稲荷山の四ツ辻方面へ。「いなこん」の作中では献納提灯が設置されていましたが、実際の参道にはありませんでした。

四ツ辻

赤く照らされる参道 赤く照らされる参道
一気に飛ばして中腹の四ツ辻からお山巡りを始めます。

御膳谷奉拝所

御膳谷奉拝所の参道 御膳谷奉拝所の参道
御膳谷奉拝所へ。山麓とは打って変わって静かな参道です。

御膳谷奉拝所 御膳谷奉拝所の献納提灯
本宮祭の祈祷殿
山上の祈祷所こと祈祷殿。赤い提灯が稲荷山を照らします。

展望地

夜空に浮かぶ献納提灯の鳥居
夜空に浮かぶ献納提灯の鳥居 夜空に浮かぶ献納提灯の鳥居
荒神峰北西の展望地。夜空に浮かぶ提灯の鳥居。ここまで2019年7月21日の探訪でした。

本宮祭の千本鳥居
奥社奉拝所に下り、千本鳥居を引き返します。

献納提灯に照らされる鳥居 献納提灯に照らされる鳥居
朱色の参道。中を通るだけでなく、横から撮るのもいいです。

本宮祭の境内 本宮祭のポスター
本殿周辺に戻りました。時刻は2110。そろそろ帰る時間やね。

本宮踊り会場 本宮祭の表参道
楼門を出ると、本宮踊り会場も撤収中。短いお祭りが終わろうとしています。

表参道から稲荷山の鳥居 表参道から稲荷山の鳥居
表参道から稲荷山。作中でも描かれたように提灯の鳥居が見えます。

本宮祭の神幸道
賑やかな神幸道を通って帰ります。

京阪伏見稲荷駅

京阪本線の伏見稲荷駅
2130、京阪本線の伏見稲荷駅。4時間半の探訪を終えました。

普通出町柳行きで撤収
2140の普通出町柳行きに乗車。これにて「伏見稲荷大社探訪」は完結です。お疲れ様でした!

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。