REFORGEN

このサイトについて

2022-09-17 改訂

REFORGEN」(リフォーゲン:幻想郷への軍の帰還)は、東方ファンによる個人運営のHTMLサイトです。「上海アリス幻樂団」様の作品群である「東方Project」の二次創作イラストを公開する目的で、「東方巡遊記」の別館という位置付けで立ち上げました。原作離れした二次設定要素が非常に多く含まれておりますので、肌に合わない方は速やかにお引き取りください。このページでは、令和の御代に存続する個人サイトの運営理念を紹介します。

目次

「REFORGEN」の概要

FBI超能力捜査官のタクティカル秘封倶楽部
当サイトでは東方Projectに登場する魅力的なキャラクター達と、軍事・法執行・消防・レスキュー・狩猟・アウトドア等を絡めたイラストを掲載。やりすぎなぐらい軍隊や武器が出てくるミリタリー・武装系の絵を公開しており、東方ファンと軍事マニアを兼ねている方向けの大変ニッチなサイトです。あくまで個人サイトの形式であり、同人サークルとして薄い本を出すなどのオフ活動は行っておりません。東方界隈やイラスト投稿サイトからも全面的に撤退しています。

メインテーマは、「現場で活躍する精強でプロフェッショナルな人々」です。どのイラストも設定や装備の考証にこだわりすぎて萌え要素は二の次。アメリカ合衆国中心の世界観ですが、もちろん実在の国家や組織とは関係ありません。外野から怒られないよう人権・人道・安全面に配慮。グロテスク及びセクシャルな描写や、政治・思想関連の揉めそうな表現も一切含みませんのでご安心ください。純粋にイラストをお楽しみいただける健全なサイトを目指しています。

陸軍101空挺師団の武装うにゅほ
管理人のMarcyは元兵士の装備マニア故、現実的な設定と装備の再現が得意です。ヘルメット、アイウェア、ヘッドセットと無線機、ボディアーマーと各種ポーチ、IFAK、グローブ、ニーパッド、ブーツ、カラビナやサイリューム等の小物まで。銃に装着するダットサイト、レーザーサイト、フラッシュライト、脱落防止のパラコードも描き込みます。全てのイラストは豊富な資料写真に基づいており、キャラクターに合わせて適度なデフォルメやアレンジを加えています。

凝りすぎた絵とは対照的に、サイトのデザインはシンプルを追求。米軍や連邦法執行機関などのカテゴリごとにイラストを分かりやすく陳列しました。本格的な創作サイトに比べると目も当てられないほど稚拙な作りですが、時代の流れに合わせてHTMLとCSSを整えており、スマートフォンでの閲覧にも対応するレスポンシブデザインです。URLは2020年の時点で常時SSLの有料独自ドメインに切り替え済み。令和の御代に存続する個人サイトとして、基本要素は抑えたつもりです。

個人サイトを開設した経緯

陸軍グリーンベレーの重武装守矢一家
昔は二次元に媚びない硬派な軍事マニアを気取っていたのに、気付けば東方にハマって得体の知れない絵を描いていました。2008年、某板にヘンテコな落描きをUPしたのが全ての始まりです。しかし東方xミリタリーの絵に対する風当たりは強く、移住先の大手イラスト投稿サイトの雰囲気にも馴染めなかった事情から、2011年に無料のFC2ホームページで「東方落描工廠」を開設。2013年には「東方落描中隊」に改称し、2014年からロリポップの有料レンタルサーバーに乗り換えています。

東方と軍事・法執行…原作の世界観から逸脱し、全くあり得なさそうな組み合わせではありますが、現実的で説得力のある設定と装備を妄想し、イラストという形で完成させることに大きな喜びを感じます。テーマと絵柄が独特ですから、殆どの東方ファンは全く肌に合わないでしょう。ですが、自分が好きなものを描いて、人目を気にせず自由気ままに公開できるのが個人サイトの強み。秘密基地を運営するような楽しさがあります。これは全ての創作活動に共通すると思います。

描きたいものを徹底的に描いて、出来る限りコンスタントに更新するのが当初の方針でした。「東方落描中隊」に改称して精力的に絵を描いた時期、多くのアクセスに恵まれたのは嬉しい誤算だったと言えます。残念ながら2016年以降は本館の探訪・執筆活動との両立が難しくなって更新頻度が下がり、SNSでの交流を模索するも徒労に終わって休止状態に。それでもアイデアが次から次へと湧いてくるのだから困ったもので、何度かサイト縮小を検討するも、閉鎖には至りませんでした。

令和3年の新生「REFORGEN」

陸軍中将の八雲紫と第2次月面戦争
旧サイトの開設から10年を迎える2021年、サイトを「REFORGEN」にリニューアル。これまで描いてきた絵を大切にしたいと思い、イラスト置き場として赤字運営を続けることに決めました。試行錯誤して作ったサイト自体に愛着を持ったのも一つの理由です。過去のイラストを振り返ってみると装備の描き込みや考証が甘く、下書きや妄想のまま完成に至らなかった絵も大量に残っています。今後は過去絵を手直ししながら、不定期に新規のイラストを公開する予定です。

