山陰ツーリング II

01|プロローグ
02|宮津駅~天橋立~籠神社~浦嶋神社~京丹後
03|京丹後~玄武洞~余部橋梁~鳥取
04|鳥取~白兎神社~米子~黄泉比良坂|揖夜神社
05|~松江|松江城・小泉八雲旧居・八重垣神社
06松江~国鉄大社駅~出雲大社
07|***
08|エピローグ

2013年5月29日(水) 4日目
ラストスパート。

4_2 4_1 
0500起床。流石によく眠れました。

現在地は島根県松江市の道の駅「秋鹿なぎさ公園」。
結局雨は止まず、今も降り続けています。

4_4 4_3 
本日の目的地は出雲大社です。
出雲大社を探訪すると、日御碕を往復してJR出雲市駅へ。
後は駅前のビジネスホテルにIN、明日輪行で帰ります。

0625、雨天走行の準備をして出発。
序盤からラストスパート。

4_5 
昨晩と同じく、宍道湖北岸のR431で出雲方面へ。
大体50~60kmぐらいの短い行程で、今日が実質最終日。
当初のプランより1日早い日程。2、3日目で走りすぎたおかげです。

路側帯は広く交通量は少なめ。どうせ雨なので諦めて走ります。
たまにはレインウェアを一切使わないツーリングをやりたい。

4_7 4_6 
0640、出雲市に入りました。

4_8 
湖岸のルートを抜け、雨は小康状態に。

出雲地図 
こちらが出雲周辺の地図。
松江方面から延びてきたR431を使えば出雲大社へ直行。
それでは味気ないのでR161に乗り、国鉄大社駅から向かいます。
こうやって旅っぽさを演出するルート設計が重要。
旅感が欲しい。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋して掲載。
「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

4_10 4_11 
0745、R159で西代橋までやってきました。
R431を外れると狭い農道。自転車には厳しいです。
とりあえず出雲路自転車道に合流してみることに。

前回のレポにも書いたように、私は自転車道を信用しておらず、
走りやすそうに見えても入ることはありません。どうしようかな。

4_12 
ここで自転車道に乗ると、R159沿いに進行可能。
神代橋でR161に乗り換えて出雲ドームに出られそうです。
というわけで、今回に限って自転車道の使用を決定~

4_15 4_16 
斐伊川沿いの自転車道に進入し、雨の中をのんびり走ります。
今日は距離を伸ばす必要もありません。

4_18 
0820、神代橋。
先程のような合流点は無く、どう見ても乗り換え不可能。
ああ・・・自転車道なんかを信じた自分が馬鹿だった・・・

4_19 
乗り換えさせるつもりがないなら強行突破すればいい。
適当な斜面を下り、畦道を通ってR161へ。
自転車道は二度と使わない。

4_20 
R161に合流。田園地帯を抜けていきます。
自転車道は地元のサイクリストが利用するものであって、
遠方から来たサイクルツーリストには向いていないのでした。

4_21 4_22 
0840、出雲ドーム前のファミリーマートにピットイン。
ここまで約25.8km。休憩&朝食タイムとします。

朝食は済ませてありますが、今のうちに昼食を兼ねて補給。
これで行程終了まで無補給で走れます。という謎の理論。

4_23 
「Googleマップ」から作成した乗換地図でルートを確認。
R161から国鉄大社駅~道の駅「大社ご縁広場」~出雲大社という流れ。

以前はひたすら迷って変な道を走っていましたが、
今では乗換地図と『ツーリングマップル』を併用してナビゲーション。
どうでもいいところでロスしたくないから、こういう部分は合理的に。
(詳細はナビゲーションのページを参照)

0930、長い休憩を終えて出発。
とにかく進みましょう。

4_25 
R161で出雲大社方面へ。もう少しです。

4_26 
0957、国鉄大社線の大社駅。ここまで約30.9km。
R161から外れたところに位置しています。

4_29 4_33 
駅舎内へ。ハイヤーの観光客が来てますね。
湿気でレンズが曇り、まともな写真になりません。

2_85 2_89 
・・・例によって2016年8月13日補完分。
JR出雲市駅から一畑バスを利用して大社駅へ。
旧JR大社駅バス停にて下車しました。

2_90 2_87 
駅舎の様子。当駅は明治45年(1912年)に開業し、
平成2年(1990年)の大社線廃止まで多くの参拝客に利用されました。
和風な感じの建物で、重要文化財・近代産業遺産となっています。

