東海道ツーリング
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15

2013年4月4日(木) 4日目 午後
雨の気配。

4_70 
1443、興津を走っています。

4_71 
1450、興津。普通の住宅地です。
事前調査ではこの付近に本陣跡があるはず。
見つからないので先に進みます。

4_72 4_73 
少し進むと、17番:興津宿本陣跡を発見。ラッキー。
座標は35°02'58.3"N 138°31'08.0"E
時刻は1455、ここまで約82.1kmでした。

4_74 
1500、JR興津駅
時間どころか雨が迫ってきているため、足早に通過します。

4_75 
R1を外れ、由比方面へ。
さった峠を越えていきます。

4_76 
1518、さった峠(107m)入口。ここまで約86km。
文字化けするため、ひらがな表記にしています。

4_77 4_78 
上ります。案の定きつい。

右の写真は駒の爪址。日本武尊が峠を越えた際、
あまりの急坂だったので馬の蹄跡が残ったのだとか。

4_79 
もうすぐ終わり。
これで富士山が見えたらいいのですが・・・

4_80 4_81 
1530、峠を越えた駐車場。ここまで約86.5km。
バックパッカーのおじさんが数名、休憩中。
富士山は雲の中。何も見えません。

4_83 4_82 
長居は無用。由比方面へ下ります。
右下に見えるのは富士由比バイパス(R1)。

4_84 4_85 
かなりの急坂。フルブレーキで慎重に。
私は上りより、きつい下りのほうが苦手です。

4_87 4_88 
4_86 
無農薬のデコポンとか売ってました。

4_89 
1548、既に由比手前に下っています。
このペースで富士を目指しましょう。

27 
ここで2015年10月12日補完分。
1224、JR興津駅にて下車、徒歩でさった峠を訪れました。
富士山の頭が見えてます。

28 
R1を道なりに歩いて、登り口へ。

29 30 
標識があるので迷うことはありません。
あっ、ニャンコ先生だ。

31 
32 33 
墓地を抜けて峠に取り付き。
観光客がいっぱい。

34 37 
39 
1330、さった峠。大した登りではありません。

35 
38 36 
峠から富士山と駿河湾の眺望。
『東海道五拾三次』の由比宿にも描かれた、東海道最大の絶景です。
下を通るのは東海道本線・富士由比バイパス(R1)・東名高速道路。

40 41 
富士山と駿河湾に見とれながら展望台へ。
南東には伊豆半島も見えます。

42 45 
こちらが展望台。ライブカメラが設置されています。

43 44 
58 
山と海の際に設けられた、3本の基幹ルート。
夜景を撮るのも良さそうです。

47 46 
駐車場までやってきました。
流石に、今回は混雑しています。

48 49 
後は由比駅に下るだけ。
正面に見えるのは愛鷹山(1187.5m)。右奥には箱根山(1438m)。
急で狭い車道になっているため、マイカーでのアクセスはオススメできません。
乱暴な運転のドライバーが多いので、歩行者は気を付けて。

50 
ようやくR1まで下ってきました。
興津駅~さった峠~由比駅のルートは、
距離にして8.2kmほど。徒歩では意外と遠いです。

51 52 
西倉沢に下って16.5番:間の宿本陣跡
座標は35°04'56.1"N 138°32'47.9"E
さった峠登り口に設けられた間宿です。

さて、由比駅までもう一息・・・

53 54 
1413、JR由比駅に到着。
充実の補完を終え、素早く撤収します。
ここまで2015年補完分。お疲れ様でした~

4_90 4_91 
1600、JR由比駅。ここまで約89.8km。

残りの宿場町は由比と蒲原。
少し日が差しており、まだ天気は大丈夫そう。
17時までには行程を終えたいところです。

4_92 
1612、16番:由比宿本陣跡。ここまで約91.9km。
公園になっており、よく整備されていると思います。
座標は35°06'27.2"N 138°34'02.5"E

ここでG600がバッテリー切れ。
仕様書では1バッテリーで約360枚となっていますが、
実際には567枚、消したものを含めると600枚以上撮影しています。
相変わらず素晴らしいランタイム。

4_93 
蒲原方面へ。どんどん進みましょう。

4_94 
1625、JR蒲原駅。次行こう。
17時までに行程を終えるのは厳しいですね。

4_95 
蒲原を進行中。

4_96 
1640、15番:蒲原宿本陣跡付近。ここまで約95.6km。

本陣跡を探していたら突然左クランクが脱落。
ボルトが緩んでいたのでしょう。完全にチェック不足でした。
1655、復旧完了につき出発。本陣跡は未チェックとなりました。

4_98 
本日の目的地である富士へ向かいます。
安全に、確実に走りましょう。

4_99 
富士川橋で富士川を渡ります。
富士山?そんなものはありません。

4_100 
1735、駅前の商店街。もう一息です。

4_101 
1738、JR富士駅に到着。ここまで約104.1kmでした。

駅の向こうにビジネスホテルを見つけたので、電話番号を調べて予約。
普段全く使わない携帯電話は、こんな時だけ活用しています。
まあ、これぐらいなら公衆電話でもいいんですけど。

4_102 
富士駅南口の「富士ステーションホテル」にIN。
素晴らしい居住環境です。

中間点での休養ということで、まずは行程のチェック、
カメラの充電、装備の点検、買い出しなどを済ませます。
明日の天気は曇りらしい。まあいいか。

14 15 
16 17 
これが標準的な買い出し内容。
最初期のツーリングから現在に至るまで、旅のスタイルは大きく変わりました。
にも関わらず、コンビニに買い出しに行って撮影するのは変わってません。
謎の習慣。もはや伝統。

4_103 
全ての作業が終わったら、ささやかな一人宴会を開始。
野宿中は安全のため禁酒。お酒が飲めるのはビジネスホテルだけ。
以前は1缶だけだったのに、最近はロングx2缶に増えてしまいました。
飲める時に飲んでおかないとね!

2040、宴会終了につき就寝。
本日の走行距離は約104.7kmでした。
旅の前半を終え、5日目に続きます。

「関東地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。