東方巡遊記 GEARS

ポーチ

2022-01-23 改訂

ウェストバッグ・ザックに装着する便利なポーチ類。小物を携行するための拡張手段です。

「GEARS」の趣旨をご一読ください
「GEARS」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎず、細部のレビューや装備選びのガイドを目的に作成したものではありません。改造や生産中止により現行の製品とは異なっている場合もあります。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。
サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツを外部に転載したり、二次使用することは形態を問わず固く禁じます。営利目的のサイトに「参考ページ」などと称してリンクを貼る行為も認めません。転載・盗用を発見した場合、相応の措置を講じます。

目次

MOLLE/PALS仕様

主に軍隊で使用するタイプのポーチです。米軍のMOLLE/PALS規格を採用しており、同規格のウェビングを備えたボディアーマーやバックパックに自由に装着できるのが特徴。あらゆるタクティカルギアの標準規格として普及し、アウトドア用品にも極一部ながら採用されています。頑丈で機能性が高く、ALICE規格の弾帯やMOLLE非対応のザックにも工夫すれば取り付けられるため、小物の携行手段として多用します。

戦人 ミニポーチ(2012年から使用)

戦人 ミニポーチ 戦人 ミニポーチ
戦人 ミニポーチにLeatherman Waveを収納 戦人 ミニポーチにLeatherman Waveを収納
マルチツールに適したサイズのポーチ。Leatherman Waveの携行に使います。

生地は現場での酷使に耐えうる"CORDURA"。ベルクロで開閉し、側面のゴムでツールを適度に保持する作りです。戦人の製品の特徴として、脱落防止のコイルランヤードを取り付けられるDリングを標準装備します。ポーチが脱着しやすいようにMOLLEストラップにはタブが付いており、この手のポーチを多用する現場での使いやすさを追求した仕様。ツールに付属するポーチよりも格段に優れます。尚、フラップのタブにパラコード 5/32"を結ぶと、ループに指を掛けて素早く開放できます。

MAGFORCE Humberg 10"x8"に戦人 ミニポーチを装着 MAGFORCE Humberg 10"x8"に戦人 ミニポーチを装着
ウェストバッグ化したショルダーバッグ(MAGFORCE Humberg 10"x8")に装着。最近はマルチツールの代わりにフィルムケースを入れることが多いです。私の歴史探訪は神社・寺院を巡る信仰の旅であり、参拝時には必ず賽銭を納めます。10円玉を入れたフィルムケースをポーチで携行しておくと、小銭入れよりも素早く10円玉を取り出すことが可能に。神仏の前でタクティカルアドバンテージを発揮するのは無粋な気もしますが、賽銭入れとして便利なのは間違いないです。

戦人 コンパスケース(2012年から使用)

戦人 コンパスケース 戦人 コンパスケース
戦人 コンパスケースにSILVA No.3を収納 戦人 コンパスケースにSILVA No.3を収納
コンパス用のポーチ。SILVA No.3の携行に使います。

上述の戦人 ミニポーチと同じく、丈夫な"CORDURA"生地で脱落防止用のDリングを備える現場向けの仕様です。ベルクロとアジャスター付きサイドリリースバックルで開閉するため、ナビゲーションの必需品であるコンパスを確実に保持できる作り。ベースプレートコンパスはもちろん、横幅の広い軍用のレンザティックコンパスにも対応するサイズです。現場では行動中に取り出しやすいよう、上下逆にしてサスペンダーに装着する手法があります。

MAGFORCE Humberg 10"x8"に戦人 コンパスケースを装着 deuter FUTURA 32に戦人 コンパスケースを装着
普段はウェストバッグ化したショルダーバッグ(MAGFORCE Humberg 10"x8")に装着。バッグ内に収納するよりも格段にアクセスしやすいです。ウェストバッグを使わない場合は、Duraflex Siamese Slik Clipベルクロストラップを用いてザックのショルダーハーネスに装着します。ISUKA ドライマップケースとセットで携行するとナビゲーションに便利ですが、最近では戦人よりもスリムなMAGFORCE PDA Pouchに切り替えています。

MAGFORCE PDA Pouch(2012年から使用)

MAGFORCE PDA Pouch MAGFORCE PDA Pouch
MAGFORCE PDA PouchのMXLOCK MAGFORCE PDA Pouchに京セラ TORQUE X01を収納
携帯電話用のポーチ。京セラ TORQUE X01が入ります。

生地はテフロンコーティングされた1000Dナイロンであり、現場での酷使に耐えうる仕様。開閉はアジャスター付きサイドリリースバックル。携帯電話のサイズに合わせてフラップの締まり具合を調整でき、側面のゴムで適度に保持する作りです。ポーチ内部はフリース生地になり、携帯電話の保護に適します。背面のMOLLEストラップは脱着可能な"MXLOCK"。脱落防止のコイルランヤードを取り付けられるDリングを備えます。

MAGFORCE PDA PouchとDuraflex Siamese Slik Clip ザックのショルダーハーネスにMAGFORCE PDA Pouchを装着
Duraflex Siamese Slik Clipベルクロストラップを用いてザックのショルダーハーネスに装着。戦人 コンパスケースより横幅がスリムなので、ショルダーハーネスに取り付けた際に邪魔になりにくいです。携帯電話用に買ってみたものの、私は旅先で携帯電話を使う頻度が低いため外付けのポーチは不要と判明。他の用途を考えたところ、ベースプレートコンパス(SILVA No.3)の携行に適すると気付きました。

