東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ御旅所宝土寺吉備津彦神社鎌倉稲荷尾道町奉行所跡
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

渡し場通り

海岸通りから渡し場通り 本通り商店街 
海岸通りから本通りの商店街へ。一角にオバQの遊具が佇んでいます。閑散としているけど大丈夫でしょうか。

千光寺山地図 
JR尾道駅~千光寺山~海岸通りの地図。商店街がどの辺りを通っているか意識しながら探訪すると、後述する西国街道の成り立ちが理解しやすいです。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

海岸通りから渡し場通り センター街の看板 
2017年9月9日。商店街を貫き、海岸通りと千光寺新道を繋ぐ道。渡船の乗り場に通じることから渡し場通りといいます。北の高台に見えるのが千光寺(p.10)。後で訪れましょう。

「かみちゅ!」1話で「ゆりえ台風」が襲来する場面、渡し場通りのセンター街の入口が写っていました。よく見ると「寿し常」の看板も再現されています。7話、ゆりえ様の花火のシーンでも再登場。千光寺は存在せず山になっています。

オバQ

多門電気商会のオバQ 
2007年9月11日。「かみちゅ!」ファンにはお馴染みのオバQの遊具。渡し場通りの一角、多門電気商会に鎮座しています。

1話のゆりえ台風、2話の八島様捜索など、何度も登場している「かみちゅ!」の常連キャラ。著作権に触れなさそうなデザインに改変されながら、「10エン」の硬貨投入口まで再現されていました。流石にもう動くことはないでしょう。

3話の貧乏神対策の場面では、光恵ちゃんが台座の下に四つ葉のクローバーを忍ばせます。成り行きで巫女装束を着て手伝ってる展開に萌えたりして、10年ぐらい経って光恵ちゃんの良さが分かりました。眼鏡キャラだし。

オバQの遊具 陶芸工房"SORA"のオバQ 
オバQの遊具 
2019年4月13日。電気屋から陶芸工房"SORA"に変わってもオバQは健在。昭和を感じさせる貴重な骨董品として展示されています。突堤のベンチと同じく、尾道名物になっている模様。名物というより文化財です。

本通り商店街 ASAHI PENTAX SP 
本通りから小路を覗く 本通り商店街 
2017年9月9日。昭和の雰囲気が漂うアーケード街。商店街は尾道市街を横断する本通りにあり、すぐ北に設けられたR2、JR山陽本線と並行します。路地を覗くと踏切や山門が見えるのも良いですね。

補完探訪で活用したPENTAX SPは祖父の遺品。その昔、大ヒットして多くのカメラマンに愛用されたようで、使っているとカメラ好きのおじさんによく声をかけられます。50年前の製品でも、カメラとしては余裕で現役なのです。
(詳細は「GEARS」を参照)

もう8年ぐらい使っておきながら、露出を理解するようになったのは最近の話。尾道で沢山撮ったおかげでフィルムの特性を理解し、大体、狙い通りの写真を撮影できるようになりました。構図とかのセンスはないから期待しないでください。

私はカメラマニアではなく、記録用の道具という認識。自転車のパーツとかライディングに興味が無いのと同様、カメラの撮影テクニックや薀蓄には全く興味がありません。ひたすら走って歩いて撮影する、そんなのでいいんです。

西国街道跡の本通り商店街 渡し場通りからセンター街へ 
西国街道跡の本通り商店街 西国街道跡の本通り商店街 
2018年3月31日と2019年4月13日。渡し場通りから商店街に入り、写真を撮りながら散策。西から一番街・中商店街・本町センター街・中央街・尾道通り。5つのエリアに分かれ、昼間は買い物客で賑わっています。

尾道には海運だけでなく街道の歴史もあります。古代の山陽道は御調郡北部の山を抜けたそうですが、江戸時代に五街道や脇街道が制定される中で見直され、海沿いの尾道を通る山陽道(西国街道)が整備されました。既に尾道が商都として発展していた事情もあるでしょう。

尾道港が北前船の寄港地になって繁栄したように、西国街道が通る尾道町も宿場町として賑わいました。発掘調査により、西国街道は現在の本通りとほぼ一致。江戸時代には本通り沿いに奉行所や本陣が設置されました。商店街を歩きながら、昔の情景を想像するのが楽しいです。

ちなみに、かつての海岸線はもっと内陸側。中世には後の西国街道のすぐ南まで海が迫っていました。本通りは室町時代から何度も整地されたことが分かっており、古くから海沿いのメインストリートであったと推測されます。どうです?ロマンを感じるでしょう?

