熊野古道トレッキング I
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13

2010年1月2日(土) 10日目 中辺路
長い旅路の終わり。

10_43 
0525起床。
冷え込んだにも関わらず、よく眠れました。

現在地は和歌山県新宮市、小口の某所。
満月を眺めながらチキンラーメンを食べて、素早く撤収。
今日は最後の目的地、本宮大社を目指して小雲取越です。

10_44 
0635、出発。
R44を歩いて小雲取越の入口へ。
集落を抜け、小口トンネルを通ります。

10_1 10_53 
0652、R44沿い、小和瀬の渡し場跡。
小口という地名が初めて文献に登場するのは、
西行の歌だそうです。そーなのかー

10_45 
小和瀬橋で赤木川を渡り、小雲取越入口。
さあ、本宮まで頑張りましょう。

10_2 10_3 
堂の坂を登っていきますよ。
振り返ると、深い山の中にいることを実感。

熊野という地名の語源はよく分かっていませんが、
「神々が住むところ」や「死者の霊が隠れるところ」みたいな説があります。
かつて死者の国や現世の浄土と考えられ、独自の信仰が生まれました。

深い山を歩き、死の世界に入って現世に戻るという思想。
今では「再生の地」や「蘇りの地」という表現がよく使われています。
パ○ースポットやス○リチュアルみたいな宣伝も沢山見かけますが、
そっち系は興味ないのでスルーさせてもらいます。

10_4 10_5 
太陽が後ろから顔を出しました。
今日は雪も風もなく、穏やかな天気です。
久々に猿に遭遇しました。

10_6 10_7 
0813、桜茶屋跡で小休止。
ハイカー2名に出会いました。

10_46 
0840、桜峠(466m)を越えました。
今回の旅でラストの峠となります。

10_47 
大雲取越に比べると緩いアップダウン。
確実に行程を進めます。

熊野古道といえば苔むした石畳。
という投げやりなイメージが蔓延していますが、
実際に歩くと、それだけが全てではないことが分かります。
小さな山道、どうでもいい車道、田舎の町並み、深く険しい山越え。
それら全てが、熊野に通じる参詣道なのです。

10_8 
0905、石堂茶屋跡。
ザックを下ろして小休止・・・

10_55 10_48 
賽の河原地蔵から登り階段。
ここを登りきると、小雲取山(450m)の尾根道。
新宮市と田辺市の境界を歩きます。

 10_49 
如法山(609.8m)を正面に望み、舗装された林道を渡ります。

難関と呼ばれる雲取越。
あまりに多くの峠を越えてきたせいで、
特別険しいルートとは感じられませんでした。
というか、結局どの峠もそれなりに疲れます。

10_10 10_11 
0947、百間ぐら(430m)に到着しました。
本宮から遠くの山々を望みつつ、ゆっくり休憩します。
実に爽快な景色。ゴールはもうすぐですよ!

百間ぐらを過ぎると、伊勢路と合流。
後は請川まで下り道となります。

熊野古道地図_小雲取越合流 
現在地は小雲取越。略地図上の
熊野古道はここで2ルートが合流。

楊枝から延びてきた、伊勢路の本宮道&川端街道の共通ルートと、
那智から本宮大社を目指して歩いてきた中辺路が合流しています。

今回と「熊野古道トレッキング IV(執筆中)」(12~15ページ目)では中辺路、
熊野古道トレッキング III」(6~7ページ目)では伊勢路でやってきました。

10_12 
緩く長い下りが続きます。
・・・力が抜けてきました。

10_54 10_50 
松畑茶屋跡を過ぎました。
最後まで、慎重に歩かなければなりません。

10_14 
熊野川がはっきり見えてきました。
長い山道が終わろうとしています。

10_15 
民家の間を下っていきます。

10_16 
1110、雲取越を終えて請川に下りました。
新宮方面から延びてきたR168と合流。
これで、全ての山道をクリアしました。

10_35 10_17 
そのままR168を進み、ヤマザキショップで休憩&昼食タイム。
カップ麺を買ったら湯が沸いていなかったので少し待機します。
こうしてコンビニで休んでいると、心も体も落ち着きますね。

1155、本宮大社を目指して出発。
R168を3kmほど。まずは請川橋で大塔川を渡ります。

10_18 
和歌山県田辺市、本宮町本宮にIN。

平成17年(2005年)の市町村合併により、
本宮町は田辺市の一部になりました。
これまで歩いてきた多くの町も、
市町村合併で統合されています。

10_19 
初詣で混雑気味のR168を、黙々と歩きます。
助手席のおばさんからミカンを恵んでもらいました。

10_36 
本宮市街に入りました。
旅の終わりが近付いています。 

半年前から構想を始めた熊野の旅。
山歩きやバックパッキングはビギナーにも関わらず、
ルートや行程の検討を重ね、万全の計画(?)で実施。
実際には、毎日行き当たりばったりの旅になりました。

それでも、大体は計画通りに進めることが出来、
初めて熊野を歩いたにしては順調だったと思います。
そして何より、ひたすら歩いて熊野三山を巡る、
大変旅らしい旅になったことに満足です。

