山陰ツーリング II

01|プロローグ
02|宮津駅~天橋立~籠神社~浦嶋神社~京丹後
03京丹後~玄武洞~余部橋梁~鳥取
04|***
05|***
06|***
07|***
08|エピローグ

2013年5月27日(月) 2日目
とっても順調。

2_3 2_1 
0500起床。疲労は全くありません。
大して走っていないから当然といえば当然。
天気は曇りで涼しいぐらい。周りには誰も居ません。

現在地は京都府京丹後市の道の駅「丹後あじわいの郷」。
野宿セットを手早く撤収、洗面を済ませて出発準備。
0535、出発します。

2_4 2_5 
まずは網野市街に戻ります。

2_6 
0555、昨日のファミリーマートにIN。ここまで約5.3km。

とりあえず朝食タイム。
最近のコンビニは普通にエナジードリンクが置いてあって嬉しい。
色んな種類を試してみて、私はモンスターが気に入りました。

本日の目的地はJR久谷駅。餘部駅の次の無人駅です。
約92kmの行程で、相当ゆっくり走れるようになっています。
順調だった場合は鳥取まで伸ばせるよう、先のルートも検討。
というか、行程延伸が前提のような・・・

0630、出発。
ファミリーマートの先に早速ローソンがありました。
コンビニが存在しないのは昨日のルートだけだったのね。

2_98 2_7 
R178に乗ってKTR宮津線の網野駅を通過。
山あいのルートで軽いアップダウンが続きます。
久美浜湾をかすめるも、少しだけしか見えませんでした。

2_8 2_9 
0808、河梨トンネルを抜ました。
京都府京丹後市から兵庫県豊岡市に入ります。

トンネルでは安全のため前後ライトを点灯。
短いトンネルでは点灯しないドライバーがいて非常に危険です。
こういうドライバーは自転車の存在など想定していませんから、
私のライトにも気付かず追突してくる恐れがあります。

本当に危ないから、トンネルでは必ず点灯すること!

2_10 
豊岡市街の手前でR548に乗り換え。
円山川沿いに玄武洞、城崎温泉方面へ。
すっきりしない天気です。

2_11 
0840、玄武洞公園に到着。ここまで約38.9km。
ノンストップで来たから、休憩させてもらいます。

2_24 
案内所や休憩所など、よく整備されています。
それほど広くはないので軽く見学。

約160万年前の火山活動によって形成された玄武岩層。
これが採掘されたことで現在のような洞窟になりました。
玄武洞は天然の洞窟ではなく、採掘跡といったところ。

2_23 
柱状節理で有名な玄武洞の玄武岩。
文化4年(1807年)、当地を訪れた儒学者の柴野栗山が、
岩石の模様を玄武に喩えて玄武洞と名付けたのが由来。
明治17年(1884年)には地質学者である小藤文次郎が、
この岩石を玄武洞に因んで玄武岩と命名したのでした。

東方では「三月精」の玄武の沢のエピソードと、
少しだけ関係があるかも・・・これも小ネタ程度に。

2_14 2_12 
2_22 
正面の玄武洞。バスツアーの観光客がぞろぞろ。
大正14年(1925年)の北但大震災で崩落し、
現在では洞内に入ることはできません。

2_16 2_15 
こちらは青龍洞。
水面から延びる柱状節理が、青龍のように見えます。

2_21 2_20 2_19 
左から北朱雀洞、南朱雀洞、白虎洞。
豪雨の影響で落木・落石があり進入禁止。

・・・0920、出発。
もう少しで城崎温泉ですよ。

2_25 2_26 
0935、JR山陰本線の城崎温泉駅。
ここまで約43.6km。5年前のスタート地点でした。
天気は曇り、体力は余裕。とっても順調です。

2_27 
『ツーリングマップル関西 2009年版』から、
『ツーリングマップル中国・四国 2007年版』へ引き継ぎ。
ここから先のルートは前回と同じです。

今回のように地域をまたぐツーリングでは、複数携行する必要があります。
どちらも雨でボロボロ。これを頼りに沢山の道を走ってきました。
(詳細はナビゲーションのページを参照)