ここまで海が来ていると、平地は殆どありません。江戸時代に港湾・商業地区を確保するための事業として、大規模な埋め立てが行われて平地がどんどん拡張されました。尾道は西国街道沿いに寺社・宿場町・港湾施設が密集する、一大都市に発展していったのです。

夜の渡し場通り 夜のセンター街入口 
夜のセンター街入口 夜の本通り商店街 
2019年12月13日。夜遅くに尾道入りしてセンター街を徘徊。

5回目の補完探訪からコンデジをRICOH WG-6に更新。ISO125モードで三脚とセルフタイマーを併用しました。いいカメラなら、もっと印象的に撮れると思います。センスが無いのはどうしようもないよね……

御旅所

クリスマスを控えたセンター街 クリスマスを控えた本通り商店街 
吉備津彦神社の御旅所 本通り商店街の案内板 
2019年12月14日。センター街に設けられた吉備津彦神社の御旅所。御旅所とは、祭りのときに神輿を安置する場所のこと。吉備津彦神社では11月にベッチャー祭りが斎行されます。

江戸時代の文化4年(1807年)、尾道で疫病が流行。尾道町奉行であった南部藤佐衛門が各神社に祈祷させました。吉備津彦神社では鬼神と獅子の装束を着た者が神輿の先導を務め、町中をお祓いして回りました。これがベッチャー祭りの起源と伝わり、現在でも尾道を代表する変わったお祭りとして知られています。

吉備津彦神社の御旅所 吉備津彦神社の旧神輿 
ベッチャー祭りを象徴する鬼神面 
2019年12月14日。明治3年(1870年)に制作された吉備津彦神社の旧神輿、ベッチャー祭りを象徴する三つの鬼神面が展示されています。鬼神面は左からベタ(武悪)、ソバ(大蛇)、ショーキ(天狗)。普段はベッチャー祭りの資料室みたいな佇まいです。

宝土寺

本通りから宝土寺山門 本通りから宝土寺山門 
宝土寺山門 宝土寺山門からの眺望 
2019年12月14日。センター街から吉備津彦神社に向かいます。路地を抜けて山陽本線の寺道踏切を渡ると宝土寺山門。海岸からいきなり山手に登るのが、尾道の地形の特徴。これでも埋め立てで海が遠くなったほうです。

浄土宗の宝土寺 宝土寺境内 
宝土寺境内 宝土寺の由緒 
2019年12月14日。浄土宗の宝土寺。南北朝時代の貞和年間(1345~1349年)に、融海意観によって開かれたと伝わる寺院。本尊は阿弥陀如来です。

吉備津彦神社

吉備津彦神社の鳥居 
2019年12月14日。宝土寺の西には吉備津彦神社。かつては宝土寺の境内にありました。

吉備津彦神社の手水舎 
吉備津彦神社の境内社 尾道ベッチャー祭りのポスター 
2019年12月14日。

創建年代は不詳ながら、南北朝時代の至徳年間(1384~1387年)、栗原八幡宮(烏須井八幡神社)祠官の平田小八郎が宝土寺住職と共に祭事に奉仕したのが始まりと伝わります。備後国(広島県)一宮の吉備津神社の分霊をお祀りし、地元では一宮神社として知られています。

祭神は大吉備津彦命。『古事記』と『日本書紀』の記述によると孝霊天皇の子です。『古事記』では比古伊佐勢理毘古命、またの名を大吉備津日子命。『日本書紀』では彦五十狭芹彦命、またの名を吉備津彦命。伝説の内容も若干異なっています。

『古事記』によると孝霊天皇御代(紀元前290~215年頃)、弟の若日子建吉備津日子命と共に吉備国(岡山県)に派遣。当地を平定した大吉備津日子命は吉備の上道臣の祖、若日子建吉備津日子命は下道臣笠臣の祖である、と記されています。

