山陰ツーリング II

01プロローグ
02|***
03|***
04|***
05|***
06|***
07|***
08|エピローグ

2013年5月26日(日)~5月30日(木)
5年ぶりの山陰ツーリング。
平成の大遷宮を終えた出雲大社へ。
東方舞台探訪、5周年記念企画です。

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。
必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。
サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁。
野宿要素が大変多く含まれているので、苦手な方はお引き取りください。

・おさらい
2008年3月、初めての東方舞台探訪である「山陰ツーリング I」を実施。
当時は一人旅を始めたばかりであり、現在とは全く異なる手探り状態の旅。
経験の少なさ、準備不足、悪天候などが重なり、黒歴史とも言える結果に終わりました。

25 
それから5年。あまりにも多くの道を走りましたが、
山陰の黒歴史は無かったことにはできませんでした。
むしろ、山陰こそが私にとっての東方舞台探訪の原点であり、
あの勢いが今の活動の原動力になっているように感じます。

当時既にベテランの探訪者であったサイトやブログが休止され、
活動の場がしたらばの東方舞台探訪スレッドからニコニコ動画やTwitterに移っていく中で、
改めて自分の活動について考えてみたいと思い、「山陰ツーリング II」を企画したのでした。

・計画
山陰略地図 
5月26日に兵庫県の自宅を出発。
最寄駅から北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津駅まで輪行します。
現地の郵便局で、事前に局留めで送った装備を受領して行程開始。

宮津からは日本海沿いをストレートに走り、
鳥取から白兎神社、米子、松江を経由して出雲大社、日御碕へ。
事後はJR出雲市駅に向かい行程終了。輪行で撤収します。
丹後半島と日御碕以外は前回と全く同じルート。

宮津~出雲までの距離は約400km。
1日あたりの距離を抑え、6日ほどのゆっくりプランになっています。
補給はいつも通りコンビニ、宿泊は道の駅での野宿が中心です。

おさらいの部分で大層なことを書いていますが、この企画は3月下旬にふと思いつき、
具体的な計画は5月下旬になってから1日で作成しています。適当ではありませんけど。

・装備
キャンピング仕様のTOEIスポルティーフ TOEIスポルティーフで城崎温泉をサイクリング 
TOEIスポルティーフ、キャンプツーリング仕様。
4月の「東海道ツーリング」後にオーバーホール済み。
可動部はフルチューン、古くなったパーツは交換しています。

今回は軽装備にしたいので、テントと自炊セットは無し。
キャリアに積載するのはフロントバッグとパニアバッグのみで、
最低限必要な装備だけ携行します。それでもオーバースペック気味。
自転車や装備の詳細は、「GEARS」を参照してください。

それでは、本編へ進みます。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。