東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

福本渡船

福本渡船で向島から尾道へ 
福本渡船を利用し、向島から尾道へ。尾道水道は数分で渡ることができます。

福本渡船で尾道に上陸 
0915、尾道に到着。7年ぶりに戻りました。ここは尾道市街の土堂地区になります。

尾道の福本渡船フェリー乗り場 尾道の福本渡船フェリー乗り場 
お馴染みの福本渡船フェリー乗り場。かつては石崎桟橋と呼ばれていました。ゆりえ様の通学シーンを再現して自転車で上陸。ここから「かみちゅ!」の話題全開で進めます。

「かみちゅ!」、尾道三部作、新尾道三部作 
尾道の舞台探訪には欠かせない作品群。一連の作品が生まれた前提として海運都市たる尾道があり、地域全体の歴史を学びながら歩いてこそ探訪活動だと考えます。開港850年という、尾道の長い道のりを紹介するのが本レポの目的。レポ執筆の参考にした信頼できる資料は以下の通りです。

尾道市教育委員会『尾道の歴史と遺跡 原始~古代編』(2008)
尾道市教育委員会『尾道の歴史と遺跡 中世編』(2011)
尾道市教育委員会『尾道の歴史と遺跡 近世編』(2013)
児玉康兵『尾道の石造文化(1)』(2010)
児玉康兵『尾道の石造文化(2)』(2012)
海事都市尾道推進協議会『海をめぐる歴史と文化』(2011)
尾道市歴史文化まちづくり推進協議会『尾道の石造物と石工』(2017)
尾道市『尾道市歴史的風致維持向上計画』(2019)

尾道地図 
再び尾道の地図。主要な探訪ポイントを表示しています。

尾道の探訪は大雑把に6つのエリアに区分可能。
最も西に位置する竜王山(p.15)、
玄関口となるJR尾道駅(pp.13-14)、
海沿いの海岸通りと商店街(pp.3-5)、
千光寺山(pp.9-12)、西國寺山(pp.7-8)、浄土寺山(p.6)です。

先人達の探訪レポの構成を参考に、分かりやすさを重視してエリアとポイントを設定。尾道の一番詳しいレポを作る目的で探訪しました。流石に19ページは長すぎる気がするけど。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

千光寺山地図 
JR尾道駅~千光寺山~海岸通りの地図。とりえあず尾道駅と千光寺山エリアは後回しにして、海岸通りを探訪しながら東の浄土寺山に向かいます。やっぱり地図があると分かりやすい…ですよね?

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

曇り模様の尾道水道 海岸通りの突堤 
海岸通りの突堤 突堤のベンチ 
曇り空に萎えつつ、海沿いをぶらぶら。色んな作品に登場する突堤があります。

大林宣彦監督の映画の舞台として有名な尾道。尾道三部作の「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」、新尾道三部作の「ふたり」「あした」「あの、夏の日」の6作あり、三部作といっても繋がりはなく、それぞれ独立した作品になります。特に有名なのは「転校生」でしょうね。

邦画にはあまり興味なかったのですが、「かみちゅ!」の制作陣が大林作品を意識していること、尾道の古き良き情景が描かれているということで全部鑑賞。「転校生」と「さびしんぼう」は素晴らしい映画だった一方、他は好みに合わなかったです。(大林監督ゴメン)

アニメファン的には大林作品が合わなかったとしても、尾道を記録した貴重な映像であることは間違いありません。1982年の「転校生」から1999年の「あの、夏の日」まで17年間、新しくなったり、昔のままだったりする尾道の町並みを楽しめます。まあ、大林監督は尾道の近代化など望んでいないでしょうが……

晴れ模様の尾道水道 尾道の福本渡船フェリー乗り場 
海岸通りの突堤 突堤のベンチ 
2007年9月11日。相棒とともに高松港を出発して3日目。強行軍の果てに尾道に乗り込んできたところ。乗り場や突堤は「かみちゅ!」そのままです。

2005年に放送されたアニメ「かみちゅ!」。1980年代の尾道をモデルにした田舎町を舞台に、神様になった女子中学生の活躍を描いた名作です。尾道の情景をリアルに再現しているのが特に評判を呼び、アニメの舞台を巡る「聖地巡礼」の旅の代表例になりました。

「かみちゅ!」は80年代の青春映画を目指したそうで、大林作品を多分に意識したオマージュみたいなアニメです。有名なロケ地を多用しており、作画のレベルが非常に高い。TVでは12話、後のDVD/BDでは4話追加されて全16話に。本レポではDVD/BD準拠で進行します。

うるさく言いたくないけど念のため書いておくと、本来の「聖地巡礼」とは信仰に基づく宗教的な旅です。あるサイトではアニメの舞台を巡る旅を「舞台探訪」と呼び、私もその表現が気に入って舞台探訪と呼称することにしました。当サイトではサブカル的な「聖地巡礼」の表現は一切使用しておりません。