2_91 2_94 
2_95 2_93 
駅舎内へ。いい雰囲気です。

2_96 2_98 
2_97 2_103 
ホームも当時のまま保存されています。
ここは寝れそう、というありがちな印象。

2_101 2_100 
2_102 2_105 
出雲大社方面には大鳥居が見えます。
ここまで、2016年補完分でした。

4_39 
1015、出発。
駅前の通りを北に向かうとR161に合流し、出雲大社に直通。
後1kmほどですが、道の駅に寄っていきますよ。

4_40 4_43 
1020、道の駅「大社ご縁広場」。ここまで約31.5km。
当初は5日目の夜に、ここで野宿する予定でした。
バスツアーの観光客がぞろぞろ。

4_41 4_42 
これが最後の休憩。日御碕へのルートも確認しておきます。
擬装したローソンがあって補給には困りません。

4_44 4_45 
1040、休憩終了につき出発。
堀川の宇迦橋を渡り、出雲大社の一の鳥居である大鳥居をくぐります。

この大鳥居が建てられたのは大正4年(1915年)のこと。
出雲大社と大社駅を結ぶ参道の一部として整備されました。
あれほど長かった道のりが、今では短い感じ。

4_46 4_170 
一畑電車大社線、出雲大社前駅を通過。
昭和5年(1930年)に大社神門前駅として開業しました。
大社駅とは正反対で、シャレオツなカフェみたいな洋風の駅舎。
こちらは登録有形文化財・近代産業遺産となっています。

大鳥居内側のR161に位置し、出雲大社まで300mほど。
ストレートに参拝する場合はここが最寄駅になりますが、
個人的には大鳥居を通るほうが旅っぽいと思う。

4_48 
神門通りを抜けて出雲大社へ。
次ページに続きます。

4_49 4_50 
1050、出雲大社に到着。ここまで約32.4kmでした。

初めての探訪の目的地に、再び自転車でやってきました。
探訪レポというより思い出補正で企画したようなツーリング。
5年前から今に至る道を想うと、感慨深いものがあります。

4_52 
参道入口、勢溜の大鳥居は定番の記念撮影スポット。
私もガイドのお兄さんに頼んで撮ってもらいました。

雨はもう上がり、僅かに太陽も見えています。
やはり私の旅は神様に守られているのでした。

4_55 4_56 
・・・で、とりあえずR431で駐車場へ。

4_58 
1100、観光センター前の駐車場。
自転車を置いてゆっくり参拝&散策モード。

4_59 
勢溜の大鳥居から参道に入ります。

平成20年(2008年)4月に仮殿遷座祭があり、平成の大遷宮が開始。
今年、平成25年(2013年)の5月10日に本殿遷座祭を終えたばかり。
60年ぶりの大遷宮ということで、とても賑わっています。

4_171 
まずは下り参道右手にある、末社の祓社へ。
ここで心身を清めるのが正しい参拝作法です。
祭神は瀬織津比賣神、速秋津比賣神、気吹戸主神、速佐須良比賣神。
四柱で祓戸神と称します。

4_64 
祓橋を渡ると、鉄の鳥居と松並木の参道。
真ん中は神様の通り道。一般人は左右を通りましょう。

4_68 4_71 
手水舎。神楽殿エリアに大きな国旗が掲げられています。

4_69 
銅の鳥居をくぐると荒垣内へ。
ここから境内中心部となります。

4_83 
荒垣内に入ると、正面には拝殿。
本殿の修造中はこちらが御仮殿になっていました。
全ての修造が終わるのは、平成28年(2016年)3月のこと。

祭神は素盞嗚尊の子孫である大国主大神。
国津神の代表格で、かつての名は大穴牟遅神。
大国様として親しまれ、現在でも篤く信仰されています。

根の国を脱出した大穴牟遅神は大国主命を名乗り、
少彦名命や幸魂奇魂と出会って葦原中国の国造りを実施。
開発した国土は色々な事情から天津神に譲ってしまいますが、
出雲の地に天日隅宮という立派な宮殿を築いて暮らすことに。
これが、出雲大社の起源と伝わっています。

4_86 
八足門にて参拝。ここでは二拝四拍手一拝です。

古くは杵築大社と呼ばれた社。
天照大神の第二子である天穂日命の子孫が出雲国造として宮司を務め、
数々の祭祀を担ってきました。明治4年(1871年)には出雲大社に改称、
後に創設された出雲大社教と一体化し、現在に至ります。

