東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路住吉浜/住吉神社/中央桟橋薬師堂浜出雲大社道尾道市役所
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

住吉浜の住吉神社 住吉浜の住吉神社 
海岸通りを走って住吉浜の住吉神社へ。梅雨と台風を避けるタイミングを考慮して計画し、前日まで天気予報を確認して出発したのに見事に曇りでした。後日補完するからもういいです。

海岸通りの尾道商工会議所 尾道地区エリアマップ 
2017年9月9日。快晴の日に再訪しました。ここは海岸通りと中浜通りの交差点。尾道商工会議所があります。

西國寺山地図 
西國寺山~海岸通りの地図。現在地は住吉神社の手前の尾道商工会議所。ここから市役所を経て東の浄土寺山エリアへ。西國寺山は後から探訪します。(pp.7-8

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

荒神堂小路

荒神堂小路 荒神堂小路の標柱 
荒神堂小路 荒神堂小路 
2017年9月9日。商工会議所の向かい側には、交差点から商店街に通じる荒神堂小路。荒神堂があったことに由来する小路ですが、やはり荒神堂は現存していません。

これも「かみちゅ!」2話の八島様捜索で、祀ちゃんがモノノケと会話しているところです。入口にある「喫茶軽食カド」は「カベ」に改変。作中では奥の通りに屋根が設けられておらず、別のロケーションを合成しているようでした。

住吉浜/住吉神社/中央桟橋

住吉浜の住吉神社 住吉浜の住吉神社 
住吉浜のビジター桟橋 荒神堂浜の中央桟橋 
2017年9月9日。海岸通りの住吉神社と中央桟橋。江戸時代の住吉浜の跡地であります。

p.4で紹介したように江戸中期の寛保元年(1741年)、尾道町奉行の平山角左衛門によって住吉浜が築造。港湾が整備されたことで北前船の入港が活発になり、ここには熱気あふれる光景が広がっていました。全盛期の尾道港の中心部だったのです。

それから150年後の明治24年(1891年)、民営の山陽鉄道が福山駅から延伸して尾道駅が開業。明治42年(1909年)には国有化され国鉄山陽本線になりました。荷物のスムーズな積み替えのため、駅の西側に港湾施設が整備。住吉浜は尾道の主力港としての役目を終えました。

住吉浜の新しい雁木 住吉浜の新しい雁木 
2019年4月13日。階段状の構造物は雁木といって、昔の船着き場には欠かせなかった設備です。かつて住吉浜の一帯に雁木が並んでいました。

後世に浮桟橋が普及すると必要なくなり、港町を象徴する雁木は大部分が撤去されました。明治時代の急激な近代化で尾道の姿は大きく変わり、住吉神社だけが往時の雰囲気を僅かに残しています。200年前、北前船で栄えた港を想像するのは難しい。

尾道は最初から港町だったわけではありません。古代には瀬戸内の漁村の一つに過ぎなかったでしょう。平安時代末期、大田庄の倉敷地に指定され港町になり、中世にかけて海運都市として繁栄の礎が築かれた。忘れてはならない尾道港のルーツです。

町の姿は時代の流れに合わせて変わります。中世の情緒あふれる風景は江戸時代の埋め立で失われ、近世の風景は明治以降の近代化によって失われました。最近では原型を留めないほど観光地化が進んでおり、今後も新しい形態に変わり続けていくと思います。

しかし、変化によって歴史を葬り去ってはなりません。後先考えず町を作り変えると、やがてルーツも失われてしまう。歴史を見直し、古き良きものを後世に残すことが正しい道です。本レポで紹介する中世の古寺、江戸の面影、昭和の町並み。どれも尾道の文化財。この町の宝物なのです。

今日の住吉浜にある雁木は新しいもの。江戸時代の姿を再現する目的で整備されたそうです。海岸通りを作り変えてしまったのはどうしようもないけど、昔の雰囲気を再現しようという取り組みは素晴らしい。住吉浜の歴史を忘れないようにしましょう。

