東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 V

2022-08-07 改訂
2009-05-29~2022-07-30 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.「伏見稲荷大社探訪」の目次と概要

03.静まり返った深夜の稲荷山を巡拝

四ツ辻御膳谷奉拝所御劔社一ノ峰展望地四ツ辻本殿師団街道

静まり返った深夜の稲荷山を巡拝

夜の稲荷山参道 夜の稲荷山参道
2014年4月25日。引き続き稲荷山を探訪。中腹の四ツ辻を目指します。

夜の稲荷山参道 夜の稲荷山を探訪
2009年5月29日。ライトを装備すると、こんな写真を撮りたくなります。記事を書いているのが2021年。12年前の写真です。

四ツ辻
2014年4月25日。四ツ辻が見えました。

四ツ辻

夜の四ツ辻
2014年4月25日。0255、四ツ辻に到着。地形的には稲荷山の中腹です。気温は9℃。登っていると暑いけど止まると肌寒いぐらい。夜は冷え込み、昼は25℃前後に上がるとの予報でした。

四ツ辻から京都市街の夜景
2014年4月25日。西には京都市街の眺望。明るい道路は名神高速、空に輝くのは金星です。深夜の市街は静寂そのものと思いきや、サイレンがよく聞こえます。「いなこん」では、うか様が鳥居に座って夜景を眺めるシーンがありましたね。

夜の稲荷山を探訪 夜間探訪装備
四ツ辻から京都市街の夜景 夜の四ツ辻
2013年9月9日。21時を過ぎると観光客は殆ど帰ってしまいます。夜の稲荷山は怖いところだという迷信が蔓延し、肝試しが目的の連中も見受けられます。稲荷山は神聖な祭祀の場です。断じて心霊スポットではありません。神域を冒涜するのはやめてください。

御神蹟参拝図 消火用バケツ
2010年6月20日。御神蹟参拝図。十字路になっていることから四ツ辻と呼ばれます。

稲荷山の最高峰は一ノ峰(233.8m)。その西に二ノ峰(219.4m)、三ノ峰(192.2m)が並びます。古くは稲荷山の西麓ではなく山上で神様をお祀りしており、伏見稲荷大社では稲荷大神が顕現された三ヶ峰の神蹟として特別視されています。明治時代、三ヶ峰を含む七神蹟が稲荷神社によって整備。それらの神蹟を巡拝するのが現代の「お山巡り」です。

夜の四ツ辻 夜の四ツ辻
夜の四ツ辻 夜の四ツ辻
2019年4月20日。お山巡りの起点となる四ツ辻。七神蹟の巡拝は時計回り、反時計回りの2通りを選べます。一応は時計回りが正式順路とされますが、反時計回りでも全く問題ありません。地形的には時計回りのほうが楽かな。

四ツ辻から一ノ峰へ 四ツ辻から一ノ峰へ
2014年4月25日。お山巡り開始。四ツ辻を直進して時計回りで一ノ峰を目指しましょう。標識によると、時計回りなら約30分の行程。参拝や撮影の時間を考慮すればもっとかかります。初めて訪れると高確率で迷いますから、余裕のあるプランで巡拝してください。

大杉社へ 稲荷山参道の鳥居
2014年4月25日。まずは大杉社。意外と写真が少なかったです。

本宮祭と大祓式のポスター ミニ鳥居
2010年6月20日。使えそうな写真は古くても掲載します。

夜の眼力社 眼力社手水舎の狐
2014年4月25日。眼力社。山麓の本殿とは大きく異なる雰囲気。現代の稲荷山は民間信仰の一大聖地でもあります。山中に数多くの鳥居や拝所、お塚が建てられているのは、霊験があって神様を崇敬する人がそれだけ多いということ。

夜の眼力社 眼力社手水舎の狐
2019年4月20日。信仰を持たない連中が肝試しをやってる一方で、白装束で蝋燭を片手に巡拝する行者さんも存在します。深夜にお山巡りをするのは信仰の一形態です。絶対に祈祷の邪魔をしないように。

御膳谷奉拝所

夜の御膳谷奉拝所 夜の御膳谷奉拝所
2019年4月20日。眼力社の先は御膳谷奉拝所。伏見稲荷が管理する七神蹟の一つです。

御膳谷奉拝所の社務所 夜の御膳谷奉拝所
御膳谷奉拝所の参道 御膳谷奉拝所の狐
2014年4月25日、2010年6月20日、2009年5月29日。これも使えそうだから掲載しよう。

