東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 V

2022-08-07 改訂
2009-05-29~2022-07-30 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.「伏見稲荷大社探訪」の目次と概要

11.稲荷社の歴史が詰まった境内の末社

長者社/荷田社/五社相殿/両宮社玉山稲荷社/大師堂跡神馬舎供物所神馬舎/文殊堂跡

賀茂野に鎮座した長者社荷田氏の祖神を祀る荷田社東山天皇ゆかりの玉山稲荷社金春禅竹が参籠した文殊堂

稲荷社の歴史が詰まった境内の末社

権殿から稲荷山へ 稲荷山へ
2014年4月25日。権殿(p.8を参照)左手の鳥居をくぐり稲荷山へ。玉山稲荷社や奥宮を経て千本鳥居を抜け、奥社奉拝所に通じる参道が整備されています。標識もあるし、道なりに進めば大丈夫です。

権殿から稲荷山へ 権殿脇の鳥居
権殿脇の狐像と鳥居 権殿脇の狐像と鳥居
2018年5月20日、10月14日、2022年5月28日。2020年9月19日。稲荷山の入口となる鳥居は昭和13年(1938年)に奉納されました。

巻物を咥える狐 玉を咥える狐
2022年5月28日。ここでも神使の狐達が目を光らせます。左の狐が咥える巻物は稲荷の秘宝、右の狐が咥える玉は稲荷大神が秘める神徳の象徴です。(狐についてはp.7を参照

権殿脇の狐像と鳥居
「発起人 江村善兵衛」と刻まれた基壇 「取次人 島田音吉」と刻まれた基壇
2020年9月19日と2022年5月28日。明治28年(1895年)に奉納された狐像。基壇には「発起人 江村善兵衛」「取次人 島田音吉」「職方中」「買先中」とあります。江戸時代に常夜燈の奉納を取り次いだのは社家と愛染寺ですが、明治時代に愛染寺は破却、社家は衰退し、その役割は崇敬者団体が担うようになりました。(社家についてはp.5、愛染寺はp.10を参照

稲荷山へ
2018年5月20日。鳥居をくぐって緩やかな石段を登ります。

火袋に狐が彫られた常夜燈 火袋に狐が彫られた常夜燈
「取次 羽倉」「願主 何某」と刻まれた基壇
2020年10月11日。石段の右手には、火袋に狐が彫られた稲荷社らしい常夜燈。基壇に「取次 羽倉」「願主 何某」と刻まれています。羽倉は荷田氏系の社家です。

伏見稲荷の末社 伏見稲荷の末社 
2019年2月24日。2018年10月14日。石段を登ると左手に末社が鎮座しています。伏見稲荷は神様をお祀りする場です。観光施設ではないため、座って休める休憩所は殆ど整備されておりません。そのせいで外国人観光客が神前の石段に群がって座り込んで飲食し、ゴミを放置し、至るところに禁止や警告の看板が設置されました。こういうこと書きたくない。本当に見苦しいです。

長者社

秦氏の祖神を祀る長者社 長者社の由緒
末社 21 
2019年2月24日と2018年10月14日。末社の一番左は秦氏の祖神をお祀りする長者社。こうして深草の長者の秦氏に手を合わせる社があるのが嬉しいです。稲荷信仰の歴史を学び、すっかり秦氏ファンになりました。

賀茂野に鎮座した長者社

長者社は室町時代、明応8年(1499年)の『明応遷宮記録』に境内社として記載されており、江戸時代前期の元禄7~15年(1694~1702年)にかけて実施された大修理(p.7を参照)に際して、現在地に遷座されたようです。秦氏の伊奈利社創建伝承(p.5で紹介)から明らかなように、中世から近世の稲荷社では秦氏系の社家から重要な末社と認識されていたはず。しかし長者社の位置付けには難しい問題が存在します。

荷田氏が残した『明応遷宮記録』では、長者社について「西ニハ賀茂野ニ長者社在之」と記され、長者社が「賀茂野」なる場所に鎮座していたと分かります。荷田春満が江戸時代前期の元禄7年(1694年)に編纂した『稲荷社由緒注進状』によると、長者社の祭神は賀茂別雷神と明記されており、秦氏系と対立する荷田氏系の社家はは長者社=賀茂社と見なしていたようです。秦氏による長者社の由緒記も存在すると思われますが、私には見つけられませんでした。

伏見稲荷大社探訪 V|秦氏と賀茂氏の伝説が交わる御劔社
山背国に移住した秦氏と先住の有力氏族である賀茂氏は古くから協力関係を築いており、両者を結びつける伝説まで創作されました。秦氏の社で賀茂氏の神様をお祀りするのは奇妙な話ではありません。実際、山上の御劔社(長者社神蹟)の祭神は加茂玉依姫命(賀茂玉依姫命)であり、秦氏と賀茂氏の関係を背景として祭神に迎えたと考えることができます。(秦氏と賀茂氏の関係はp.21を参照