尾道水道に昇る満月 
2018年3月31日。日没後、街燈に照らされた尾道大橋。ダークブルーの空にゴールドの月が昇って美しい。江戸時代には、もっと月が明るく感じられたでしょう。

荒神堂浜の中央桟橋 荒神堂浜の中央桟橋 
荒神堂浜の中央桟橋 荒神堂浜から兼吉の丘 
2019年4月13日。商工会議所の裏手に位置する中央桟橋。江戸時代は荒神堂浜と呼ばれていました。対岸の向島に兼吉の丘(p.18)が見えます。

現存する浮桟橋は昭和13年(1938年)の築造。商船桟橋と称し、多数の連絡船が停泊したのは昔の話。平成5年(1993年)に最後の航路が廃止されて使われなくなり、平成17年(2005年)に「おのみち海の駅」として一般向けに開放。平成23年(2011年)にはビジター桟橋なるマリーナも設置されました。

江戸時代から令和へ。海運都市として栄えた時代は終わり、北前船が入ってくることはもうありません。今時の観光都市を目指して変わりつつある尾道。衰退を嘆くのではなく、歴史を伝えることが大切です。

住吉神社の注連柱 住吉浜の住吉神社 
2017年9月9日。住吉浜に鎮座する住吉神社。私の探訪活動は神社巡りが主体なので、神社は特に詳しく紹介させていただきます。

住吉神社の注連柱 住吉浜の住吉神社 
住吉神社の注連柱 住吉神社の手水舎 
2019年4月13日。境内入口に注連柱(標柱)があり、とても難解な宣揚文が刻まれています。立派な常夜燈は寛政9年(1797年)に奉納され、尾道市内では最大級。それほど重要な社なのです。

創建年は寛保元年(1741年)。もともと浄土寺(p.6)の境内にあった社を、住吉浜を築造する際に港の守護神として遷座。平山奉行が家伝の名刀を奉納したと伝わっています。以来、尾道水道を行き交う人と船を見守ってきました。

尾道の夏の風物詩として知られる花火大会は、正式には住吉神社例大祭の「おのみち住吉花火まつり」。住吉浜の商人達が創建から間もない時期に始めたとされます。海上安全と商売繁盛を願うとともに平山奉行の功績を讃えて、神社に花火を奉納する神事が今でも続けられています。

住吉神社境内から尾道水道 住吉神社の社殿 
2017年9月9日。境内から尾道水道を見渡せます。祭神は底筒男命、中筒男命、表筒男命。三柱で住吉大神(住吉三神)と称します。

『古事記』と『日本書紀』の記述によると、伊邪那岐尊と伊邪那美尊は天沼矛を持って天浮橋に立ち、混沌とした大地をかき混ぜて淤能碁呂島を生み出しました。二柱は淤能碁呂島に降り立って結婚し、大八島が生まれます。これが国産みの伝説。すなわち日本列島の起源とされています。

後に伊邪那美尊は迦具土神を産んで亡くなり、伊邪那岐尊は黄泉比良坂を通って黄泉国を訪れます。そこで一騒動あって脱出し、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原へ。水辺で穢れを祓うための禊を行う際、多くの神々が誕生するのでした。

水の底で身を清めると底津綿津見神と底筒男命が生まれ、中程で中津綿津見神と中筒男命、水面で表津綿津見神と表筒男命が誕生。左目を洗うと天照大御神、右目を洗うと月読尊、鼻を洗うと素盞嗚尊が誕生し、最後に生まれた三貴子は特に有名な神々として知られています。

伊邪那岐尊の禊によって生まれた底津綿津見神、中津綿津見神、表津綿津見神の綿津見三神は阿曇氏の祖神に。底筒男命、中筒男命、表筒男命は住吉三神と称し、共に海の神様に。ちなみに伊邪那岐尊と伊邪那美尊の子である大綿津見神も海の神様です。日本神話の源流に海人族の信仰があり、これらの伝説が生まれたのでしょう。

住吉神社の社殿 恵美須大神・住吉大神・金刀比羅宮の扁額 
2019年4月13日。現在の社殿は明治時代後期に建てられました。扁額には「恵美須大神・住吉大神・金刀比羅宮」とあり、海上安全と商売繁盛のご利益詰め合わせな感じです。

