東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船尾道渡船呼子浜の待合所兼吉の丘神原造船
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月29日(土) 3日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

駅前渡船

駅前渡船乗り場へ 小歌島橋 
2019年12月15日。R317の富浜橋交差点を北に進んで渡船乗り場へ。直進すると福本渡船、小歌島橋を渡ると駅前渡船です。

尾道水道の連絡には渡船が欠かせません。地元の車、自転車、徒歩の乗客が毎日利用し、全盛期には9つの航路が繁盛していたそうです。

しかし昭和43年(1968年)に尾道大橋が開通すると、利用者が減少して経営が成り立たなくなり、航路が縮小。現在では福本渡船・駅前渡船・尾道渡船が存続しています。

渡船乗り場地形図 
向島~尾道の渡船乗り場の地形図。福本渡船はp.2で探訪しておりますので、このページでは駅前渡船と尾道渡船を補完。兼吉の丘と呼子浜の待合所も訪れます。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

駅前渡船の「むかいしま-I」 駅前渡船の「むかいしま-I」 
駅前渡船の「むかいしま-I」 向島の駅前渡船フェリー乗り場 
2019年12月15日。水路奥の乗り場に入る駅前渡船の「むかいしま-I」。奥のクレーンはJFE商事造船加工の施設(p.3)です。

駅前渡船の開設は昭和21年(1946年)のこと。その名の通りJR尾道駅前(p.14)~向島の東富浜を結びます。保有するフェリーは同型の「むかいしま-I」と「むかいしま-II」。個人的にはイマイチなデザインです。

向島の駅前渡船フェリー乗り場 
向島の駅前渡船フェリー乗り場 駅前渡船の船舶運航表 
2019年12月15日。JFE横の駅前渡船フェリー乗り場。

毎日0600~2210まで運行しており、運賃は徒歩の場合100円、自転車込みで110円。しまなみ海道を走るサイクリストの使用率が高いです。私は「かみちゅ!」と「さびしんぼう」に登場する福本渡船派。駅前渡船に乗ったのは1回しかありません。

※フェリーの運賃・時刻表・航路は度々改正されます。レポに記載している情報は古くなっていることがありますので、必ず最新の運賃・時刻表・航路を確認した上で訪れてください。

向島の駅前渡船フェリー乗り場 
駅前渡船の桟橋 駅前渡船の桟橋 
2019年12月15日。「むかいしま-I」に乗船して尾道へ。徒歩&自転車オンリーの小ぶりな船体。バイクと自動車は利用できません。

駅前渡船で向島から尾道へ 駅前渡船で向島から尾道へ 
2019年12月15日。もうすぐ解体される尾道城(p.11)を眺めつつ尾道へ。競合する福本渡船の「第拾五小浦丸」とすれ違いました。

駅前渡船で向島から尾道へ 尾道の駅前渡船フェリー乗り場 
尾道の駅前渡船フェリー乗り場 尾道の駅前渡船フェリー乗り場 
2019年12月15日。15時過ぎ、尾道に戻ってきました。尾道水道は数分で渡ることができます。

尾道の駅前渡船フェリー乗り場 駅前渡船乗り場から尾道駅 
2019年12月15日。尾道側の駅前渡船フェリー乗り場。下船するとロータリーの北に尾道駅があります。この後、市街を補完してから帰途に着くのでした。

尾道渡船

尾道渡船の「にゅうしまなみ」 備後商船のフェリー「百風」 
尾道渡船の「にゅうしまなみ」 尾道の尾道渡船フェリー乗り場 
2017年9月9日。最後は尾道渡船を紹介しましょう。尾道渡船フェリー乗り場は海岸通り(p.3)、福本渡船乗り場より東に位置しています。

尾道渡船の前身は兼吉渡し。江戸時代後期に登場した尾道水道最古の渡船で、寛政~文化年間(1789~1817年)頃の開設と伝わります。尾道の土堂~向島の兼吉を結ぶことから「兼吉渡し」と呼ばれ、当初は手漕ぎ船だったのが大正11年(1922年)に発動機船に。

昭和28年(1953年)には公営化されて公営渡船になり、昭和43年(1968年)の尾道大橋開通の影響で民営化が決定。昭和59年(1984年)からは尾道渡船として運営されています。競合の福本渡船・駅前渡船の航路から離れており、一番安定した印象の渡船です。

尾道渡船の「第一しまなみ」 尾道の尾道渡船フェリー乗り場 
尾道渡船の「にゅうしまなみ」 尾道渡船の「にゅうしまなみ」 
2017年9月9日補完分の尾道渡船乗り場。

1枚目は「第一しまなみ」です。昭和61年(1986年)に神原造船で建造され、しまなみフェリー(岸本渡船)で運行されました。平成20年(2008年)の岸本渡船の廃止に伴い、尾道渡船に移籍しています。

