東方巡遊記 GEARS

バックパック

2022-09-17 改訂

ザック、リュックサックとも。様々な道具を詰めて携行する徒歩旅の基本装備です。

「GEARS」の趣旨をご一読ください
「GEARS」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。当サイトの情報は一旅人の感想に過ぎず、細部のレビューや装備選びのガイドを目的に作成したものではありません。改造や生産中止により現行の製品とは異なっている場合もあります。記載内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねますので、必ずサイトの趣旨を理解した上で記事をお読みください。
サイトに掲載する写真・文章等の著作権は管理人のMarcyが有します。コンテンツを外部に転載したり、二次使用することは形態を問わず固く禁じます。営利目的のサイトに「参考ページ」などと称してリンクを貼る行為も認めません。転載・盗用を発見した場合、相応の措置を講じます。

はじめに

高千穂峰の登山
私がザックを使う用途は、歴史探訪を目的とした街歩き・ハイキング・トレッキング・バックパッキング・縦走登山です。徒歩の野宿旅というスタンスであり、登山やキャンプが目的ではありません。「東方巡遊記」と「GEARS」の記事は、登山ではなく徒歩による探訪活動の観点から執筆しています。旅に使うザックの色は視認性を重視。パーソナルカラーとして魔除けの赤色を選びます。

旅の計画を立て、持って行く装備を選び、適度な大きさのザックにパッキングするところから旅は始まります。日帰りの行程では地図とコンパス等のナビゲーションボトルまたはハイドレーションパック行動食レインウェアヘッドランプ救急セット、その他の小物類を携行。長旅ではテント・シュラフ・マット等の野宿セットを始め、自炊セット食糧、水を追加します。旅の風景を記録するためにコンデジフィルムカメラを3台態勢で運用しており、フィルムや三脚等のカメラ用品も必須です。

自転車用バッグをキャリアに積載できるキャンプツーリングとは対照的に、徒歩の旅では全ての装備を自分で背負い、長い長い道のりを歩かなければなりません。自分の体型と旅のスタイルに合ったザックを選ぶのは当然として、ザック内に旅道具を詰め込むパッキングの手法が何よりも重要です。縦走登山に適した軽量コンパクトな装備を選んで効率よくパッキングし、ザック全体の容量と重量を抑えて負担を軽減。雨天対策として、レインカバーに加えてゴミ袋やジッパーバッグ等のパッキング用品で厳重な防水処置を施します。

ザックは旅道具をまとめて収納するのに適しますが、背負った状態で内部にアクセスすることはできません。地図やフィルム、行動食を取り出すためにザックを下ろすのは不便ですから、使用頻度の高いものはショルダーハーネスに装着したポーチや、ウェストバッグショルダーポーチに分けて携行します。この方式は徒歩旅全般において有効。休憩時以外はザックを下ろさずに山や街を歩き回ることができる、最良のスタイルです。ストラップやデイジーチェーンを用いて小物を外付けすることも可能ですが、私は脱落防止の観点から出来るだけザック内に収納する方針です。

徒歩旅の基本装備であるザックは全ての要素が自分好みの仕様でなくてはなりません。足りない機能や使いにくい箇所は、別売のパーツを用いて補完します。小物を吊るすDリング(ITW Nexus GrimLoc)、ハイドレーションパックのチューブを固定するクリップ(Duraflex Hydration Tube Clip)、余ったストラップの端末をまとめるクリップ(Duraflex Quik-Slip Keeper)を取り付けるほか、バックパッキングにおける視認性向上のためバックルに反射テープを貼ります。細部の実用性を大幅に向上することによって、旅先で素早い行動が可能になり、歴史探訪の旅が充実するのです。

アウトドア用のザックは長旅や縦走登山での酷使に耐えうる非常に優れた製品です。用途に応じて各種のザックを揃え、自分のスタイルに基づいて改良すれば最高の携行手段になります。ザックを背負って歩いた雨の道、険しい山…どのザックにも旅の思い出が詰まっていて、安易に新製品に買い換える気は起こりません。定期的な整備を欠かすことなく、大切なザックを愛用しています。

目次

バックパック

deuter Compact EXP 8(2009年から使用)

deuter Compact EXP 8 deuter Compact EXP 8
MTB用の小型ザック。山歩きのメインザックとして活躍しました。

容量は約8L。側面のジッパーを開放すると10Lに拡張できます。後面のポケットがメインの収納部から独立しており、隙間はヘルメット及びボトルホルダーとして機能する構造。ジャケットやスノーシューも挟めます。下側にテールライト用のホルダー、内部にハイドレーションパックとインフレータ用のポケットを備え、MTBライドや日帰りのサイクリングには最適。レインカバーは付属しないので、HUNTINGBLESS パックカバー 10~20Lを流用しました。

背面システムは"airstripes"。メッシュ生地の薄いパッドが縦に2本配置され、隙間から熱気を逃がせるそうです。このパッドは背中とザックの密着感を軽減する程度の機能しかなく、通気効果は全く感じませんでした。軽装備のライディングを想定した製品のため、ショルダーハーネスとウェストベルトはクッション性が皆無のメッシュ生地。特にショルダーハーネスは装着時に捻れやすく、ザックの重量を軽減する役割を果たしません。

deuter Compact EXP 8 deuter Compact EXP 8を自転車旅に携行
初期の山歩きは最低限の装備しか持たなかった事情から、このザックにハイドレーションパック・行動食レインウェアヘッドランプ・救急セット等を詰めて日帰りの軽快なハイキングを楽しみました。コンパクトな特徴を活かして自転車用サイドバッグ(オーストリッチ S-7)に収納し、キャンプツーリングの途中で登山に使うこともありました。日帰り、短時間の行程には適したサイズです。

後に山歩き用の装備が揃い、フィルムカメラの使用頻度が増えると10Lのザックは容量不足に。薄いショルダーハーネスも負担が大きく、MTBではなくハイキング用に設計された中型ザックが必要になりました。山歩きはdeuter FUTURA 32、街歩きはLowe Alpine Vector 25に切り替え、両方に対応するdeuter Sped lite 26まで導入したことから、Compact EXP 8の出番は無くなりました。

deuter FUTURA 32(2013年から使用)

deuter FUTURA 32 deuter FUTURA 32
deuter FUTURA 32 deuter FUTURA 32
ハイキング用の中型ザック。様々な用途でメインザックとして愛用しています。

