東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 V

2022-08-07 改訂
2009-05-29~2022-07-30 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.「伏見稲荷大社探訪」の目次と概要

25.裏参道を下り産場稲荷と大八嶋社へ

四ツ辻裏参道産場稲荷権太夫大神荒木大神古池跡産場稲荷大八嶋社/八島ヶ池

須恵器と土師器が出土した古池荒神峰の地主神を祀る大八嶋社

裏参道を下り産場稲荷と大八嶋社へ

四ツ辻

御幸奉拝所参道 稲荷山の四ツ辻
2014年4月25日。稲荷山の四ツ辻(p.18を参照)に戻りました。

昼間の稲荷山参道
2014年4月25日。三ツ辻方面へ下ります。ハイカーの団体に小学生の遠足。賑わってきましたね。

大阪榎木講社のお塚 三ツ辻の茶屋「三玉亭」
2014年4月25日。榎木大神を経て茶屋「三玉亭」。まもなく三ツ辻です。

裏参道

稲荷山の裏参道 稲荷山の裏参道
稲荷山の裏参道
2014年4月25日。熊鷹社方面には下らず三ツ辻を直進。伏見稲荷の境外北側を通る裏参道です。

裏参道に並ぶ社 裏参道に並ぶ社
稲荷山の裏参道
2019年4月20日。裏参道には多種多様な拝所やお塚があります。明治時代に個々の崇敬者が設立した社ですから、由緒や祭神について伏見稲荷大社は関知していません。大正14年(1925年)に吉田初三郎氏が描いた『伏見稲荷全境内名所図絵』を見ると、既に裏参道がお塚ワールドになっているのが分かります。(お塚成立の経緯はp.17を参照

稲荷山の裏参道 裏参道に並ぶ社
2019年4月20日。稲荷山で生まれた稲荷信仰の一種なのに、伏見稲荷の稲荷信仰とは違う。稲荷山には民間信仰が織りなす独特の世界観が存在しており、その全てを把握するのは不可能です。

稲荷山の裏参道
裏参道の出世門 裏参道の出世門
2019年4月20日。上があいた間あき鳥居。出世門です。

裏参道に並ぶ社 裏参道に並ぶ社
2019年4月20日。初めて裏参道を歩いたときは圧倒されました。

稲荷山の裏参道 「いなり、こんこん、恋いろは。」のポスター
2014年4月25日。この辺り、いなりちゃんの通学路です。「いなこん」のポスターが掲示中。

産場稲荷

裏参道の産場稲荷 お産場茶屋の案内板
2022年7月30日。裏参道を抜けた三叉路の一角に産場稲荷が鎮座。お産場の案内が掲示されています。

裏参道の産場稲荷
2014年4月25日。三叉路を左折すると伏見稲荷の境内へ。直進して突き当りを左折すると神幸道に合流します。チカンに注意してください。

産場稲荷 産場稲荷 産場稲荷 産場稲荷
2018年10月14日、2019年2月24日、2022年7月30日。産場稲荷の入口。扁額に「産場大神」とあります。稲荷大明神の眷属の狐夫婦が穴を掘って暮らし、子を生んで育てた伝説から産場稲荷として崇敬されるようになったとか。「いなこん」的にはシシ・ロロ・コンちゃん達が生まれ育ったところと想像できますね。

お産場茶屋 産場稲荷の由緒
2022年7月30日。お産場茶屋に掲示された産場稲荷の由緒。新聞の切り抜きはとても役立ちます。

産場稲荷の拝所 産場稲荷の茶屋
2019年2月24日。こじんまりした境内。稲荷山のお塚と同じく、明治以降に生まれた民間信仰の拝所です。狐はお産が軽いことにちなんだ信仰であり、子宝・安産の神様として崇敬される産場大神。全国の病院関係者が奉納した鳥居が目立ちます。

産場稲荷の拝所 産場稲荷の拝所
2019年2月24日。拝所には「産場大明神」と刻まれた石碑をお祀りしています。油揚げに卵を乗せたお供え物を見て、稲荷山全体に共通する素朴な信仰を感じました。