住吉三神が初めて神威を発揮するのは、日本武尊の子の仲哀天皇御代(192~200年頃)。天皇が九州の筑紫橿日宮にいて熊襲を討とうとしていた時、神功皇后(息長帯姫命)を介して新羅を攻めるように託宣します。しかし天皇は神託を相手にせず、怒りに触れて崩御するのでした。

そこで皇后は住吉三神の神託に従い、新羅征討を決意。子(後の応神天皇)を身籠ったまま軍勢を率いて九州から出発し、新羅・高句麗・百済の三韓征伐を成した後に誉田別尊を産みました。皇后は遠征の帰途、摂津国(大阪府)の住吉で三柱の神様を奉斎。以来、住吉三神は津守氏によって代々お祀りされたと伝わり、現在の住吉大社の起源とされています。

大阪湾の港の開発の歴史は古く、応神天皇の子の仁徳天皇は難波高津宮で天下を治め、水路や堤防を整備する大規模な公共事業を実施しています。当時は海に面していた住吉にも港(住吉津)を整備させており、神功皇后を導いた住吉三神は航海・港湾の守護神として、古代から崇敬されていたと考えられます。

住吉神社の拝殿に佇む猫 
2019年4月13日。拝殿を振り返ったら猫ちゃんがいました。神様のお使いだったのかもしれません。

『備前国風土記』の逸文によると神功皇后の舟が海上を通っていた時、大きな牛が出て舟をひっくり返そうとしました。すると住吉明神が老翁の姿で現れて牛を投げ倒し、牛転(うしまろび)、後の牛窓の地名になったそうな。

尾道が属した備後国御調郡の由来を語るものとして、神功皇后の三韓征伐の際、長井の浦に軍船を繋いで水を求め、水を貢いだ故事に因んで水調郡(御調郡)が生まれたという伝説も。一連のエピソードが史実かどうか検証するなんて野暮な話。瀬戸内の人々の間で語り継がれた伝説なのです。

尾道に住吉浜が築かれた江戸時代には、全国の海運業者の信仰を集めていた住吉三神。平山奉行によって当地に遷座された住吉神社は間違いなく人々に親しまれる社だったでしょう。平山角左衛門…やはり名奉行です。

尾道港素庫建設由来及組長 故兒玉君彰功記 
2019年4月13日。社殿後背に掲げられた顕彰記。「尾道港素庫建設由来及組長 故兒玉君彰功記」とあります。大正12年(1925年)、尾道港組合問屋によって設置されました。

尾道には素庫(倉庫のこと?)が設けられず、運輸交通機関が発達する時代には不便だったとのこと。明治23年(1890年)、兒玉喜三氏が本港組合問屋の組長に就任。兒玉氏が奔走して素庫が建設され、尾道港の近代化に貢献した。ということが書いてあります。情報が見つからず詳細は不明。

住吉神社の力石と文政3年の注連柱 沖仲仕が担いだ力石の案内板 
2019年4月13日。境内には力石が陳列されています。

江戸時代の荷役は全て人力でした。その仕事を担ったのが沖仲仕と呼ばれる人達。尾道港では扱う品物によって東浜と西浜に分かれ、とんでもなく重い力石を担いで力自慢を競い合いました。見事担ぎ上げた者は名前が刻まれて私達の目に留まり、まさに歴史に名を残す存在になりました。

右隣の注連柱は文政3年(1820年)の奉納。江戸時代末期から存在する国内最古の注連柱です。現在の社殿は北東向きですが、この注連柱は南東向き。当時は尾道水道を見渡す向きに鎮座していたのですね。どうして向きを変えてしまったんだろう……?