2_28 2_30 
0945、出発。温泉街をぶらぶら。

2_31 2_32 
普通の観光地ですが、雰囲気は良いと思います。
意外と交通量があるので気を付けて。

2_35 
景観を損ねないよう擬装したファミリーマート。
京都にもよくあるタイプです。

2_33 2_34 
温泉街の中心を流れる大谿川。
そろそろ先に進みますよ。

2_36 2_37 
城崎温泉から鳥取方面へ、かつての行程を辿ります。
R11に入るといきなり上り。そうそう、こんな道でしたね。

2_40 2_39 
1035、御待岬にある豊岡海中公園。
ドライブに来ていた地元のおじさんによると、
以前は小さな橋があったが危ないから撤去されたとのこと。

1_3 
これが5年前の豊岡海中公園。
岬の展望台まで御待橋が架かってました。

2_38 
城之崎温泉方面、城崎マリンワールド。
ずっと向こうから走ってきたわけですね。

2_41 
豊岡海中公園の先を上りきると緩やかな道に。
竹野方面へ快走します。

2_42 2_43 
しばらく海沿いルート。
小さな町に下りて次の町まで上り返すパターン。
当然アップダウンの連続で、なかなか楽をさせてくれません。

5年前の行程を思い出しながら走ってみるものの、
残念ながら一部の道と風景ぐらいしか覚えていないです。

2_45 2_46 
1205、安木。ここまで約66.8km。
いい時間になったので休憩&昼食。
既に美方郡香美町に入っています。

1225、休憩終了につき出発。
どんどん距離を伸ばしていきましょう。

2_47 
1252、柴山。
5年前、左の建物の階段の下で地図を見たことを覚えています。
凄くどうでもいい。

2_48 2_49 2_50 
1302、今子浦の奇勝「カエル岩」。
洩矢諏訪子とは関係ありません。
香住までもう少し。

2_51 2_99 
香住市街に入りました。
R11を離れ、JR香住駅からR178に乗り換えて余部・鳥取方面へ。
香住~余部間には余部道路(R178)なる自動車用のバイパスが整備されており、
青看もそちらを優先した表記になっています。悪質なトラップ。

尚、余部道路の開通は2010年12月のこと。
2007年版のツーリングマップルでは建設中となっています。
サイクルツーリストにとっては無意味な情報ですね~

2_53 
香住を出て、山越えを済ませると余部へ。

2_54 
余部にやってきました。
正面に見えるのは新しいコンクリート橋。

2_55 
1415、道の駅「あまるべ」に到着。
ここまで約87.2km。時間・距離共に順調です。
鉄橋からコンクリート橋になっても観光客だらけ。

この道の駅の完成は2012年7月。
2007年版のツーリングマップルにはもちろん記載されていません。
先程のバイパスとは違い、道の駅は行程において超重要なポイント。
本当は定期的にツーリングマップルを買い換えたほうがいいのですが、
何シーズンも使っていると愛着が湧いて換える気になりません。

天気は相変わらず曇り。
走っていると相当暑いので、水分の消費量は多いです。
自販機で炭酸飲料を買いまくるシーズン。

2_56 2_57 
リニューアルされたJR山陰本線の余部橋梁。
平成22年(2010年)8月に開通したプレストレスト・コンクリート製の橋梁です。
左は餘部駅側。かつての鉄橋の一部が展望台用に保存されています。

本日の目的地である久谷駅は目の前。
かなり順調に進んでいるので、一気に鳥取まで伸ばすことに決定。
鳥取市街手前の「鳥取砂丘パーキングエリア」を目指します。

1430、天気が崩れないうちに出発。

2_58 2_59 
余部橋梁を離れます。

上空をMD902が旋回中。ノーター式のヘリコプターです。
後から所属を調べたところ、朝日新聞社の「あさどり」でした。
橋梁の取材だったのでしょう。

1_6 
これが5年前の余部橋梁。
明治45年(1912年)に開通、余部鉄橋の名で知られていました。
長く旅をしていると、色々なものが変わったり、変わらなかったり。