日の出前の尾道水道 日の出前の福本渡船乗り場 
日の出前の福本渡船乗り場 日の出前の福本渡船乗り場 
2017年9月10日。日の出前の福本渡船乗り場。この時間の尾道水道は静まり返っています。

日の出前の尾道水道 
2017年9月10日。朝焼けの尾道水道。美しいです。

「手づくりアイスクリーム からさわ」のベンチ 海岸通りの突堤 
「手づくりアイスクリーム からさわ」のベンチ 「手づくりアイスクリーム からさわ」のベンチ 
2017年9月10日。「手づくりアイスクリーム からさわ」のベンチ。突堤は2つあり、ベンチが並んでいるのは東のほう。絶妙な存在感で、海岸通りの名物になっています。

尾道水道の日の出 尾道水道の日の出 
2017年9月10日。日の出町…じゃなくて尾道の日の出。尾道大橋の向こうから朝日が昇ります。

尾道水道の日の出 福本渡船の「第拾五小浦丸」 
2017年9月10日。6時になるとフェリーが運転開始。1枚目は尾道渡船の「にゅうしまなみ」。2枚目は福本渡船の「第拾五小浦丸」です。千光寺山まで登ってもエンジン音が聞こえてきて、やっぱり尾道水道だな…とシャッターを切るのですね。

海岸通りの船着き場 通勤・通学で賑わう福本渡船 
尾道の福本渡船フェリー乗り場 通勤・通学で賑わう福本渡船 
2017年9月9日。朝の渡船は通勤・通学で賑わいます。ゆりえ様と光恵ちゃんは向島に住んでおり、毎日この渡船を利用して学校に通っていました。

福本渡船のゲート 福本渡船のゲート 
2017年9月9日。

作中では「日の出渡船」になっている福本渡船。最新の「第拾五小浦丸」が何度も登場しています。「神様御用達」とか「島へGoGo!」とは書いてないけど、ゲートや路面標示、待合所など見事に再現されています。桟橋の「スリップ注意」の標識もありました。

「かみちゅ!」の時代設定はイメージ的に80年代な感じ。作中で描かれている風景はアニメが制作された現代の尾道です。ロケを行った2000年代の町並みをベースに、高い建物を消したり、山手の民家を減らしたり、鉄道を単線にして田舎っぽく描いており、実際の80年代を厳密に再現しているわけではないです。

14話の新聞の日付は1984年(昭和59年)1月1日(金)。厳密な年代設定は1983~1984年ということになります。ちなみに現実の1984年1月1日は日曜日なのですが、そういう時代考証を追求する作品じゃないので、細かい設定は気にしないでください。

福本渡船の「第拾五小浦丸」 東御所通りから海岸通りへ 
海岸通りの船着き場 海岸通りの突堤 
2017年9月9日。

JR尾道駅(p.14)から東御所通りを抜けると海岸通り。船着き場の一角に福本渡船乗り場、東に突堤があります。「第拾五小浦丸」は昭和59年(1984年)に備後造船にて建造。福本渡船では一番新しい(30年前だけど)主力のフェリーです。

カメラはマニュアルのPENTAX SP。フィルムはFUJIFILM SUPERIA X-TRA 400(ネガ)。9月の補完探訪から突然フィルムの特性が分かってきました。ネガフィルムと色調補正フィルターを組み合わせて撮影すると、どんな風景でもレトロスペクティブに写るので重宝しています。

「かみちゅ!」の時代にはデジカメなんか存在せず、用途に応じてフィルムを使い分けるのが当たり前でした。賢吉さん(ゆりえ様の父親)は写真が趣味という設定。光恵ちゃんもポラロイドカメラを使っていて、マニアなら機種も分かります。

福本渡船の桟橋 海岸通りの風景 
福本渡船の桟橋 福本渡船の桟橋 
2019年4月13日。これもFUJIFILM SUPERIA X-TRA 400(ネガ)。種類によって写りや色合いは全然違いますから、自分に合ったフィルムを見つけましょう。

フィルム写真で最も重要なのは現像です。信頼できる店で現像してもらわなければなりません。以前使っていた近所の店はゴミが多くて品質が悪く、ある時、現像に失敗したものを渡されたことから、二度と使わなくなりました。酷い話です……

現像したフィルムをPCで見るにはスキャンも必要。デジタルデータに変換して液晶画面で見るフィルム写真は、原版とは写りや色合いが微妙に異なっている場合があります。とはいえ、スキャンしないと掲載できないのだから仕方ありません。そういう意味でも確実に現像・スキャンしてくれる店を求めるのです。