住吉神社の境内社 平山市尹紀功之碑 
2019年4月13日。注連柱の奥に鎮座する境内社。後ろに明治29年(1896年)の「平山市尹紀功之碑」があります。ということは、この境内社が平山奉行を祀る平山霊神社でしょうか。

住吉神社の境内社 
2019年4月13日。境内入口の末社。祭神・由緒等の詳細は分かりませんでした。

住吉神社の標柱 住吉神社の石碑 
2019年4月13日。詳細不明でも目についたものは撮ります。後から調べて何か分かるかもしれないし。

薬師堂浜

瀬戸内クルージングの十四日元町桟橋 薬師堂浜 
2019年4月13日。住吉浜の東にある薬師堂浜の跡地。丸上桟橋と呼ばれ、多数の連絡船が発着していました。平成20年(2008年)に尾道水道を結ぶ岸本渡船が廃止となり、瀬戸内クルージングの十四日元町桟橋として利用されています。

向島の岩屋山 
2019年4月13日。対岸の向島にそびえる岩屋山(pp.1-2)。尾道三山を概観するには最も適した展望地です。

薬師堂浜のクレーンと電話ボックス 薬師堂浜のクレーン 
2019年4月13日。薬師堂浜のクレーンと電話ボックス。このクレーンは昭和30年(1955年)に海運会社によって設置。尾道港最古の荷揚げ用クレーンとして知られる産業遺産です。

役目を終えて解体される話も持ち上がりましたが、平成8年(1996年)に「住吉浜公衆電話室」として再生。ご覧の通り、クレーンの操作室が電話ボックスになってます。ところが平成29年(2017年)に電話ボックスの役目も終了に。迷走しながらも観光用のオブジェとして保存されていくようです。

新尾道大橋を覗くモニュメント 
2019年4月13日。新尾道大橋を覗けるモニュメントがありました。市営久保駐車場が邪魔で浄土寺山は見えません。

新尾道大橋は平成11年(1999年)に開通。西瀬戸自動車道(しまなみ海道)の起点であり、尾道~今治を結ぶ自動車専用のルートの一部です。車が主体になり、連絡船の殆どが廃止される運命に。渡船跡に大橋を眺めるモニュメント。皮肉なものです。

出雲大社道

出雲大社道の標石 出雲街道の案内碑 
出雲大社道の標石 海岸通りから薬師堂通り 
2017年9月9日。薬師堂浜と本通りを繋ぐ薬師堂通り。例によって薬師堂は現存していません。

薬師堂通りから中浜通りに入る一角には、「出雲大社道」(出雲街道)の標石があります。江戸時代末期の安政6年(1859年)に設置され、「本道卅七里 近道卅三里」と刻まれています。

江戸時代に山陽道(西国街道)が整備され、尾道が宿場町として賑わったことはp.4で書きました。同時期には石見国(島根県)で大森銀山の開発が進み、産出された銀を運ぶ銀山街道(出雲街道)が整備されました。厳重な警備の下、陸路で運ばれた銀は尾道港で船に積まれ、銀座に出荷されていったのです。

金銀山開発や街道整備を主導したのは大久保長安です。猿楽師の家系に生まれながら徳川家康の家臣に成り上がり、土木・鉱山開発で異常な才能を発揮したことが知られています。合理主義者の長安は、尾道港の戦略的価値を見抜いていたはず。尾道を積出港に選んだのは長安だったでしょう。

大久保長安の宣伝は置いといて…町内を東西に抜ける西国街道、南北を結ぶ銀山街道、更には北前船の寄港地として港湾地区の拡張も行われ、近世の尾道は陸路・海路の交通の要衝だったのです。そういえば、標石の隣の井戸は何でしょうね?

尾道市役所

海岸通りの尾道市役所 
薬師堂浜から尾道市役所前。ここは尾道市街の久保地区です。

江戸時代の尾道町の範囲は狭く、現在、市役所がある中心市街のみを指しました。尾道町を囲うように後地村、西に栗原村が置かれ、尾道町内は土堂町・十四日町・久保町の三つに区分。町名は廃れることなく地区名として使われています。

「かみちゅ!」の中で「尾道」の地名は使われず、1980年代の尾道をモデルにした「日の出町」が舞台。ロケを行った2000年代の町並みを田舎っぽく描いており、実際の80年代を厳密に再現しているわけではないです。流石にこの市役所の存在は消されていました。