前回、この辺りで霧雨になったのをよく覚えてます。
行程は再現しても、天気まで再現されませんように。

2_60 
R178で鳥取方面へ。まずは浜坂を目指します。
新温泉町に入って久谷駅をスルー。

2_61 
浜坂市街に入りました。
この商店街も覚えてます。

2_63 2_62 
1525、JR浜坂駅に到着。
ここまで約99.2km、まもなく100kmの大台です。

鳥取砂丘パーキングエリアまで後25kmほど。
まだ山越えが残っているので、2~3時間はかかるでしょう。
昨日の日没は19時過ぎでしたから、ちょっと余裕がありますね。

1540、ルートを確認して出発。
ゆっくりプランとか言ってたのに・・・

2_64 2_65 
R178で、海沿いの町と軽い山越えの繰り返し。
竹野付近のように激しくないので、無難に走れます。

2_66 2_67 
この辺りのトンネルは歩道付き。ありがたい。

2_69 
1620、居組。ここから東浜まで、七坂八峠という大きな上りが待ち構えています。
前回はこの峠で激しい雷雨に遭遇、命からがら東浜に下りました。
では、頑張って上ります。

2_70 2_71 
上り中。

2_72 2_73 
1642、あっさり上り終了。
兵庫県美方郡新温泉町から鳥取県岩美郡岩美町へ。

序盤のアップダウンといい、
こういう難所を普通にクリアできるようになったのは嬉しい。
慣れが全てを解決してくれます。

2_74 
後は東浜に下るだけ。

2_76 
東浜の町並みを抜けていきます。
色々思い出してきました。

2_78 
1655、JR東浜駅。
ここまで約111.4kmでした。

2_100 2_82 
5年前、七坂八峠から下ってきた私は東浜駅に退避。
輪行で鳥取駅までショートカットを余儀なくされました。
5年後の現在は・・・この通り。

2_80 2_81 
東浜駅は無人駅です。
駅舎は広く、トイレや自販機があって寝場所向き。
駐車場には小屋タイプのバス停もあるので、そちらも利用できますね。

最初期のツーリングでは野宿なんて考えたこともなかったのに、
今では無人駅や道の駅を見ると、まず寝場所に使えるかチェックするようになりました。
もちろん推奨されるような行為ではありませんので、ひっそりやるのがマナーです。
これ大事よ。

1710、若干の休憩を終え出発。
ここからは新しい道、未知の領域です。

2_83 
R178に復帰、鳥取方面へ。
まだ軽い山越えが残っています。

2_84 2_85 
はるばる京都方面から延びてきたR9に合流。
1753、駟馳山峠(61m)を越えて鳥取市に入りました。
R9は明日から鳥取~松江ルートとして使用します。

ワンパターンな道路写真ばかり撮っていますが、
こうして境界を越えるときの写真は特に重要だったり。

2_86 2_87 
鳥取砂丘沿いのR319に乗り換え。
パーキングエリアまでもう少し。

2_88 2_89 
ちょっと砂浜に寄り道。天気はイマイチ。

2_91 
1820、「鳥取砂丘オアシス広場」に到着。
どうやらここがパーキングエリアのようです。

本日の走行距離は約126.2km。
ゆっくりプランは早くも消滅、予想外に快走できました。

2_92 2_93 
2_94 
この広場はR319沿いに位置し、周囲に何もありません。
休憩所やトイレ、自販機が設置されており寝場所には最適。
広場にテントを張るのは禁止でも、休憩所で寝るのは問題ないと思う。

昨日の最終補給で食糧をストックしてあるから補給は無くてもOK。
そういえば、今日もコンビニは少なかった。

2_96 
日が暮れたら行程チェック。
このペースなら明日中に松江まで伸ばせるかもしれません。
天気予報によると、鳥取・米子は今日から梅雨入りとのこと。
明日~明後日の雨は避けられない雰囲気。

2_97 
洗面を済ませると野宿セット展開。
風呂や洗濯のような都合のいいものはありませんので、
ウェットティッシュで体を拭いてリフレッシュしておきます。

1950、静かな休憩所で就寝。
3日目に続きます。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。