東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 V

2022-08-07 改訂
2009-05-29~2022-07-30 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.「伏見稲荷大社探訪」の目次と概要

23.荒神峰北西の展望地から眺める都

四ツ辻荒神峰展望地白瀧大神御幸奉拝所

荒神塚と記された田中社神蹟古代豪族の埋葬地 荒神峰古墳古代の深草と稲荷山愛宕山の雷・稲荷山の鏡平安時代に利用された帰坂

荒神峰北西の展望地から眺める都

四ツ辻

四ツ辻の様子 四ツ辻の様子
2014年4月25日。四ツ辻に戻って荒神峰へ。七神蹟の田中社神蹟に向かいます。お山巡りの最初に登るか、一番最後にするか、特に順番は決まっていません。(四ツ辻についてはp.18も参照

京都一周トレイル東山コース3-2番の標識
2014年4月25日。荒神峰の石段入口に設置された 京都一周トレイル東山コース、E-3-2の標識。正式には一ノ峰を経由せず北麓の泉涌寺方面に下ります。

荒神峰

四ツ辻から荒神峰へ 四ツ辻から荒神峰へ
稲荷山の荒神峰へ
2018年5月20日、2014年4月25日、2019年4月20日。四ツ辻から荒神峰へ。七神蹟巡り最後の登りです。石段の途中には茶屋「奥村亭」があります。

稲荷山の荒神峰へ 稲荷山の荒神峰へ
2018年5月20日。室町時代の応仁元年(1467年)、稲荷山に参籠した金春禅竹の『稲荷山参籠記』によると、荒神峰へよじ登るほど険しい山道だったようです。現在は石段が整備され、三ヶ峰ほどきつい登りではありません。(禅竹と稲荷社の関係はp.8を参照

稲荷山の荒神峰へ
稲荷山の荒神峰へ
稲荷山荒神峰の田中社神蹟
2019年4月20日と2018年5月20日。標高180mぐらいの荒神峰。七神蹟の一つ、田中社神蹟です。扁額の「権太夫大神」は、お塚信仰の流行に伴って崇敬者が名付けた神名と思われます。

荒神塚と記された田中社神蹟

室町時代の享禄・天文年間(1528~1555年)に秦長種が描いた『稲荷山旧跡図』、秦親臣が写した江戸時代前期、寛文9年(1669年)の『寛文之大絵図』では荒神塚として描かれた荒神峰。秦氏系社家の伝承によると、荒神峰の地主神を山麓の大八嶋社(p.25を参照)でお祀りするようなったといいます。ここでは地主神や大八嶋社の祭神が田中大神とは明言されていません。

田中大神は平安時代末期に加わった神様。その出自は地主神と推測される以外よく分かっておらず、猿田彦命と同一視されたり、賀茂氏の神様である鴨建角身命とする説もありました。平安時代中期の記録によると稲荷社の北に田中明神があり、古くから山麓で崇敬されていたと確認できます。現在でも境外摂社の田中神社(p.29を参照)として鎮座。その名の通り、田の神様と思われます。

大西親業が江戸時代後期の寛政年間(1789~1801年)に編纂した『稲荷社事実考証記』では、四大神を御八島、影向社と称し、荒神塚の地主神と記されています。ということは荒神塚の地主神は四大神であり、大八嶋社の祭神=四大神と考えられます。荒神峰を田中社神蹟と呼ぶのは、三ヶ峰と同じく便宜的に当て嵌めた結果ではないでしょうか。(三ヶ峰についてはp.22を参照

一方、『稲荷社事実考証記』では荒神塚を荷田氏の旧蹟とも紹介しており、確かに荷田氏の伝承では竜頭太に関係あるらしい。竜頭太は稲荷山の麓に庵を結んで農耕を行った山神。稲を荷なうことから姓は荷田氏といい、後の荷田氏の祖神に位置付けられました。『明応遷宮記録』に記された竜頭太の社は、荒神峰に鎮座したのかもしれません。(竜頭太についてはp.9を参照

稲荷山荒神峰の田中社神蹟 稲荷山荒神峰のお塚
稲荷山荒神峰のお塚 稲荷山荒神峰のお塚
2019年4月20日。荒神峰のお塚。朝焼けが綺麗でした。(お塚についてはp.17を参照

