山陰ツーリング II

01|プロローグ
02宮津駅~天橋立~籠神社~浦嶋神社~京丹後
03|***
04|***
05|***
06|***
07|***
08|エピローグ

2013年5月26日(日) 1日目
山陰の道、再び。

1_1 
0645に兵庫県の自宅を出発し、0650にJRの最寄駅到着。
ここまで0.9km。これは走行距離には含めない方針です。

1_2 
早速、輪行作業開始。

輪行とは電車で自転車を輸送すること。
自転車を分解して、輪行バッグという専用の袋に入れて運びます。
フェンダーを外すのが面倒で、作業完了まで30分もかかってしまう。
と言ってもツーリングにフェンダーは必須。仕方のないことです。
(詳細は自転車用バッグのページを参照)

1_3 
切符を買ってホームへ。
日曜日なので通勤・通学の混雑はありません。

私のマシンの重量は13kgぐらい。
フロントバッグと輪行バッグを携えてホームを移動します。
エレベーターの位置は駅ごとに異なり、乗り換えの際は端から端まで歩く場合も。
そもそもエレベーターが設置されていない駅では、階段を昇り降りする羽目に。
これは相当な苦行です。

1_4 
乗車中・・・
車両の端に設置し、常に自転車を監視しておきます。
電車にぶつけて傷を付けたり、他の乗客の邪魔にならないよう注意。
転倒防止のため、手すりにストラップで固定しておくと安全ですね。

サイクリスト以外には全く馴染みのない輪行。
中身を尋ねられたり、何故か競輪選手と勘違いされることが多々あります。
スポーツサイクル=競輪という安易なイメージはどうにかならないでしょうか。
念のため書いておくと、私のマシンはロードバイクでもありません。

1_5 
福知山駅で乗り換え。
JR福知山線から北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮福線のホームへ。
「大江山ハイキング」(「京都の旅」を参照)でお馴染みのローカル線。
この日は大江山に向かうハイカー、宮津に向かう観光客で混雑してました。

1_7 1_8 
1035、予定通りKTR宮津駅にて下車。
ちょっと休憩して組立開始。1130、マシンの準備が完了しました。
フェンダーとタイヤの間隔調整が微妙で、いつも苦労してます。

1_9 
KTR宮福線・宮津線の宮津駅。ここは京都府宮津市です。
まずは装備受領に向かいましょう。

1_10 
1140、駅前の宮津郵便局に到着。
局留めで送った装備(パニアバッグ)を受領します。

今回のように遠方から出発する場合、
自転車と装備の両方を携行するのは無理があります。
そこで、事前に自宅から現地の郵便局へ嵩張る装備を送り、
当日に受け取る局留めというシステムを利用しています。

大きい郵便局はゆうゆう窓口があり、基本的には土日でも受領可能。
取り扱い時間・休日・ゆうゆう窓口の有無は局によって異なるため、
事前の確認は必須です。

また、自転車はサイズ的に取り扱ってもらえません。
自転車を送る場合は郵便局以外に依頼してください。

1_11 
1210、バッグを積載し、自転車と装備の点検が完了しました。
これより「山陰ツーリング II」の行程を開始します。

本日は丹後半島を周り、道の駅「丹後あじわいの郷」を目指す約70kmの行程。
海沿い、山あいのルートでアップダウン多め。補給は殆どありません。
初日から若干手強いプラン。

1_12 
R176からR2に乗り継いで天橋立へ。
天気は快晴。明日からは崩れるのだとか。

東方ファンの皆さんは御存知かと思いますが、
今日は第10回博麗神社例大祭の開催日となっています。
例大祭やコミケの時期は大抵どこかに出かけているため、
同人イベントに参加したことは一度もありません。

私が知っているコミュニティは東方舞台探訪スレッドだけで、
ニコニコ動画やTwitterがメインになってからはノータッチ。
東方の舞台探訪を扱ったサークルや同人誌のことも、
イベントに行かないから知らなかったり・・・

1_13 1_14 
1228、天橋立南端の智恩寺に到着。観光客だらけ。
ストレートに観光する場合は、KTR天橋立駅にて下車してください。

1_15 1_16 
名勝、天橋立へ。自転車も乗り入れ可能です。

当サイトでは読者を東方ファンに限定せず、オープンに公開。
サイクリストやハイカーでも楽しめるようなレポを書こうと思っています。
実際にレポとして参考になるかどうかは・・・分かりません。

1_18 1_17 
天橋立は、内海の阿蘇湾と宮津湾を隔てる砂州。
こっちは東側の天橋立海水浴場。中学生がいっぱい。

伊邪那岐神と伊射那美神によって生み出された日本の島々。
高天原と繋がっていなかったので天御中主神が橋を架けますが、
色々あって壊れてしまい、現在の天橋立になったのだとか。

1_19 1_20 
真ん中を通る道はフラットダート。
トイレや東屋など、よく整備されています。
レンタサイクルもありますよ。

1_21 
豊受大神、八大龍王、大川大明神を祀る天橋立神社。
智恩寺、文殊堂の鎮守社として創建され、
かつては橋立明神と呼ばれたそうです。

1_22 
天橋立神社付近の磯清水。
塩分を含まない真水が湧いています。

1_24 1_23 
天橋立西側、阿蘇湾の様子。
松並木の中を2.5kmほど快走。

1_25 
あっという間に天橋立を抜けました。
楽な道はこれで終わり。

1_26 
1305、元伊勢の籠神社。ここまで約6.9km。
天橋立を北に抜けたR178沿いにあります。
ここも観光客が多いですね。

1_27 
自転車を置いて境内へ。

元伊勢とは、現在の伊勢神宮の元になったとされる社のこと。
伊勢神宮については、2013年12月の「熊野古道トレッキング III」で詳しくカバーしています。
そちらのレポからどうぞ。

