熊野古道トレッキング I
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13

2010年1月1日(金) 9日目 中辺路
更なる難所越え。

9_1 9_2 
0440起床。新年を迎えました。
・・・とりあえず寒いです。

現在地は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町、那智山の熊野那智大社付近。
適当に野宿セットをパッキングして、那智大社に初詣。人はもう減ってました。

9_8 
気温は-2℃、手水舎の柄杓が凍ってます。
そりゃ寒いはずですよ。

9_7 
今年は平成22年(2010年)。干支は庚寅。
昨年の「星蓮船」で登場した寅丸星の年になります。
こんな状況でも、大抵東方のことを考えていたり・・・

9_3 9_6 
皇學館大学から研修に来ている学生さんにオススメされ、護摩木を焚いて暖をとります。
彼らの話によると、昨日R42から見えた霧はこちらでは吹雪だったとか。

9_4 9_5 
こちらは青岸渡寺と三重塔。荘厳な感じ。
那智山の雰囲気はとても良かったです。

9_58 
バスの時刻は0653。
まもなく初日の出、バス停で待機します。

9_9 
0653、那智山バス停から、
熊野交通那智山線、勝浦駅方面行きに乗車。
R46とR43で那智山を下ります。

運転手さんによると、那智駅から少し離れたところに
サークルKがあるようです。昨日は気付きませんでした。

※バスの運賃や時刻表は頻繁に改正されます。
レポに記載されている情報は古くなっていることがありますので、
必ず最新の情報を入手した上で訪れてください。

9_10 
貸し切り状態だったので、サークルKの前で降ろしていただくことに。
ザックはバスに残し、帰りは浜の宮バス停から拾ってもらいます。感謝。

9_57 9_11 
那智山にリターン。運賃は往復で940円。
明日の本宮まで、十分足りる食糧を補給しておきました。
しっかりパッキングして出発準備。ハイカーの姿がちらほら。

9_12 
0815、青岸渡寺付近の雲取越入口にやってきました。
小辺路や大峯奥駈道を除けば、熊野古道の最難関となる雲取越。
今回の旅では、最も険しい山越えルートです。

ここから先も「熊野古道トレッキング IV(執筆中)」(12~15ページ目)で、
詳しく補完しています。

9_13 
まずは那智高原公園へ。
軽装備のハイカーに追い抜かれました。
急ぐのは不可能ですから、マイペースで登りましょう。

9_53 
公園を抜けていきます。

雲取越は、那智山から大雲取越を経て小口、
小口から小雲取越を経て本宮大社というルート。
今日は小口に向けて、大雲取越をクリアしますよ。

9_14 9_59 
0850、林道を渡って山道に取り付き。
これから深い山に入っていきます。

9_15 9_54 
熊野詣だけでなく、西国三十三所の巡礼ルートとしても有名な雲取越。
舗装された林道と並行しながら登ります。

9_55 9_16 
石畳が残り、自然と融合した素晴らしい雰囲気の山道。
実際に歩いていると、そんなことを考える余裕は中々ありません。
それでも、写真とメモはしっかり残しておかないと・・・

9_17 
10月の台風18号の影響か、荒れている箇所がありました。
小口まで15kmぐらい。焦らず確実に進みましょう。

レポでは短いルートに見えるかもしれませんが、
撮影枚数が少ないだけ。実際には相当長いです。

9_19 9_20 
1010、舟見茶屋跡で熊野灘を眺めながら休憩。
冷たい雪風に晒され、体力の消耗が早まっています。
気温は0℃、ボトルの水が少し凍っていました。

1025、出発。
舟見峠(883m)を過ぎて八丁坂を下ります。
ん~、全然進んでませんね。

9_22 
色川辻に下ると、道が荒れているため通行止めの区間。
ハイカーが普通に入っていきました。おいおい・・・

※台風や大雨の影響で道が荒れ、
通行止めになっていることがよくあります。
無理に山道に入らず、安全な迂回路を通行してください。

9_24 
というわけで、山道を迂回して林道を歩きます。
こっちも少し荒れていたり。

9_25 
1115、山道と交差して復帰。

9_27 9_26 
若干凍結していますが、アイゼンを使うほどではありません。
念のため携行した軽アイゼンは、全く使用しませんでした。

9_29 
再び通行止め区間。林道で迂回します。

9_30 9_60 
林道に乗って、川沿いに地蔵茶屋跡へ。
この右側に大雲取山(966.2m)がそびえています。
そろそろ昼休憩にしたいですね。

9_31 9_32 
1200、中間点の地蔵茶屋跡。
ハイカー数名と共に休憩&昼食タイム。
向かい側には立派な地蔵茶屋休憩所がありました。

ハイカーの皆さんは雲取越を目的に訪れており、
今夜は小口で宿泊したり、小口に停めてある車で帰るとのこと。
宿やマイカーを利用すれば、軽装備で楽な行程になるのでしょう・・・

1218、出発。
まだまだ先は長いです。

9_61 9_33 
林道を外れ、川を渡って山道へ。
次は石倉峠(805m)へ登ります。

9_34 
もう少し・・・

9_35 
1238、石倉峠(805m)を越えました。
東牟婁郡那智勝浦町から新宮市に入ります。

9_36 9_37 
登りっぱなしというわけではなく、時々下りや平地もあります。
アップダウンは意外と険しくなかったように思います。多分。

9_38 9_39 
一旦川沿いに下り、越前峠(870.6m)へ登り返し。
行程メモの記録が少なくなってきました。

9_40 9_41 
黙々と登ります。
フル装備の旅人が駆け下りていきました。

9_62 9_63 
1320、越前峠(870.6m)。
これで大雲取越の登りは終わりです。

9_43 
1350、下り開始。
もう日が傾いてきたような・・・

9_44 9_45 
胴切坂と呼ばれる石畳の急な下り。
誰がやったのか、看板の胴が切られていました。
峠を越えて気が抜け、時折足を挫いてしまいます。

ローカットのトレッキングシューズを履いてきましたが、
どう考えても選択ミス。ハイカットにするべきでした。
足回りは万全の態勢で訪れるようにしましょう。
(詳細はフットウェアのページを参照)

9_47 
楠の久保旅籠跡まで下りました。
この辺りから、下りは少し緩やかに。

9_48 9_49 
更に下って円座石。
かつて熊野の神々が座って談笑したところ。
ここからラストの急な下り。滑りやすいです。

9_50 
まもなく小口。
一部に崩落箇所がありました。

実は山歩きもビギナーで、大したウェアは持っていません。
上は普通のシャツと防寒ジャケット、下は一応トレッキングパンツ。
充実しているのは野宿セットぐらいだったりします。
よくこんな装備で来たものですね・・・

9_56 
1600、車道に下りました。
無事に大雲取越を終えて小口へと到着。
時報のサイレンが鳴り響きます。

R44、小口橋で小口側を渡って寝場所探し。
宿もありますから、野宿しない方はそちらをどうぞ。
コンビニはありませんので、念のため。

9_51 9_52 
程よい寝場所を見つけたので、チキンラーメンを作ります。

難所ということで身構えていましたが、意外と順調な行程でした。
手早く寝る準備を済ませ、終電を気にすることもなく19時頃就寝。
2010年、最初の一日が終わりました。

本日の歩行距離は約17km。
ラスト、10日目に続きます。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。