熊野古道トレッキング II
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11

2010年12月30日(木) 6日目 小辺路
雪山ルート。

6_42 
0500起床。気温は-1℃。
天候は曇りがち、まだ雨は降らなさそう。

現在地は奈良県吉野郡十津川村、玉垣内の川合神社。
素早く朝食とパッキングを済ませ、0615に出発。
昨日と同じく、西川沿いのR425を歩きます。

6_1 6_2 
西中大谷橋東詰の四差路で、
R425を外れて舗装された林道に乗り換え。
熊が出るそうです。

本日は三浦峠(1070m)を越え、
小辺路最高峰となる伯母子峠(1220m)の山小屋を目指します。
この最難関をクリアすれば高野山まであと少し。
確実に行程を進めます。

6_43 
林道を上って峠入口。
時刻は0708。今日も頑張りましょう。

6_44 6_45 
黙々と登り、矢倉観音堂を通過。

三浦峠に向かうルートは、出店跡まで2ルートに分岐。
尾根を通る東の旧道、尾根の西斜面を通る新道に別れます。
今回は旧道を通りました。

6_3 6_4 
長い山道を登ります。松茸が採れるらしい。

6_46 6_6 6_7 
すっきりしない天気。雪がパラパラと降り始めました。
東に今西の集落が見えるポイントがあります。

6_47 
出店跡を通過します。

6_8 6_48 
0905、古矢倉跡で小休止&給水。
地蔵菩薩立像がありました。

比較的緩い登りですが、ペースは伸びず。
峠までもう少し。G600のバッテリーは1/3。

6_9 
雪は次第に深くなります。
この足跡は猟犬を連れたハンターでしょう。

6_10 6_11 
0940、三浦峠(1070m)に到着。
舗装された林道と合流、特に眺望はありませんでした。

6_12 
ザックを下ろして休憩中・・・
気温は0℃。相変わらず風が冷たいです。

6_14 6_13 
しばらく休んだので出発します。
本来のルートは工事中のため、迂回路を使用。
五百瀬の集落に下ります。

6_15 
G600のバッテリーが切れ、スペアバッテリーに交換。
この時点で600枚以上撮影。良好なランタイムです。

6_58 
本来のルートに復帰。
引き続き下ります。

6_59 6_16 
三十丁の水で給水。雪が少なくなってきました。
五百瀬小学校の皆さんが制作した看板が随所にあります。

6_49 6_18 
1100、吉村家跡を通過。
この大きな杉は、防風林として利用されていたようです。

6_20 6_21 
既に雪は消え、無難な下りに。
民家の前を抜けていくと、まもなく五百瀬です。

6_22 
1122、吊り橋(舟渡橋)で神納川を渡って五百瀬の集落へ。

6_50 
伯母子峠に備えてしばらく休憩。
軽く雨が降ってきました。

6_52 6_24 
R733を歩いて集落を抜け、伯母子峠入口へ。
同じ方向を目指している3名の旅人に出会いました。

6_53 
五百瀬隧道を抜けると三田谷の集落。
この辺り、携帯電話の電波が入りませんでした。

6_25 
1157、三田谷橋を渡って伯母子峠入口。
伯母子岳登山口、と言ったほうが正しいですね。

伯母子峠に向かうルートは、上西家跡まで2ルートに分岐。
尾根を通る西の旧道、尾根の東斜面を通る新道に別れます。
今回は旧道を通りました。

6_26 
気温は低いはずなのに、登っていると梅雨のように蒸し暑い。
この先に大きな困難が待ち受けているなんて、思ってもいませんでした。

6_54 6_27 
ペースは全く伸びず、先程の旅人達に追い抜かれました。
最後の難所、ゆっくり慎重に登りましょう。

6_28 6_29 
これまでの峠と同じく、雪が増えてきました。

6_55 
水ヶ元茶屋跡にて小休止。
果無峠と三浦峠に比べて、明らかにきつい登り。
昔の巡礼者は、こんなルートを普通に歩いていたのですね・・・

6_56 6_41 
何度も休みながら、尾根道を登ります。

冬季の山歩きは、冷たい風で眼にダメージを受けやすい。
バリスティックグラスを着用して眼の負担を和らげています。
前回は普通の眼鏡。あれも失敗でした。
(詳細はアイウェアのページを参照)

6_31 
前方からフル装備の旅人が2名。
雪は徐々に深くなります。

6_32 
積雪はこんな状況です。
うっかり道を外さないよう、位置確認しながら進行。

6_33 6_34 
1503、上西家跡に到着。

座っていると雪と風に埋もれます。
ゆっくり休憩することはできません。

6_35 6_36 
出発。伯母子岳の東斜面を進みます。
延々と同じような巻き道が続き、体力と気力は限界に・・・

6_57 
・・・

6_60 
・・・

6_61 

6_37 
何も考えずに歩いていたら、突然山小屋を発見。

6_38 
伯母子峠(1220m)の伯母子岳山小屋。
時刻は1632、ようやく本日の目的地に辿り着きました。

6_39 
早速、山小屋にIN。中の気温は-2℃。

風や冷気を完全に遮断することはできませんが、
贅沢は言っていられません。寝られるだけマシです。
隣に建てられているトイレは冬期のため閉鎖中。
代わりに仮設トイレが設置されていました。

既に到着していた3名の旅人と談笑しながら装備の整理。
彼らは横浜から遠征に来た、大学の探検部員とのこと。
私と同じく、年末年始を高野山で過ごすそうです。

6_40 
では、夕食の準備を始めます。
ドライカレーとコーヒーを作るだけですが、
こういうところで食べると美味しく感じますね。

夕食を済ませたら、ジャケットを着込んで寝る準備。
明日からのラストスパートに備え、1830に就寝しました。

本日の歩行距離は約25km。
7日目に続きます。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。