東方巡遊記 GEARS

フットウェア

2022-09-17 改訂

自転車と徒歩の旅で使う防水性の高い靴。足を保護して道を進むための装備です。

「GEARS」の趣旨をご一読ください
「GEARS」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎず、細部のレビューや装備選びのガイドを目的に作成したものではありません。改造や生産中止により現行の製品とは異なっている場合もあります。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。
サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツを外部に転載したり、二次使用することは形態を問わず固く禁じます。営利目的のサイトに「参考ページ」などと称してリンクを貼る行為も認めません。転載・盗用を発見した場合、相応の措置を講じます。

はじめに

熊野古道の旅
靴は日常生活から旅に至るまで、全ての活動に欠かせない道具です。私の旅の目的は歴史探訪であり、徒歩(街歩き・ハイキング・トレッキング・バックパッキング・縦走登山)と自転車(キャンプツーリング)、2つの移動手段で史跡を巡ります。自分の足で地面を踏みしめ、ペダルを漕ぐからこそ、山の地形や街道の距離を直接感じられ、遠い昔にその土地で暮らした人々の心を理解できます。歴史探訪に最も適した手段は徒歩と自転車。その考えに基づいて「東方巡遊記」の探訪活動を実施しています。

徒歩の旅ではザックを背負い、1日あたり20~25km歩きます。舗装された車道、整備されたハイキングコース、険しい縦走路など、道の状態は様々。長旅でも日帰りでも、早朝から夕方まで可能な限り行動し、徹底的に史跡を巡って旅の風景を撮影します。機動性を重視して軽装備で歩くこともあれば、野宿セット等を詰めた大型ザックを背負って何日も山々を歩く旅もあります。足に合った靴を選ぶのは当然として、旅の形態に応じてトレッキングシューズやアルパインブーツを使い分けるのが重要です。

靴は足を守るための保護具でもあります。重装備・長距離・未舗装といった負荷が重なると足を痛めやすく、旅を続けられません。徒歩旅で使う靴はクッション性が高く、つま先や側面が補強され、足首の捻挫を防止するハイカットで堅牢な作りが望ましいです。高機能な靴によって安全性は大幅に向上しますが、フットウェアは靴だけで完結するわけではありません。インソール及び靴下を組み合わせることで、靴の快適性が劇的に向上し、長距離を歩いても足が疲れにくくなります。

長旅では雨が避けられない場合が多々あります。旅の途中で靴の中を濡らすと悲惨なことになりますから、防水透湿性に優れた"GORE-TEX"ライニングの製品を選定。適切に整備すれば防水性と通気性が維持され、雨続きの旅でも靴の中をドライな状態に保つことができます。濡れた路面や岩場で滑らないよう、アウトソールは"Vibram"または同等のグリップ性を備えたものを選びます。靴の整備方法はシューケア用品のページで紹介します。

目次

ウォーキングシューズ

Chiruca Raid BOA(2009~2016年まで使用)

Chiruca Raid BOA Chiruca Raid BOAのワイヤー
Chiruca Raid BOAのリール
ローカットのウォーキングシューズ。街歩きから山歩きまで幅広く活躍しました。アッパー素材はシンセティックレザーとナイロンメッシュ。ライニングは"GORE-TEX"、アウトソールは"Vibram"です。

山歩きを始めるにあたって初めて買ったアウトドア用の靴。軽装備の低山ハイキングに適したデザインです。防水性とグリップ性は良好ですが、ローカット故に小石や雨水が入りやすく、足首を保護する機能もありません。最大の特徴は靴紐の代わりに"BOA"システムを採用している点。靴の中にワイヤーが通っており、踵に設けられたダイヤルで締め込みます。確かに便利な機構ではありますが、岩場でダイヤルをぶつけて緩む場合もあり、私は靴紐より特別に優れているとは感じませんでした。インソールはハマックス インソールに交換しています。