容量は約32L。日帰りのハイキングには十分すぎる大きさです。上部と底部からアクセスできる2気室の構造で、ジッパーを開放すれば1気室として使えます。このサイズのザックにはハイドレーションパック行動食レインウェアヘッドランプ救急セットや小物類を始め、自炊セットフィルムカメラが余裕をもって収納できます。天蓋・後面・側面に小分け用のジッパーポケットがあり、アウトドア用ザックとしては最も標準的な仕様です。

FUTURAシリーズの最大の特徴は"aircomfort"と称する背面システムです。腰に横1本、背中に縦2本の鉄製フレームが組み込まれ、ザックの背面が大きく湾曲。ショルダーハーネスとウェストベルトに一体化したメッシュパネルにより、背中とザックが密着しない革新的な構造です。メッシュパネルによる通気効果は素晴らしく、その快適性は他の製品の追随を許しません。真夏の山歩きのような激しく汗をかく環境において、非常に高い効果を発揮します。

厚手のパッドを備えたショルダーハーネスとウェストベルトのおかげでフィット感は良好。特にウェストベルトはホールド感が高く、ザックの重量を腰に分散する効果があります。軽量性は考慮されておらず、鉄製フレームを採用するなど全体的に堅牢性重視の設計。目一杯パッキングして背負った状態なら気になりませんが、何も入れない状態で抱えると結構な重さを感じます。

deuter FUTURA 32にストラップを追加
deuter FUTURA 32に三脚を収納
deuter FUTURA 32にアックスを装着
左右にストックアックスに対応するホルダーとポトルポケットを備え、三脚を挿して携行することも可能。天蓋のループにショックコード 1/8"のストラップを通し、タオルやジャケットを括り付けると便利です。付属のレインカバーは底部のジッパーポケットに収納できますが、取り出しにくので天蓋の内側に入れます。上述の通気性とフィット感に加え、山歩きに必要な機能は完全に揃っています。

deuter FUTURA 32をキャンプツーリングに使用 deuter FUTURA 32をトレッキングに使用
当初はハイキング用だったFUTURA 32。縦走登山のために軽量コンパクトな野宿セットを導入したところ、ロールマットを外付けすれば数日の野宿旅やテント泊に使えることが判明。徒歩の旅はもちろん、パニアバッグを使わない短期間のキャンプツーリングにも転用しました。32Lはテント泊に必要な容量を下回るため、装備を切り詰めた上でウェストバッグまたはフロントバッグと併用するのが前提です。

deuter FUTURA 32をツーリングに使用 deuter FUTURA 32を冬山登山に使用
最近では旅に携行する装備を見直し、パッキングを大幅に合理化。日帰りの行程ならカメラ関係の機材を収納しても容量が余り、32Lでは大きいと感じるようになりました。街歩きの用途はLowe Alpine Vector 25に切り替え。日帰りのハイキングにはもっと軽量なザックを使いたいと思い、FUTURA 32より半分も軽いdeuter Sped lite 26の導入に至りました。

Lowe Alpine Vector 25(2017年から使用)

Lowe Alpine Vector 25
Lowe Alpine Vector 25
Lowe Alpine Vector 25に汗とおる君を装着
普通のデイパック。街歩きと写真撮影のために導入しました。

容量は約25L。メインとサブの収納部があり、ハイドレーションパック行動食レインウェアヘッドランプ救急セットといった基本装備にフィルムカメラを追加できる程度のサイズ。左右のボトルポケットに三脚を挿して携行することもできます。レインカバーは付属しないので、HUNTINGBLESS パックカバー 10~20Lを流用。後にdeuter Rain Cover Miniに更新しました。

ザック背面は薄いパッドのみ。真夏は汗でビショビショになって使い物になりませんから、汗とおる君を装着しました。この背面パネルは効果が高く、二度とノーマルの状態には戻れないです。ジッパープルの細紐は劣化して切れたため、フィット感とグリップ性に優れるITW Nexus GT Zip Line Alphaに交換しています。あくまでデイパックであり、ウェストベルトとストックホルダーは備えません。ハイキング用のザックとは全くの別物です。

フィルムカメラを1台だけ携行し、軽装備で街を歩いて写真を撮る用途には25Lのデイパックが適任。装備を詰め込んだ状態では重量バランスとフィット感が極端に悪くなりますから、カメラ2台態勢でレンズや三脚まで携行して一日中歩き回るのは流石に無理を感じます。撮影機材と歩行距離が多い場合はハイキング用ザックのほうが快適と感じ、deuter Sped lite 26に切り替えました。

deuter Speed Lite 26(2021年から使用)

deuter Speed Lite 26 deuter Speed Lite 26
deuter Speed Lite 26のショルダーハーネス deuter Speed Lite 26のウェストベルト
ハイキング用の軽量ザック。写真撮影を兼ねた山歩きと街歩きに対応します。

deuter FUTURA 32Lowe Alpine Vector 25の役割を引き継ぐ目的で導入。容量は約26Lあり、ハイドレーションパック行動食レインウェアヘッドランプ救急セットや小物類、フィルムカメラx2台を収納できる大きさです。実用性を失わない程度に軽量スリム化を追求したデザインであり、その重量はFUTURA 32の半分。上部からアクセスする1気室の構造になり、パッキングするには軽量コンパクトな装備が求められます。ザックとして必要な機能は満たしますが、レインカバーは付属しません。これはFUTURA 32から流用します。

左右のジッパーポケットは廃止。ボトルポケットはタイトな作りですが三脚は入ります。コンプレッションストラップが長くなり、左右のストラップを伸ばして繋ぐことで装備を外付けできる仕様。ストックアックスに対応するホルダーと外付け用のデイジーチェーンもあります。軽量化のため15mm幅のストラップを採用しており、必然的にサイドリリースバックルも小型化。従来のザックに比べるとバックルを掴みにくくなり、開閉の操作性は劣ります。これは20mmのほうが良かったです。