注意しなければならないのは秦氏と荷田氏の認識の相違です。秦氏系の社家は荷田氏の祖神たる竜頭太の存在を認めず、荷田氏と関わり深い命婦社(p.12を参照)の位置付けを把握できていませんでした。それと同様に、荷田氏系の社家は深草の長者たる秦氏を認めたくないがために、長者社の祭神を賀茂別雷神と見なした可能性があります。対立する社家の記述は安易に信用できないのが難しいところです。(秦氏と荷田氏の関係はp.9を参照

荷田社

荷田氏の祖神を祀る荷田社 荷田社の由緒
2019年2月24日。左から二番目、荷田氏の祖神をお祀りする荷田社。竜頭太を祖神とする荷田氏の出自は謎に包まれており、秦氏系の社家と対立しながら稲荷社の運営を担いました。

荷田氏の祖神を祀る荷田社

鎌倉時代の成立とされる『荷田講式』によると、平安時代末期の安元2年(1176年)、荷田大夫の没後に社を造り霊魂をお祀りしたとあります。『明応遷宮記録』では「命婦ノ南ニハ荷大夫明神社在之」と記され、長者社と同じく元禄の大修理で現在地に遷されました。荷田春満の『稲荷社由緒注進状』によると荷田氏の始祖たる荷田殷の霊社であり、空海の縁起以来は龍頭太の社にもなったとのこと。これは明らかに近世の創作です。(荷田氏についてはp.9を参照

五社相殿

五社相殿 五社相殿の由緒
2019年2月24日。右から二番目の五社相殿。境内にあった各社を元禄の大修理で相殿としました。左から事代主神を祀る蛭子社。宇迦之御魂大神の父、須佐之男命を祀る猛尾社。若王子大神を祀る若王子社。葛野郡の秦氏が松尾社で奉斎した大山咋神を祀る日吉社。応神天皇を祀る八幡宮社(習合前は秦氏の神様)。無理に秦氏に関連付けなくてもいいかな。

両宮社

天照皇大神と豊受皇大神を祀る両宮社 両宮社の由緒
2019年2月24日。一番右には天照皇大神と豊受皇大神をお祀りする両宮社。伊勢神宮内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)と同じ神明造りの社殿です。元禄の大修理では本殿の東側も大きく改変され、境内の末社が現在地に配置換えとなりました。

玉山稲荷社 玉山稲荷社
2014年4月25日と2018年5月20日。 石段を上りきった正面に玉山稲荷社が鎮座。右手の鳥居は奥社奉拝所に通じます。玉山稲荷社前を左折すると十石橋(p.26を参照)を渡り、奥社奉拝所を経由せず四ツ辻方面に向かうショートカット。または境内北側の裏参道(p.25を参照)を通って三ツ辻・四ツ辻方面へ。初めて訪れる方は右折して千本鳥居を通るといいでしょう。

玉山稲荷社/大師堂跡

玉山稲荷大神を祀る玉山稲荷社
玉山稲荷社の由緒 玉山稲荷大神を祀る玉山稲荷社
2018年10月14日と2019年2月24日。玉山稲荷大神をお祀りする末社の玉山稲荷社。明治時代に加わった新しい社です。

東山天皇ゆかりの玉山稲荷社

江戸時代前期の元禄5年(1692年)、宮中に仕える島津命婦に神託があり、東山天皇が稲荷大明神の分霊を勧請してお祀りしたのが玉山稲荷の始まり。東山上皇が崩御された後、松尾の月読神社(松尾大社の摂社)の社家であった松室重興の屋敷に祠を設けることになり、地面をならしたところ大石から清水が湧いて光を出ずるようでした。それで「玉山」の神号を奉ったと伝わります。

享保8年(1723年)には愛宕郡の高野に遷座。松室家によって丁重にお祀りされ、朝廷からは祭祀・修造の費用が下賜されました。ところが明治維新後は祭祀を続けられず、明治7年(1874年)に稲荷神社の若宮(現在の権殿)に仮遷座。明治16年(1883年)、神仏分離で撤去された大師堂跡に落ち着きました。玉山稲荷社が存続できた一方、弘法大師ゆかりの大師堂の記憶は風化しつつあります。

神馬舎

玉山稲荷社の右隣の神馬舎 玉山稲荷社の右隣の神馬舎
2020年9月19日。玉山稲荷社の右隣に設けられた神馬舎。稲荷社の表参道(p.5を参照)は古くは馬場と呼ばれ、走馬を奉納する神事が人気だったようです。明治時代、近代化の一環で表参道が石畳になると馬は走れなくなり、現代の伏見稲荷には本物の馬に替わって神馬像が安置されています。

供物所

供物所 供物所の由緒
2019年2月24日。玉山稲荷社の左にある供物所。稲荷山の神様にお供えするところです。江戸時代末期の安政6年(1859年)に造営されました。