初期の山歩きは最低限の装備しか持たなかった事情から、小型ザックとRaid BOAで日帰りの軽快なハイキングを楽しみました。山歩き用の装備が揃い、長期間のトレッキングやバックパッキングを始めると、足首が保護されないローカットシューズは性能不足であると痛感。旅用の靴はハイカットのSIRIO P.F.301に切り替え、街歩き専用の靴になりました。後にダイヤルが破損し、街歩きの用途もミドルカットのBerghaus Explorer Active GTX Midに交替。6年半で引退となりました。

SIRIO P.F.111(2013~2017年まで使用)

SIRIO P.F.111
SIRIO P.F.111 SIRIO P.F.111
ローカットのウォーキングシューズ。ツーリングに使用しました。アッパー素材はシンセティックレザーとナイロンメッシュ。ライニングは"GORE-TEX"、アウトソールはSIRIOオリジナルです。

キャンプツーリングでは自転車を降りて行動する場面が多いです。史跡を散策したり、ハイキングコースを歩いたり、テントを設営して野宿するのが基本スタイルです。そういった用途を考えた場合、自転車のライディングに特化したSPDシューズより、アウトドア用のローカットシューズのほうが遥かに実用的。ペダルにはトゥークリップとストラップを装着しており、SPDほどではありませんが効率の良いペダリングが可能です。

この靴は軽装備の街歩きを想定した製品です。ローカット故に小石や雨水が入りやすく、足首を保護する機能もありませんが、それはハイカットのトレッキングシューズと比較した場合の話。ウォーキングシューズとしては十分な性能を備えており、ツーリングの用途にも適します。おまけ程度の反射材が付き、ペダルとの相性が良い点も気に入りました。靴紐は解けにくいタイプに交換しています。

ハイキングコースでは十分なグリップ性があり、防水性は小雨や水たまりを凌げる程度。シューズカバーレインウェアと併用すれば本格的な雨天走行に耐えられます。土砂降りの場合はレインウェアの裾から雨水が入って多少は湿りますが、靴の中が水浸しになることはありませんでした。あらゆるツーリングで活躍するも、更に優れた後継モデルのSIRIO P.F.112に更新。4年半で引退となりました。

SIRIO P.F.112(2017年から使用)

SIRIO P.F.112
SIRIO P.F.112 SIRIO P.F.112のソール
ローカットのウォーキングシューズ。ツーリングと街歩きに使います。アッパー素材はスウェードとナイロンメッシュ。ライニングは"GORE-TEX"、アウトソールはSIRIOオリジナルです。

SIRIO P.F.111の後継モデルに相当する製品。デザインは一新されており、アッパーがシンセティックレザーからスウェードに変更。側面の反射材が大きくなり視認性が向上しました。基本性能は変わらず、ツーリングにおける防水性、ハイキングにおけるグリップ性は十分です。靴紐は結ばずスライダーで締める方式に改良。ゴムではないので劣化しにくく、余った端末は靴本体とタンの隙間に入れる作り。履きやすい上に靴紐が解ける心配もなく、端末がブラブラしない優れた仕様です。

かつてツーリングで活躍したP.F.111が更に改良され、これ以上求めるものがない素晴らしい靴に。2017年以降は自転車から徒歩の旅に移行し、ツーリングで使う機会が失われたため、本来のウォーキングシューズの用途に回帰。インソールをプレスコントロール アシマル メンズコンフォート IIに交換し、ミドルカットのBerghaus Explorer Active GTX Midとともに軽装備の史跡巡りに活用しています。

ミズノ ウエーブエクスプローラーFS II(2020年から使用)

ミズノ ウエーブエクスプローラーFS II ミズノ ウエーブエクスプローラーFS II
ローカットのウォーキングシューズ。通勤や買い物などの日常生活で使います。

アッパー素材はシンセティックレザーとナイロンメッシュ。アウトソールは"X10"。普段履きやウォーキングに適した仕様です。軽量で歩きやすく、舗装路におけるグリップ性は良好。メッシュ素材のおかげで真夏でも蒸れにくいです。後部におまけ程度の反射材付き。防水性は皆無ですが、雨の日はSIRIO P.F.112またはBerghaus Explorer Active GTX Midを履くから問題ありません。インソールはプレスコントロール アシマル メンズコンフォート IIに交換しています。

