東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社展望地福本渡船
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

大元神社

岩屋山の大元神社 
引き続き向島の岩屋山を探訪。次は山頂に鎮座する大元神社へ。

大元神社前 大元神社前 
大元神社の一の鳥居 大元神社から向島の眺望 
2019年12月15日。日の出前から大元神社の入口にやってきました。岩屋山ミステリーツアー(p.1)の入口の先にあります。

大元神社の参道 大元神社の参道 
2019年12月15日。一の鳥居をくぐって参道へ。

大元神社の二の鳥居 
大元神社の注連柱 大元神社の注連柱 
2019年12月15日。二の鳥居と宣揚文が刻まれた注連柱。

大元神社の参道 普明光の歌碑 
2019年12月15日。右手には稲荷参道。当山の開祖である普明光の歌碑もあります。

稲荷参道の鳥居 稲荷神社 
稲荷神社 
2019年12月15日。稲荷参道を進むと稲荷神社が並んでいました。

大元神社の参道 大元神社の境内 
大元神社の拝殿 
拝殿にて参拝。独特の世界観を感じました。

大元神社の境内 大元神社の境内 
大元神社の手水舎 大元神社の由緒 
2019年12月15日。神仏習合の民間信仰に基づく大元神社。四国の霊場を巡礼していた普明光の身に奇跡が起き、以来、弘法大師を崇敬して厳しい修行に入ったそうです。そういった霊験から生まれた民間信仰は色々ありますね。

社としての創建は昭和44年(1969年)のこと。普明光が岩屋山で修行をしていた昭和39年(1964年)、大元大御神が降臨し、神託により山を開いて社殿を造営。『古事記』と『日本書紀』に記された天孫降臨になぞらえ、「第二の高千穂」と称しています。

大元神社の拝殿 大元神社の拝殿 
2019年12月15日。朝日に照らされて輝く拝殿。

主祭神は大元大御神。天地開闢の際に生まれた天常立尊、国常立尊、国産み・神産みの夫婦神である伊邪那岐命、伊邪那美命、高天原の主宰神にして皇祖神の天照大御神。五柱の神様の総称であります。御支配神として開祖を導いた普明光りょうしつ命、相殿には大山祗命と素盞嗚尊もお祀りされています。

春日大明神 春日大明神の由緒 
2019年12月15日。本殿周辺には数多くの末社が鎮座。この社は春日大明神。武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神をお祀りしています。

大元神社の石仏 大元神社の石仏 
2019年12月15日。神仏習合らしく石仏も並んでいました。

大元大明神 大元大明神の由緒 
朝日に照らされる岩屋山山頂 
2019年12月15日。大元大明神。市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命をお祀りする社です。地形的には本殿後背が岩屋山山頂(102m)になります。

豊受大神 豊受大神の由緒 
2019年12月15日。豊受大神をお祀りする社です。

最上稲森大明神 最上稲森大明神の由緒 
大元神社から松永市街の眺望 
2019年12月15日。最上稲森大明神をお祀りする社。北東には福山の松永市街が見えます。

倭姫命と宗像大神を祀る社 倭姫命の由緒 
2019年12月15日。倭姫命と宗像大神をお祀りする社。大神山(岩屋山)は倭姫命の終焉の地との伝説も。

宗像大神 宗像大神の由緒 
2019年12月15日。宗像大神。市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命をお祀りしています。

岩屋山の磐座 
2019年12月15日。宗像大神の後背に磐座がありました。古来、神様が鎮座され祭祀が行われた場所とのこと。神域のため立入禁止です。眺望目的で入らないように。

岩屋山の磐座 
「神行濯心」と刻まれた磐座 「眞神」と刻まれた磐座 
2019年12月15日。尾道水道の展望地へ。「眞神」や「神行濯心」と刻まれた磐座。ここは信仰の山です。

展望地

岩屋山の展望地 岩屋山から尾道水道の眺望 
展望地。いきなり曇ってきました。

尾道水道の対岸には尾道の町並みが広がります。山と海に挟まれ、東西に細くて長いのが尾道の特徴。広大な瀬戸内海の一角に位置する天然の良港であり、海上交通の要衝として発展してきた歴史があります。この風景は、長い歴史の積み重ねなのですね。

歴史的には備後国御調(みつぎ)郡に属した尾道。「尾道」という地名は「山の尾の道」に由来するらしく、平安時代中期、永保元年(1081年)の『西國寺文書』に「備後州御調郡尾道浦」と記されているのが最古の資料になります。以下、尾道の歴史を簡潔に紹介…興味ない人は読み飛ばしていいよ。