古代豪族の埋葬地 荒神峰古墳

三ヶ峰の遺跡(p.22を参照)とは別に、荒神峰では石棺のような構造物が発見。荒神峰古墳と呼ばれます。副葬品らしき勾玉・管玉・切子玉も出土しており、丹後型円筒埴輪が出土した山麓の命婦谷遺跡(p.13を参照)と同じく、古墳時代に深草を統治した有力な豪族の埋葬地と推測されます。室町時代に稲荷山の峰々を「塚」と称するようになった背景には、古代豪族の墳墓の伝説があったと想像するのも面白いです。

稲荷山荒神峰のお塚 富士フイルムの看板
2018年5月20日。七神蹟の巡拝を終え、荒神峰北西の展望地へ。拝所の裏手に道があります。

展望地

稲荷山の展望地へ
2014年4月25日。展望地。四ツ辻より眺望を得られる稲荷山の穴場です。7月に斎行される宵宮祭・本宮祭では、展望地の鉄柱に提灯が吊るされて大きな鳥居になります。

稲荷山展望地の落描きだらけの鉄柱 稲荷山展望地の落描きだらけの鉄柱
2014年4月25日。よく見ると落書きだらけで非常に見苦しい。日本語、韓国語、中国語、フランス語、英語、ロシア語。ここにも観光客が増えすぎた弊害が現れています。

宵宮祭・本宮祭で点灯される提灯の鳥居
2014年7月12日。宵宮祭・本宮祭で点灯される提灯の鳥居。日が暮れると山麓の表参道からよく目立ちます。本宮祭の模様は2014年7月20日の「伏見稲荷大社探訪 VI」をご覧ください。

稲荷山展望地から京都市街の眺望 探訪装備
2014年4月25日。京都市街を眺めつつ休憩。天気予報の通り、かなり暑くなりました。旧暦の2月初午(新暦では春先)に稲荷山に参詣した清少納言は、きつい坂道を登るうちに10時ぐらいになって暑くなり、虚しくなって泣いたことを『枕草子』に書き記しています。(p.21を参照

稲荷山展望地から京都市街の眺望 稲荷山展望地から京都市街の眺望
2018年5月20日。展望地の西方に広がる京都市街。山河に守られた自然の要塞です。

古代の深草と稲荷山

山城盆地(京都盆地)には古くから人類が暮らしていました。深草でも原始的な狩猟・採集生活を行っていた縄文時代の遺跡や、中国大陸から稲作が伝わった弥生時代の遺跡が見つかっています。発掘調査により、古墳時代にかけて農具が進化する様子も確認。当地に渡来人が入り、新技術が導入されたと推測されます。

極めて過酷な自然環境で暮らした古代の人々は、人智を超越した力を持つ大自然に精霊や神様の存在を感じました。災害に恐怖し、豊作に感謝し、畏敬の念をもって山の神様を崇めたのです。深草の集落から見える稲荷山は、いつしか神聖な山であると認識され、有力者の埋葬地、あるいは祭祀の場として用いられるようになりました。その証拠が稲荷山の遺跡です。

古代の伏見・深草には紀氏や土師氏の勢力が存在しました。後に渡来氏族の秦氏が移住し、土着の信仰を取り入れて伊奈利社を創建したと考えられます。それ以前の歴史は未知の領域ですが、確かに信仰は存在しました。遠い紀元前の時代、深草から稲荷山を眺めて暮らした古代の人々。その素朴な心を感じるヒントが、稲荷山一帯に散らばっているのです。

稲荷山展望地から表参道 京の都に雷雨をもたらす愛宕山
2019年4月20日。楼門へと続く表参道。山城盆地の北西には愛宕山(924m)。南東の稲荷山と正対する位置関係にあって、地形的には京の都に雷雨をもたらす山であります。

愛宕山の雷・稲荷山の鏡

『日本紀略』によると平安時代前期の延長8年(930年)、愛宕山に黒雲が起こって雷雨になり、内裏の清涼殿に落雷が直撃。多数の死傷者を出す大惨事となり、現場を目撃した醍醐天皇が体調を崩して3ヶ月後に崩御するという国家規模の非常事態に陥りました。大宰府に追放されて27年前に憤死した菅原道真の怨霊の仕業と恐れられ、天神信仰が生まれます。(p.8を参照