産場稲荷の十二の狐穴 産場稲荷の十二の狐穴
2022年7月30日。お塚の周囲には1月から12月に相当する十二の狐穴が設けられており、出産予定の月の穴に祈願すると安産になると信じられています。明治28年(1895年)の『京都伏見官幣大社稲荷神社之全図』には玉垣に囲われた「十二洞」が描かれ、産場稲荷の原型が明治時代に成立していたと分かります。

産場稲荷から北に抜ける路地
2022年7月30日。産場稲荷から北に抜ける路地。ここから古池跡に向かいます。

権太夫の滝へ
2022年7月30日。権太夫の滝の道標に従って路地を進みます。古池の案内板はありません。

権太夫の滝へ
2022年7月30日。路地を右折します。

権太夫大神

権太夫大神 権太夫大神
2022年7月30日。住宅街の中に鎮座する権太夫大神。いわゆる「お塚」です。

権太夫大神の拝所 「田中社 権太夫大神 御塚修復記念碑」
2022年7月30日。権太夫大神の拝所。大正元年(1912年)の建立、昭和8年(1933年)の改修、平成7年(1995年)の改修を記録した「田中社 権太夫大神 御塚修復記念碑」が設置されています。稲荷山の荒神峰の田中社神蹟/権太夫大神と関係がありそうでした。(p.23を参照

権太夫の滝の建物
2022年7月30日。権太夫の滝の建物。この下に修行のための「お滝」があります。

権太夫大神のお塚 権太夫大神のお塚
権太夫大神のお塚 権太夫大神のお塚
2022年7月30日。独自の神名を刻んだ石碑の前に拝所が設けられた、お塚の世界です。

荒木大神

荒木大神 荒木大神
2022年7月30日。権太夫の滝から道なりに進むと荒木大神。荒木の滝が設けられています。

古池跡

荒木大神 稲荷山北西麓の古池跡
稲荷山北西麓の古池跡 稲荷山北西麓の古池跡
2022年7月30日。荒木大神の先に窪地があります。ここが稲荷山北西麓の古池跡。北側は開墾されて農地に。南側は財務省近畿財務局が管理する国有地になっています。

須恵器と土師器が出土した古池

『日本書紀』によると雄略天皇17年(473年頃)、天皇の朝夕の食事に用いる土器を作らせることになり、土師連に命じて山背国の内村や俯見村(現在の伏見区に相当)などから私有民を提供させました。この民を贄土師部と名付けたと記されています。山背国に秦氏が入る以前、伏見・深草には土器生産を得意とした土師氏の勢力がありました。(同様の話題をp.21で紹介しました

土師氏は稲荷山の埴土を利用し、伏見には古くから土器を作る文化が存在したと想像できます。昭和29年(1954年)、古池付近を開墾中に多数の土器(須恵器と土師器)が出土しました。これらの土器の使用年代は不明ながら、稲荷山の土器文化の裏付けになります。江戸時代には埴土を原料とする伏見人形が生まれ、現在でも伏見の土産物・縁起物として一部で生産が続けられています。

また、稲荷山中の「新池」(p.17を参照)は旧来の古池に対して付けられた名称です。古池の所在地が曖昧になり、存在した記憶が失われると、新池の名称の意味も分からなくなります。案内板が立てられていない失われた史跡を精力的に探索するのは、ひとえに歴史保存のためです。

産場稲荷

産場稲荷前の三叉路
2022年7月30日。産場稲荷前の三叉路に戻りました。直進して伏見稲荷の境内に入ります。

伏見いなりちゃんの近道 伏見いなりちゃんの近道
2019年2月24日。産場稲荷から伏見稲荷の境内に至る路地。稲荷山を下山する際は三ツ辻から産場稲荷に下り、いなりちゃんの近道を再現するのがオススメです。

産場稲荷から伏見稲荷大社境内へ
2014年4月25日。近道を通って伏見稲荷の境内へ。大八嶋社を経て玉山稲荷社の前に戻ります。看板が置かれているところは台石の跡。以前は「いなこん」の作中のように鳥居が立っていました。

令和元年の鳥居 令和元年の鳥居 令和元年の鳥居 令和元年の鳥居
2019年8月4日。令和元年5月、気になっていた箇所に朱塗りの鳥居が復活。早速、伏見稲荷の風景に馴染んでいました。いなりちゃんの近道のシーンが再現できるで!

