熊野古道トレッキング I
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13

2009年12月28日(月) 5日目 伊勢路
峠越えは続く・・・

5_1 
0500起床。
もっと眠りたいけどそんな暇はありません。
夜のうちに雨が降ったようですが、今は止んでいる感じ。
今朝もチキンラーメンを作り、手早く片付けて様子見。

現在地は三重県尾鷲市のJR三木里駅。
本日は五つの峠を越えて、新鹿を目指します。
大きな峠越えを終えたので、若干余裕のあるルート。

0647、明るくなってきたので出発。
山はガスっていますが、天気は大丈夫そう。
R311に復帰して南へ。八十川橋で八十川を渡ります。

5_2 
0703、R311沿いの三木峠(120m)入口。
早速、登っていきましょう。

5_3 5_4 
雨上がりの苔の質感!
雲が晴れ始め、爽やかな感じ。

5_5 5_6 
0755、三木峠(120m)に到着。
鹿の足跡がありました。

5_8 5_42 
5_7 
峠から展望台に寄り、賀田湾を眺めます。
今日もいい天気。暑くなってきました。

5_9 5_10 
一旦舗装された林道に合流し、次の羽後峠(140m)へ。
石垣・石畳・苔の絶妙なハーモニー。

5_11 5_12 
0910、羽後峠(140m)に到着。
毎回こんな感じで休んでいるわけです。

この辺りから、猪垣という猪や鹿を防ぐ石垣が現れます。
0925、出発。小さいながらも雰囲気のいい峠でした。

5_47 
賀田に下りました。
R311に乗って、古川橋で古川を渡ります。

5_43 5_48 
1005、JR賀田駅に到着。
誰も来ない駅舎で、ゆっくり休憩・・・

紀勢本線は大部分が無人駅。
駅舎の大きさ、トイレの綺麗さ、自販機の有無は駅によって異なりますが、
ご覧のように、寝場所に適したところが多いです。
伊勢路の特徴の一つと言えるかもしれませんね。

5_49 5_14 
1020、賀田駅を出発。
海沿いのR311を南へ向かい、飛鳥神社に寄り道。
新宮にある阿須賀神社の末社として創建されたと伝わる社。
速玉男命と事解男命を祀ります。

5_15 
1045、甫母峠(305m)入口。
はい、登りますよ~

5_50 5_17 
曽根次郎坂を登ります。
猪垣や石畳が綺麗に残ってますね。

5_18 5_19 
同じように見える山道も、実際に歩くと表情は全く違います。
説明しろと言われたら困ってしまいますが、とにかく違うんです。

5_20 5_54 
1132、甫母峠(305m)に到着。
尾鷲市と熊野市の境界となります。

5_22 5_51 
1150、出発。
二木島湾を眺め、曽根太郎坂を下ります。
ここは木の根道が特徴的でした。

5_23 5_24 
猪垣と一緒に、銘板も残されていました。
寛保元年(1741年)から1年かけて設置されたとあります。

5_25 
行き倒れ巡礼供養碑。
熊野古道には、旅の途中で倒れた者を供養する碑が各所にあります。
これは文政3年(1820年)に亡くなった、17歳の若者の碑とのこと。

5_45 
二木島の漁港が見えました。
もう12時を過ぎました。駅で休んでいきましょう。

5_26 
1308、新逢川橋で逢川を渡ってJR二木島駅。
例によってコンビニはありません。

小休止の度におにぎりやパンを消費しているため、食糧が欠乏。
新鹿にコンビニが無ければ、電車で尾鷲に戻りましょうか。

5_27 
1328、新鹿を目指して出発。
民家の裏からR311へ。荒れてますね。

5_28 
1353、またまたR311に復帰し、二木島峠(240m)に取り付き。
途中で猿に出会いました。

5_29 
・・・疲れのあまり道を外してしまい、時間をロス。
分かりにくいルートというわけではありませんが、
慎重に歩かねばなりません。

5_30 
1435、二木島峠(240m)に到着。
まずまずのタイムです。

5_31 
1440、出発。
チェーンソーの音があちこちから響く中、逢神坂峠(290m)へ。
そういえば、今日は全然ハイカーを見かけませんね。

5_32 5_33 
1500、逢神坂峠(290m)。
新鹿までもう少し、順調です。

各峠にはスタンプが設置されています。
スタンプラリーが好きな方はどうぞ。

5_34 
1525、出発。のんびり下ります。

5_46 
1600、新鹿の町並みが見えてきました。

5_37 
R311に乗り、里川橋で里川を渡ります。
1625、JR新鹿駅に到着。行程を終えました。

近くにAコープを見つけましたが、十分な補給は出来ず。
電車を利用して、尾鷲に戻ります。

5_53 5_39 
尾鷲駅にて下車。
サークルKでしっかり補給しておきます。
久々に、まともな夕食にありつけました。

コンビニで休んでいると、色んな人に声を掛けられます。
こうやって地元の人達と話せるのが旅の醍醐味。

5_40 
1916、新鹿駅にリターン。
運賃は往復960円でした。

三木里から半日かけて歩いて来たこの駅、
電車を使えばたったの14分なのですね・・・

5_41 
駅舎に入って、しばらく終電待ち。
無人駅は寝場所に使える反面、終電の制約があります。
早めに行程を終えても、すぐ寝られないのはちょっと辛い。

溜まってきたレシートを整理していたら、また鹿・衝突・遅延。
久々に順調な行程であったことに満足し、5日目を終えました。
ああ・・・暖房の効いた部屋で休みたい・・・

本日の歩行距離は約17km。
6日目に続きます。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。