愛宕山ハイキング IV 1/2/3

2015年12月20日(日)

100 101 
愛宕神社の境内から水尾方面へ下ります。
山頂エリアからも、少しだけ京都市街の眺望有り。

102 
1220、もう黒門まで下りました。

103 104 
1235、水尾別れを右折します。
こちらのルートはハイカー少なめ。

105 
意外と急な下りで、距離もそれなりに。
水尾から登ってくるのはきつそう。

106 107 
1320、水尾に下りました。
いつの間にか、立派な砂防堰堤が整備されています。

108 109 
110 
水尾の集落を抜けていきます。
こじんまりした観光地ですね。

23 21 
4月撮影分。山手には清和天皇を祀る清和天皇社。
集落を外れたところには清和天皇陵もあります。

111 
1325、水尾自治会バスの嵯峨水尾バス停。
JR保津峡駅までバスを利用するのが無難だと思います。
私は歩きますけど。

112 113 
水尾を抜けて落合方面へ。
R50に沿って、遊歩道のような道があります。

114 116 
115 
遊歩道を歩きます。熊出没注意。

117 
R50に復帰。このルートも結構長いです。

118 
1405、ようやく保津峡駅の手前。
正面の保津峡橋を渡ると、そのまま保津峡駅。
今回は左折して、R50で落合方面へ向かいます。

26 27 
4月撮影分。JR山陰本線、保津峡駅の様子。
ここから清滝まで歩き、愛宕山の表参道を登るのも定番ルートです。

28 
同じく4月撮影分。R50から保津峡駅全景。
ご覧のように、橋そのものが駅になっています。
マニアの間でも有名らしい。

119 120 
引き続きR50を進行。

122 121 
1415、嵯峨野観光鉄道、トロッコ保津峡駅。
そのまま通過します。

29 30 
4月撮影分。吊り橋(鵜飼橋)を渡ってトロッコ保津峡駅。

ここは旧国鉄保津峡駅。昔は保津川沿いを走っていましたが、
トンネルで山を抜ける線が整備され、現在の保津峡駅に移転。
古い駅と線路が観光用のトロッコに利用されています。
これも有名だと思う。

15 18 
17 
2013年撮影分。保津川下りの様子。
JR亀岡駅付近の乗船場から保津川を辿り、
渡月橋手前の着船場まで下る観光プランです。

123 124 
R50から保津峡の様子。
いつも通り、淡々と歩いてます。

125 126 
1425、W-5-1、落合橋を渡って落合の分岐。
R50を直進すると六丁峠を越え、嵯峨鳥居本に戻るルート。
西山コースの一部にもなっていますが、特に面白味はありません。

128 127 
今回は東海自然歩道に従い、清滝川沿いに清滝方面へ向かいます。

129 130 
清滝川に下ります。
このシーズンは地味ですね。

132 131 
野生動物が水を飲みに来ていたらしい。
この足跡は狸?狐?いや、猫かも・・・

133 134 
清滝橋(青龍橋)を渡ると渡猿橋。
もう日が暮れてきました。

20 22 
21 
2013年撮影分。ここは人気のハイキングコース。
アップダウン無し。水が綺麗で気持ちのいい雰囲気です。
岩場は滑りやすいから、十分気を付けてください。

24 29 
同じく2013年撮影分。
春や夏には、保津峡駅から清滝へ歩くルートがオススメです。

135 
1455、清滝の渡猿橋に戻りました。

136 
バス停まで上り、試峠を通って嵐山方面へ。

138 137 
大した上りや距離ではありません。
清滝隧道を抜けるより、こちらのほうが無難かつ安全です。

139 140 
これが試峠の切通し。
上を通るのは嵐山高雄パークウェイ。

切通し付近が急勾配で見通しが悪いため、
変なところにミラーが設置されています。
が、実用性はありません。

142 
後は嵯峨鳥居本に下るだけ~

143 
1515、嵯峨鳥居本の一の鳥居にリターン。
既に出発から7時間経過しています。

144 
行きと同じルートで帰りましょう。
今日は観光客も少ないですね。

145 146 
1540、嵐山公園(亀山地区)。ここまでノンストップでした。

147 148 
公園を出て渡月橋へ。
やっぱり、この辺りは賑わってます。

149 
渡月橋を渡ります。

150 
嵐山駅に戻って行程終了。
本日の歩行距離は、予定通り約25kmとなりました。

151 
後は特急に乗り換えて帰りましょう。
これにて愛宕山の探訪完了。
お疲れ様でした。

「京都の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。