古代の尾道の様相は不詳と言わざるを得ません。最古の寺院とされる浄土寺は飛鳥時代の推古天皇24年(616年)、聖徳太子によって開かれたと伝わり、一定規模の集落や街道が遅くとも平安時代までには形成されていたと想像できます。瀬戸内の漁村の一つだったのでしょうね。

それから時代は流れ、平安時代末期の永万2年(1166年)。平重衡が北部の世羅郡の荘園、大田庄を後白河法皇に寄進。年貢米を京の都に積み出すための倉敷地(蔵・港)が必要になり、嘉応元年(1169年)、尾道村が正式に倉敷地と指定されました。これが尾道開港…大袈裟に言うと海運都市の始まりです。

文治2年(1186年)に大田庄が高野山に寄進されると、津料(関税)を徴収するなど独立した商業港として発展し、まもなく有力な海運業者や商人が登場するようになります。足利氏、山名氏、村上氏といった有力者が存在感を高め、遣明船の寄港地になったり古寺が中興されるなど、中世にかけて繁栄の礎が築かれました。

江戸時代になると浅野氏の広島藩の領地に。寛永15年(1638年)には中心市街が尾道町になりました。町内を東西に抜ける西国街道、南北を結ぶ銀山街道が整備。そして蝦夷~下関~大坂の西廻り航路が開拓されたことで、尾道は北前船の寄港地、街道上の宿場町として発展。これが歴史上の全盛期だったと思います。

尚、江戸時代の海岸線はもっと内陸側にあり、港湾・商業地区を確保するための埋め立てが行われました。寛保元年(1741年)に住吉浜を整備した第13代尾道町奉行、平山角左衛門は今でも偉人として高く評価されています。ここまで書いてきた内容は次ページ(p.3)から実際に訪れて紹介しておりますので。

明治維新後、廃藩置県で広島藩は消滅。安芸国と備後国が統合されて広島県御調郡の尾道町に。明治31年(1898年)には御調郡から独立して尾道市が誕生。広島県内では、広島市に次いで2番目となる市制施行でした。急激な近代化の中、市内を横断する形で山陽鉄道が整備され、山側に古寺と民家が密集、海側には港湾・商業地区という、映画やアニメでお馴染みの独特の情景が生まれました。

尾道と向島では戦前から戦後にかけて造船業が盛んになり、昭和の尾道水道は造船所や連絡船で賑わっていたようです。しかし全盛期は過ぎ去り、尾道水道を行き交う船はすっかり減少。現在では北前船の歴史を持つ観光都市としての整備が進み、昭和の古き良き面影は少しずつ姿を消しています。かなり端折って紹介しましたよ。

岩屋山の展望地 尾道三山パノラマビューの案内板 
2019年12月15日。快晴の日を狙って再訪しました。尾道三山を概観するには最も適した展望地。渡船乗り場から遠いけど登ってみてください。

尾道地図 
こちらが尾道の地図。主要な探訪ポイントを表示しています。

尾道の探訪は大雑把に6つのエリアに区分可能。
最も西に位置する竜王山(p.15)、
玄関口となるJR尾道駅(pp.13-14)、
海沿いの海岸通りと商店街(pp.3-5)、
千光寺山(pp.9-12)、西國寺山(pp.7-8)、浄土寺山(p.6)です。

千光寺山・西國寺山・浄土寺山は尾道三山と呼ばれており、岩屋山の古代信仰に関係あるとかなんとか。これは別にいいです。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

岩屋山から尾道水道の眺望 岩屋山から尾道水道の眺望 
2019年12月15日。朝日に照らされた尾道の町並み。ここから見える大部分を撮り歩きました。以下、代表的なエリアを概観してみましょう。

西の千光寺山(136.6m)エリア。海岸通りの住吉浜には住吉神社(p.5)が鎮座。商店街とJR山陽本線の向こうに天寧寺と三重塔(p.9)。「かみちゅ!」の舞台になった艮神社や猫の細道もあります。中腹に千光寺(p.10)、山頂には千光寺公園(p.11)が整備。西端に尾道城が存在しています。

中央の西國寺山(116m)エリア。海岸通りに市役所の旧庁舎と新庁舎(p.5)。商店街と山陽本線の向こうに西國寺(p.7)があります。周辺には「かみちゅ!」の舞台の御袖天満宮(p.8)のほか、亀山八幡宮も鎮座しています。