3~4枚目は主力の「にゅうしまなみ」。因島の石田造船で建造され、平成15年(2003年)に就航。船体に書かれた「おのみち浪漫海道」が特徴のフェリーです。4枚目の写真が特に好き。

尾道渡船の「にゅうしまなみ」 尾道渡船の「にゅうしまなみ」 
備後商船のフェリー「百風」 尾道渡船の「にゅうしまなみ」 
2018年3月31日。「にゅうしまなみ」に乗って向島へ。正面に見える小山が兼吉の丘(53m)です。

毎日0600~2230まで運行しており、運賃は徒歩の場合100円、自転車込みで110円。向島で夕暮れ時の尾道を撮ってから尾道に渡り、尾道で夜景を撮ったら今度は向島に渡って夜景撮影…みたいに行き交うプランも可能です。

「かみちゅ!」に登場するのは福本渡船ですが、作中の遠景では尾道渡船も時々写り込んでいます。8、9話では向島側の乗り場周辺が登場しているため、補完探訪の際は福本渡船より多く乗っていたり。この渡船、かなり気に入りました。

3枚目は備後商船のフェリー「百風」。向島に乗り込む際に利用した常石港~尾道港の船。1日8便あって尾道駅前桟橋(p.14)に着桟しますので、海岸通りで写真を撮っているとよく見かけます。

尾道の尾道渡船フェリー乗り場 尾道渡船で尾道水道を渡る 
尾道渡船で尾道水道を渡る 尾道渡船の「にゅうしまなみ」 
2019年12月14日。夕暮れ時に尾道水道を渡りました。私のような旅人以外は地元の人ばかり。乗客と係員はみんな知り合いみたいです。

尾道渡船の「第一しまなみ」 
2017年9月9日。曇り空。これもいい感じだから掲載しとこう。

尾道渡船で向島に上陸 尾道渡船で向島に上陸 
2018年3月31日。向島の兼吉に渡ったところです。

向島は「むかいしま」と読みます。何故か「むこうじま」と誤って読まれることが多く、「かみちゅ!」のコメンタリーでも「むこうじま」でした。尾道の向かいの島だから向島は「むかいしま」です。間違えないでください。

呼子浜の待合所

呼子浜の待合所のロケセット 大林宣彦監督作品のロケ地マップ 
2018年3月31日。 渡船乗り場の前にあるバス停。大林宣彦監督の映画「あした」で使われた、呼子浜の待合所のロケセットが保存されています。相馬宏充氏が描いたロケ地イラストマップもありました。

大林監督は映画の記念碑を立てない主義。向島に組まれた「男たちの大和」のロケセットが尾道市の要望で観光客向けに有料で公開された際、そのような商法を厳しく批判したことで知られています。

こうして大林監督のセットが残されているのは珍しい。大和みたいにお金を取らないならOKということでしょうか。いずれにせよ、向島の貴重な文化財の一つになっています。

呼子浜の待合所のロケセット 呼子浜の待合所のロケセット 
呼子浜の待合所のロケセット 呼子浜の待合所のロケセット 
2018年3月31日。呼子浜の待合所。

「あした」では向島南部の浜にセットを作り、撮影終了後、北部の兼吉に移築されたとのこと。「三高汽船のりば」の看板、「呼子浜港」の浮き輪。内部には入れませんが劇中の雰囲気そのままです。

ちなみに、呼子浜が存在するのは御調島という設定。かつて尾道・向島が属した御調郡にちなんだ島名です。

尾道渡船乗り場から尾道水道 呼子浜の待合所のロケセット 
向島の尾道渡船フェリー乗り場 向島の尾道渡船フェリー乗り場 
2017年9月9日。尾道渡船乗り場と呼子浜の待合所。以前は撮影に使用された「呼子丸」が係留。老朽化のため平成12年(2000年)に沈没し、後に解体されて現存していません。

「あした」の物語の殆どは呼子浜で進行し、尾道らしい風景はそれほど多く登場しませんでした。群像劇としては結構いい線いってると思うんですけど、露骨に性的な描写があって個人的には受け付けない。それが無ければ良作です。

尾道渡船乗り場の周辺 尾道渡船乗り場から尾道水道 
2018年3月31日。乗り場周辺を散策。対岸には、これまで紹介してきた尾道の町並み。意外と背が高い建物が並ぶ海岸通り(pp.3-5)。その後背に千光寺山(pp.9-12)があります。

尾道渡船の「にゅうしまなみ」と「第一しまなみ」 向島の瀬尾ろ工作所 
尾道渡船乗り場から尾道水道 向島の瀬尾ろ工作所 
2017年9月9日と2018年3月31日。

