東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 V

2022-02-05 改訂
2009-05-29~2021-07-25 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.「伏見稲荷大社探訪」の目次と概要

16.参道脇の古い常夜燈と記念碑の詳細

三叉路石碑置き場

愛染寺と刻まれた常夜燈

参道脇の古い常夜燈と記念碑の詳細

朱塗りの鳥居が並ぶ参道 朱塗りの鳥居が並ぶ参道
2014年4月25日。参道に復帰して四ツ辻方面へ。鳥居に日光が反射したり、影の部分は真っ暗になったり。コントラストを活かした写真を撮ってみると面白いですよ。

参道に並ぶ朱塗りの鳥居 参道に並ぶ朱塗りの鳥居
2019年2月24日。参道の鳥居。たまには違うアングルで撮ってみたかったの。

60 54
57
2020年10月11日。鳥居の隙間から由緒ありそうな石燈籠(常夜燈)が見えました。確認します。

「奉挑稲荷社常夜灯」と刻まれた常夜燈 江戸時代前期の貞享3年に奉納された常夜燈
「宿坊 愛染寺」と刻まれた常夜燈 「京建仁寺丁 油良大蔵」と刻まれた常夜燈
2020年10月11日。「奉挑稲荷社常夜灯」。奉納年月日は江戸時代前期、貞享3年(1686年)丙寅歳の5月吉日。奉納者は「京建仁寺丁 油良大蔵」。奉納を取り次いだのは「宿坊 愛染寺」です。ライトで照らすと愛染寺の文字が浮き上がり、一人で「愛染寺や!!」と驚喜しました。大発見です。

愛染寺と刻まれた常夜燈

伏見稲荷大社探訪 V|稲荷社の一大勢力だった愛染寺跡
室町時代の応仁の乱の後、稲荷社復興のために奔走した勧進聖の活動に始まる愛染寺。江戸時代には稲荷社の社家を凌ぐほどに発展し、庶民に神仏習合の稲荷信仰を広めました。愛染寺の諸堂は明治の神仏分離に際し、仏教勢力に反発していた社家の主導で跡形もなく抹消されてしまいますが、「愛染寺」と刻まれた常夜燈は境内各所に残ります。(愛染寺についてはp.10、神仏分離はp.5を参照

稲荷社の本願所が愛染寺に改称されたのは寛永10年(1633年)。元禄7年(1694年)から行われた大修理の頃には稲荷社の一大勢力だったことが分かっています。この常夜燈は愛染寺が発展しつつあった貞享3年(1686年)の奉納。私が確認した愛染寺の常夜燈の中では最古のものです。

三叉路

三叉路
数え切れないほどの鳥居をくぐって三叉路に出ました。

伏見稲荷大社境内案内図 稲荷山西麓の三叉路
2020年10月11日。三叉路を右折すると道なりに四ツ辻方面へ。左折すると十石橋を渡って本殿に戻ります。境内案内図と標識が設置されておりますので、よく見て歩けば迷う可能性は低いです。

「京都本町三丁目」「羽倉伯耆守」「再興」と刻まれた常夜燈
「京都本町三丁目」「羽倉伯耆守」「再興」と刻まれた常夜燈 「京都本町三丁目」「羽倉伯耆守」「再興」と刻まれた常夜燈
2020年9月19日。明治7年(1874年)戌歳の12月に奉納された永代常夜燈。柱に「下第廿七區 京都 本町三丁目」「羽倉伯耆守」、基壇に「再興」と刻まれています。羽倉とは荷田氏系の社家のこと。明治7年は稲荷社の社家が衰退する直前にあたります。(社家についてはp.5を参照

境内案内図の裏側の常夜燈 享保13年に奉納された常夜燈
「宿坊 愛染寺」「再興 中村屋久兵衛」と刻まれた常夜燈 「願主 神先宗左衛門」と刻まれた常夜燈
2020年10月11日。境内案内図の裏側の常夜燈が気になりました。奉納年月日は江戸時代中期の享保13年(1728年)戊申年の正月吉日。「伏水 西 福田 津金」「願主 神先宗左衛門」「宿坊 愛染寺」「再興 中村屋久兵衛」と刻まれています。愛染寺の常夜燈を見つけて記録し、後世に伝えます。

早朝の稲荷山参道 早朝の稲荷山参道
三叉路を過ぎると深い山の雰囲気。熊鷹社までは緩やかな地形です。

令和に奉納された鳥居 令和に奉納された鳥居
2020年9月19日。令和に奉納された綺麗な鳥居が増え、新しい時代を感じます。

トイレ前の鳥居
参道脇のトイレ。夕方~早朝は閉鎖されています。奥社奉拝所の先に24時間使えるトイレはありませんので、なるべく稲荷山に登る前に済ませておいてください。3本目の鳥居は「いなこん」OPでうか様が座っていた場所。うか様はここで燈日くんに出会い、三ツ辻の先までお喋りしながら歩きました。

稲荷山参道の鳥居 稲荷山参道の鳥居
稲荷山参道の鳥居 うか様が座っていた鳥居
2018年5月20日。陰影を強調してみました。4枚目はうか様が座っていた鳥居。要チェックです。

稲荷山の猫ちゃん 稲荷山の猫ちゃん
2019年2月24日。稲荷山には狐の代わりに猫が沢山住んでいます。増えすぎると色々弊害があるため去勢手術が施されており、去勢済みとして耳をカットされた猫を見かけるようになりました。それほど普及しているようには見えず、まだ一部だけです。