背面システムは"Lite Air"。逆U字型の"Delrin"フレームを内蔵して強度を確保し、凹凸のあるパッドをメッシュ生地で覆った構造。凹凸のおかげで密着感が大きく軽減され、真夏の山歩きに適します。ショルダーハーネスのパッドは薄くなり、ウェストベルトのパッドに至ってはペラペラですが、バランスとフィット感に優れる設計のため、目一杯パッキングした状態でも負担を感じません。そもそも、Speed Liteシリーズを選んだ時点で装備全体の重量は抑えられているはずです。

Duraflex Mojave Side Squeeze 1"をザックのウェストベルトに使用
ウェストベルトのバックルの差し込み感は私の好みに合わなかったので、Duraflex Mojave Side Squeeze 1"に交換しました。メス側のアジャスターはクリップ(Duraflex Quik-Slip Keeper)を用いて固定し、オス側のストラップを左手で引いて調整する仕様に改良。ウェストバッグ(MAGFORCE Humberg 10"x8")またはショルダーポーチ(ISUKA ウルトラライト マウンテンサコッシュ)と併用しやすくなりました。

deuter Speed Lite 26のフロントポケット deuter Speed Lite 26のフロントポケット
deuter Speed Lite 26にモンベル スノーポンを装着 deuter Speed Lite 26にモンベル スノーポンを装着
このザックの特徴の一つであるフロントポケット。適度な伸縮性と水抜き穴を備え、レインウェアやスノーシュー(モンベル スノーポン)の携行に適します。スタッフバッグが付属するクランポンはともかく、スノーシューを剥き出しで挿入すると底面のスパイクで生地が破れる恐れがあるため注意が必要。ザックとスパイクの間に厚紙や樹脂板を挟むと安全です。

フロントポケット上部のフラップはサイドリリースバックルで固定しますが、メス側のバックルの位置が低すぎ、普通にパッキングするとフラップが垂れ下がって不格好です。暫定的な処置として、バックルのオス側をITW Nexus World SR 20 Whistleloc、メス側をWorld SR T-Loc 20x25 Standardに交換し、メス側をドローコードの位置まで上げました。

ハイキングのスピード化を追求したSpeed Lite 26の導入によって、徒歩旅の装備は一段とスリムになりました。快適性と機動性を極限まで高め、カメラを携行した状態で素早く行動し、歴史ある山や街の風景を撮り歩く。その考えを実現させるのに最も理想的なザックに出会えました。細部とパッキングを改良しながら、長く使っていきます。

MILLET LD ODYSSEE 45(2009年から使用)

MILLET LD ODYSSEE 45 MILLET LD ODYSSEE 45
トレッキング用の中型ザック。トレッキングとバックパッキングに使います。

容量は約45L。1週間程度のトレッキングに対応する大きさです。上部と底部からアクセスできる2気室の構造で、ジッパーを開放すれば1気室として使えます。このサイズのザックにはdeuter FUTURA 32で挙げた基本装備に加え、野宿セット自炊セット食糧・水・着替えを収納できます。天蓋と側面にジッパーポケットがあり、アウトドア用ザックとしては一般的な仕様。私にとって初めの中型ザックであり、機能よりも容量とデザインで選びました。実は女性用に設計されたザックです。

左右にストックアックスに対応するホルダーを備える一方、何故かボトルポケットはありません。水を携行するならショルダーハーネスにボトルポーチを装着すればいいのですが、ザックのポケットを小物やゴミ入れとして使えないのは致命的な欠点です。黒くて目立たないレインカバーが付属するも、後にノーブランドのカバーに交換。現在はイスカ ウルトラライト パックカバー Lを使っています。

背面には樹脂製の補強板が組み込まれ、脱着可能なアルミ製フレームも縦に1本通ります。背面、ショルダーハーネス、ウェストベルトに厚手のパッドを備えており、ザックの重量を和らげる効果は高いです。背面パッドの隙間から熱気を逃がせるそうですが、背中とザックの密着感を軽減する程度の機能しかなく、通気効果は感じません。チェストストラップは絡まりやすかったので交換しました。

MILLET LD ODYSSEE 45にロールマットを装着 MILLET LD ODYSSEE 45をトレッキングに使用
初期のトレッキングは自転車旅の野宿セットを流用しており、シュラフエアマットを詰め込むのが限界。テントは携行できませんでした。後に縦走登山用の軽量コンパクトな装備を導入すると、ロールマットを外付けした上でテントを携行するバックパッキングに使えるようになりました。それでもテント泊の装備が嵩張ることに変わりはなく、フィルムカメラx2台と撮影機材を追加するのは無理です。

現在はテントを携行しない野宿旅に活用。ボトルポーチやロールマットの装着を工夫したり、ザック本体のジッパープルを蛍光反射コード 2.5mmとコードエンド(ITW Nexus Zipcord)に交換するなど、旅の経験を元に実用性を高めています。ザックの中では最古参ですが、トレッキングとバックパッキングでは現役。旅の内容に応じて、大型のMILLET GRAND CAPUCIN 75+と使い分けます。

MILLET GRAND CAPUCIN 75+(2013年から使用)

MILLET GRAND CAPUCIN 75+ MILLET GRAND CAPUCIN 75+
MILLET GRAND CAPUCIN 75+ MILLET GRAND CAPUCIN 75+
縦走登山用の大型ザック。テント泊前提の登山とバックパッキングに使います。

容量は約75L。長期間の登山に対応する大きさです。上部と底部からアクセスできる2気室の構造で、ジッパーを開放すれば1気室として使えます。大型ザックならではの抜群の容量を誇り、野宿セットを始めとする全てのアウトドア装備が余裕で入る圧倒的なサイズ感。天蓋・後面・側面にジッパーポケットがあり、どれも中型ザックとは比べ物にならない収納力です。天蓋の取り付け位置を高くすれば、容量を75L以上に拡張できます。

左右にストックアックスに対応するホルダーと大型のポトルポケットを備え、後面のポケットはヘルメット入れとして機能します。装備を外付けできるコンプレッションストラップもあり、私はバックパッキングにおける視認性向上のため、蛍光反射アームバンドを取り付けることが多いです。付属のレインカバーは嵩張る上に破れてしまい、軽量化を兼ねてISUKA ウルトラライト パックカバー Lに交換。底部のジッパーポケットではなく天蓋の内側に入れます。