ちなみに賢吉さん(ゆりえ様の父親)は市役所の職員。コミック版では「市長」が登場して庁舎まで描かれています。行政区分は市で、地区名として「日の出町」が使われている、と解釈できますが、多分そこまで厳密に設定されてないです。どうでもいい考察はほどほどに。

尾道市役所の2代目庁舎 
2017年9月9日。海岸通りの尾道市役所(2代目庁舎)。現在の広島県尾道市の行政の中心になります。

尾道市が誕生した経緯はp.2に書きました。明治維新後、廃藩置県で浅野氏の広島藩が消滅。安芸国と備後国が統合されて広島県御調郡の尾道町に。明治31年(1898年)には御調郡から独立して尾道市が誕生。広島県内では、広島市に次いで2番目となる市制施行でした。

尾道市は昭和の時代から拡張を開始。戦前から戦後にかけて周辺の町村を次々に吸収し、平成17年(2005年)、御調町と向島町が尾道市に編入。とうとう御調郡は消滅、その大部分が尾道市になりました。平成の大合併による郡・町村の消滅は全国で起きた現象です。

現在、日本の郡は町村をまとめる程度の枠組み。いち早く独立した尾道市には不要な縛りだったでしょう。しかし律令制の成立から用いられた歴史的な行政区分であり、古代の地名を残す重要な役割を担っていることは間違いありません。もう存在しないけど、尾道が御調郡に属した事実は忘れないでください。

尾道市役所の2代目庁舎 尾道市役所の2代目庁舎 
2017年9月9日。在りし日の庁舎。

江戸時代の行政の中心は本通りの尾道町奉行所。明治維新後は別の場所に仮の役場が設けられたらしく、明治29年(1896年)、現在地に尾道町役場が建設されました。2年後の明治31年(1898年)に御調郡から独立して尾道市が誕生。町役場は初代市庁舎として、昭和33年(1958年)まで使用されました。

2代目の庁舎は昭和35年(1960年)に完成。建築とか芸術には疎いからその辺は割愛するとして、つい最近、耐震性や利便性の観点から建て替えが決定。東側の駐車場で新庁舎建設の準備が進められています。市庁舎と同時にJR尾道駅(p.14)の建て替えも進行中。平成に入り、尾道はどんどん新しくなっています。

市役所前の海岸通りは映画「転校生」のロケ地の一つ。横浜に引っ越す一夫を一美が見送るラストシーンです。斉藤一夫の家は東の浄土寺下(p.6)にあるのに、この道を通っていくのは位置的におかしい…という細かいツッコミを入れながら探訪。

尾道市役所の新旧庁舎 3代目庁舎の完成図 
2019年4月13日補完分の尾道市役所。客船をイメージした新庁舎が出来上がってきました。2代目の庁舎は解体されて駐車場になる予定です。

尾道市旗、日本国旗、観光シンボル旗 
2019年4月13日。

市役所前には尾道市旗、日本国旗、観光シンボル旗。尾道市旗は白地に赤の2本線。正式な由来は不明(!?)。細い赤線が向島、太い赤線が尾道、真ん中が尾道水道らしい。千光寺の玉の岩、足利氏の家紋に由来するという説もあります。

料亭旅館「魚信」 
2017年9月9日。海岸通りにある料亭旅館「魚信」。海に面した路地は「ふたり」で使われましたね。主人公より柴山智加さんが見どころな映画でした。

芝守稲成神社 
2017年9月9日。川端通りから路地に入って見つけた社。芝守稲成神社と書かれているから稲荷神社でしょう。路地の一角に鎮座して、この地区を守り続けています。

防地口交差点 
海岸通りから川端通りに入り、本通りとR2に交差する防地口交差点。

地形図で見ると西國寺山と浄土寺山の谷間。中世には防地口付近まで入り江のようになっており、この周辺が港町の中心部だったと推測されています。江戸時代の西国街道は海沿いを通らず、防地口を北進して浄土寺山北の防地峠を越え、福山藩領に入る峠越えのルートが整備されていました。
それでは、次ページから浄土寺山を探訪していきます。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。