稲荷山の猫ちゃん 稲荷山の猫ちゃん
2019年4月20日。不機嫌そうな猫ちゃん。うか様は白狐の元締めにもかかわらず猫に襲われてました。実際の稲荷山の猫は殆どが人に慣れきっていておとなしく、餌が欲しいのか擦り寄ってくることもあります。くれぐれも餌付けしないように。

トイレ前の参道脇 トイレ前の参道脇
2020年9月19日。トイレ前の参道脇に佇む磐座。何か由緒がありそうですが詳細不明。

石碑置き場

参道の外に安置された石材 参道の外から見た鳥居
参道の外に安置された石碑
参道の外に安置された石材
2020年10月11日と9月19日。参道の外には役目を終えた石材・石碑が安置されていました。

参道から撤去された石碑
2020年10月11日。参道から撤去された石碑。一つずつ銘文を確認します。

「大阪高津北坂 鋳物師 今村久兵衛」「?橋東詰 石音事 佐々木音吉」と刻まれた記念碑
2020年10月11日。明治39年(1906年)の記念碑。「大阪高津北坂 鋳物師 今村久兵衛」「□橋東詰 石音事 佐々木音吉」と刻まれています。今村久兵衛氏は大阪城の鯱を作った高名な鋳物師。稲荷山では眼力社の逆さ狐(p.19を参照)を製作したことで知られます。

「十石橋改修工事」の記念碑
2020年10月11日。昭和45年(1970年)の「十石橋改修工事」の記念碑。平成25年(2013年)に十石橋(p.26を参照)がリニューアルした際、現地から撤去されたと思われます。

「奉納 敷石」「發起第廿六號瑞穂構社玉明組」の記念碑 「奉納 敷石」「發起第廿六號瑞穂構社玉明組」の記念碑
2020年10月11日。明治11年(1878年)の「奉納 敷石」「發起 第廿六號瑞穂構社玉明組」の記念碑。崇敬者の名前が並び、裏側に稲荷神社宮司の安江靜氏のメッセージが刻まれています。瑞穂講社は当時の稲荷神社の崇敬者団体。稲荷神社の記録に「中 門より拝殿を経て楼門間敷石敷設工事竣工 奉納玉明組」とあります。

「寄附 京都五条通間之町 赤堀庄七」「御旅所附属地百四拾参坪」と刻まれた記念碑
2020年10月11日。明治44年(1911年)の記念碑。「寄附 京都五条通間之町 赤堀庄七」「御旅所附属地百四拾参坪」と刻まれ、崇敬者の赤堀庄七氏が御旅所(p.24を参照)の付属地を寄付した際の記念碑と分かります。稲荷神社の記録にも「旅所隣接田地四畝二三歩 下京赤堀商七寄付」とあります。

破損した「?組」「四位谷鉄臣謹書」の記念碑
2020年10月11日。破損した「□組」「四位谷鉄臣謹書」の記念碑。谷鉄臣は彦根藩の医者。第14代藩主にして江戸幕府大老の井伊直弼が暗殺された時代を知る人物です。明治維新後は役人になり、晩年は書家として名を挙げたそうです。この記念碑が割れた状態で転がっているのは実に惜しい。

ここに並ぶ石碑たちは江戸時代の常夜燈と同じく、稲荷社への奉納を後世に伝えるために設置されました。一旦引き抜いたものを別の場所に立て直すのでしょうか?それとも破棄されるのでしょうか?稲荷社の大切な歴史ですから是非とも残してほしいです。

新池を発して八島ヶ池に流れる沢 稲荷山の森林
道端の運搬車でくつろぐ黒猫 道端の運搬車でくつろぐ黒猫
2020年10月11日。新池から八島ヶ池に流れる沢。道端の運搬車で黒猫ちゃんがくつろいでいました。

ブルーシートに溜まった水を飲む黒猫 道端の運搬車でくつろぐ黒猫
稲荷山の黒猫 道端の運搬車でくつろぐ黒猫
2020年10月11日。ブルーシートに溜まった水を飲む黒猫。かわいいです。

早朝の稲荷山参道 稲荷山参道
参道を進み熊鷹社へ。まだまだ稲荷山の麓です。2枚目は2018年5月20日。観光客だらけなのは千本鳥居と奥社まで…だったのが、最近は熊鷹社も人気があります。それでも長時間の登山は敬遠される傾向にあり、本殿に比べたら相当少ないです。

お塚に通じる山道 稲荷山参道
お塚に通じる山道 風化して読めない石碑
2018年5月20日と2020年9月19日。参道の右手から延びる道。風化して読めない石碑があります。

お塚に通じる山道 お塚に通じる山道
稲荷山の竹林 稲荷山中腹のお塚
2020年9月19日。山道の先にはお塚(p.17を参照)がありました。伏見稲荷とは別世界のようです。

稲荷山中腹のお塚 稲荷山中腹のお塚
2020年9月19日。稲荷山の中腹にひっそり鎮座するお塚。沢山の崇敬者の寄進で成り立ちます。

神道御徳社本部に至る山道
2020年9月19日。鳥居をくぐって山道を下ると神道御徳社本部(p.15を参照)へ。

明治期に生まれたお塚信仰と熊鷹社
次ページ、参道に戻って熊鷹社に向かいます。

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。