側面にジッパーを備えており、靴の脱ぎ履きやインソールの出し入れがしやすいのが特徴。ジッパープルがスライダーに嵌まり、行動中にブラブラしない作りです。走った衝撃でジッパーが開いたりもせず、よく出来ていると思います。これまで1年程度で破れて買い替えていた安価なスニーカーよりも格段に丈夫であり、2年間ほぼ毎日履いても内張り以外に目立った磨耗は見られません。徒歩旅用のトレッキングシューズと同じくらい気に入っています。

トレッキングシューズ

SIRIO P.F.301(2010~2020年まで使用)

SIRIO P.F.301 SIRIO P.F.301のVibramソール
ハイカットのトレッキングシューズ。ローカットのChiruca Raid BOAが性能不足と感じ、トレッキングやバックパッキングのために導入。あらゆる形態の旅に使いました。アッパー素材はシンセティックレザーとナイロンメッシュ。ライニングは"GORE-TEX"、アウトソールは"Vibram KOI"です。

ハイカットながら全体的に柔らかい作りで、本格的な登山靴とは全くの別物。あまり険しくない低山ハイキングやトレッキングに適した製品です。クッション性があって歩きやすい反面、足首のサポート機能は皆無。不安定な山道を歩くと捻挫する恐れがあるぐらい柔らかいですが、重さや固さがありませんので、徒歩旅には最適な仕様と言えます。靴紐は赤に、インソールはハマックス インソールプレスコントロール セラケア 行軍専用プレスコントロール アシマル ウォーキング IIに交換しています。

SIRIO P.F.301を雨天時に使用 SIRIO P.F.301を冬山で使用
当初はこの靴を本格的な登山靴と思い込んでおり、本来の使用目的から外れた登山に多用しました。実際、雨天や積雪でも靴の中が濡れないほどの防水性、濡れた岩場を登れるぐらいのグリップ性があり、低山用のトレッキングシューズを超える性能を発揮しました。とは言え、これほど柔らかい靴を険しい縦走登山や積雪期に使用するのは危険極まりなく、後に堅牢なアルパインブーツ(Montura Vertigo Leather GTX)を導入しています。

SIRIO P.F.301のインソール SIRIO P.F.301の摩耗したソール
軽装備・重装備を問わず低山を歩き回る用途には適していたため、バックパッキングの主力装備として、整備を欠かすことなく数多くの旅で愛用しました。旅の装備を大幅に見直し、上述のアルパインブーツの他、ミドルカットのBerghaus Explorer Active GTX Mid、ローカットのSIRIO P.F.111、タクティカルな5.11 A.T.A.C. 6"を旅の形態に応じて使い分けるようになると、徐々に使用頻度が低下。10年経ってソールやアッパーが完全に摩耗したこともあり、引退を決めました。

Berghaus Explorer Active GTX Mid(2016年から使用)

Berghaus Explorer Active GTX Mid Berghaus Explorer Active GTX MidのVibramソール
ミドルカットのトレッキングシューズ。ローカットのChiruca Raid BOAに替わり、街歩きと山歩きに使います。アッパー素材はシンセティックヌバックとナイロンメッシュ。ライニングは"GORE-TEX"、アウトソールは"Vibram OPTI-STUD"。靴紐は赤に、インソールはプレスコントロール セラケア 行軍専用プレスコントロール アシマル ウォーキング IIに交換しています。

ミドルカットで履きやすい低山ハイキング用の製品。適度な固さとクッション性を兼ね備え、防水性とグリップ性も十分です。当初は街歩き用だったのが、装備全体の軽量化を進めた結果、SIRIO P.F.301に替わって山歩きで使う機会が増えました。足首を完全に保護する作りではなく、険しい登山には適しませんが、軽装備の山歩きや史跡巡りでは高い機動性を発揮します。現在、タクティカルブーツ(5.11 A.T.A.C. 6")と並んで旅の主力装備になっています。

アルパインブーツ

Montura Vertigo Leather GTX(2017年から使用)