ザックのショルダーハーネスにMAGFORCE PDA Pouchを装着 ザックのショルダーハーネスにMAGFORCE PDA Pouchを装着
カラビナ(ITW Nexus Tac Link)とベルクロストラップでザックのショルダーハーネスに装着する使い方。コンパスを取り出した際の取り回しを考慮して、ポーチ上部のDリングではなく下部の四角リングで脱落防止を行います。裏面のウェビングにISUKA ドライマップケースのストラップを通し、セットで携行すると雨天・冬季のナビゲーションに便利。携帯電話に限らず、コンパスポーチとしても優れていると思います。

MAGFORCE Mini Rollypoly(2018年から使用)

MAGFORCE Mini Rollypoly MAGFORCE Mini RollypolyとNalgene 16oz Wide Mouth Bottle
MAGFORCE Mini RollypolyとFUJIFILM PROVIA 100F MAGFORCE Mini RollypolyのMXLOCK
ボトルの携行に適したポーチ。フィルム入れとして使います。

上述のMAGFORCE PDA Pouchと同じく、テフロンコーティングされた1000ナイロン製。0.5~1Lのボトルが収納できるサイズで、中身が飛び出さないようにベルクロ式のフラップを備えます。開口部を絞るドローコードもありますが、固い生地のためほとんど意味を成しません。背面のMOLLEストラップは脱着可能な"MXLOCK"。付属のDuraflex Siamese Slik Clipは取り外してPDAポーチに転用しました。何も収納しないときはポーチを折り畳み、コンパクトな状態で携行できるのが最大の特徴です。

MAGFORCE Humberg 10"x8"にMAGFORCE Mini Rollypolyを装着 MAGFORCE Humberg 10"x8"にMAGFORCE Mini Rollypolyを装着
MAGFORCE Mini Rollypolyをフィルム入れに使用 MAGFORCE Mini Rollypolyをフィルム入れに使用
ウェストバッグ化したショルダーバッグ(MAGFORCE Humberg 10"x8")に装着。ボトルポーチというより小型のロールアップ式ダンプポーチといったほうが適切です。私はボトルの携行にモンベル ランバーパックボトルケージを使っており、このポーチはフィルム携行用に導入しました。かなり限定された用途のため、フィルムポーチとしての使用感はカメラ用品のページで紹介します。

カラビナ等で装着

一般的なアウトドア用のポーチ。MOLLE/PALS規格には対応しておらず、取り付け方法はメーカーや製品によって大きく異なります。頑丈すぎるタクティカルギアより薄い生地で作られており、アウトドアでの耐久性と機能性も申し分なし。軽量コンパクトで嵩張らないのが利点です。

モンベル ランバーパックボトルケージ(2016年から使用)

モンベル ランバーパックボトルケージ モンベル ランバーパックボトルケージにNalgene 16oz Wide Mouth Bottleを収納
モンベル ランバーパックボトルケージにNalgene 16oz Wide Mouth Bottleを収納
スリムなボトルポーチ。ペットボトル 0.5LNalgene 16oz Wide Mouth Bottleがピッタリ入ります。行動中にボトルが飛び出さないよう開口部にドローコードを備え、底部は水抜きのメッシュ素材になっています。背面のストラップはザックやウェストバッグのベルトに対応する独自の仕様ですが、特に活用することもなくカラビナ(ITW Nexus Tac Link)とベルクロストラップを取り付けました。

ザックのショルダーハーネスにモンベル ランバーパックボトルケージを装着 ザックのショルダーハーネスにモンベル ランバーパックボトルケージを装着
ザックのショルダーハーネスに装着。ウェストベルトに取り付けると腰回りが重くなりますので、荷重の分散的にもショルダーハーネスがベストな位置です。カラビナで吊るすと適度な前傾状態になり、行動中にボトルを取り出しやすいです。ハイドレーションパックを使わない場合は、このポーチが基本の給水手段になります。

モンベル スタッフバッグ(2020年から使用)

モンベル スタッフバッグ
モンベル スタッフバッグにFUJIFILM PROVIA 100Fを収納 ザックのショルダーハーネスにモンベル スタッフバッグを装着
レインウェア(モンベル トレントフライヤー ジャケット)に付属するスタッフバッグ。上述のMAGFORCE Mini Rollypolyを使わない場合のフィルム携行手段です。ドローコードにフック(NIfCO GS7)を追加して、ザックのショルダーハーネスに吊るす使い方。これも限定された用途のため、カメラ用品のページで紹介します。

関連記事

バックパック:徒歩旅の基本装備となる各種サイズのザック ウェストバッグ:徒歩旅でザックと併用する腰回りのバッグ
カメラ用品:カメラに使用するストラップ・カバー・三脚類 パーツ:アウトドア装備の使い勝手を向上する多様な小物

「GEARS」の感想はこちらから
「GEARS」は旅人に向けて本物の情報を提供したいという想いで運営しています。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「GEARS」の一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。