東海道ツーリング
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15

2013年4月1日(月)~4月7日(日) エピローグ
旅のまとめ。

7_44 
帰ってきたからといって、旅が終わったわけではありません。
軽く休養したら自転車と装備の整備、行程のチェック、
写真の整理など面倒な作業が山積み。
もちろんレポ執筆も。

今回は自転車のオーバーホール、装備のフル整備を実施、
全ての作業を終えたのは1週間後のことでした。大変ですね。

東海道略地図 
では、自転車と装備については省略して、
今回の行程を振り返っていくことにしましょう。
左から、行程|距離又は交通手段|寝場所を表記。

4月1日(月) 1日目
自宅~関|約138km|道の駅「関宿」

4月2日(火) 2日目
関~安城|約104km|「安城トラックステーション」

4月3日(水) 3日目
安城~掛川|約126.2km|道の駅「掛川」

4月4日(木) 4日目
掛川~富士|約104.7km|「富士ステーションホテル」

4月5日(金) 5日目
富士~箱根|約79.7km|「箱根関所旅物語館」

4月6日(土) 6日目
箱根~日本橋|約115.8km|「ホテル法華イン日本橋」

4月7日(日) 7日目
日本橋~JR東京駅|徒歩
JR東京駅~自宅|JR東海道新幹線

計画段階での走行距離は約642km、使用金額は約4万円。
実際の総合走行距離は約668.4km、使用金額は約4万4千円。

走行距離が計画より伸びるのはいつものこと。
使用金額は若干オーバー。最後のビジネスホテルが高く付きました。
これぐらいは誤差の範疇ですから、計画通りの順調な旅といえます。

53の宿場町のうち、本陣跡や脇本陣跡をチェックできたのは47箇所。
浜松宿・府中宿・蒲原宿・吉原宿・原宿・三島宿の6箇所については、
事前調査やナビゲーションが甘く、未チェックとなっています。

最後になりましたが、大変長いレポを読んでいただいてありがとうございました。
東方舞台探訪を始めて5年になりましたが、これからも現場第一で活動していきます。
それでは、次のレポでお会いしましょう。

「関東地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。