ここには写ってないけど…東に浄土寺山(178.5m)エリア。海沿いの山陽本線をくぐると浄土寺(p.6)。中腹に「かみちゅ!」の一橋ゆりえ邸、山頂には浄土寺奥の院があります。

カメラはオートフォーカスのMINOLTA α8700i。フィルムはFUJIFILM Velvia 100(リバーサル)を使用。尾道は横に長く、こういう場面では広角レンズが必須。p.16には展望地から撮影した夜景を掲載しています。

岩屋山から尾道水道の眺望 岩屋山から尾道市役所の眺望 
2019年12月15日。

向島側、西には尾道渡船乗り場と兼吉の丘。展望地の真下には造船所が並びます(p.18)。対岸には完成間近の市役所の新庁舎(p.5)。新旧の庁舎が並ぶ風景は今しか撮れません。

尾道駅が新しくなり、市役所はもうすぐ新庁舎に交替。そういえば尾道渡船乗り場のパチンコ屋が消えていました。2年半かけて探訪するうちに平成から令和へと変わった風景。いつまでも昭和の尾道ではなく、新しくなっていくのを感じます。それが良いのか悪いのか…部外者には何とも言えない。

カメラはマニュアルのPENTAX SP。フィルムはLomography Color Negative 400(ネガ)。一部の風景を切り取る時は標準レンズが適しています。カメラとフィルムは用途に応じて使い分けましょう。

岩屋山を下って渡船乗り場へ 
0840、岩屋山を下って尾道へ。

向島のR317 福本渡船乗り場へ 
R317に合流して福本渡船乗り場に向かいます。近代化され、コンビニやスーパーがある普通の町並み。富浜橋交差点を北に進みます。

渡船地形図 
向島~尾道の渡船乗り場の地形図。ひとまず福本渡船を利用して尾道へ直行。駅前渡船と尾道渡船はp.18で補完しています。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

福本渡船

福本渡船フェリー乗り場へ 向島の福本渡船フェリー乗り場 
向島の福本渡船フェリー乗り場 
0855、福本渡船フェリー乗り場。思い出の場所に戻ってきました。

「瀬戸内ツーリング I」の道中 「瀬戸内ツーリング I」の道中 
「瀬戸内ツーリング I」の道中 「瀬戸内ツーリング I」の道中 
……もう10年前の2007年。9月9~12日にかけて「瀬戸内ツーリング I」を決行。相棒とともに実施した初めてのロングツーリングでした。まだ一人は心許なく、ビギナー二人の珍道中みたいな旅。本当に思い出深いから長々と語らせてください。

2005年に放送されたアニメ「かみちゅ!」にハマり、先人達の舞台探訪レポに影響を受けて尾道を目指した旅。
ジャンボフェリーで兵庫県の神戸港から香川県の高松港に上陸。四国北部を走り、愛媛県の今治からしまなみ海道を一直線に快走。しょぼいクロスバイクと装備で必死に走った日々が思い出されます。ここから私の旅が始まりました。(淡路島とかもあるけど)

向島の福本渡船フェリー乗り場 向島の福本渡船フェリー乗り場 
2007年9月11日。高松港に上陸してから3日目、遂に向島に入りました。

p.1で書いたように、尾道大橋は自転車の通行に適しません。しまなみ海道を走るサイクリストには渡船が推奨されています。福本渡船で尾道に渡るのは「かみちゅ!」の探訪の定番コース。ゆりえ様と光恵ちゃんが利用する「日の出渡船」のモデルです。

所々剥がれているトタン屋根とか、料金所とか、古き良き情景をしっかり再現しているのが見どころ。「福本渡船 尾道⇔向島フェリーのりば」と書かれた看板、作中では「日の出渡船 日の出町⇔向島フェリーのりば」でした。尾道の地名は登場しないけど、向島はそのまま使われてるのね。

ゆりえ様と光恵ちゃんがヘルメットを着用しているのも萌えポイント。実際のところ、ヘルメットは衝撃から頭部を守る大切な保護具です。義務ではありませんがサイクリングの際は着用してください。これについては安全意識の問題だと思います。