玉山稲荷社の右手の鳥居 玉山稲荷社の右手の鳥居
「毛利正五位」と刻まれた常夜燈 「毛利正五位」と刻まれた常夜燈
2020年9月19日と10月11日。玉山稲荷社右手の鳥居をくぐって奥社奉拝所に向かいます。鳥居は昭和41年(1966年)、鳥居脇の石燈籠(常夜燈)は明治4年(1871年)の奉納。「毛利正五位」は秦氏系の社家。明治4年は稲荷社の社家が衰退する直前にあたります。

基壇に「瑞穂講社」と刻まれた狐像 基壇に「瑞穂講社」と刻まれた狐像
2020年10月11日。基壇に「瑞穂講社」と刻まれた狐像。瑞穂講社は明治8年(1875年)に稲荷神社教会から改称された崇敬者団体。昭和2年(1927年)の稲荷講社への改組までに奉納されたと思われます。上述したように、明治以降は衰退した社家に替わって崇敬者団体が奉納を取り次ぎました。

神馬舎/文殊堂跡

文殊堂跡の神馬舎
文殊堂跡の神馬舎 文殊堂跡の神馬舎
2019年2月24日。鳥居の突き当りに設けられた神馬舎。神馬像は昭和13年(1938年)、仔馬は昭和57年(1982年)に奉納。神馬像が珍しいのか知りませんが、やたらと人が入り込むから周囲が封鎖されました。神域であることを理解しない観光客が増えた弊害です。

金春禅竹が参籠した文殊堂

神馬舎が建つ以前、ここに文殊堂がありました。室町時代の応仁元年(1467年)、猿楽師として活躍した金春禅竹が妻(世阿弥の娘)と共に稲荷社の文殊堂に参籠。禅竹の『稲荷山参籠記』には弘法大師(空海)の霊夢を見た話とか、山中の神仏習合の社堂、竜頭太の社まで記されており、中世の稲荷山を窺い知ることができる貴重な史料になります。(世阿弥・禅竹と稲荷社の関係はp.8を参照

禅竹が参籠した翌年、稲荷社は応仁の乱の戦場となって壊滅。文殊堂も失われました。明応8年(1499年)の『明応遷宮記録』に文殊堂は現れず、安土桃山時代の天正17年(1589年)に秦継長が描いた『社頭図』で再興が確認できます。江戸時代の元禄の大修理に際して末社の配置換えが行われるも、文殊堂の位置は『社頭図』と大きく変わりませんでした。

残念ながら文殊堂は明治の神仏分離で撤去され、愛染寺と同じくその存在を知る人も少なくなりました。昔、この場所に文殊菩薩をお祀りする文殊堂が建っていたこと。秦氏の末裔の意識を持つ猿楽師が参籠したこと。その事実を一人でも多くの方に知っていただきたいと思い、探訪記事を書いています。

神馬舎
神馬舎 神馬舎
2020年9月19日と2022年7月30日。参道整備に伴い、神馬舎の周辺が開放されました。

神馬舎奥の献燈 神馬舎奥の献燈
2020年9月19日と2022年7月30日。神馬舎の後ろに巨大な献燈がそびえます。

神馬舎からエレベーターへ
2020年9月19日。新設されたエレベーターに通じる道。このために開放されました。

伏見稲荷で最も大きい献燈 伏見稲荷で最も大きい献燈
2020年9月19日と2022年7月30日。明治35年(1902年)に奉納された伏見稲荷で最も大きい献燈。寄附主の服部長七氏は近代に活躍した土木技術者と思われます。今 村正次氏とヨネ氏の詳細は不明。服部組の関係者でしょうか。

伏見稲荷で最も大きい献燈
2020年9月19日。献燈の傍らには「松本」と刻まれた常夜燈。上部を失い地中に埋没しています。

「中津瀬三位」と刻まれた常夜燈 エレベーター乗り場に通じる道
2020年9月19日。新しく整備された参道。別の場所から持ってきたと思われる常夜燈が並びます。「祈祷所 社務 中津瀬三位」の中津瀬は秦氏系の社家です。玉垣が設けられて裏側の奉納年を確認できないのが惜しい。ここにある全ての常夜燈を観察させてくれませんかね……

新設されたエレベーター乗り場
2020年9月19日。令和2年3月に整備されたばかりのエレベーター。楼門・休憩所脇のスロープ、本殿後背のエレベーターで境内のバリアフリー化が進み、車 椅子の方でも千本鳥居にアクセスできるようになりました。念のため書いておきますが、この乗り場から本殿は撮影禁止です。

エレベーターから千本鳥居へ 鳥居ゾーンの入口
2020年9月19日。エレベーター乗り場から石段を回避して参道に合流。この先が千本鳥居です。

玉山稲荷社前の鳥居
2022年5月28日。玉山稲荷社、神馬舎前を通って奥宮に向かいます。

奥宮と白狐社で命婦狐の原像を考察
次ページ、奥宮と白狐社で命婦狐の原像を考察します。

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。