背面には樹脂製の補強板が組み込まれ、脱着可能なアルミ製フレームが縦に2本入って強度を確保。重装備で険しい山々を歩くことを前提とした堅牢な作りです。背面とウェストベルトの厚いパッドで装備重量の負担を軽減し、メッシュパネルによって背中と密着しにくい構造。ショルダーハーネスとウェストベルトはザック本体から分離でき、身長や体型に合わせて取り付け位置を調整可能。縦走登山で背負う大型ザックだからこそ、細部のフィット感が重要です。

耐久性重視の設計で縦走登山における実用性は最高レベルですが、不満が無いわけではありません。ショルダーハーネスのパッドは中型ザック並みに薄く、肩への負荷は大きいです。ウェストベルトのバックルは軽量性を狙いすぎた作りで嵌めにくく、頑丈なNIfCO TDSR38に交換。チェストストラップの樹脂製スライダーは6年で加水分解を起こし、登山中に外れました。現在は蛍光反射コード 2.5mm、コードロック(ITW Nexus GTSP Cordloc)、コードエンド(ITW Nexus Zipcord)でストラップの基部を留めています。

MILLET GRAND CAPUCIN 75+にロールマットとハイドレーションパックを収納 MILLET GRAND CAPUCIN 75+にペットボトルを収納
パッキングの際はロールマットをザック内に突っ込み、ゴミ袋を入れて防水処置。その中に野宿セットや自炊セットなどの各種装備を詰めていきます。ハイドレーションパックは専用のポケットに入れず、ゴミ袋の口を括った上に置くだけ。ドローコードを縛るとペットボトル 2Lを横向きに置き、ストラップで固定して天蓋を閉めます。これぐらい余裕のあるパッキングが可能になったのは、軽量コンパクトな装備を選んだおかげ。ザックは大型でも、中の装備は少しでもコンパクトにします。

MILLET GRAND CAPUCIN 75+ MILLET GRAND CAPUCIN 75+をトレッキングに使用
MILLET GRAND CAPUCIN 75+ MILLET GRAND CAPUCIN 75+をトレッキングに使用
元々は縦走登山専用に買ったGRAND CAPUCIN 75+。装備の軽量化と合理化を進めた結果、フィルムカメラx2台と撮影機材を携行するバックパッキングの役割も加わりました。短期間の野宿旅はMILLET LD ODYSSEE 45、テントを携行する長期間の山歩きは大容量のGRAND CAPUCIN 75+。2つのザックを使い分け、霊山や巡礼道の風景を撮りながら歩きます。

ナップサック

戦人 ナップサック(2012年から使用)

戦人 巾着ナップ 戦人 巾着ナップ
ナイロン製のナップサック。仕事用に買ったものをサブバッグに転用しました。

元々は戦人 防水ロックケース Lを収納し、風呂セットとして使っていたバッグです。容量は6L以上あり、構造は一般的なナップサックと同様。背負うためのショルダーストラップと、開口部を閉じるためのドローコードをパラコードが兼ねており、上部には持ち運びに便利なハンドルも備えます。生地はリップストップのナイロン。野外でザックと同じぐらい手荒に扱っても破れにくいです。

使わない時はコンパクトに折り畳めるのがナップサックの長所です。大型ザックを背負う徒歩旅では、どこかにザックを置いて周辺の散策や買い物に繰り出す場面が多々あります。ウェストバッグまたはショルダーポーチだけでは容量不足ですから、散策用のサブバッグとしてナップサックを用意しておくと非常に便利です。私は登山を目的としないためアタックザックのような使い方はしませんが、水・救急セットレインウェアなど最低限の装備を詰めてピストン行動することも可能です。

戦人 巾着ナップをツーリングのサブバッグに使用 戦人 巾着ナップをツーリングのサブバッグに使用
ナップサックが最も活躍するのは自転車旅です。私は輪行に際してパニアバッグ等の大型の自転車バッグを郵送するため、移動中の装備はフロントバッグとウェストバッグだけになります。長距離フェリーを利用する際は、自転車はパニアバッグ(場合によってはフロントバッグも)を載せた状態で車両甲板に残し、半日から一日を客室で過ごすことになります。ウェストバッグでは確実に容量不足かつ不便なので、輪行またはフェリーを利用するツーリングでは必ずナップサックを用意しています。

フロントバッグには自転車関係の装備一式。ウェストバッグには貴重品。容量6L以上のナップサックには日用品・食糧・着替えなどの装備が入ります。仮にウェストバッグで足りたとしても、途中で何か追加することも考えられますので、携行容量には余裕をもっておいたほうが安心です。この用途のために小型ザックを持って行くと、ツーリング中は不要の長物になって嵩張るだけ。ツーリングのサブバッグには、折り畳んでパニアバッグに収納できるナップサックが一番優れています。

背面パネル

汗とおる君(2018年から使用)

汗とおる君 Lowe Alpine Vector 25に汗とおる君を装着
ザックに後付けする樹脂製の背面パネル。Lowe Alpine Vector 25に装着して使います。

真夏にザックを背負って行動すると、ザックと背中の間に熱がこもり、汗でビショビショになります。ザックの背面がメッシュ生地やパッドになっている程度では通気効果を得られないため、deuter FURURA 32のようにメッシュパネルを備えた製品が理想的です。とはいえメッシュパネル採用のザックの種類は限られており、街歩きに用いるシンプルなデイパックにそのような機能は望めません。

Lowe Alpine Vector 25に汗とおる君を装着 MILLET LD ODYSSEE 45に汗とおる君を装着
そこで登場するのが汗とおる君。ポリプロピレン製のフレームをザックに装着するだけで非常に高い通気性を得られるという画期的な製品です。2枚のパネルで隙間を設け、背中とザックが密着しない構造。軟質の素材なのでフレームを背負っている違和感はありません。取り付けに使用する紐とコードロックは、ショックコード 1/8"Duraflex Euro Cord Lockに交換しました。厚いパッドがある中型~大型ザックにも装着可能ですが、その場合は背負い感が窮屈になります。