1_28 
主祭神は彦火明命。
相殿に天照大神、豊受大神、海神、天水分神をお祀りしています。
創建年代は不詳。かつて奥宮の真名井神社に豊受大神を祀ったのが起源だとか。

1_29 
1320、籠神社を出発。
ここからはR178で丹後半島周回ルート。

序盤は平坦な海沿いルート。路側帯は狭く、交通量は少なめ。
府外からドライブに来ている車が殆どで、煽られることはありません。
今回、全行程を通じて悪質な運転には遭遇しませんでした。

1_30 1_31 
山あいの道へ。
それなりのアップダウンです。

片車線だけとはいえ広い歩道が整備されており、トンネル内も走りやすい。
トンネルといえば歩道が無かったり、狭かったり、ポールが邪魔な場合が殆ど。
たまにこういうトンネルを走ると安心します。これが当たり前になればいいのに。

1_32 
与謝郡伊勢町に入りました。
京丹後方面へ、ひたすら走ります。

1_33 1_35 
1450、水の江里浦嶋公園に到着。
当地に伝わる浦島伝説をモチーフにした観光施設。
ここまで約30.2km、京丹後まで30km。そろそろ休憩が必要です。

1_34 
公園の奥にある浦嶋神社へ。
主祭神は浦嶋子。相殿に月讀命と祓戸大神をお祀りしています。

天長2年(825年)の創建と伝わる社。
浦嶋子を筒川大明神として祀ったのが始まりです。
よく知られている浦島太郎の名は後になって付けられたもので、
昔は水江浦嶋子と呼ばれていました。

東方的には、「儚月抄」の綿月姉妹のエピソードに登場。
まあ小ネタみたいな感じですね。

1_37 
1510、休憩終了につき出発。
山あいのルートが続きます。

1_38 1_50 
蒲入付近で猿に遭遇。
車や人に慣れきっている様子でした。
サイクリストなんて、彼らの興味の対象外でしょう。

1_39 
1540、蒲入展望所。ここまで約35.3km。
一番向こうに見える経ヶ岬まで、カマヤ海岸なる断崖沿いのルート。
日没が迫っているというのに、大丈夫かな・・・?

1_40 
既に京丹後市に入り、経ヶ岬を通過。

先程のカマヤ海岸、びっくりするほど快走できました。
色んな道をボロクソに貶す私でも、夢中になる道はあります。
そういう道は停まるのが勿体無くて写真は残りません。
カマヤ海岸、短いけどオススメ。

1_41 4 
犬ヶ岬の手前から経ヶ岬方面の様子。
この辺りは丹後松島と呼ばれているらしい。
経ヶ岬から鳥取県の白兎海岸まで、山陰海岸ジオパークになっています。

右の写真は2009年8月8日、
東北ツーリング I」で立ち寄った宮城県のリアル松島でした。

1_42 1_43 
日没が近いので、写真少なめで飛ばします。
1655、道の駅「てんきてんき丹後」で休憩。ここまで約52.9km。
隣にオートキャンプ場が併設されており、道の駅での野宿は禁止。
付近に補給はありませんので、軽い休憩以外には使えません。

宮津を出てから、普通のコンビニは全くありませんでした。
あってもローカルコンビニかスーパーぐらいで、補給はかなり厳しい。
今回は自炊セットを携行していないため、コンビニが無いのは困ります。

17時になると「夕焼小焼」のメロディー。
旅先の田舎では必ずといっていいほど流れる曲。
一日の行程の終わりに聞くと帰りたくなってきます。
1705、出発。あと一息です。

1_45 
1755、網野のファミリーマートにIN。ここまで約65.9km。
道の駅まで少し残っていますが、ここで休憩&最終補給。
夕食と明日の朝食、補給食を調達しておきます。

このファミリーマート、なんと3日前にオープンしたばかり。
相当便利になったようで、沢山客が入ってました。

1_44 
出発から何も食べていないので、カップヌードルKINGを入手。
BIG程度ではカロリー補給が追いつかないときに重宝します。

自転車や山歩きなど長時間の激しい運動では、
エネルギーが尽きてハンガーノックに陥ることがあります。
私は水分さえあれば昼食抜きでも走れるようになっていますが、
切り詰め過ぎると危ないので基本は1日3食。無茶しないように。

1830、休憩終了につき出発。こんな時間でもまだ明るい。
日没前に行程を終わらせましょう。

1_47 1_48 
1855、本日の目的地、道の駅「丹後あじわいの郷」に到着。
道の駅という扱いになっているものの、テーマパーク的な観光施設。
R178から結構離れた山間にあって、道の駅っぽくありません。

行程チェックと洗面を済ませたら野宿セットを展開。
ムカデが地面を這っていたので休憩所のベンチを利用することに。
グラウンドシート・化繊シュラフ・エアマット&ピローから構成され、
テントが無くても快適に寝られるようになっています。
(詳細は野宿セットのページを参照)

本日の走行距離は約71.4km。
予定通りの無難な行程となりました。
2000、就寝。2日目に続きます。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。