科学的に考えると、落雷事件の原因は愛宕山の地形によるもの。丹波方面から愛宕山を越えて京都に雷雨をもたらすことから「丹波太郎」の俗称もあります。山城盆地と愛宕山の地形自体は古代から変わっておらず、この現象は人類が山城盆地で生活を始めた時代から認識されていたはずです。古代の人々が雷を畏れ崇めたのは想像に難くありません。

そこで注目されるのが稲荷山から出土した鏡(二神二獣鏡・捩文鏡)です。古代の稲荷山で行われたと想像される祭祀は、愛宕山の雷に対抗する呪術だったという大胆な仮説が提唱。呪術者である巫女が稲荷山に登り、鏡を用いて愛宕山の「神鳴り」を鎮めようとした…かなり納得できる説だと思います。(出典は近藤喜博氏の『稲荷信仰』 )

稲荷山展望地から大阪市街の眺望
2020年10月11日。南西には石清水八幡宮が鎮座する男山。最高峰は標高142.4mの鳩ヶ峰です。その向こうには大阪市街のビル群。左にあべのハルカス(300m)がそびえています。高層ビルが乱立する以前、四ツ辻からは大阪城が遠望できたらしい。

白瀧へ
2019年4月20日。展望地から北に下ります。

参道の拝所 参道の拝所
2019年4月20日。北東の沢に下って白瀧へ。稲荷山では珍しく、お地蔵様が安置されていました。

白瀧へ 白瀧へ
2019年4月20日。白瀧に至る道。ここまで下ってくる人は皆無です。

白瀧大神

白瀧へ
2019年4月20日。白瀧。地形図で見ると清瀧(p.20を参照)の下流と合流し、北西麓の東福寺方面に通じるようです。

白瀧へ 白瀧のお塚 白瀧のお塚 白瀧大神を祀る社
2019年4月20日。白瀧大神をお祀りする社。熱心な崇敬者により、滝行の場が設けられています。手入れが行き届いており綺麗な行場でした。

御幸奉拝所へ 京都一周トレイル東山コース3-3番の標識
2014年4月25日。展望地から北に進んで御幸奉拝所へ。E-3-3の標識を通ります。

御幸奉拝所

御幸奉拝所
2014年4月25日。 稲荷山の北、御幸辺の御幸奉拝所までやってきました。

平安時代に利用された帰坂

御幸奉拝所は、平安時代のお山巡りにおける帰坂の入口に相当するようです。藤原宗忠の『中右記』では天仁2年(1109年)、藤原頼長の『台記別記』では久安6年(1149年)の稲荷詣の際、「帰坂」を下って帰路についたと記されます。帰坂は稲荷山の尾根伝いに北西麓の今熊野観音寺、東福寺に通じるルートとされ、行幸に用いられたことから後世には車坂とか御幸道と称されました。(p.19を参照

御幸奉拝所 御幸奉拝所
2019年4月20日。昭和38年(1963年)に整備された新しい奉拝所です。

磐座が祀られる御幸奉拝所 磐座が祀られる御幸奉拝所
磐座が祀られる御幸奉拝所 磐座が祀られる御幸奉拝所
2019年4月20日。他所のお塚と異なり、磐座をお祀りしているのが特徴です。

御幸奉拝所
稲荷大神の扁額 稲荷山の境外へ
2015年4月25日。御幸奉拝所から舗装路を下ると伏見稲荷の境内を出て、北麓の泉涌寺・今熊野観音寺方面へ。 京都一周トレイル東山コースの一部でもあります。伏見稲荷の関係者が車で稲荷山に入れるように舗装されており、現代版の車坂と言えます。

東山コースの山道 東山コースの山道
標高242.2mの清水山山頂 東山山頂公園から京都市街の眺望
2013年5月2日。稲荷山から清水山(242.2m)を経由して東山山頂公園へ。東山の自然や史跡に触れつつ気軽にハイキングを楽しめるコースです。里山だからといって甘く見てはなりません。地形図や行動食は当然として、日没に備えてヘッドランプも必ず携行してください。京都の山は意外と深く、実際にハイカーやトレイルランナーの遭難が起きています。

御幸奉拝所参道 御幸奉拝所参道
御幸奉拝所参道 御幸奉拝所参道
2019年4月20日。御幸奉拝所から四ツ辻に戻ります。

稲荷祭で神輿が巡る御旅所と東寺
次ページ、伏見稲荷大社の御旅所と東寺を紹介します。

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。