熊野古道トレッキング II
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11

2010年12月31日(金) 7日目 小辺路
雪の中。

7_26 
0700起床。気温は-8℃。
寒すぎてよく眠れませんでした。
シュラフが凍っています・・・

7_28 
現在地は伯母子峠(1220m)の伯母子岳山小屋。
奈良県吉野郡十津川村と、野迫川村の境界です。

東に登ると伯母子岳山頂(1344m)。
もう、寄り道する余裕は残っていません。

7_1 7_2 
天気は晴れ。日の出を迎えました。
夜のうちに、更に雪が積もったようです。

7_3 
外は寒いので、早く山小屋に戻りましょう。

 7_6 
7_4 7_27 
凍えながら朝食の準備。

私は山菜おこわとコーヒー、彼らは怪しげなパスタを作ります。
こういう寒い環境では、ホワイトガソリンのウィスパーライトが大活躍。
(詳細は自炊セットのページを参照)

それにしても寒い。何もやっても寒いです。

7_7 
皆さんは高野山を目指して先に出発。
高野龍神スカイライン(R371)沿いにある
野迫川村総合案内所をチェックポイントにするようです。

私に強行軍するような体力は残っていないので、
今日は大股の集落に下ります。

7_8 7_9 
1000、出発します。
積雪は昨日より多くなりました。

7_11 7_10 
天気は徐々に曇り。
雪と風が吹きつけます。

7_12 7_13 
前方からハイカーのグループ。
桧峠を経て、順調に下ります。

7_15 7_14 
昨日と同じような巻き道が延々と続きます。
休憩しながら、黙々と進行・・・

7_29 7_18 
1125、萱小屋跡で休憩。
手作り感あふれる山小屋がありました。
もう一息で大股。早く雪のない集落に下りたい。

7_19 
1200、大股の集落に到着。
大雪でとんでもないことになっていました。
今後の行程を大幅に見直さなければ・・・

7_20 
とりあえず、集落を通るR733へ下ります。
この状況で野宿できる場所があるはずもなく、
集落の旅館を訪ねてみたら誰もいない様子。

7_21 
大股橋で川原樋川を渡り、公衆トイレの中に避難。
携帯電話は圏外になっており、情報は得られません。

7_22 
途方に暮れていると、地元のおじさんに民宿を紹介してもらいました。
トイレ前の公衆電話から民宿に電話すると、宿泊OKとのこと。
ここまで車で迎えに来てもらえることになりました。

7_23 7_24 
大股の集落から約1.5km北西にある民宿「かわらび荘」にて。
暖房の効いた綺麗な部屋でくつろぐのは久しぶりです。
濡れたジャケットやスパッツを干してのんびり。

テレビを見ていたら、今日が大晦日だということを思い出しました。
この状況ではあまり関係ありませんね・・・

7_25 
風呂に入って夕食を済ませたら、
オーナーのおばさんと色々話して自由な時間を過ごします。

明日の行程について相談すると、
山道は積雪が多くて歩くのは困難とのこと。
車道(舗装された林道)で行くのが無難だが、
高野龍神スカイライン(R371)までは除雪されていない。
高野山への中間点である野迫川村総合案内所は冬期閉鎖中。
などの厳しい情報を得ることができました。

微妙なタイミングで訪れてしまったようですが、
悩んでも仕方がありません。1845、明日に備えて就寝。

本日の歩行距離は約7km。
8日目に続きます。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。