風雨に曝されて色褪せた鳥居 風雨に曝されて色褪せた鳥居
2020年9月19日。風雨に曝されて色褪せた令和の鳥居。そのうち光明丹で塗り直されると思います。

大八嶋社/八島ヶ池

大八嶋大神を祀る大八嶋社 大八嶋大神を祀る大八嶋社
2018年10月14日と2020年9月19日。境内に入ると、参道左手に大八嶋社が鎮座します。

大八嶋大神を祀る大八嶋社 大八嶋社の由緒
大八嶋社に灯された蝋燭 大八嶋社に灯された蝋燭
2019年2月24日と7月21日。摂社の大八嶋社。地主神である大八嶋大神の祭祀の場です。

大八嶋社の拝所
2019年2月24日。大八嶋社に社殿は存在しません。磐境(神域)を囲って禁足地とし、稲荷山の地主神そのものをお祀りしています。本殿を設けないのは古代の神社に通じる様式です。

荒神峰の地主神を祀る大八嶋社

秦氏系社家の伝承によると、稲荷山の荒神峰(p.23を参照)の地主神を現在地でお祀りするようなったのが大八嶋社の始まりです。大西親業が江戸時代後期の寛政年間(1789~1801年)に編纂した『稲荷社事実考証記』では、四大神を御八島、影向社と称し、荒神塚の地主神と記されています。ということは荒神塚の地主神は四大神であり、大八嶋社の祭神=四大神と考えられます。現在の荒神峰を田中社神蹟と呼ぶのは、三ヶ峰と同じく便宜的に当て嵌めた結果ではないでしょうか。

一方、『稲荷社事実考証記』では荒神塚を荷田氏の旧蹟とも紹介しており、確かに荷田氏の伝承では竜頭太に関係あるらしい。竜頭太は稲荷山の麓に庵を結んで農耕を行った山神。稲を荷なうことから姓は荷田氏といい、後の荷田氏の祖神に位置付けられました。空海が竜頭太の面をお祀りした竈戸殿が今の大八嶋社なのではないか。とする説もあります。(竜頭太についてはp.9を参照

稲荷山麓に暮らした竜頭太。平安時代末期から稲荷社の祭神に加わり、来歴不明ながら地主神と推測される四大神と田中大神。どの神様も地主神の性格があって大八嶋大神と同一視できます。難しい話題が一向に終わりません。もう少しお付き合いください。

大八嶋大神を祀る大八嶋社
「大八嶋大神」の神号碑 「大八嶋大神」の神号碑
2022年7月30日。大八嶋社の左手に立つ「大八嶋大神」の神号碑。明治27年(1894年)の建立です。

「大八嶋大神」の神号碑の狐像 「大八嶋大神」の神号碑の狐穴
2022年7月30日。基壇の裏に玉型の穴が空いています。これも狐穴でしょう。

大八嶋社後背の八島ヶ池 大八嶋社後背の八島ヶ池
2020年9月19日と2022年7月30日。大八嶋社の後背には八島ヶ池があります。稲荷山の新池(p.17を参照)から流れる沢は八島ヶ池に注ぎ、暗渠化された祓川(p.6を参照)を経て琵琶湖疏水に注ぎます。

おさんば道 おさんば道
2014年4月25日。大八嶋社から南へ。いなりちゃんは、この道を駆け抜けて学校に向かいました。

おさんば道 おさんば道
2018年10月14日と2019年2月24日。産場稲荷と境内を結ぶ参道は「おさんば道」と称します。

玉山稲荷社前
2014年4月25日。境内の玉山稲荷社(p.11を参照)前に復帰しました。

橋聖に由来する十石橋と新旧の神田
次ページ、境内の十石橋と神田を紹介します。

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。