「手づくりアイスクリーム からさわ」のベンチ 突堤のベンチ 
突堤のベンチ 
2017年9月9日。突堤とベンチ。ベンチは「からさわ」のオーナーさんが補修して、長い間、ロケ地巡りの旅人に親しまれてきました。

「かみちゅ!」ではDVD2巻ジャケットの場所。ここでソーダ味のアイスキャンディーを食べるのが定番です。2話では夕日をバックに4人がベンチに座るシーンがあったり、6話ラストでは突堤先端に並んで座ってしたりして萌え。せっかくなのでゆりえ様のポジションに。

「あの、夏の日」のロケ地としても知られる突堤。おじいちゃんが向島に渡ろうとして海に飛び込む場所です。尾道水道は流れが速く、泳いで渡るのはオススメできません。大林監督の新尾道三部作の締めとなる映画にも関わらず、「ふたり」「あした」と比べると知名度は低いみたい。

海岸通りから岩屋山と兼吉の丘 
2018年3月31日。対岸の向島には岩屋山(pp.1-2)と兼吉の丘(p.18)。どちらに登っても尾道の町並みを見渡すことができます。

カメラはオートフォーカスのMINOLTA α8700i。フィルムはFUJIFILM Velvia 100(リバーサル)です。もっと鮮やかな風景写真を撮ってみたいと思い始めて、2018年からとうとうリバーサルフィルムに手を出しました。リアルな尾道を記録するのが一つの目的です。

Velviaは極めて鮮やかな色合いが特徴のフィルム。流石にアニメのようなクリアブルーは表現できません。なにか別のフィルムを試してみようか…と思っても、フィルムの種類は時代の流れで減り続けており、選べるほど残ってないです。悲しいね。

尾道水道の青い海と空 
2018年3月31日。尾道らしい突き抜けた青い海と空。全盛期は沢山の船が行き交っていた尾道水道。渡船乗り場の西には向島ドックのクレーンが並び、「かみちゅ!」でも再現されていました。

2019年に開港850年を迎える尾道。北前船や造船業の繁栄は過去の話になり、今では観光重視の町に。平成11年(1999年)のしまなみ海道開通に合わせて再開発が進められ、尾道駅周辺は、しまなみ海道の玄関口らしく作り変えられました。町の姿は時代の流れに合わせて変わっていくものですが、大々的な再開発に否定的な意見も根強いです。

観光だけでなく防災上の観点からも港湾整備は必要だし、昭和の風景をいつまでも残すのは限界があると思います。しかし観光ばかり重視して近代化すれば昔の姿は失われ、尾道港が発展してきた歴史が薄れていくのも事実です。ただ綺麗にすれば良いってわけじゃない。難しい問題です。

向島の福本渡船乗り場 向島ドックの乾ドック 
2017年9月9日。向島の福本渡船乗り場と向島ドック。大きな乾ドックとクレーンが印象的です。

海辺の小山は小歌島(おかじま)といいます。p.2で紹介したように、中世には宇賀島という小島。村上水軍の村上吉充が岡島城を築いたと伝わっており、尾道水道を行き交う船から通行税を徴収していたようです。ここに海賊が屯して、海上交通を取り仕切っていたのですね。

さて、尾道の造船について簡単に触れると…明治29年(1896年)、南の因島で土生船渠が設立。尾道と向島では戦前から戦後にかけて造船業が盛んになり、軍用艦艇の建造や捕鯨船の修理を行っていた時代もあります。今でも大小の造船所が並び、その代表が日立造船と向島ドック。尾道側から向島を眺めるとよく目立ちます。

小歌島に松場船渠が設立されたのは明治6年(1906年)。当時の小歌島はまだ小島で、陸続きではありませんでした。明治42年(1909年)には福本光蔵氏により福本渡船が開設。土堂~東富浜の白石を手漕ぎ船で運行したそうで、桟橋は別の場所にあったと思われます。

昭和4年(1929年)、松場船渠跡に杉原鉄工所が設立。昭和6年(1931年)、遂に周囲が埋め立てられ陸続きに。昭和8年(1933年)には小歌島灯台が設置されており、杉原鉄工所の時代に現在の姿に近づきました。

戦中は日産造船所に合併されますが、戦後、杉原造船所として再建。着々と規模を拡大し、平成4年(1992年)、社名を向島ドックに改めました。上述の通り尾道を代表する造船所です。

JFE商事造船加工の工場 
2017年9月9日。渡船乗り場の東にはJFE商事造船加工の工場。

以前は日立造船の向島西工場だったのが、平成15年(2003年)に拠点統合のため閉鎖され、向島の日立造船は向島東工場(p.6)のみとなりました。その後は映画「男たちの大和」のロケセットに活用されたりして、平成19年(2007年)からJFE商事の造船所として復活しています。

