東方巡遊記

伏見稲荷大社探訪 V

2022-02-05 改訂
2009-05-29~2021-07-25 実施

「東方巡遊記」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎません。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツの転載や二次使用は形態を問わず固く禁じます。

目次

01.「伏見稲荷大社探訪」の目次と概要

10.稲荷社の一大勢力だった愛染寺跡

愛染寺跡愛染寺の常夜燈

稲荷社で活動した勧進聖たち愛染寺の発展と破却愛川家と刻まれた常夜燈

稲荷社の一大勢力だった愛染寺跡

愛染寺跡

神具店 社務所
2019年8月5日。境内の北側に神具店が並び、その東には社務所があります。ここは近世の稲荷社の発展に大きな役割を果たした愛染寺の跡地。もはや跡形すら残りませんが、明治以前の稲荷社には愛染寺と称する有力な寺院がありました。

稲荷社で活動した勧進聖たち

平安時代末期、東寺の密教の影響を受けて神仏習合が始まった稲荷社。鎌倉時代には祭神が荼枳尼天と習合し、狐の要素が加わった稲荷信仰が確立しました。室町時代の長禄3年(1459年)に描かれた『稲荷社指図』によると、五座の神様に本地仏が設定され、中世らしい神仏混淆の社であったと分かります。(神仏習合の経緯はp.5p.7。祭神と本地仏はp.8を参照

長禄3年の『稲荷社指図』では本殿の北東に「神宮寺 如意輪」「弘法大師号福光院」などの寺院が見えます。応仁元年(1467年)に稲荷山に参籠した金春禅竹の『稲荷山参籠記』には、山中の神仏習合の社堂、竜頭太の社まで記されており、中世の稲荷山を窺い知ることができる貴重な史料です。愛染寺の建立以前から、稲荷社には仏教寺院が立ち並んでいました。(金春禅竹についてはp.8を参照

室町時代に応仁の乱(p.5を参照)が勃発。応仁2年(1468年)には稲荷社が戦場となって壊滅し、山麓の社殿は焼失。数々の社堂があった稲荷山も荒廃します。稲荷社の壊滅から6年後の文明6年(1474年)、稲荷社の勧進聖の福阿弥が東寺を訪れた記録が『東寺執行日記』に残っており、早くも稲荷社の復興に向けて勧進聖の活動が始まっていたようです。

勧進聖とは諸国を巡って寺社・仏像・橋などの造営資金を集めた僧侶。橋の勧進を行うことから「橋聖」、修験道の十穀断の苦行を実践することから「十穀(十石)聖」とも呼ばれました。神仏習合だった稲荷社では応仁の乱の以前より十穀聖の活動があり、長禄2年(1458年)には伊勢神宮の内宮大橋の勧進まで行っています。(橋聖に因む十石橋はp.26で紹介

明応8年(1499年)、稲荷山西麓に五社相殿の本殿が再建。明応の正遷宮(p.8を参照)を主導したのは社家の荷田氏ですが、莫大な費用を調達したのは円阿弥を本願とする勧進聖でした。永正16~17年(1519~1520年)頃に本願所が設置されたらしく、安土桃山時代の文禄3年(1594年)になって正式な本願所が発足します。

愛染寺の発展と破却

江戸時代初期の寛永10年(1633年)、稲荷社本願所は3代目住職の天阿上人により愛染寺に改称。その名称は愛染明王をお祀りする愛染堂に由来すると思われます。愛染寺の僧侶は諸国を巡って庶民に稲荷信仰を広め、全国規模で正一位稲荷大明神がお祀りされるようになりました。勧進聖の精力的な活動が稲荷の知名度を上げたと言っていいでしょう。

但し、勧進聖は神仏習合・本地垂迹の世界観に基づき、荼枳尼天・弁財天・歓喜天を混淆した稲荷信仰を広めました。「愛染寺が稲荷社の勧請を行うのは許されない」と社家が奉行所に訴えたこともあり、古くから稲荷社の祠官を務める社家は新興の愛染寺を快く思っていませんでした。表向きは神仏習合の社ですが、神道側の社家の不満は明治時代までくすぶり続けます。

元禄の大修理(p.7を参照)の頃には稲荷社の一大勢力になっていた愛染寺。江戸時代末期の文久3年(1863年)、第14代将軍の徳川家茂が230年ぶりに上洛した際には愛染寺で休憩するなど、仏教勢力は江戸幕府と深い関係にありました。一方、社家の東大西家では勤皇志士の木戸孝允を匿ったことがあり、愛染寺と稲荷社では政治的にも対極に位置したようです。

明治元年(1868年)に神仏判然令が出されると、愛染寺をはじめとする諸堂や仏像・神像が速やかに撤去。仏教勢力に反発していた社家の主導で仏教要素は跡形もなく抹消されました。明治4年(1871年)には近代社格制度の導入で官幣大社の「稲荷神社」になり、仏教色を廃した新しい稲荷神社として、境内や参道の近代化が進められます。(廃仏毀釈についてはp.5を参照

撤去された仏像・神像の行方は分かっておらず、一部の「偶像」は焼却されたという記録が残ります。それでも愛染寺に関する全ての痕跡が失われたわけではなく、「愛染寺」と刻まれた江戸時代の石燈籠(常夜燈)は境内各所に現存します。以下、愛染寺の常夜燈をいくつかピックアップして掲載。場所や刻銘は各ページでも詳しく紹介します。