この製品は背面パネルを備えないデイパックとの相性に優れ、真夏の街歩きや写真撮影の際に高い効果を発揮します。通気性と快適性が格段に向上し、二度とノーマルの状態では背負えないと感じるぐらいです。同じコンセプトの製品は他にもあり、後述の人工芝やメッシュ素材で自作する手法も存在します。それは各自で工夫すればいいとして、私は手軽に買える汗とおる君で満足しています。

人工芝

CamelBak ThermoBak 3L CamelBak ThermoBak 3Lと人工芝
CamelBak ThermoBak 3L CamelBak ThermoBak 3Lに人工芝を挿入
ホームセンターで買える樹脂製の人工芝。一部の業界では戦闘背嚢やアサルトパックの背面パネルとして使います。

軍用のバックパックは堅牢な作りで機能性に優れる一方、背面にメッシュの生地やパネルを備えていないものが多く、アウトドア用のザックに比べると快適性は格段に劣ります。私が持っているハイドレーションパックのキャリア(CamelBak ThermoBak 3L)もメッシュ生地を備えません。その代わり、ボディアーマーの背面に装着しやすいようにショルダーストラップを収納できるポケットがあります。

このポケットのサイズに合わせて人工芝をカットして挿入すると、内蔵式の背面パネルに早変わり。汗を吸わず適度な通気性があるため、暑い環境における不快感は大幅に軽減されます。もちろん服とポケットの生地は汗で張り付きますが、人工芝を入れない状態とは比べ物にならないほど快適です。密着感が下がることで、リザーバーの水が体温でぬるくなりにくい利点もあります。

ハイドレーションキャリアに人工芝を挿入するのは応用的な使い方。業界では官品の背嚢に結束バンド リピートタイプ等を用いて取り付けるほうが一般的であり、こちらも高い通気性を発揮します。但し、人工芝を直接背負っている違和感はあり、頑丈な戦闘服や作業服を着ていなければ背中が擦れて痛いです。ザックに背面パネルを追加するなら上述の汗とおる君のほうが無難だと思います。

酷暑の環境で人工芝内蔵のハイドレーションキャリアを背負って長期間の作業を行い、ハイドレーションパック自体の有効性とともに人工芝による快適性向上の効果を実証済み。適用できる装備や場面は限られるものの、実用性は高いです。できればそのような環境では活動したくありませんが、必要に迫られた場合はこのキャリアが活躍します。

ショルダーパッド

戦人 肩パット(2012年から使用)

戦人 肩パット
ザックに後付けするショルダーパッド。仕事用に買ったものをバックパッキングに転用しました。

本来は戦闘背嚢やアサルトパックを背負う一部の業界向けの製品。厚さ2.5cmのウレタン製パッドを備え、3箇所のベルクロ付きバンドでショルダーハーネスに装着します。パッドのクッション性は高く、メッシュ生地なので蒸れにくいです。ショルダーハーネスが経年劣化でペラペラになった官品の背嚢に装着すれば、肩の負担が軽減され、行軍時の快適性が大幅に向上します。但し、パッドは厚みだけでなく横幅も広いので、私のように肩幅が狭い体型の場合は首周りが窮屈に感じる欠点もあります。

戦人 肩パットを大型ザックに装着 戦人 肩パットを大型ザックに装着
その性能に期待して、ショルダーハーネスのパッドが中型ザック並みに薄い大型ザック(MILLET GRAND CAPUCIN 75+)に転用。20kgを超える装備で縦走登山やバックパッキングを実施する際、肩の負担を少しでも軽減させる目的で装着しました。ショルダーハーネスが肩に食い込むのを防止し、ザックの重量を感じにくくするという意味では間違いなく優れたパッドです。

しかしながら、上述したパッドの厚みと横幅の広さが影響し、長時間背負っていると首周りの窮屈さが気になり、そもそもパッド自体の厚みに違和感を覚えてしまいました。結局、後付けのパッドに頼るよりも装備全体を軽量化する道を選び、クッション性は諦めることにしました。現在ではフル装備でも20kgを超えない程度に軽量化しており、肩の痛みにも慣れました。もうパッドは必要ありません。

戦人 肩パットを肘掛けクッションに使用 戦人 肩パットを肘掛けクッションに使用
役目を終えたショルダーパッドには別の使い道がありました。オフィスチェアの肘掛けクッションです。ザックの重量を軽減できるほどのクッション性があるため、肘を長時間乗せても痛くなりません。この用途はPC周辺機器のページで紹介します。

レインカバー

レインカバー
ザックを雨から守る防水カバーです。雨天行動の際、ザックの生地が濡れると重量が増してしまい、なかなか乾いてくれません。ザック内部の装備はゴミ袋やジッパーバッグ等のパッキング用品で守りますが、ザック本体を濡らさないためのカバーも必要です。雨で視界が悪い状況で使うわけですから、バックパッキングの用途では視認性の高い色が望ましいです。

中型~大型ザックにはレインカバーが付属し、ザックの天蓋や底部に収納ポケットを備える仕様が多いです。一方で小型ザックやデイパックはレインカバーが付属しない場合があり、雨天行動を想定して別途購入しなければなりません。付属のカバーの色が気に入らなかったり、ガサガサする生地だったり、使い込んで破れることもありますので、その時は買い替えの対象になります。

当然ながらレインカバーは雨曝しになります。レインウェアのような防水透湿性は必要ないとして、完全防水であることが不可欠です。新品の状態では雨を弾いても、使い込むうちに撥水性は失われます。レインウェアと同様、防水剤(NIKWAX TX.Direct Spray-On)を塗布して防水性を保ちます。

HUNTINGBLESS パックカバー 10~20L(2010~2021年まで使用)

HUNTINGBLESS パックカバー 10~20L HUNTINGBLESS パックカバー 10~20Lをフロントバッグに使用
ノーブランド同然のレインカバー。10~20Lのザックに対応します。

キャンプツーリングの必需品である自転車用フロントバッグ(オーストリッチ F-702)のレインカバーとして導入。バッグに被せてドローコードを絞る構造のため、箱型で14.5Lのフロントバッグにもフィットしました。嵌め込み式のコードロックと2点のフックでハンドル・ステムに固定でき、バッグへのアクセスが容易。底部には大型の水抜き穴を備えます。フロントバッグは真正面から風雨に曝されますが、バタつくことも内部に浸水することもありませんでした。

