熊野古道トレッキング II
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11

2010年12月29日(水) 5日目 小辺路
難路の始まり。

5_44 
0500起床。
気温は5℃。それほど寒くはありませんでした。

現在地は和歌山県田辺市、本宮の「世界遺産 熊野本宮館」。
夜のうちに雨が降ったり止んだりしていましたが、
今は大丈夫そう。

本日より旅の後半となる小辺路。
近世から利用された深く険しいルートであり、
三つの大きな峠を越えていかなければなりません。
かつては生活道で、修験道にも利用されました。

5_1 
0543、出発。
昨日の三軒茶屋跡を経由するのが本来のルート。
まだ暗いため、R168と地道で峠入口に向かいます。

5_47 
0635、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」にて小休止。
コンディションは良さそうでしたが、野宿禁止の張り紙がありました。

0650、出発。
寝場所も補給も限られているため、行程厳守。
もたもたしていると、すぐに日没を迎えてしまいます。

5_2 5_3 
熊野川(新宮川)沿いにR168を進行。
前方には冷水山(1262m)を最高峰とする果無山脈。
後ろから太陽が昇ってきました。

5_4 
八木尾橋で八木尾谷川を渡り、八木尾の集落へ。
0712、果無峠入口に到着。険しい小辺路の始まりです。

5_5 
1000m級の峠越えが三つもある小辺路。
果無峠(1114m)、三浦峠(1070m)、伯母子峠(1220m)と続きます。
伊勢路と中辺路はハイキングやトレッキングの範疇ですが、
小辺路は本格的な登山。万全の態勢で登りましょう。

5_48 
取り付き開始。民家の前を抜け、
舗装された林道を渡って山道に入ります。
まずは最初の難所を越えて十津川方面へ。

ここから高野山へのルートは、
「熊野古道トレッキング V(執筆中)」(5~10ページ目)で補完しています。

5_7 
深い山の中へ、黙々と登ります。
峠入口から十津川まで三十三観音像が並んでおり、
目安にすることができます。

5_8 5_9 
尾根道をどんどん登ります。
写真も行程メモも少なめ。

いつの間にか、和歌山県田辺市から
奈良県吉野郡十津川村に入っていました。
七色分岐の辺りが境界だったと思います。

5_10 5_11 
雪が積もってきました。

一本だたらの伝説が残る果無山脈。
東方的には、「星蓮船」に登場した多々良小傘の
元ネタの一つと言えるかもしれません。

5_12 5_13 
寒そうな雰囲気ですが、実際に登っていると暑いです。

5_14 5_15 
散歩中のリスに出会いました。
足跡が残っています。

5_16 5_17 
きつい登りが続きます。
この足跡は・・・分かりません。

5_19 5_18 
1028、ようやく果無峠(1114m)に到着。
十七番観音像がありました。

現在の気温は-2℃。
積雪があっても凍結しているわけではなく、
軽アイゼンは使用しませんでした。

5_20 5_21 
1035、果無の集落を目指して下ります。
風が冷たい・・・

5_22 
北の下界には十津川の集落。
高野山は、あの山々の向こうにあります。

5_49 5_50 
1110、観音堂まで下りました。

5_23 
給水所で補給。ちょっと凍ってます。

5_24 5_25 
尾根道を下ります。

5_26 5_27 
まだまだ下りますよ。

5_28 5_29 
天水田跡を過ぎ、石畳を下ります。

5_30 
1220、果無の集落に下りました。
深い山の中にあり、果て無しっぽい雰囲気。
舗装された林道でもアクセス可能です。

5_31 5_51 
畑の傍らに、世界遺産の石碑があります。
世界遺産・熊野古道といえばコレ!みたいな写真。
ガイドブックやポスター等、あらゆる媒体で登場します。

5_32 5_33 
軽く休んだら、集落を抜けて十津川へ。
石畳の急な下り、滑りやすくて危ないです。

5_34 
1312、西川に架かる柳本橋が見えてきました。
すぐ先で、熊野川上流の十津川と合流しています。

この橋からR168を1kmほど歩くと十津川温泉へ。
今回は小辺路に専念したいので寄りません。

5_52 
車道に下りました。

5_35 5_36 
1325、吊り橋(これも柳本橋)を渡って西川対岸のR735へ。
私は高所恐怖症です。

5_57 
西川隧道を通ります。

5_37 
隧道の先は「十津川温泉 ホテル昴」。
R168から別れたR425沿いにあります。

時刻は1335。
難所をクリアしてようやく休憩&昼食タイム。
ここで泊まるわけがないので、今後の行程をチェックします。
検討の結果、R425を歩いて三浦峠入口まで行くことに。
寝場所は見つかるでしょうか?

5_38 
1412、ホテルを出発。
西川沿いのR25を歩いて寝場所を探します。
普通の車道で、アップダウンは殆どありません。

5_53 
今のところ、寝られそうなのはバス停ぐらい。
峠入口の西中バス停に期待します。

5_54 5_39 
集落を通り過ぎていきます。
ああ・・・自転車を使いたい・・・

5_45 5_46 
重里の町並みが見えました。
地元の方やお巡りさんに心配されたりしますが、
万全の態勢で実施しているから大丈夫です。

5_40 5_41 
1540、玉垣内の川合神社。菅原道真を祀る社です。
向かい側にはトイレと自販機もありました。

ここで、高野山方面から来たフル装備の旅人に出会いました。
積雪はあるが歩けないほどではない、という貴重な情報を入手。
どちらの方面も、野宿に適したところは無い様子・・・
お互いの無事を願って別れます。

5_55 
とりあえずバス停へ。

5_42 
1608、峠入口の手前にある西中バス停に到着。
やはり寝場所には適していませんでした。
引き返しましょう。

5_56 5_43 
そんなわけで、川合神社にリターン。
パスタとコーヒーを作り、ひっそり寝る準備。
1840、小さい軒下に入って就寝します。

本日の歩行距離は約25km。
6日目に続きます。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。