熊野古道トレッキング III
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13

2013年12月31日(火) 4日目(2/2) 伊勢路
熊野詣。

4_40 4_41 
1318、熊野本宮大社に到着。
大晦日ということで賑わってます。

ここが今回の行程の中間点。
まだ4日目の途中で、実質3日歩いた程度。
ルートも特に険しいものではありませんでした。
それでも、ここまで歩いてくると感慨深いものがあります。

4_43 4_42 
記念撮影をやっていたので、私も撮ってもらいました。
カメラマンに撮影したもらった写真は1200円で購入できます。
やっぱり疲れてきたな・・・

4_45 4_46 
大鳥居をくぐり、熊野大権現の幟が立ち並ぶ参道へ。

熊野三山の一つで、熊野信仰の総本社である本宮大社。
家都美御子大神(素戔嗚尊)を主祭神として、熊野の神々を祀ります。
熊野十二所権現とも呼ばれ、神仏習合の要素が大変強いことで知られる熊野信仰。
その歴史や信仰については、謎に包まれている部分も多いです。

4_47 4_48 
石段を登ります。峠越えよりきつい。
G600の電池が切れ、スペアバッテリーに交換。
電池使用時のランタイムは80枚ほどでした。

4_54 4_53 
神門をくぐり、上四社にて行程の経過を報告。
新年の準備は完了しているようです。

神門前の幟には、熊野三山のシンボルである八咫烏。
熊野では家津美御子大神(素盞鳴尊)に仕えるミサキ神。
太陽の化身でもあり、導きの神様として信仰されています。

神武天皇の東征の際、高木大神によって派遣され、
熊野から大和への先導を務めたエピソードは大変有名。
三本足のイメージは、中国の伝承の影響なのだとか。

東方的には、「地霊殿」に登場した霊烏路空の元ネタの一つ。
霊烏路の姓は、八咫烏が先導した熊野の道、というイメージでしょう。

4_50 4_49 
こちらが上四社の様子。
以前訪れた際は、神門前に撮影禁止の看板がありました。
これまでのレポに写真は掲載していません。

今回、撮影禁止の看板はどこにも見当たらず、
デジタル一眼のカメラマンが沢山。
私も数枚撮らせてもらいます。

4_84 
崇神天皇時代(紀元前97~30年頃)、
熊野連が熊野大権現の神勅を受けて創建したと伝わる社。
かつては熊野川中洲の大斎原に、上四社・中四社・下四社の
十二社から成る大きな社殿がありました。

明治時代には熊野坐神社と称しましたが、
明治22年(1889年)の十津川大水害で社殿が流失。
山の中腹に上四社のみ再建し、現在の本宮大社になりました。

4_51 4_52 
社殿は左から・・・

伊邪那美大神(夫須美大神)を祀る第一殿の西御前。
伊邪那岐大神(速玉大神)を祀る第二殿の中御前。
家津美御子大神(素戔嗚尊)を祀る第三殿の証誠殿。
天照大神を祀る第四殿の東御前。

第三殿→第二殿→第一殿→第四殿が正式な参拝順序。
中四社と下四社の神々は、大斎原の石祠に祀られています。

4_56 4_55 
神門を出て拝殿前。
PENTAX SPのフィルムを1本(24枚)使いきりました。
残りのフィルムは使わず、ザック内で休んでもらいます。

熊野は京都や伊勢と違い、気軽に補完探訪に来られません。
それなりの枚数を撮影したつもりですが、後から見返すと少なめ。
全てカバーすることは出来なかったり・・・

4_57 4_58 
境内を出て、しばらく休みます。
日付が変わったらまた訪れましょう。

4_60 4_61 
R168を渡って「世界遺産 熊野本宮館」へ。

その名の通り、世界遺産である熊野本宮のビジターセンター。
裏手には熊野川が流れており、河川敷が臨時駐車場に。
これから混雑してくるでしょう。

4_59 
ベンチのある軒下にIN。
ここは前回、寝場所として使ってますね。

4_62 4_63 4_85 
1500、大斎原へ。

本宮大社の旧社地であり、古くからの聖域。
熊野大権現が降臨されたと伝わっています。
境内は撮影禁止のため、写真はここまで。

今のうちに、ヤマザキショップで軽食だけ補給。
静岡から温泉巡りに来たという旅人に出会いました。
やはり旅人と語り合うのは楽しい。

4_79 
所定の位置に戻り、装備の整理と体のケア。
前半戦を終えたので下着やタオル類を交換。
靴下は明日の出発前に換えます。

写真整理と行程チェックも済ませておきましょう。
この時点で1000枚ほど撮影しました。

4_65 
既に日没。

ここで火は起こせませんから、今夜もパック飯。
メニューは白飯&かつおカレー煮でした。
おやつの乾パンも順調に消費。

前回野宿した際、トイレは夜間閉鎖されていました。
今回は年末年始ということで、夜間もずっとOPEN。
付近に自販機もあって、コンディションは良好です。

あまり人が来ないのを確認して野宿セット展開。
しばらく仮眠させてもらいます。1855、就寝・・・

4_66 4_68 
2200起床。気温は2℃。
2013年もあと2時間で終わり。

実はこの場所、駐車場から本宮大社への通り道。
まだ混雑していないので、人目を気にせずゆっくり。
野宿セットを一旦撤収して出発準備。

4_67 
大斎原ではライトアップ中。
2300、本宮大社に向かいます。

4_69 
R168を渡って本宮大社へ。
誘導員が大勢展開中。

4_70 4_71 
4_72 4_73 
境内の様子。閑散としています。

4_74 4_76 
新年を迎えるまで待機。人が増えてきました。
アルバイトの巫女さんがいっぱい。萌え。

4_78 4_77 
2358、既に初詣の行列の中。

2013年最期の日、歩行距離は約17kmでした。
5日目、2014年に続きます。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。