東方巡遊記 GEARS

反射材

2022-09-17 改訂

自転車と徒歩の旅で使う安全ベスト・アームバンド等の装備。車からの視認性を高めます。

「GEARS」の趣旨をご一読ください
「GEARS」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎず、細部のレビューや装備選びのガイドを目的に作成したものではありません。改造や生産中止により現行の製品とは異なっている場合もあります。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。
サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツを外部に転載したり、二次使用することは形態を問わず固く禁じます。営利目的のサイトに「参考ページ」などと称してリンクを貼る行為も認めません。転載・盗用を発見した場合、相応の措置を講じます。

はじめに

安全ベストを着用してツーリング
ツーリングでは交通量の多い車道を走ります。自転車は圧倒的に無力な存在ですから、少しでもドライバーから目立つよう視認性向上の工夫が欠かせません。蛍光色の安全ベストを着用したり、パニアバッグに反射板を装着すれば、昼間の幹線道路や夜間の山道で激しく目立ち、周囲のドライバーに自転車の存在をア ピールできます。もちろん自転車とヘルメットに前後ライトを装着するのが前提であり、その状態から更に目立たせるのがベストや反射材の役割です。この対策はバックパッキングでも有効です。

尚、安全ベストを装備するから安全になるわけではありません。居眠りやよそ見で自転車に気付かない、あるいは意図的に煽ってくるドライバーには無意味です。ベストを着用していたにもかかわらず、脇道から飛び出してきた車に激突されたことが2回。接触寸前の幅寄せを食らったことは複数回。バックパッキングの際に煽られたことまであり、公道では常にドライバーから殺傷される恐怖を感じます。それが自転車と徒歩の旅の実情であると認識し、車を警戒しなければならないのが辛いところです。

目次

反射材

蛍光反射ベスト

蛍光反射ベスト
蛍光反射ベストをツーリングで着用 蛍光反射ベストとヘルメット
安全ベストとも。ツーリングの安全確保に使います。

私がツーリングを始めた頃はブルベ用のベストが普及しておらず、ホームセンターで一般向けの安価なベストを買いました。そのまま着用すると風でバタついて危なかったので、自分の体型に合わせて縫い直し、スリムなサイズに改良しました。蛍光イエローのメッシュ生地に反射材が縫い付けられたベストの効果は大きく、数々のツーリングで安全性の向上に貢献してくれました。現在ではブルベ用のフィット感に優れる製品が登場しており、ツーリング用としてもそちらを選んだほうが良いと思います。

蛍光反射アームバンド

蛍光反射アームバンド
蛍光反射アームバンドをロールマットに装着 蛍光反射アームバンドをザックに装着
蛍光イエローの反射アームバンド。バックパッキングの安全確保に使います。

用途はツーリングで使う蛍光反射ベストと同じ。アームバンドとしては使わず、ザック後面のストラップあるいはロールマットに巻いて視認性を向上します。ボタン電池式の赤色LEDを備えますが防水性皆無であり、セーフティライト(PETZL SiGNAL)で間に合っているので使いません。ザックに取り付けやすいよう、バンドにはベルクロを縫って追加しました。バックパッキングもツーリングと同等に車道を通行するため、事故の危険に満ち溢れています。安全第一の心掛けと装備で道を進みます。

反射テープ

反射テープ
再帰反射機能を備えるテープ。各種装備に貼り付けて視認性を向上します。

反射テープを自転車用バッグのバックルに貼る 反射テープを自転車用ヘルメットに貼る
反射テープを自転車用サイドバッグのバックルに貼る
反射テープを自転車用フロントバッグのバックルに貼る
ヘルメット(BELL SLANT)のバイザーと後頭部、フロントバッグ(オーストリッチ F-702)やパニアバッグ(オーストリッチ P-225)のサイドリリースバックルに反射テープを貼ると、後続の車のライトにピカピカ反射して視認されやすくなります。もちろん自転車とヘルメットには前後ライトを装着し、私自身は蛍光反射ベストを着用しておりますので、反射テープの役割は補助的なものです。

反射テープを山岳用ヘルメットに貼る
反射テープをザックのバックルに貼る
反射テープをザックのバックルに貼る
バックパッキングでも車道を歩く場面は多々あります。ザックのサイドリリースバックルに反射テープを貼ることで、視認性は確実に向上。夜間行動や野宿の際、下ろしたザックをヘッドランプで照らして見つけやすい利点もあります。反射テープの安全性向上の効果はツーリングで実証済み。山岳用ヘルメット(PETZL ELIOS)でも、小物装備でも、貼れそうな箇所にはとりあえず貼るスタイルです。

蛍光反射板

オーストリッチ P-225の蛍光反射板 オーストリッチ P-225の蛍光反射板
オーストリッチ P-225の蛍光反射板
蛍光反射テープで作った反射板。パニアバッグ(オーストリッチ P-225)に装着します。

キャンプツーリングでは必ず自転車のリアキャリアにパニアバッグを積載します。私が愛用するP-225はシンプルで大容量の素晴らしいバッグですが、道路と同じグレー色で目立ちにくいです。一応、バッグ後部に反射材が縫い付けられているものの、これでは昼間走行の役に立ちません。後続のドライバーがバッグの左右の張り出しを認識できず、追い越し時に接触あるいは激突される恐れがあります。

そこで、視認性に優れる蛍光反射テープを楔形にカットしてプラ板に貼り、結束バンドでバッグ後部に取り付けました。昼間は蛍光イエローで、夜間は再帰反射機能で激しく目立ち、ドライバーが自転車の存在やバッグの幅を認識しやすくなります。パニアバッグを使い始めた頃に反射板の装着を思いつき、交通量の多い車道でその効果を実感しています。この反射板は極めて有効な手段です。

関連記事

ヘルメット:ツーリングや登山の際に頭部を守る保護具 ライト:自転車と徒歩の旅で使う信頼性の高いLEDライト
自転車用バッグ:旅に使うフロントバッグ・パニアバッグ類 バックパック:徒歩旅の基本装備となる各種サイズのザック

「GEARS」の感想はこちらから
「GEARS」は旅人に向けて本物の情報を提供したいという想いで運営しています。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「GEARS」の一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。