夜の御膳谷奉拝所 夜の祈祷殿
2019年4月20日。石段を登って祈祷殿へ。三ヶ峰北斜面の御膳谷に位置し、稲荷大神に神饌をお供えする祭祀の場であります。

夜の祈祷殿 御膳谷奉拝所のお塚
2014年4月25日。山上の祈祷所こと祈祷殿。ここにも沢山のお塚が並びます。

御膳谷神蹟 御膳谷旧蹟
御膳谷奉拝所のお塚 御膳谷旧蹟
2019年4月20日。祈祷殿奥に御膳谷神蹟。右手には御膳谷旧蹟。祈祷殿の周囲には無数のお塚が密集しています。これはリバーサルフィルムで撮らなければならない情景です。

御膳谷奉拝所のお塚 御膳谷奉拝所のお塚
御膳谷奉拝所のお塚 御膳谷奉拝所のお塚
2019年4月20日。お塚で埋め尽くされた稲荷山独特の世界観。石碑や扁額にはオリジナルの神名が記されており、一つ一つのお塚に崇敬者の信仰がこめられています。

電燈に照らされた鳥居
2018年3月10日。崇敬者が奉納した電燈。稲荷山の風景は庶民の寄進で成り立っています。

夜の稲荷山参道 夜の稲荷山参道
2014年4月25日。御膳谷から谷沿いに薬力社へ。北の沢を下ると清瀧に繋がります。

夜の薬力社 夜の薬力社
2014年4月25日と2019年4月20日。薬力社までやってきました。

夜の薬力社 薬力社の薬力の滝
夜の薬力社
2014年4月25日と2019年4月20日。薬力社の奥に薬力の滝があります。

薬力社の薬力の滝 薬力社の薬力の滝
2019年4月20日と2014年4月25日。行者さんが滝行をする薬力の滝。静かな山に滝の音だけが響きます。

夜の稲荷山参道 夜の稲荷山参道
2014年4月25日。薬力社から御劔社へ。一ノ峰まで険しい石段が続きます。歩き慣れていない人には相当きつい登り。下山できなくなるほどバテることもあります。真夏は蟲だらけだから覚悟してね。

御劔社

夜の御劔社 夜の御劔社
2019年4月20日。石段を登りきると御劔社。七神蹟の一つ、長者社神蹟です。

御劔社のお塚 御劔社の釼石
夜の御劔社 夜の御劔社
2019年4月20日。社殿後背には釼石と呼ばれる磐座が鎮座。長者社神蹟には秦氏、荷田氏、賀茂氏の諸要素が散りばめられています。今は簡潔に触れるだけ。以降のページで詳しく紹介します。

夜の稲荷山参道
2014年4月25日。御劔社から一ノ峰へ。お山巡りで最も険しい石段の登りになります。

稲荷山の一ノ峰へ
2014年4月25日。一ノ峰が見えました。

一ノ峰

夜の稲荷山一ノ峰 夜の稲荷山一ノ峰
2014年4月25日。0355、一ノ峰に到着しました。標高233.8m、稲荷山最高峰の山頂。七神蹟の中でも特別視される上社神蹟です。遠い昔、この山の頂に神様が顕現されました。

夜の稲荷山一ノ峰
2018年3月10日。伊奈利社の起源となった伊奈利山の山頂。間違いなく1300年以上の歴史を持った神奈備であります。古代から守られてきた神域を巡拝させていただいている、という気持ちを決して忘れてはなりません。

夜の稲荷山一ノ峰 夜の稲荷山一ノ峰
稲荷山一ノ峰へ 稲荷山一ノ峰のお塚
2019年4月20日。神域特有の穏やかな空気を感じられるお山巡り。怖さや不気味さは皆無。むしろ安心感があります。稲荷山が恐ろしい場所という迷信が本当なら、私はとっくに冥界送りになっています。

猪・猿出没注意 稲荷山参道の鳥居
2019年4月20日。稲荷山全域に猪・猿が出没しています。猿は凶暴なので絶対に近寄らないでください。餌付けなど論外です。

夜の稲荷山参道 夜間の歩行は静かに
2014年4月25日。一ノ峰から四ツ辻へ下ります。茶屋と民家が一体のところもありますから、山中で馬鹿騒ぎしないように。とても迷惑です。