尾道と戦艦大和の不思議な関係。「かみちゅ!」に大和のエピソードがあったことと、向島に「男たちの大和」のセットが組まれたのは全くの偶然。撮影終了後、尾道市と尾道商工会議所の偉い人の要望により、原寸大セットが観光客向けに開放されて大盛況となりました。「かみちゅ!」ファンが大和を訪れたレポも多かったです。

尾道市が映画を利用して観光客を集めた一方、そのような商法を厳しく批判したのが大林氏でした。氏は尾道を訪れる人にありのままの姿を楽しんでほしくて、映画の記念碑やロケセットの類を残すことに反対してきた立場。最近の尾道がやたらと観光地化されていることへの不満もあって、大和の一件の際、古い尾道を残すことの大切さを語っています。

福本渡船の「第拾五小浦丸」 尾道の福本渡船フェリー乗り場 
海岸通りの船着き場 海岸通りの船着き場 
2018年3月31日。

「さびしんぼう」の冒頭で語られたように、初めて訪れても何故か懐かしいと感じる尾道。海岸通りは見違えるほど現代的に整備されましたが、渡船乗り場は僅かに昔の雰囲気を残しています。その面影を探すのが探訪なのですね。

私が大林作品で一番好きな「さびしんぼう」。フィルムカメラと写真が物語の重要なアイテムだし、自転車で渡船を利用するシーンが多くて尾道度が高い。就航したばかりの「第拾五小浦丸」が登場するなど、物語の良さ以外にも見どころが多いです。

エンドロールは断然、富田靖子さんが歌うバージョン。あれって福本渡船の宣伝みたいな映像ですよね。たまに見返したくなるぐらい好きだけど、万人向けではないかな……

曇り模様の尾道水道 曇り模様の尾道水道 
海岸通りの船着き場
海岸通りの船着き場 
2017年9月9日と2019年4月13日。フィルムで撮影すれば昭和っぽくなります。

「転校生」では雑然とした船着き場の様子が映っていて、昭和から平成にかけてすっかり様変わりしたことに驚きます。江戸から昭和の時代には生活感あふれる情景のあった海辺。もう殆ど消え去ったけど、探し回れば面影が見つかります。この風景が全て消滅する前に記録しておきたい。

尾道水道に架かる虹 尾道水道に架かる虹 
2019年12月14日。通り雨の後、尾道水道に虹が架かりました。こういうシャッターチャンスを逃してはなりません。

福本渡船の「第拾弐小浦丸」 福本渡船の「第拾弐小浦丸」 
2019年4月13日。夕暮れ時の尾道水道。こちらは福本渡船の「第拾弐小浦丸」です。

主力の「第拾五小浦丸」の先輩として、昭和41年(1966年)建造の「第拾壱小浦丸」、昭和46年(1971年)建造の「第拾弐小浦丸」があり、一回り大きく、中二階の船室を備えているのが特徴。どちらも福本造船で造られた古株のフェリーです。

福本渡船(p.2)は以前のようにフル操業しておらず、主力の「第拾五小浦丸」以外の2隻は稼働率が低下気味。「さびしんぼう」や「かみちゅ!」の時代には現役だったのが、最近では向島の備後造船(p.17)に係留されていることが多くなり、あまり運行している姿を見かけません。珍しかったので撮りました。

夕暮れ時の尾道水道 突堤のベンチ 
突堤のベンチ 夕暮れ時の尾道水道 
2019年4月13日補完分の突堤。2018年にベンチが3代目に交替しました。海岸通りだけでも色んな表情がありますね。

尾道渡船

尾道渡船の「にゅうしまなみ」 尾道の尾道渡船フェリー乗り場 
尾道渡船の「にゅうしまなみ」 備後商船のフェリー「百風」 
2017年9月9日。海岸通りを東に進むと尾道渡船フェリー乗り場。平成15年(2003年)に就航した「にゅうしまなみ」です。尾道渡船は向島側の乗り場とともにp.18で詳しく補完しました。そちらからどうぞ。

4枚目は備後商船のフェリー「百風」。向島に乗り込む際に利用した常石港~尾道港の船。1日8便あって尾道駅前桟橋(p.14)に着桟しますので、海岸通りで写真を撮っているとよく見かけます。

夜の尾道渡船 夜の福本渡船 
夜の尾道水道 夜の尾道水道 
2017年9月9日。日の出前から撮り始めて夜の尾道水道。街燈に照らされた尾道大橋と海岸通り、夜でも忙しい渡船。向島ドックのクレーンがカラフルにライトアップされて綺麗です。

カメラは工事現場用のコンデジ、RICOH G800。ISO100モードで三脚とセルフタイマーを併用すれば一応撮れます。別にリバーサルフィルムの写りと比べるつもりはありませんし、こんなのも意外と良いです。
次ページ、海岸通りから商店街に入ります。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。