愛染寺の常夜燈

神幸道に並ぶ常夜燈
2020年9月19日。神幸道脇(p.6を参照)の常夜燈。伏見稲荷を訪れて最初に見つかる痕跡です。

「奉寄進永代常夜燈石燈籠二基」と刻まれた常夜燈 「奉寄進永代常夜燈石燈籠二基」と刻まれた常夜燈
「宿坊 愛染寺」と刻まれた常夜燈 「宿坊 愛染寺」と刻まれた常夜燈
2020年9月19日と2020年10月11日。「奉寄進永代常夜燈石燈籠二基」。奉納年月日は江戸時代中期、正徳4年(1714年)甲午歳の9月吉日。奉納者は「□□岩右衛門 □□善吉」。左下に「宿坊 愛染寺」と刻まれています。社家と愛染寺は常夜燈の奉納を取り次ぐ立場。実際に奉納したのは稲荷の神様を崇敬する庶民でした。

「宿坊 愛染寺」と刻まれた常夜燈
2020年10月11日。奥社奉拝所から三叉路に至る参道脇(p.16を参照)に佇む常夜燈。

「奉挑稲荷社常夜灯」と刻まれた常夜燈 江戸時代前期の貞享3年に奉納された常夜燈
「宿坊 愛染寺」と刻まれた常夜燈 「京建仁寺丁 油良大蔵」と刻まれた常夜燈
2020年10月11日。「奉挑稲荷社常夜灯」。奉納年月日は江戸時代前期、貞享3年(1686年)丙寅歳の5月吉日。奉納者は「京建仁寺丁 油良大蔵」。奉納の取り次ぎは「宿坊 愛染寺」です。この常夜燈は愛染寺が発展しつつあった元禄の大修理以前の奉納。私が確認した愛染寺の常夜燈の中では最古です。

伏見稲荷大社境内案内図
2020年10月11日。三叉路(p.16を参照)の境内案内図の裏側に立つ常夜燈。

境内案内図の裏側の常夜燈 享保13年に奉納された常夜燈
「宿坊 愛染寺」「再興 中村屋久兵衛」と刻まれた常夜燈 「願主 神先宗左衛門」と刻まれた常夜燈
2020年10月11日。奉納年月日は江戸時代中期、享保13年(1728年)戊申年の正月吉日。「伏水 西 福田 津金」「願主 神先宗左衛門」「宿坊 愛染寺」「再興 中村屋久兵衛」と刻まれています。愛染寺の常夜燈を見つけて後世に伝える、という使命感を持って探索しました。

十石橋手前の石燈籠(常夜燈)
2020年9月19日。十石橋の手前。愛染寺の痕跡として最も有名な常夜燈です。(p.26を参照

「稲荷山御神前」「宿坊 愛染寺」と刻まれた常夜燈 「稲荷山御神前」「奉寄進永代常夜燈」と刻まれた常夜燈
「京衣棚 服部清兵衛 京銭座」と刻まれた常夜燈 「京衣棚 服部清兵衛 京銭座」と刻まれた常夜燈
2020年10月11日。「稲荷山御神前」「奉寄進永代常夜燈」「宿坊 愛染寺」「京衣棚 服部清兵衛 京銭座」。奉納年月日は江戸中期、元禄14年(1701年)辛巳歳の10月吉日です。衣棚の服部清兵衛なる人物は不詳。銭貨を鋳造した京銭座の関係者なのでしょうか。以上、愛染寺が稲荷社の一大勢力だったことを示す重要な常夜燈を紹介しました。

権殿から稲荷山へ 稲荷山へ
ようやく本殿周辺を探訪できました。権殿(p.8を参照)の左手から稲荷山に入ります。

権殿脇の狐像と鳥居 権殿脇の狐像と鳥居
2020年9月19日。稲荷山の入口となる鳥居は昭和13年(1938年)に奉納。ここでも神使の狐達が目を光らせます。左の狐が咥える巻物は稲荷の秘宝、右の狐が咥える玉は稲荷大神が秘める神徳の象徴です。基壇には「職方中」「買先中」とあります。

「大阪 神徳講」と刻まれた常夜燈 「執次 愛川家」「願主 黒田竜伯」と刻まれた常夜燈
「中之講」と刻まれた基壇
2020年10月11日。鳥居をくぐると興味深い常夜燈がありました。

愛川家と刻まれた常夜燈

江戸時代後期、安永3年(1774年)甲午歳の9月吉日に奉納された一見普通の常夜燈。柱に「大阪 神徳講」「執次愛川家」「願主黒田竜伯」と刻まれており、愛川家の取り次ぎで奉納された常夜燈と分かります。「中之講」の基壇は明らかに別パーツ。破損して失われたとか、何らかの事情で組み合わせたのでしょう。そのような常夜燈は他にも多数存在します。

ここで注目したいのは「愛川家」です。稲荷神社の記録では明治時代の神仏分離の際、愛染寺の僧侶が還俗して愛川の姓を名乗ったと伝えます。この常夜燈は愛染寺が栄えた江戸時代に奉納されておりますので、明治以前から愛川家として稲荷社の運営に携わっていたことが分かります。上述した貞享3年の常夜燈に匹敵するほど大きな発見でした。

稲荷社と愛染寺の由緒を一通り紹介して、28ページ中の10ページまで終わりました。

稲荷社の歴史が詰まった境内の末社
次ページ、秦氏と荷田氏ゆかりの境内末社を紹介します。

「東方巡遊記」の感想はこちらから
閲覧ありがとうございます。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「京都の旅」の記事一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。