上述したように、撥水性が落ちても防水剤(NIKWAX TX.Direct Spray-On)を塗布すれば回復します。ツーリングにおける酷使に加えて、レインカバーが付属しなかったdeuter Compact EXP 8Lowe Alpine Vector 25にも使用。街歩きやハイキングでも役に立つレインカバーでした。流石に10年も使うと内張りが劣化し、ザックに被せるたびに剥離する状態に。軽量コンパクトなdeuter Rain Cover Miniに交替し、引退となりました。

deuter Rain Cover Mini(2021年から使用)

deuter Rain Cover Mini
deuter Rain Cover Mini deuter Rain Cover MiniをLowe Alpine Vector 25に使用
12~22Lのザックに対応するレインカバー。Lowe Alpine Vector 25に使います。

蛍光イエローで視認性に優れ、25Lのデイパックに適したサイズ。上部にはザックのハンドルに掛けるフックとループ、底部には水抜きの穴を備えます。レインカバー本体と収納ケースが一体になっており、折り畳むとコンパクトな状態で携行できます。雨天の街歩きではこれぐらい目立つ色が理想的。防水性だけでなく安全性も高いです。

ISUKA ウルトラライト パックカバー L(2018年から使用)

ISUKA ウルトラライト パックカバー L
ISUKA ウルトラライト パックカバー L ISUKA ウルトラライト パックカバー LをMILLET GRAND CAPUCIN 75+に使用
45~60Lのザックに対応するレインカバーです。縦走登山における軽量化の一環で導入し、MILLET LD ODYSSEE 45GRAND CAPUCIN 75+に使っています。

中型~大型ザックを背負う縦走登山では少しでも軽い装備が求められますから、かなり軽量で防水性と耐久性を兼ね備えたレインカバーを選びました。大型ザック用にしては軽く、スタッフバッグに詰めた状態は実にコンパクト。ザックに付属するレインカバーと比べると格段に軽量であり、ザック内に収納しても嵩張りません。この軽量コンパクト性はありがたいです。

対応サイズは目安であり、75Lのザックにもフィットします。ザックの大きさに合わせてドローコードを絞り、上部のフックとループをハンドルに掛け、フロントリリースバックル付きのストラップでザックに固定する仕様。風雨がきつい環境でカバーがバタついたり、飛ばされる事態を防ぎます。底部には水抜きの穴を備え、カバー内に吹き込んだ水を排出できます。

deuter FUTURA 32にロールマットを装着 ISUKA ウルトラライト パックカバー Lをdeuter FUTURA 32に使用
ロールマット(Therm-a-Rest RidgeRest SOLite S)を装着したdeuter FUTURA 32に使用。外付け状態では2倍ぐらい大きくなり、付属のレインカバーを被せられません。流石に大型ザック用のレインカバーでは大きすぎますが、ザック本体は確実に雨から保護されます。この用途のために専用のレインカバーを買ったりはせず、使えるものを流用します。

パッキング

徒歩旅のパッキング
ザックに様々な旅道具を詰め込む方法。雨天対策の防水処置を施す。スタッフバッグで小分けする。重量バランスを考慮する。外付けする。あるいは適当に入れるなど考え方は色々あり、ザックよりも個性が現れる要素だと思います。このページで紹介するパッキング例は私のオリジナルの手法であり、何の意味もなければ参考にもならないことにご留意ください。旅のスタイルは人それぞれ。自分に合ったパッキング手法は自分で見つけるものです。

重量級パッキング(大型ザック)

「熊野古道トレッキング III」におけるパッキング例 「熊野古道トレッキング III」におけるパッキング例
2013年12月の「熊野古道トレッキング III」におけるパッキング例。テントを携行しない冬季のバックパッキングであり、1週間+αの行程を想定した装備です。ウェストバッグ(モンベル トレールランバーパック 4)、ショルダーポーチ(サウスフィールド ショルダーポーチ)、大型ザック(MILLET GRAND CAPUCIN 75+)の組み合わせ。ザック以外は自転車旅の装備の流用であり、現在のスタイルとは大きく異なります。

装備重量は合計で20kg以上。ツーリングよりシビアにパッキングしたつもりが、後から見れば無駄が多いです。野宿セットや着替え等の絶対に濡らしたくないものは、ゴミ袋やジッパーバッグ等のパッキング用品で厳重な防水処置を施しました。この手法は雨続きの自転車旅の中で発展したものですが、ツーリングからバックパッキングへの移行に伴い、より徹底した防水処置を行うようになりました。

当然ながら、ツーリング用に選んだ野宿セットは嵩張る上に重すぎました。20kg以上のザックを背負って果てしなく深い山々を歩きましたが、合理性とは程遠い装備であり、体力と気力で無理やり担いでいたのが実情です。重量級のザックでバックパッキングや縦走登山を実施するのは無理があると感じ、軽量コンパクトな装備の導入を決定。その更新には3年を要しました。

軽量化パッキング(大型ザック)

「大峯奥駈道トレッキング」におけるパッキング例 「大峯奥駈道トレッキング」におけるパッキング例
2019年4月の「大峯奥駈道トレッキング」におけるパッキング例。テント泊前提の春季の縦走登山であり、6日間の行動を想定した装備です。ショルダーポーチ(ISUKA ウルトラライト マウンテンサコッシュ)を地図・行動食入れに。大型ザック(MILLET GRAND CAPUCIN 75+)をメインザックとして使用。縦走登山に適した装備を導入し、6年前と同じザックながら中身の大部分を入れ替えています。

フル装備にも関わらず、装備重量は合計で約18.5kg。4Lの水と1週間分の食糧(4kg)を含まなければ従来より5kg以上も軽くなりました。これまでと同様に防水処置を徹底しながら、小分けをやめて必要最低限のパッキングに改善。スタッフバッグやオーガナイザーは使わずジッパーバッグで簡略化。不要な小物類は一切携行せず、 重複や無駄を省き、細かい削減を重ねて軽量化に繋げました。