4_81 4_82 
八足門の向こうには楼門と本殿。
祭神が鎮座され、瑞垣と玉垣で厳重に守られています。

古代には空中神殿があったと考えられており、
様々な研究調査が実施されているものの、よく分かっていません。
中世に入ると神仏習合の影響で仏教色が濃くなり、祭神は素盞嗚尊に。
境内には仏教建築が立ち並んでいましたが、江戸時代になって全て撤去。
神話の記述に沿う形で、祭神は大国主大神に戻されました。

東方では「儚月抄」関連といったところですが、
それほどストレートな元ネタじゃないから割愛で。

4_73 
瑞垣の周りを反時計回りで巡ります。
右手には旧暦10月の神在祭の際、八百萬の神々が泊まる末社の東十九社。
その隣には素盞嗚尊の御子神、宇迦之御魂神を祀る摂社の釜社があります。

4_75 
本殿の背後には、素盞嗚尊を祀る摂社の素鷲社。
禁足地である八雲山(175m)の南麓に位置します。

4_76 
こちらは当社の資料を展示する彰古館。

4_174 
瑞垣の西側に回ってきました。
本殿は八足門のある南向きに建てられていますが、
中の御神座は西向きなので参拝所が設けられています。

瑞垣内には須勢理比売命を祀る御向社、蚶貝比売命・蛤貝比売命を祀る天前社、
多紀理比売命を祀る筑紫社、宇治神と久多美神を祀る東西の門神社もあります。

4_78 
出雲国造の祖神、天穂日命を祀る摂社の北氏社。
隣には17代目の国造、宮向宿彌命を祀る摂社の南氏社。
そして八百萬の神々が泊まる末社の西十九社となっています。

4_88 
一旦境内を出て、素鷲川を渡り神楽殿へ。

4_94 4_89 
神楽殿は、出雲大社教が本殿とは別に祭神をお祀りしたことに由来。
観光センター前の駐車場から繋がっています。

4_91 
日本一の大注連縄で有名な神楽殿。
この注連縄は昨年7月に掛け替えられました。

尚、注連縄に賽銭を投げるのは神様に失礼な行為です。
刺さると痛みますから、投げ付けないでください。

4_100 
散策を終えて参道へ戻ります。

3_4 3_3 
ここから2016年8月14日補完分。
道の駅「大社ご縁広場」から出雲大社へ。
徒歩で補完に訪れても、やっぱり野宿が基本。

3_6 3_7 
R161、宇迦橋を渡って大鳥居をくぐります。

3_8 3_9 
早朝の神門通りを進行。

3_10 3_12 
3_11 
一畑電車、出雲大社前駅を通過。

3_14 3_15 
参道入口、勢溜の大鳥居。
平成の大遷宮は、平成28年(2016年)3月にひとまず完了。
平成31年(2019年)3月に向けて第二期事業が続きます。

3_16 
3_19 3_18 
出雲大社を訪れるのは3度目。
勢いだけで実行したツーリングを補完していきます。

3_20 3_21 
大鳥居をくぐり、下り参道右手にある祓社へ。

3_22 
3_23 3_24 
祓橋を渡って松並木の参道。

3_26 3_25 
真ん中は通れませんので、左側を通行。

3_44 3_45 
参道を抜けると左手に御慈愛の御神像。
もうお分かりのように、因幡の白兎の伝説に因んだもの。
白兎神社にあった像に比べると、ちょっと勇ましすぎる顔つき。
若い頃の大穴牟遅神というより後の大国主命のイメージになってます。

3_43 3_42 
参道を挟んで反対側にあるのはムスビの御神像。
大国主命が自身の幸魂奇魂に出会い、おかげを頂く場面です。
この出来事により大国主命は神性を養われ、ムスビの大神になったそうな。
幸魂奇魂は大物主大神として、奈良県の大神神社でお祀りされています。

3_27 3_30 
境内入口、銅の鳥居。

3_31 3_32 
荒垣内に入ると、正面には拝殿。

3_33 3_34 
八足門にて参拝。奥に見えるのが本殿です。

3_36 3_37 
同じく本殿の様子。

3_38 
3_39 3_40 
そして神楽殿。ここまで2016年補完分でした。

4_103 
勢溜の大鳥居から駐車場に戻りましょう。
次ページに続きます。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。