福本渡船の桟橋 福本渡船の「第拾五小浦丸」 
備後商船の「フェリーびんご」 
同じく2007年9月11日。相棒が撮った写真も使わせてもらう。

「かみちゅ!」の探訪にピッタリな青空の下、「第拾五小浦丸」に乗って尾道に向かいました。アニメで描かれた風景が目前に迫り興奮しっぱなし。この時の達成感がキャンプツーリングの旅に繋がり、3年後の2010年には再び尾道を訪れます。

3枚目の写真は備後商船の「フェリーびんご」。平成27年(2015年)に老朽化のため「百風」に交替。現在は三洋汽船の「さんよう」として運行されています。瀬戸内の旅でフェリーの素晴らしさを実感して以来、各地のツーリングでフェリーを多用しています。

向島の福本渡船フェリー乗り場 向島の福本渡船フェリー乗り場 
そして2017年の福本渡船フェリー乗り場。他の航路が廃止される中、まだまだ現役の福本渡船。明治42年(1909年)、福本光蔵氏が開設したのが始まり。当初は手漕ぎ船で、他の航路もありましたが後に縮小。現在では尾道の土堂~向島の小歌島を結びます。

初めて尾道を訪れてから10年。ボロボロだったトタン屋根が全部剥がれて骨組みだけに。リニューアルすると各方面のファンから不興を買いそうだし、補修しないほうがいいかもしれませんね。費用も結構かかりそう……

フィルムはFUJIFILM SUPERIA X-TRA 400(ネガ)。実際の風景よりも古そうな雰囲気の写真になっています。こうしてフィルム写真を多用するようになったのは最近の話。というか尾道を探訪する中でフィルムの良さに気付きました。

福本渡船乗り場へ 小歌島橋 
2019年12月15日。富浜橋交差点から福本渡船乗り場へ。小歌島橋を渡ると競合の駅前渡船乗り場。こちらはp.18で補完しています。

福本渡船の運行時間変更のお知らせ 
2019年12月15日。福本渡船は毎日0600~2200まで運行していたのが、2019年から減便して月曜~土曜日に0630~2010まで。日曜日は運休するため駅前渡船を利用してください。

※フェリーの運賃・時刻表・航路は度々改正されます。レポに記載している情報は古くなっていることがありますので、必ず最新の運賃・時刻表・航路を確認した上で訪れてください。

福本渡船乗り場へ 
2019年12月15日。左に向島ドック。右にJFE商事造船加工の工場。映画「男たちの大和」のロケセットがあったところ。この水路は駅前渡船の航路になっています。

向島の小歌島 向島の小歌島 
2019年12月15日。向島ドック裏の高台は小歌島(おかじま)。

中世には陸続きではなく、宇賀島という小島でした。村上水軍の村上吉充が岡島城を築いたと伝わっており、尾道水道を行き交う船から通行税を徴収していたようです。昭和6年(1931年)、周囲が埋め立てられ陸続きになりました。

現在は私有地になっており立入禁止。史跡の案内板もなく忘れ去られようとしています。「かみちゅ!」の舞台を探して入り込まないように。作中に登場する向島の高台は兼吉の丘(p.18)です。

向島の福本渡船フェリー乗り場 旅館「河野温泉」 
2019年12月15日。乗り場の前には旅館「河野温泉」があります。「かみちゅ!」で描かれた乗り場付近は改変されており、別の場所で撮った古い民家が書き加えられていました。こういう話題はBDのコメンタリーで聞けます。

向島の福本渡船フェリー乗り場 向島の福本渡船フェリー乗り場 
向島の福本渡船フェリー乗り場 桟橋に係留された福本渡船の「第拾五小浦丸」 
2019年12月15日。この日は日曜日だったので渡船はお休み。人手不足とか色々な事情があるみたいです。

さて、福本渡船は「かみちゅ!」より昔、大林宣彦監督の映画「さびしんぼう」に登場しました。「かみちゅ!」には大林作品のロケ地がよく使われていますが、当時はアニメしか興味なくて、後から全作観てロケ地を再発見。というわけで、本レポでは大林作品までカバーしています。色んな要素を付け足すのは大変だ。

福本渡船の桟橋 福本渡船の桟橋 
桟橋へ。運賃は自転車込みで70円です。フェリーは尾道~向島をピストン運行しており、乗り過ごしてもすぐに次の便が戻ってきます。鉄道やバスより気軽に利用できますね。

福本渡船の「第拾五小浦丸」 福本渡船の「第拾五小浦丸」 
0911、「第拾五小浦丸」がやってきました。曇り空で盛り上がらないのは諦めましょう。
次ページ、尾道に上陸します。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。