夜の稲荷山三ノ峰
夜の稲荷山三ノ峰 稲荷山三ノ峰の狐
2014年4月25日と2009年5月29日。三ノ峰に下りました。七神蹟の一つ、下社神蹟です。二ノ峰と間ノ峰は撮り忘れ……

稲荷山三ノ峰の猫ちゃん
2010年6月20日。お散歩中の猫ちゃんに出会いました。

夜の稲荷山参道
2014年4月25日。四ツ辻へ。鳥居の裏側には奉納者の氏名と住所が記されています。

稲荷山参道の鳥居 鳥居に隠れる猫ちゃん
2010年6月20日。鳥居の影から様子を窺う猫ちゃん。怖くないよ?

夜の稲荷山参道 鳥居に映る狐の影
2010年6月20日。鳥居に投影される狐のシルエット。デジタルの割には印象的でした。

稲荷山参道の鳥居
2018年3月10日。どこで撮ったか覚えてないけど、おそらく四ツ辻~三ノ峰の参道です。

満月に照らされる稲荷山の鳥居 満月に照らされる稲荷山の鳥居
2019年4月20日。満月を光源として活かしました。実際の参道はもっと暗いです。

四ツ辻へ
2014年4月25日。四ツ辻が見えました。お山巡りの最後は荒神峰に登ります。

109 110 
2019年7月21日。四ツ辻手前、鳥居の隙間からライトアップされた京都タワーが見えました。木々に覆われた稲荷山中で京都タワーを見られるのは、多分ここだけです。

荒神峰へ
2014年4月25日。お山巡りの最後は荒神峰へ。七神蹟の一つ、田中社神蹟です。これで七神蹟を巡拝できました。

展望地

稲荷山の展望地へ
2014年4月25日。荒神峰の北西にある展望地へ。四ツ辻より眺望を得られる稲荷山の穴場です。

稲荷山から京都市街の夜景
2014年4月25日。展望地の西方には京都市街が広がります。電燈が設置されていないのでライト必須。

稲荷山から京都市街の夜景
2018年3月10日。シャッタースピード長めに撮影。空気が澄んでいれば大阪市街の明かりも写ります。

稲荷山から京都市街の夜景 稲荷山展望地の鉄柱
2019年4月20日。満月の明るさを強調。7月に斎行される宵宮祭・本宮祭では、展望地の鉄柱に提灯が吊るされて大きな鳥居になります。

夜の御幸奉拝所
2014年4月25日。展望地の北には御幸奉拝所。ここから舗装路を下ると伏見稲荷の境内を出て、北麓の泉涌寺・今熊野観音寺方面へ。京都一周トレイル東山コースの一部です。

四ツ辻

夜明け前の四ツ辻
2014年4月25日。0440、再び四ツ辻。もう空が青くなってます。本殿まで一気に下りましょう。

夜明け前の稲荷山参道
2014年4月25日。足元に気を付けて下ります。

夜明け前の稲荷山参道 早朝の奥社奉拝所
2014年4月25日。鳥居のトンネルを抜けて奥社奉拝所へ。

早朝の千本鳥居 早朝の奥社奉拝所
2014年4月25日。千本鳥居。深夜に訪れた人もいたのかな?

早朝の千本鳥居
2014年4月25日。まだ暗い千本鳥居の中を通ります。

本殿

末社
2014年4月25日。本殿周辺。こんなに明るくなりました。

早朝の本殿周辺 早朝の外拝殿と内拝殿
2014年4月25日。天気は快晴。東の空には下弦の月。観光客は皆無、地元の方が散歩しています。

早朝の楼門 早朝の楼門
2014年4月25日。0515、本殿から楼門へ。一旦、境内を出ます。

早朝の一の鳥居
2014年4月25日。表参道の一の鳥居。前段はひとまず終了…お疲れ様でした。

師団街道

ローソン伏見稲荷駅前店 ローソン伏見稲荷駅前店
2014年4月25日。ローソン伏見稲荷駅前店にて休憩&朝食。京阪伏見稲荷駅のすぐ西、師団街道に面しています。 墨染さんに変化したいなりちゃんを丹波橋くんが確保した場所ですね。休憩を終えたら伏見稲荷駅に戻ります。

伏見稲荷駅から疏水を渡り稲荷駅へ
次ページ、伏見稲荷駅から探訪を始めます。

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。