大峯をテント泊で歩き通すのは大きな目標であり、上述した軽量コンパクト化は全てこの旅のために行いました。ここまで装備を切り詰めるのは私のスタイルには合わず、常態化するつもりはありません。しかし装備を軽くすることで徒歩旅の機動性を向上できることに気付き、以降のハイキングやバックパッキングの装備は大峯基準で考えるようになりました。大きな転換点です。

探訪用パッキング(大型ザック)

「三瓶山トレッキング」におけるパッキング例 「三瓶山トレッキング」におけるパッキング例
2019年8月の「三瓶山トレッキング」におけるパッキング例。テント泊前提の夏季のバックパッキングであり、4日間の行程を想定した装備です。ウェストバッグ(MAGFORCE Humberg 10"x8")に地図とフィルムを集約。大型ザック(MILLET GRAND CAPUCIN 75+)をメインザックとして使用。大峯で確立した軽量パッキングを歴史探訪の旅に適用しつつも、切り詰めすぎないオーバースペック気味の装備に。山歩きと史跡巡りを兼ねた気楽な徒歩の野宿旅です。

装備重量は合計で約20kg。縦走登山のパッキング内容から水と食糧を減らして、代わりにフィルムカメラと撮影機材を追加しました。私の装備スタイルでこれ以上の極端な軽量化は望めませんが、大峯以前よりも格段に合理化されており、身軽に行動できるようになりました。装備を見直すと旅の自由度が高まり、旅がもっと楽しくなります。徒歩旅における装備とパッキングの改善は、現在も続いています。

パッキング手法(大型ザック)

大型ザックに収納する徒歩旅の装備 大型ザックに収納する徒歩旅の装備
2022年の夏季のバックパッキングにおいて、大型ザック(MILLET GRAND CAPUCIN 75+)に収納する旅道具の一例。縦走登山ではなく徒歩の野宿旅の装備です。ウェストバッグまたはショルダーポーチで携行する小物類、手持ちのコンデジとストックは写真から除外しています。あくまで一例であり、旅の形態や季節に応じて携行する装備とパッキングの方式は大きく変わります。私の旅のスタイルに基づいて構成しており、それ以外の旅人に適合するものではありません。

テント・シュラフ・マット等の野宿セットレインカバーレインウェアライト救急セットフィルムカメラx2台、フィルムや三脚等のカメラ用品ハイドレーションパック自炊セット食糧、水2L、洗 面セット、ウィンドブレーカー、着替え、サンダル、その他の小物類を用意。ほぼ全ての装備をジッパーバッグ・オーガナイザー・スタッフバッグに収納し、無駄を省いた上で厳重な防水処置と使いやすさを両立しています。ジッパーバッグ等の使用感はパッキング用品のページで紹介します。

大型ザック内にロールマットを収納 大型ザック内にゴミ袋をセット
ロールマット
の輪を広げてザック内に収納し、防水処置のベースレイヤーであるゴミ袋を入れるところからパッキングが始まります。輪が小さいと収納容量が減ってしまいますから、しっかり広げながら装備を詰めていきます。ロールマットではなくエアマットを携行する場合は、ザック内に直接ゴミ袋をセットします。中型ザックの場合、ロールマットは必然的に外付けになります。

大型ザックのメインコンパートメントに収納する装備
メインコンパートメントに収納する装備は、上から水2L、ハイドレーションパック、フィルムカメラx2台、フィルム、三脚、ウィンドブレーカー、予備救急セット、テント、ポール、グラウンドシート、ペグ、シュラフ、着替えです。空きスペースに雑然と突っ込むのではなく、重いものを体に近い位置に入れるのが理想的。重量のバランスと取り出す頻度を考慮して、パズルのように配置します。上手くパッキングすればザックの重さを感じにくくなり、長期間の徒歩旅において疲労を軽減できます。

フィルムカメラは基本的に肩に掛けて携行しますが、雨天時や移動時など使わない場合はザック内に収納します。カメラは2台で4kgあり、その重量は水4Lに匹敵します。少しでも体から離れた位置に詰め込むと、ザックのバランスを崩しやすいので要注意です。三脚はザック内ではなくボトルポケットに挿して携行する場面も多いです。

大型ザックにハイドレーションパックを収納 大型ザックに水ボトルを収納
ハイドレーションパックはザック内のポケット、水ボトルはメインコンパートメント中間に入れるのが定説だと思いますが、私は水場での給水しやすさと自炊時の使いやすさを重視して、取り出しやすい一番上に横向きに乗せています。このような配置ができるのは大型ザック限定。中型ザックの場合は水ボトルのみ携行し、メインコンパートメントに縦向きに入れます。

メインコンパートメント内の重量バランスを誤ると、ザックが異常に重く感じたり、後ろに引っ張られる感覚に陥って多大な疲労を招きます。大型ザックの装備携行機能を引き出して荷重による負担を軽減するには、この気室の重心調整が肝要です。カメラをザックから出して携行すれば、ハイドレーションパックとボトルがメインコンパートメント内のちょうどいい高さになります。

大型ザックのジッパーポケットに収納する装備 大型ザックの下部コンパートメントに収納する装備
天蓋にライト・ミニ三脚・カメラ用品・小物類、左側面ポケットに小物セット・洗面セット・ロールペーパー、右側面ポケットにレインカバー・レインウェア・スパッツ、後面ポケットに救急セット、ボトルポケットにサンダル。素早くアクセスしたい装備は、メインコンパートメントではなくジッパーポケットに収納するのが鉄則です。下部コンパートメントには自炊セットと食糧を独立して収納します。

徒歩旅における大型ザックのパッキング(20kg) 徒歩旅における大型ザックのパッキング(16kg)
パッキングを終えた状態のザック。1枚目はカメラを入れた移動時のパッキング(20kg)、2枚目はカメラを出した行動時のパッキング(16kg)です。水と食糧を除外した重量は11kgですから、テント泊装備にしては軽い部類だと思います。