『日本書紀』では崇神天皇10年(紀元前88年頃)、吉備津彦命が西道(後の山陽道)に派遣されたとあり、大彦命、武渟川別命、丹波道主命と共に四道将軍と称されます。他にも武埴安彦と吾田媛の天皇に対する反乱を鎮圧したり、武渟川別命と共に出雲振根を抹殺するなど有能な将軍であったようです。

吉備津彦神社の拝殿 吉備津彦神社の由緒 
2019年12月14日。明治時代に建てられた吉備津彦神社の拝殿。

山陽道の有力な神社としては、備前国(岡山県)一宮の吉備津彦神社、備中国(同じく岡山県)一宮の吉備津神社、備後国(今では広島県)一宮の吉備津神社があり、全て大吉備津彦命を主祭神としてお祀りしています。

備中国の吉備津神社には鬼退治の伝説もあります。それによると昔、百済の皇子だった温羅なる者がおり、山中の鬼の城を拠点として人々を襲っていたといいます。そこで五十狭芹彦命が派遣され、温羅を降伏させることに成功。温羅が自らの吉備冠者の称号を五十狭芹彦命に授け、以来、吉備津彦命と呼ばれたそうな。

古代の吉備には出雲や畿内と並ぶ強大な王国がありました。巨大な古墳群を建造し、製鉄遺跡も多数見つかっている地域。その吉備王国と大和朝廷の戦争・支配の歴史に基づいて、吉備津彦命や温羅の伝説が生まれたと考えられます。一連のエピソードは単なるおとぎ話ではないのです。

当地は古代の吉備国に属しました。飛鳥時代末期には巨大な吉備国を分割して備後国になり、今では広島県の一部に。しかし歴史的には吉備:岡山側にあり、そういう地域性の中で吉備津彦神社が勧請されたと思います。興味のある分野なので長めに紹介させてもらいました。

鎌倉稲荷

本通りから浮御堂小路 浮御堂小路の標柱 
2017年9月9日。引き続き本町センター街。宝土寺・吉備津彦神社に登る路地の反対側に浮御堂小路の入口があります。

小路とは本通りから南北に抜ける路地のこと。上述したように、この商店街は江戸時代の西国街道とほぼ一致。街道の本通りから北の寺社、南の港湾に抜けた路地の名残であります。浮御堂小路は海を埋め立てて造営した浮御堂に通じる小路…とのことですが、浮御堂は現存していません。残念です。

浮御堂小路 浮御堂小路 
2017年9月9日。路地の先に見える鎌倉稲荷の鳥居。賑わう本通りから伸びる狭くて暗い路地。そこに尾道らしさが凝縮されているのです。

この路地の風景は昭和から変わってなさそうな感じ。フィルムカメラは当時と同じ雰囲気で撮ることができます。ネガフィルム+色調補正フィルターで少し色褪せた写り。尾道の昔ながらの風景を撮るのに最適です。

浮御堂小路の正一位鎌倉稲荷大明神 浮御堂小路の正一位鎌倉稲荷大明神 
2017年9月9日。浮御堂小路に鎮座する正一位鎌倉稲荷大明神。静かな路地裏に佇む祠。素晴らしいロケーションです。フィルムはFUJIFILM SUPERIA X-TRA 400を使いました。

浮御堂小路の正一位鎌倉稲荷大明神 浮御堂小路の正一位鎌倉稲荷大明神 
2019年12月14日。フィルムはLomography Color Negative 400。同じISO400でもSUPERIAより粗くて黄色が強い。常用するには微妙かな……

「かみちゅ!」2話の八島様捜索に登場する鎌倉稲荷。正面の路地が異常なほどリアルに再現されていました。ちなみに映画「あした」の一場面でも使われていて、有名だけど見つけにくい場所です。

正一位鎌倉稲荷大明神の鳥居 
浮御堂小路の正一位鎌倉稲荷大明神 正一位鎌倉稲荷大明神の扁額 
2019年12月14日。扁額に「正一位鎌倉稲荷大明神」とあります。

稲荷の総本社は山城国の稲荷神社。現在では京都府の伏見稲荷大社と称します。祭神の稲荷大神が正一位の神階を贈られて以来、正一位稲荷大明神として諸国に勧請、普及しました。稲荷社の歴史を語りだすとめちゃくちゃ長くなるので、2014年4月の「伏見稲荷大社探訪 V」からどうぞ。

