熊野古道トレッキング II
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11

2011年1月2日(日) 9日目 小辺路
脱出。

0600起床。
あまり眠れませんでした。
現在地は奈良県吉野郡野迫川村、大股の「かわらび荘」。
残っていた補給食を消費し、旅の終わりを感じます。

9_1 
0900、地元の方がスタッドレスタイヤ装備の4WDで迎えに来てくれました。
狭く曲がりくねったR733を飛ばし、野迫川村役場を経て約17km先の高野龍神スカイライン(R371)へ。
スカイラインではチェーン未装着の県外ナンバー車が多数スタックしていました。

9_32 9_2 
スカイラインを約9km下ると、今回の目的地だった高野山。
1000、中の橋大駐車場に到着。ここまで送ってくれたお礼に運賃を払います。
小辺路を踏破できなかったのは残念ですが、とにかく高野山には辿り着けました。

天気は曇りがちな晴れ。
標高786mで、現在の気温は3℃。
ここは和歌山県伊都郡高野町になります。

9_3 
では、奥之院の参道へ。
観光客で賑わい、ハイカーの姿もちらほら。

空海によって開かれた聖地、高野山。
唐に渡って密教の奥義を学んだ空海が、弘仁7年(816年)、
嵯峨天皇から当地を賜り、真言密教の道場として整備されました。
その歴史はとても長くなるので、割愛させてもらいます。

9_31 
沢山の墓石や供養塔が立ち並ぶ奥之院。
最深部には弘法大師御廟があり、荘厳な雰囲気。

真言密教の発展に尽力した空海は、承和2年(835年)に入定。
亡くなったわけではなく、今でも御廟で瞑想されているそうです。
弘法大師の諡号は、延喜21年(921年)に醍醐天皇から贈られました。

9_4 
奥之院の探索を終えたら、R311で高野町街の中心部へ。
山内にはバスが運行していますので、そちらもご利用ください。

9_5 9_6 
多くの寺院が並ぶ山内。
高野山という地域そのものが真言密教の聖地。
山々に囲まれた盆地にあり、蓮の花に例えられます。

9_8 
高野町街の中心部までやってきました。
駐車場は満タンです。

高野山については、「熊野古道トレッキング V(執筆中)」(4ページ目)で詳しく補完しています。
そちらのレポからどうぞ。

9_7 
R480を挟んだ向かい側には、金剛峯寺の主殿。
御存知のように高野山真言宗の総本山。山号は高野山です。

9_9 9_16 
高野山の中核となる壇上伽藍へ。
三昧堂の前には西行桜がありました。
かつて西行が三昧堂を修造し、ここに桜を植えたとか。

高野山を拠点に、全国をぶらぶらしていた時期もある西行。
「妖々夢」の西行寺幽々子は、西行の娘をモデルにしていると考えられます。
西行が高野山で行った反魂の術は、反魂蝶の元ネタでしょう。

そうそう、秘封倶楽部の「卯酉東海道」では、
「最も澄みわたる空と海」の元ネタにもなっていますね。

9_33 9_10 
胎蔵大日如来を本尊とする根本大塔。
雪と日光が重なり、素晴らしい存在感。

9_14 
薬師如来を本尊とする金堂。
高野山はとても広く、諸堂全てを掲載することは出来ません。

9_37 
御社と、拝殿の山王院。
丹生明神、高野明神(狩場明神)、十二王子・百二十伴神を祀る社。
空海が高野明神に導かれ、丹生明神から高野山を譲り受けたという伝説が残ります。

9_15 
その奥には、金剛界大日如来と胎蔵界四仏を本尊とする西塔。
いい写真が撮れそうですね。

9_11 
高野町街を抜け、R480で大門へ。
ガソリンスタンドやコンビニ等、必要な施設は大体揃っています。
観光地としても、よく整備されている印象を受けました。

9_12 9_13 
1155、高野山の西の入口となる大門にやってきました。
ここから九度山に下る高野山町石道が延びていますが、
大雪のため計画を放棄します。

9_17 
一旦中心部に戻り、北の入口となる女人堂にやってきました。
長い間、女人禁制だった高野山。女性はここまでしか入れませんでした。

9_18 9_19 
時刻は1252。
女人堂から南海高野線の極楽橋駅まで、山道を下ります。
左の車道は、南海鋼索線の高野山駅に繋がるバス専用道。
一般車両と歩行者は通行できません。

9_20 9_34 
これが最後の行程。
短いルートですが、気を抜かずに下りましょう。

前回の旅が順調だったことで慢心し、今回も大丈夫と思い込んでいました。
初めて歩くルートなのに、油断していたことを深く反省。
次に訪れる時は、完全装備で踏破します。

9_21 
よく見ると、この道はR118。
舗装された車道になっています。

9_35 9_23 
順調に下ります。
1310、清不動堂を通過。

9_24 9_36 
清不動堂を過ぎて、不動坂を下ります。
ケーブルカーの線路をくぐると、極楽橋駅までもう少し!

9_25 
1332、極楽橋で不動谷川を渡ります。

9_26 
南海極楽橋駅の改札を通過。
長く険しい道のりでした・・・

9_28 
ここはケーブルカーと電車の乗り換え駅。
閑散としています。

9_29 
下りのケーブルカーが到着し、観光客で溢れてきました。
1347、乗車。適当に乗り換えて帰りましょう。

本日の歩行距離は約11km。
総合歩行距離は約148kmとなりました。

9_30 
自宅に帰り着いたのは1640。
ハードな旅が終わりました。

これにて「熊野古道トレッキング II」完了。
次ページ、旅のまとめと今後の展望で終わります。

「熊野の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。