Montura Vertigo Leather GTX Montura Vertigo Leather GTX
Montura Vertigo Leather GTX Montura Vertigo Leather GTXのVibramソール
ハイカットのアルパインブーツ。縦走登山及び冬山登山に使用します。アッパー素材はヌバックレザーとナイロン。ライニングは"GORE-TEX"、アウトソールは"Vibram VERTE"。靴紐は赤に、インソールはBMZ コンプリートジエイタイに交換しています。

Montura Vertigo Leather GTXを雨天時に使用 Montura Vertigo Leather GTXを富士山で使用
Outdoor Research Crocodile Gaitersとスノーシューを併用 Montura Vertigo Leather GTXにアイゼンを装着
過酷な縦走登山に適した本格的な登山靴。テント泊の重装備を前提とした設計であり、低山用のトレッキングシューズ(SIRIO P.F.301)に比べると圧倒的に堅牢な作りです。丈夫な素材で足首まで確実に保護され、内部にはグラスファイバーシャンクが挿入。岩場や冬山の踏破に対応し、防水性・グリップ性は最高レベルです。後コバを備えており、セミワンタッチのクランポン(PETZL VASAK LLU)を装着可能。危険度の高い冬山でも安心して使用できます。

縦走登山において抜群の性能を誇る一方、低山ハイキングやトレッキングでは明らかにオーバースペック。重すぎて逆に疲れるので、普通の山歩きや徒歩旅には不向きです。固いヌバックレザーは登山で使い込むと柔らかく馴染んでくる感じ。使用後はワックス(NIKWAX Waterproofing Wax for Leather)を塗布し、雨と雪を完全に遮断する防水仕様を維持しています。使用頻度は高くなく、革の手入れは面倒ですが、非常に堅牢で気に入っています。

タクティカルブーツ

5.11 A.T.A.C. 6"(2012年から使用)

5.11 A.T.A.C. 6" 5.11 A.T.A.C. 6"
5.11 A.T.A.C. 6" 5.11 A.T.A.C. 6"のソール
ミドルカットのタクティカルブーツ。元々は別の用途に使っていたものを、街歩きと写真撮影の旅に転用しました。アッパー素材はフルグレインレザーとナイロン。ライニングは透湿素材。アウトソールは5.11オリジナルの耐油・耐滑仕様。靴紐は赤に、インソールはプレスコントロール セラケア 行軍専用プレスコントロール アシマル ウォーキング IIに交換しています。

市街地で活動する法執行官向けの製品であり、特にCQBにおける機動性と保護性能に優れます。写真撮影を目的とする旅ではコンデジフィルムカメラを3台態勢で運用。中型または大型ザックを背負って街や集落を歩き回り、伏せたり屈んだり無理な姿勢でカメラを構えます。CQB同様に各種機材を携行して撮影する用途には、トレッキングシューズよりタクティカルブーツが適しているのです。

5.11 A.T.A.C. 6"をトレッキングで使用 5.11 A.T.A.C. 6"を雨天時に使用5.11 A.T.A.C. 6"を雨天時に使用 5.11 A.T.A.C. 6"を積雪期に使用
アルパインブーツ(Montura Vertigo Leather GTX)より堅牢な 作りで重量もありますが、激しい行動に対応する設計のため重さを感じず履きやすいです。丈夫な素材で足首まで確実に保護され、内部にはグラスファイバーシャンクが挿入。つま先は補強されており、アウトソールのグリップ性も良好です。ライニングはGORE-TEXではないものの、トレッキングシューズと同様に防水ワックス(NIKWAX Fabric & Leather Proof)を塗布すれば多少の雨天・積雪にも耐えられます。

現在はミドルカットのBerghaus Explorer Active GTX Midと並んで旅の主力装備に。写真撮影を目的とする徒歩旅が格段に増え、長年愛用したSIRIO P.F.301が引退した事情もあり、A.T.A.C. 6"の使用頻度は高いです。タクティカルで物々しい気もしますが、街歩きやバックパッキングに求められる性能は完璧に満たします。P.F.301と同じく、完全に摩耗するまで使い込むつもりです。