尾道の鎌倉稲荷の由緒は不明ですが、鎌倉に勧請された稲荷神社が尾道に再度勧請され、長い間、人々の暮らしを見守ってきたのだと思います。こういう地域密着型の小さな社が大好き。信仰が生き続けています。

夜の正一位鎌倉稲荷大明神 夜の正一位鎌倉稲荷大明神 
夜の正一位鎌倉稲荷大明神 
2019年12月13日。夜の鎌倉稲荷。祠が鳥居の電燈に照らされて幻想的でした。

鉄塔のある路地裏 鉄塔のある路地裏 
2017年9月9日。浮御堂小路から鉄塔のある路地裏へ。

同じく2話の八島様捜索に登場。光恵ちゃんがイカのモノノケと出会います。3話の貧乏神対策の場面にも写ってましたね。作中の背景に選んだスタッフの発想が凄いです。

みこちゃんが拝んでいる祠は発見できず。作中のカットを再現するような探訪は不得意です。この路地付近にありそうだけど、分からんかった。

浮御堂小路 鉄塔のある路地裏 
2019年12月14日補完分の路地。気の向くままに撮影。2枚目が良いです。

クリスマスを控えた本通り商店街 クリスマスを控えた本通り商店街 
2019年12月14日。クリスマスを控えたセンター街の様子。地元の買い物客や観光客で賑わっています。「転校生」と「さびしんぼう」のロケにも使われ、尾道の中では活気のある場所です。

大林宣彦作品の本場ということで、地元の人は写真を撮られ慣れている模様。私はどう見ても写真を撮りに来た旅人ですから、カメラを構えて路地裏を歩き回っても怪しまれません。逆にオススメの撮影ポイントとか教えれくれたりします。

他の街と同じく商店街衰退の問題も抱えているそうですが、活性化の取り組みにより、十分盛り上がっているように見えます。地元の若者によると、尾道が近代化して賑わうのは良いことだとか。大林監督のように古い尾道にこだわるほうが少数派かもしれません。

尾道町奉行所跡

本通りの尾道商業会議所記念館 本通りの尾道商業会議所記念館 
2019年12月14日。中商店街の一角にある尾道商業会議所記念館。西国街道沿いの尾道町奉行所跡に建てられました。

明治23年(1892年)、商都尾道に商業会議所が創設。大正12年(1923年)には商業会議所の創設30周年を記念し、当時は最先端だった洋風の鉄筋コンクリート造の建物を設置。平成18年(2006年)、復元改修を終えてリニューアルオープン。尾道の商業史の資料館になっています。

こじんまりした記念碑で気付きにくいけど、ここが江戸時代の尾道町の行政の中心でした。中心市街が尾道町になったのは寛永15年(1638年)。それよりずっと後の正徳5年(1715年)に 奉行所が設置。第5代の広島藩主、浅野吉長の時代でありました。地方の支配を強める正徳新格の一環です。

尾道では中世から有力な商人が現れており、浅野氏が入る以前から豪商による自治が行われました。豪商が年寄を務める自治体制は江戸時代初期の時点で存在。まもなく町人や商人の集まりである会所も成立しました。尾道は町人によって運営されていたのです。

第13代の道町奉行、平山角左衛門尚住の石像 西国街道の尾道町奉行所跡 
2019年12月14日。

記念館前には名奉行、平山角左衛門尚住の真新しい石像。昭和43年(1968年)に尾道市の名誉市民第一号に認定。令和元年(2019年)には尾道開港850年を記念して、奉行所跡に石像が設置されました。

平山角左衛門は尾道史を語る上で欠かせない人物です。広島藩主の浅野吉長から第13代の尾道町奉行に任命され、江戸時代中期の元文5年(1740年)に当地に赴任しました。山と海に挟まれ、港湾・商業地区の確保が難しかった尾道。北前船を受け入れるには港湾の拡張が不可欠であり、埋め立て工事を行う必要がありました。

着任の翌年となる寛保元年(1741年)、新しい住吉浜の築造が僅か50日で完了。工事に参加した人夫には適正な賃金を支給し、浄土寺から航海の守護神である住吉神社を遷座するなど、大変な名奉行ぶりを発揮して尾道と町民に貢献した角左衛門。この整備が尾道港の飛躍的な発展に繋がったと評価されています。浄土寺はp.6で、住吉神社はp.5で訪れますよ。

