熊野古道トレッキング III
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13

2013年12月28日(土) 1日目(1/2) 伊勢路
伊勢詣。

1_1 
0900に自宅を出発し、JR/近鉄伊勢市駅に到着したのは1327。
ここは三重県伊勢市です。

JR/近鉄鶴橋駅の乗り換えが混雑で遅れ、その後の乗り継ぎもイマイチ。
結局、1回目と同じく1時間の遅延になりました。
この路線は向いてません。ちょっと休憩・・・

1_2 
伊勢神宮へは、JR側の駅舎(南口)を利用。
今年7月に駅舎と駅前広場がリニューアルされました。
サイクルツーリストが輪行作業中。楽しそう。

熊野古道地図_伊勢 
現在地は伊勢。略地図上の伊勢神宮。
熊野古道の伊勢路は、ここから新宮の速玉大社へ。
熊野または速玉大社から、本宮大社へ抜ける別ルートもあります。

熊野古道トレッキング I」は、
近世から利用が増えた伊勢詣とセットの標準的な巡礼ルート。
速玉大社で中辺路に乗り換え、那智大社、本宮大社を目指しました。

今回の「熊野古道トレッキング III」では、序盤を電車でショートカット。
熊野から本宮大社へ抜ける伊勢路の別ルートを選んでいます。

1_61 
R201を渡り、R21で伊勢神宮へ。

本日は伊勢神宮外宮と内宮を徒歩で巡り、
電車で伊勢市駅から梅ヶ谷駅に移動するプラン。
予定の電車は1947なので、十分余裕があります。

距離は約10kmの予定。
補完探訪ということで、じっくり巡っていきましょう。

1_4 
天気は晴れ。気温は10℃。
予報によると、1週間は晴れが続くらしい。

サイクルツーリングは雨、山歩きは晴れの法則。
レインウェアを使わない旅になるといいのですが・・・

1_5 1_6 
1353、伊勢神宮外宮、豊受大神宮。
日鷲山(117m)を最高峰とする高倉山の北麓に位置。
駅前の参道を歩けばすぐ着きます。

1_8 1_9 
火除橋で堀川を渡って一の鳥居。
時間は十分あります。ゆっくり散策しましょう。

1_11 1_20 
境内へ。
今年、平成25年(2013年)は第62回神宮式年遷宮の年。
以前と打って変わって、観光客で溢れています。
鳥居が新しくなってますね。

1_19 1_12 
御正宮エリア。
奥(左)が新殿、手前(右)が古殿。
10月には、御神体を移す遷御の儀がありました。

PENTAX SPのフィルムは6本携行していますが、
撮影枚数は少なめ。結局1本(24枚)しか使いませんでした。
(詳細はカメラのページを参照)

1_13 1_62 
豊受大御神を祀る新殿にて参拝。
雄略天皇22年(478年頃)に鎮座されたと伝わります。
鳥居より向こうは撮影禁止ですヨ。

1_14 1_63 
こちらが20年使われた古殿。
いずれ解体され、木材は全国の社に送られます。

1_17 
参拝後は散策モード。
時間が足りない気がするので、別宮については割愛させてもらいます。
補完探訪なのに、結構撮りこぼしが多かったり・・・

1 
・・・時は流れて、平成27年(2015年)10月3日。
「熊野古道トレッキング III」を補完するため、再び伊勢を訪れました。
前日の終電で伊勢市駅にやってきて、翌日早朝から活動するプラン。

2 3 
外宮へ向かいます。
人が少なく、探訪するには完璧のタイミング。

4 5 
一の鳥居をくぐって境内へ・・・

8 
御正宮エリア。
手前にあるのは、式年遷宮の際に川原大祓が行われる三ツ石。
昔は宮川の支流が流れていたそうです。

6 
新殿の様子。
遷御の儀から2年経ち、荘厳な雰囲気に。

7 
古殿は解体され、心御柱の覆屋が設けられています。
ここが古殿地であり、次の式年遷宮で御正宮が建てられる御敷地となります。

9 
豊受大御神の荒御魂を祀る、別宮の多賀宮。
御正宮だけでなく、別宮も新しくなっています。

10 
大土乃御祖神を祀る、別宮の土宮。

11 
級長津彦命と級長戸辺命を祀る、別宮の風宮。
ここまで、2015年補完分でした。

1_21 
1438、火除橋を渡って外宮を出ます。

1_22 
R32を4kmほど歩いて内宮へ。
バスがありますので、観光の際はそちらをどうぞ。

1_23 1_25 
1520、 R32沿いの猿田彦神社に寄り道。
R23に乗り換える手前に位置しています。

1_24 
猿田彦大神と大田命を祀る社。
天孫降臨の先導で有名でしょう。

東方的には、「文花帖」や「風神録」に登場する
射命丸文の元ネタの一つですね。

15 48 
2015年補完分。
本殿の向かい側には佐瑠女神社。
天孫降臨の際、猿田彦大神に対応した天宇受売命を祀ります。

14 12 
13 
同じく2015年補完分。
本殿の前には、古殿地の方位石があります。

ナビゲーションに欠かせないSILVAのコンパス。
道開きの御守りを括りつけて愛用しています。
(詳細はナビゲーションのページを参照)

1_26 
R23に乗り換え、まもなく内宮。
次ページに続きます。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。