使い込んだ5.11 A.T.A.C. 6" 使い込んだ5.11 A.T.A.C. 6"のつま先
使い込んだ5.11 A.T.A.C. 6" 使い込んだ5.11 A.T.A.C. 6"のソール
フルグレインレザーは頑丈な素材ですが、山歩きで酷使すると傷だらけになります。革靴を使いっぱなしにすると生地が劣化し、本来の丈夫さが失われてしまいます。幸いにも私は半長靴を磨き上げる軍隊仕込みのスキルと道具を持っており、大切な靴の性能を維持するため定期的な整備を心掛けています。

磨き上げた5.11 A.T.A.C. 6" 磨き上げた5.11 A.T.A.C. 6"
整備後の状態。つま先の傷を埋めて黒光りさせました。靴全体を磨き上げ、アウトソールの側面も綺麗にしています。鏡面仕上げでタクティカルアドバンテージが得られるわけではなく、山で使えばすぐ汚れるため、ある程度の黒光りに留めます。この整備方法はシューケア用品のページで紹介します。

サンダル

テント泊で使うサンダル サンダルをザックに装着
野宿時のサンダル
普通のサンダル。キャンプツーリングやバックパッキングの際、寝場所の周辺で行動したり食事を作る際に履きます。一日の行動が終わったら、すぐに靴を脱いでサンダルに切り替え。裸足で履くと蚊に刺されて翌日の行動に支障をきたしますから、五本指ソックスとの併用が望ましいです。靴を履いたままでは蒸れて仕方がありません。サンダルは快適な野宿生活に欠かせないフットウェアです。

サンダルで熊野川を渡る サンダルで熊野川を渡る
サンダルには特殊な用途もあります。旅の途中に徒歩で川を渡る場合、後の行程を考えてトレッキングシューズは絶対に濡らしてはなりません。裸足で川底の石を踏みしめるのは痛いし滑るので、このような場面ではサンダルを使います。高機能なアウトドア装備が存在しない時代は草鞋で川を渡りました。サンダルを履いて徒渉すると、昔の旅人の心を感じられる気がします。

靴紐

本結びと蝶結びにした靴紐 靴紐をタンに入れて端末処理
トレッキングシューズ用の靴紐。どの製品にも必ず付属しますが、私はアクセントとして赤い靴紐に交換します。さて、靴紐を蝶結びにして余った端末をブラブラさせていると、歩いているうちに緩んだり、木の枝に引っ掛けて解けてしまいます。そこで、靴紐は本結びにしてから蝶結びで端末の長さを整え、靴本体とタンの隙間に入れ込んで外に出ないようにします。この軍隊式の端末処理により、行動中に靴紐が解けたことは一度もありません。

リラックス状態の靴紐 リラックス状態の靴紐
山歩きの際は適度に靴紐を締め込んで足を保護しなければならない一方、バックパッキングや街歩きでは締めすぎると逆に疲れてしまいます。締め付けたくない場面では靴紐を上部のフックまで掛けず、靴を一周させて蝶結びに。本結びより解けやすいですが、リラックスしたい時や鉄道・バスの移動時に適しています。行動中に靴紐が切れてしまう事態に備えて、汎用性の高い紐(モンベル 張り綱 3mm)をスペアとして携行。旅先で何かあった際の補修・縛着用のコードとしても役立ちます。

熱収縮チューブを靴紐の端末処理に使用
靴紐の先端は、一般的にシューレースパイプと呼ばれる樹脂パーツで保護されています。このパーツは消耗品。徒歩旅で靴を使い込み、靴紐を何度も洗っていると樹脂が劣化して割れてしまいます。そのような場合は靴紐に合った内径の熱収縮チューブを代替品として使用。ヒートガンで収縮させた後、チューブ内に瞬間接着剤を垂らして固めると靴の金具に通しやすくなります。靴紐を買い換えるのではなく、破損箇所を補修して使うのが私のスタイルです。

関連記事

シューケア用品:登山靴の防水性維持と革靴の見栄え向上 インソール及び靴下:徒歩旅の負担を軽減する靴のインナー
安全靴:機械・設備系の仕事で使う保護性能に優れた作業靴 ストック:重装備の徒歩旅で足や膝の負担を軽減する器具

「GEARS」の感想はこちらから
「GEARS」は旅人に向けて本物の情報を提供したいという想いで運営しています。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「GEARS」の一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。