東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 V

2022-08-07 改訂
2009-05-29~2022-07-30 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.「伏見稲荷大社探訪」の目次と概要

29.鳥羽街道に鎮座する摂社の田中神社

田中神社鳥羽街道駅

和泉式部の稲荷詣と田中明神

鳥羽街道に鎮座する摂社の田中神社

伏見稲荷大社前の本町通
2022年7月30日。伏見稲荷大社の表参道前から田中神社へ。本町通を北に0.7km歩きます。

稲荷繁栄会の銘板 伏見稲荷大社前の本町通
伏見稲荷大社前の本町通 稲荷繁栄会の幟
2022年7月30日。稲荷繁栄会の銘板と幟が並ぶ本町通(伏見街道)。車には十分気を付けてください。

本町通 伏見稲荷の神幸道
2022年7月30日。十字路。左折すると琵琶湖疏水を跨いで京阪伏見稲荷駅(p.4を参照)へ。右は伏見稲荷の神幸道(p.6を参照)です。

京都市立稲荷小学校前 狐仕様の飛び出し坊や
2022年7月30日。右手に京都市立稲荷小学校。飛び出し坊やが稲荷らしい狐仕様です。

本町通
2022年7月30日。三叉路。左折するとJR奈良線を跨いで京阪鳥羽街道駅。直進すると左手に田中神社。更に北に進むと、山手に東福寺の境内が広がります。

田中神社

田中大神を祀る田中神社 田中大神を祀る田中神社
田中大神を祀る田中神社 田中大神を祀る田中神社
2019年8月5日と2022年7月30日。田中大神をお祀りする田中神社。伏見稲荷大社の境外摂社です。

「稲荷神社境外摂社 田中神社」の社号標 「稲荷神社境外摂社 田中神社」の社号標
2022年7月30日。「稲荷神社境外摂社 田中神社」の社号標。明治22年(1889年)の奉納です。稲荷神社の工事記録によると明治21年に神社修復、明治22年に敷石整備が行われており、その際に建立された社号標と分かります。

和泉式部の稲荷詣と田中明神

田中神社の祭神である田中大神は、平安時代末期に稲荷社の祭神に加わった神様です。藤原宗忠の『中右記』によると、平安時代中期の天仁2年(1109年)に稲荷社に参詣した際、稲荷山の上中下社を巡拝してから帰坂を下って「田中明神」に奉幣。法性寺東大門から都へ帰りました。当時の田中明神は現在の東福寺・田中神社の付近に鎮座したと思われますが、その出自は地主神と推測される以外よく分かっておらず、創建年代も不詳です。

大西親盛が江戸時代中期の享保17年(1732年)に編纂した『稲荷谷響記』によると、古くは広大な境内だったのが、嘉禎2年(1236年)から始まる東福寺造営に際して大部分が失われたとあります。江戸時代には田中大神の由緒も失われ、秦氏系の社家は猿田彦命と同一視したり、賀茂氏の神様である鴨建角身命と見なす説もありました。実際には地主神や田の神様と考えるのが妥当でしょう。(祭神の来歴についてはp.8を参照

鎌倉時代中期に成立した『古今著聞集』によると、和泉式部が稲荷社に参詣する際、田中明神の西で時雨に遭いました。そこで田を刈っていた童に襖(雨具)を借り、無事に稲荷詣を終えて襖を返しました。その翌日、和泉式部は童から歌を贈られます。

時雨する 稲荷の山のもみじ葉は あおかりしより おもいそめてき

田を刈る童の正体は田中明神でした。このエピソードの田中明神は、いかにも田の神様です。

田中神社の境内へ 田中神社の境内
2019年8月5日。境内に入ります。

田中神社の由緒
2019年8月5日。案内板が設置されています。

田中神社境内の手水鉢 田中神社境内の手水鉢
2022年7月30日。境内の手水鉢、奉納年を確認しましょう。

田中神社境内の手水鉢 田中神社境内の手水鉢
2022年7月30日。この手水鉢は江戸時代前期の元禄13年(1700年)庚辰に、日下氏吉によって奉納されました。案内板に記された天保13年は誤りです。

田中神社境内の常夜燈
田中神社境内の常夜燈 田中神社境内の常夜燈
2022年7月30日。常夜燈の刻銘は風化しており判読不能。案内板を信用するなら、江戸時代初期の正保2年(1645年)に奉納されました。

田中神社境内の境内 田中神社境内の境内
2022年7月30日。境内は手入れが行き届いています。現在の社殿は正保2年(1645年)に造営。昭和7年(1932年)に大修理。平成21年(2009年)に大整備があり、社殿を西(奥側)に移設して拝所を新設。左に社務所が設けられました。

田中神社の拝所 田中神社の拝所
2019年8月5日と2022年7月30日。拝所にて参拝。稲荷山と正対する向きで鎮座されています。

京阪鳥羽街道駅

JR奈良線
2019年8月5日。先ほどの三叉路に戻り、JR奈良線と京阪本線を渡ります。

京阪本線の鳥羽街道駅 京阪本線の鳥羽街道駅
2019年8月5日。京阪本線の鳥羽街道駅。稲荷社の探訪が少しずつ終わってきた感じです。

明治時代の稲荷新道と路面電車跡
次ページ、明治時代に整備された稲荷新道を歩きます。

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。