管理人がインターネットを始めた2000年代初頭は個人運営のホームページの全盛期でした。個性あふれるイラストサイトが沢山あり、素晴らしい絵や面白い日記を閲覧してWeb拍手を押したり、リンクページのバナーやウェブリングから他サイトを巡ったものです。やがてイラスト公開の場はホームページからブログへ、ブログからイラスト投稿サイトやSNSへと移行。かつて隆盛した個人サイトは更新が止まり、閉鎖され、世間的にはホームページという文化は衰退したと思われています。

しかしながら、個人サイトには「自由に運営できる」という強力なタクティカルアドバンテージがあります。インターネットがどれほど進化しても、ホームページはあらゆるジャンルの創作者にとって安住の地であり続けます。今回「REFORGEN」として再始動するにあたり、現役の創作系検索エンジンである「駄文同盟.com」「よろずりんく」「ガメハコム」「PLAYMANiAX」に登録しました。微力ではありますが、古き良き二次創作サイトの文化を後世に伝えていく次第です。

「REFORGEN」はリンクフリーです。トップページ(URLは"https://marcy26688.com/illust/")だけでなく、気に入ったカテゴリやイラストのページにリンクを貼っていただいて構いません。SNSでの紹介も大歓迎です。検索エンジンに登録する際にバナーが存在しないことに気付き、10年間サイトを運営してきて初めて正式な200x40ピクセルのバナーを作成しました。個人サイトの管理人様は、お持ち帰りでも直リンでも自由にご利用ください。報告は不要です。

REFORGEN:東方のミリタリー系イラストを公開

作業環境の紹介

ぺんてる グラフギア1000 0.5mmとPILOT ネオックス・グラファイト 0.5mm B
シャーペンでコピー用紙に描くアナログ派。シャーペンの描き味が好きなことに加え、アナログでなければ装備のスケールやバランスを把握しながら描けないという理由もあります。シャーペンは製図・絵描き用のぺんてる グラフギア1000 0.5mm、シャー芯はPILOT ネオックス・グラファイト 0.5mm Bを愛用。装備マニアですから、落描きとはいえ道具にこだわります。

フリーソフトのPixiaで線画を修正して着色
線画はスキャナーでPCに取り込み、フリーソフトのPixiaで仕上げます。愛用のマウスはELECOM M-XGM10UBBK/EC。シャーペンの線を濃くしたり不備のある箇所を修正するなど、デジタル作画と変わらない作業内容です。線画を整えた後は、原作キャラの配色と実在の装備の色合いがマッチするよう着色。迷彩テクスチャや泥汚れ、作品によっては背景写真を追加して完成となります。

管理人について

Marcyです
東方と歴史を愛する装備マニアの遊び人。Marcyです。種族は人間、性別は男性、年齢は相応、血液型はA Rh+。摂津国河辺郡/兵庫県南東部の平和な街で暮らし、インドアとアウトドアの境界を追求しながら日本各地を旅しています。東方ゆかりの地を巡る「東方巡遊記」のほか、旅道具の紹介に特化した情報サイト「GEARS」も運営。興味のある方は下記バナーをクリックして御覧ください。

東方巡遊記:東方ゆかりの地を巡る旅の記録を公開 GEARS:自転車と徒歩の旅で活躍するアウトドア装備を紹介

著作権について

「REFORGEN」は「東方Projectの二次創作ガイドライン」を完全に遵守しています。「東方Project」の著作権は「上海アリス幻樂団」様が有しており、東方の二次創作サイトである「REFORGEN」の著作権は管理人のMarcyが有します。当サイトに掲載する全てのイラスト及びキャプションは形態を問わず転載厳禁です。転載・盗用を発見した場合、相応の措置を講じます。

プライバシーポリシー

当サイトはアクセス解析ツール「Google Analytics」及び「Bing Webmaster Tools」を使用しています。解析データは閲覧傾向の把握やサイト構成の改善に用いており、閲覧者の個人情報を抜き取るものではありません。どうしても気になる方はブラウザの設定またはアドオンの導入でトラッキングを拒否するか、当サイトを閲覧しないことをお勧めします。

感想フォームのご案内

創作活動の原動力は、閲覧者の皆様からの感想です。気に入ったイラストをSNS等でシェアしたり、感想フォームのアンケートに答えていただけると大きな励みになり、サイトの運営とイラストの更新を続けることができます。連絡用のメールアドレスも用意していますので、「REFORGEN」への感想、要望、質問があればフォームやメールで気兼ねなく送ってください。誤字脱字や作画・考証ミスの指摘も是非どうぞ。管理人のMarcyからの切実なお願いです!

メールアドレス

「REFORGEN」に戻ります。
Back to REFORGEN