ザックを背負う際はウェストベルト、ショルダーハーネスのアジャスター、チェストストラップをしっかり締めて体にフィット(密着)させます。これでザックが体に対して安定した状態になり、荷重による負担を軽減できます。パッキングとフィットの一要素が欠けるだけで、バランスが崩れて疲労の原因になります。重量バランスを考慮したパッキングと、ストラップ締め込みによるフィット。両方揃って初めてザックの性能が発揮されるのです。

どれだけ上手くパッキングしても、ザックの重さは変わらない、という点には留意が必要です。テント泊装備の大型ザックはどうやっても重く、ショルダーハーネスが肩に食い込んで痛くなります。長く険しい道のりを歩く以上、足や膝への負担も避けられません。肩の痛みは諦めるとして、足や膝の負担軽減にはクッション性の高いインソール及び靴下、荷重を手に分散できるストックの併用が効果的です。しかしながら、最終的にはザックの重さや体の痛みを気にせずに歩ける「慣れ」が求められます。

パッキング手法(中型ザック)

中型ザックに収納するハイキングの装備
2022年の夏季のハイキングにおいて、中型ザック(deuter Sped lite 26)に収納する旅道具の一例。山歩きと史跡巡りを兼ねた日帰りの装備です。ウェストバッグまたはショルダーポーチで携行する小物類、手持ちのコンデジとストックは写真から除外しています。

フィルムカメラx2台、フィルムや三脚等のカメラ用品ハイドレーションパック行動食レインカバーレインウェアヘッドランプ救急セットウィンドブレーカー、その他の小物類を用意。バックパッキングと同じく、ほぼ全ての装備をジッパーバッグ・オーガナイザー・スタッフバッグに収納し、厳重な防水処置と使いやすさを両立。快適性と機動性を重視して軽量コンパクトな装備を選び、ザックの重量をできるだけ減らすことを意識しています。このザックは軽量装備が前提です。

中型ザック内部にゴミ袋をセット 中型ザック内部にハイドレーションパックを収納
防水処置のベースレイヤーであるゴミ袋をセット。1気室でスリムなデザインなので、ハイドレーションパックをザック内のポケットに収納するだけで重量バランスが安定します。水2Lをザックの重心として利用する考え方です。

中型ザックのメインコンパートメントに収納する装備 中型ザックのメインコンパートメントに装備を収納
メインコンパートメントに収納する装備は、上からフィルムカメラx2台、フィルム、行動食、ウィンドブレーカー、救急セット、小物セットです。カメラは雨天時や移動時など使わない場合のみザック内に収納。基本的にはザックから出して、肩に掛けて携行します。

中型ザックの各種ポケットに収納する装備
天蓋にヘッドランプ・ミニ三脚・カメラ用品・小物類、天蓋裏にレインカバー、後面ポケットにレインウェア、ボトルポケットに三脚。携行する装備が少ないこともあり、大型ザックに比べると格段にパッキングしやすいです。

ハイキングにおける中型ザックのパッキング(10kg) ハイキングにおける中型ザックのパッキング(6kg)
パッキングを終えた状態のザック。1枚目はカメラを入れた移動時のパッキング(10kg)、2枚目はカメラを出した行動時のパッキング(6kg)です。バランスとフィット感に優れる設計のため、ウェストベルト、ショルダーハーネスのアジャスター、チェストストラップを締め込めば10kgの状態でも負担を感じません。日帰りのハイキングなら、こういった仕様のザックを選ぶことで快適性を得られます。

ザックの丸洗い

ザックは常に体に密着させて使用する装備です。ザックを背負って行動するとショルダーハーネスや背面のパッドに大量の汗が染み込み、真夏の山歩きでは1日で汗の 塩分が表面に吹き出します。ザックを地面に下ろした際に泥が付着し、乾いてから砂だらけになることもあります。汚れた状態で使い続けるのは衛生的にも人間 的にも好ましくありませんから、ザックの汚れが気になったら湿ったタオルで拭き取るか、丸洗いして完全に汚れを落とします。

デイパックの丸洗い デイパックの丸洗い
街歩きと写真撮影に使用するデイパック(Lowe Alpine Vector 25)を丸洗いします。ここで紹介する整備方法は、当サイトに掲載する全てのザック、ウェストバッグショルダーポーチポーチ自転車用バッグに共通します。整備方法と言っても特別な手法があるわけではなく、普通に風呂場で洗うだけ。作業前にDリング、クリップ、背面パネル等の樹脂パーツは外しておきます。ショルダーハーネスやウェストベルトを分離できるザックは、完全に分解して個別に洗います。

デイパックの丸洗い デイパックの丸洗い
シャワーでザック全体を濡らし、豚毛ブラシと中性洗剤で汚れを落とします。防水透湿素材のレインウェアなら専用の弱アルカリ性洗剤を用いますが、ザックの場合は中性洗剤で十分です。水の温度は季節によって変更。夏は冷水、冬は温水を使います。ショルダーハーネスと背面のパッドは汗が染み込んでいるので特に念入りに洗い、最後は洗剤の泡が残らないようしっかり洗い流します。ザック本体に防水性は求めていないので、防水剤は使いません。

丸洗い後のデイパック 丸洗い後のデイパック
丸洗い後、ザックを吊るして乾燥を終えた状態。汗以外の黒ずんた汚れも落ちて見違えるほど綺麗になりました。ポーチや背面パネルを装着すると作業完了です。私の場合、最低でも年に1回はザックを丸洗いします。整備専用の日を設けて、複数のザックやポーチをまとめて洗うと効率的です。

関連記事

パッキング用品:ザック内部を整理するオーガナイザー類 ポーチ:ウェストバッグ・ザックに装着する便利なポーチ類
ウェストバッグ:徒歩旅でザックと併用する腰回りのバッグ ショルダーポーチ:徒歩旅でザックと併用する薄型のポーチ

「GEARS」の感想はこちらから
「GEARS」は旅人に向けて本物の情報を提供したいという想いで運営しています。記事の内容が気に入った方も、そうでなかった方も、感想フォームの匿名アンケートにご協力ください。閲覧者の皆様からのフィードバックは大きな励みになり、サイトを維持・更新する原動力になります。感想フォームの回答や、記事のシェアによるご支援をお願いします!有用なサイトを目指す管理人からの切実なお願いです!

ページトップに戻ります。

「GEARS」の一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。