10_20 
まもなく本宮大社・・・

10_37 10_51 
1248、熊野本宮大社に到着。
伊勢を出てから10日、距離にして220km以上。
ここが、長く険しい道のりの最終目的地です。

10_22 
大鳥居をくぐり、熊野大権現の幟が立ち並ぶ参道へ。
初詣客で賑わっています。

熊野三山の一つで、熊野信仰の総本社である本宮大社。
家都美御子大神(素戔嗚尊)を主祭神として、熊野の神々を祀ります。
その歴史や信仰については、謎に包まれている部分も多いです。

崇神天皇時代(紀元前97~30年頃)、
熊野連が熊野大権現の神勅を受けて創建したと伝わる社。
かつては熊野川中洲の大斎原に大きな社殿がありました。

明治時代には熊野坐神社と称しましたが、
明治22年(1889年)の十津川大水害で社殿が流失。
山の中腹に上四社を再建し、現在の本宮大社になりました。

10_23 
行列に並び、上四社にて旅の終わりを報告。
長い道のりを見守っていただき、ありがとうございました。
「東方巡遊記 熊野古道編」完。

本宮大社については、「熊野古道トレッキング III」(7~8ページ目)で詳しく補完しています。
そちらのレポからどうぞ。

10_39 10_40 
境内を出ると、R168を渡って「世界遺産 熊野本宮館」へ。
その名の通り、世界遺産である熊野本宮のビジターセンターです。
今年7月にオープンしたばかり。この軒下は寝場所に使えそう。

10_24 
裏側は熊野川。
河川敷が臨時駐車場になっています。
年末年始以外は、とても静かそうなところ。

10_38 
熊野川の土手から大斎原の大鳥居。

本宮大社の旧社地であり、古くからの聖域。
熊野大権現が降臨されたと伝わっています。
境内は撮影禁止のため、この写真のみ掲載。

10_52 
全ての行程を終えて、ゆっくり休憩・・・
付近にヤマザキショップがありましたが、
補給するには小さすぎました。

まだ紀伊田辺に下る中辺路も残っていますが、
十分な達成感が得られたので撤収しようと思います。
中辺路は「熊野古道トレッキング II」(2~5ページ目)及び
熊野古道トレッキング III」(8~11ページ目)で踏破しています。

熊野古道地図_本宮合流 
現在地は本宮。略地図上の本宮大社。
熊野古道の中心であり、主要ルートが合流しています。
実際の各ルートの入口は離れており、多少歩く必要があります。

北方面は、高野山に向かう小辺路と、吉野に向かう大峯奥駈道。
東方面は、那智大社に向かう中辺路と、速玉大社や伊勢神宮に向かう伊勢路の共通ルート。
西方面は、紀伊田辺に向かう中辺路が2ルートに分岐。

熊野古道地図_1回目 熊野古道地図_2回目 
今回の「熊野古道トレッキング I」では、東の伊勢路と中辺路からここまで。
熊野古道トレッキング II」では西の中辺路から、北の小辺路に乗り換え。

熊野古道地図_3回目 熊野古道地図_4回目 熊野古道地図_5回目 
熊野古道トレッキング III」では東の伊勢路から、西の中辺路に乗り換え。
「熊野古道トレッキング IV(執筆中)」では、南の大辺路と東の中辺路からここまで。
「熊野古道トレッキング V(執筆中)」では、北の小辺路からここまでやってきました。

こうやって、未踏破ルートの回収を企画したのは後の話。
今回の旅を終えた時点では、これで完結にするつもりでした。
略地図で見ると相当な距離を歩いてます。自分でもビックリ。

10_27 10_41 
後はバスで帰るだけ。
本宮大社前バス停で待機します。
旅を終えて撤収する時は、いつもあっさりした感じ。

10_28 10_42 
1510、龍神バス熊野本宮線、紀伊田辺駅方面行きに乗車。
運賃は2000円、山あいの狭いR311を抜けて2時間です。

10_29 
・・・湯の峰温泉を通過。
熊野古道トレッキング III」の赤木越・大日越で訪れています。

10_30 
1715、JR紀伊田辺駅に到着しました。
流石に、中辺路でここまで歩くのは無理だったでしょう。

熊野古道地図_紀伊田辺分岐 
現在地は略地図上の紀伊田辺。
熊野古道はここで3ルートに分岐。

大阪から延びてきた北の紀伊路。
本宮大社へ向かう東の中辺路。
那智へ向かう南の大辺路に別れます。

今回は中辺路をカット。
熊野古道トレッキング II」(2~5ページ目)では、中辺路で本宮大社へ。
熊野古道トレッキング III」(8~11ページ目)では、本宮大社からここまで。
「熊野古道トレッキング IV(執筆中)」(2~6ページ目)では、大辺路で那智へ。
紀伊路は未踏破ルートとなっています。

10_31 10_33 
10_34 
再び待機中・・・

つい先程まで長く険しい山越えをしてきた筈なのに、
暖房の効いた待合室にいるのは不思議な感覚。
あの長い道のりが、幻のように思えます。

本日の歩行距離は約17km。
総合歩行距離は約228kmとなりました。

10_32 
1817、御坊行きに乗車。

自宅に戻り、ベッドに倒れ込んだのは2230頃。
10日間に及ぶ熊野古道の旅は、こうして無事に終わったのでした。
次ページ、旅のまとめと今後の展望で終わります。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。