平山奉行は同年に尾道を引き上げ、延享2年(1745年)に死去。その偉業は明治維新後の尾道の人々にも語り継がれることになり、平山奉行の功績を讃えて平山霊神社(平山大明神)が創建されました。昭和10年(1935年)からは盛大な「尾道みなと祭」が開催されるように。住吉神社例大祭は「おのみち住吉花火まつり」として続けられ、今でも平山奉行の偉業を顕彰しています。

尾道に限った話ではありませんが、観光地化を推し進めると歴史は薄れていきます。昭和の古き良き風景に魅せられる人がいる一方で、それ以前の歴史は一部のマニアしか関心を持っていません。像を建てて昔の偉人の功績を讃える取り組みは重要なこと。何もしなければ忘れ去られてしまいます。

夜の本通り商店街 夜の本通り商店街 
明治創業の「大和湯」 尾道商業会議所記念館 
2019年12月13日。夜の商店街。センター街には明治創業の「大和湯」の建物も。銭湯は廃業し、カフェ「ゆーゆー」になっています。深夜の誰もいない商店街を歩くのは意外と楽しいです。

本通り商店街の東側 
本通り商店街の東側入口 本通り商店街の東側 
2017年9月9日。渡し場通りから東側の商店街へ。入口の看板は「尾道絵のまち通り」。こちらは中央街~尾道通りになります。

ストリートスナップという分野には興味ないので、プライバシー保護のため顔とナンバープレートは必ず削除。町中で写真を撮るなら通行人に配慮しなければなりません。まあ尾道の人は全然気にしてないですけどね~

本通りから千光寺山 本通り商店街の東側 
本通りから浄土寺山 尾道観光案内地図 
2017年9月9日。

北に千光寺山(p.10)、東に浄土寺山(p.6)。徒歩でじっくり探訪して、位置関係が分かってきます。最初の探訪では迷いまくっていたのに、何度も通ううちに地図無しで歩けるようになりました。

今ではスマートフォンなる便利アイテムがあるし、普通に観光する場合はガイドブックやパンフレットで十分。それでも尾道の路地は想像を超えるレベルで入り組んでおり、千光寺山エリアに至っては、うっかり参道を外れると迷子に。初めて訪れたら必ず迷います。絶対に迷いますからね!

本通り商店街 本通りから薬師堂通り 
尾道の探訪用地図 「かみちゅ!」のキャプチャ画像 
2019年12月14日。この時は中型ザックで歩き回りました。当然のように野宿セットを携行しています。

私はスマートフォン等のデジタル機器は使わず、探訪の際はプリントアウトした地図を基に歩きます。3枚目はGoogleマップから作成した探訪用地図(40枚ぐらい)。探訪ポイントや路地の入口、撮影する方向を書き加え、広い尾道を効率よく回れるように努めました。

4枚目は「かみちゅ!」のキャプチャ画像。作中のアングルを忠実に再現するわけではありませんが、探訪用地図と組み合わせて細部のカットを確実に回収。先人達の舞台探訪レポをトレースしながら歩いても、コンプリートするのは至難の業です。

探訪を始めた当時からGoogleマップは存在。今日に至るまで事前調査ではフル活用しています。ストリートビューもあるけど、そっちはあまり使いません。昔はシンプルで見やすかったのに今では余計な機能満載。ちょっと調べたいときにも動作が重くて見づらいです。

……「かみちゅ!」作中のカットの再現など、舞台探訪の情報は専門のサイトを参照してください。と書くつもりが、老舗のサイトの多くが404になって消滅。ここが尾道探訪を扱う専門のレポの一つになりました。体系的な探訪情報は自分で作ります。

夜の中央街 夜の中央街 
夜の中央街 夜の中央街 
2019年12月13日。夜の中央街。南北に抜ける路地は独特の雰囲気です。

夜の尾道通り 夜の尾道通り 
2019年12月13日。尾道通りから海岸通りにかけて歓楽街があり、夜遅くまでスナックやバーが営業しています。そういうところを覗く趣味は持ってないから写真は撮りませんよ。
次ページ、住吉神社から尾道市役所まで進みます。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。