海岸通りには住吉神社や尾道市役所があり、後背に西國寺山(pp.7-8)や浄土寺山(p.6)が控えます。この補完探訪の際、まだ市役所の新庁舎はありませんでした。

「ろ」と掲げられた建物は瀬尾ろ工作所。和船の櫓を手作りする日本で唯一の工房です。「かみちゅ!」8話では、猫の楽園に向かう場面で登場。9話、ゆりえ様が戦艦大和と通信する際にも描かれました。船着き場の様子がよく再現されています。

兼吉の丘

知恵の文殊菩薩 知恵の文殊菩薩 
2018年3月31日。乗り場の西にある兼吉の丘。

麓には知恵の文殊菩薩が鎮座しています。江戸時代後期の天明7年(1787年)の願文によると、冨浜八番浜の七十屋貞右衛門が冨浜庄屋の源右衛門に宛て、渡場磯辺の文殊菩薩の建立を申し入れたことが分かっています。
兼吉は200年以上前から渡し場だったのですね。

尾道渡船の前身となる兼吉渡しの開設は、寛政~文化年間(1789~1817年)頃と伝わります。それ以前より尾道水道の往来自体は存在したはずだし、天明7年には既に何らかの渡船があったのでしょう。

知恵の文殊菩薩 
秀山荘への坂道 日立造船の保養所「秀山荘」 
2017年9月9日。猫ちゃんに導かれて兼吉の丘へ。入口には日立造船の保養所「秀山荘」の門。丘そのものは関係者以外でも登ることができます。

尾道と向島では戦前から戦後にかけて造船業が盛んになり、軍用艦艇の建造や捕鯨船の修理を行っていた時代もあります。向島には日立造船の工場が2箇所あり、島を代表する造船所に。兼吉の丘の向島西工場(p.3)、尾道大橋の向島東工場(p.6)です。この辺りの施設は対岸の尾道から紹介しました。

工場の周辺には関係者の宿泊施設も整備され、昭和の全盛期は活気あふれる町並みがあったと思われます。向島西工場は平成15年(2003年)に拠点統合のため閉鎖され、平成19年(2007年)からJFE商事造船加工の工場として復活。向島東工場が日立造船の向島唯一の工場になりました。

日立造船の保養所「秀山荘」 兼吉の丘へ 
兼吉の丘からの眺望 兼吉の丘 
2017年9月9日。坂を登って秀山荘前を左折。草だらけの山道を登ると兼吉の丘です。あいにく曇り空だったので再補完することに。

尾道やすらぎの宿「しーそー」 尾道やすらぎの宿「しーそー」の案内板 
尾道やすらぎの宿「しーそー」 尾道やすらぎの宿「しーそー」の看板 
2018年3月31日と2019年12月14日。日立造船の秀山荘は平成29年(2017年)夏で営業終了。その年の冬、尾道やすらぎの宿「しーそー」として復活しました。尾道だけでなく、対岸の向島もどんどん新しくなっていくのを感じます。

「しーそー」に至る坂道 兼吉の猫 
坂道から尾道渡船乗り場 
2018年3月31日。門をくぐって坂道を登ります。この坂は「かみちゅ!」9話で大和を見送る場所。すぐ下に尾道渡船乗り場が見えます。

兼吉から尾道水道の夜景 尾道大橋から昇る満月 
2019年12月14日。尾道水道の夜景。尾道大橋の向こうからゴールドの月が昇りました。

兼吉の丘の桜 
2018年3月31日。坂の途中に広場があります。桜の季節ということで宴会をやってました。千光寺公園(p.11)と違って全然観光客がいません。

兼吉の丘の桜と尾道水道の眺望 兼吉の丘の桜と尾道市街の眺望 
兼吉の丘の桜と尾道水道の夕暮れ 兼吉の丘の桜と尾道市街の夜景 
2018年3月31日と2019年4月13日。満開の桜越しに尾道の町並みを撮りました。

3枚目、西に沈む夕日に照らされる尾道水道。4枚目、海岸通りの明かりが反射する尾道水道。フィルムはFUJIFILM Velvia 100(リバーサル)。どれも風情があって美しいです。

「しーそー」の入口 
2018年3月31日。坂を登りきると「しーそー」の入口。ここで左折すると兼吉の丘に通じます。

兼吉の丘へ 兼吉の丘へ 
2018年3月31日。路地に入って農地の間を抜けていきます。初めて訪れた時は入口が分からず迷いました。

兼吉の丘へ 兼吉の丘から尾道水道の眺望 
2018年3月31日。丘を登ります。草が刈られて道が分かりやすくなっていました。綺麗に手入れしていただきありがとうございます。

兼吉の丘の頂上 兼吉の丘の頂上 
2018年3月31日。標高53m、兼吉の丘の頂上に到着しました。頂上には石碑があり、周囲は畑になっています。1本だけ桜が咲き誇っているのが絶妙の見どころ。

この丘は「かみちゅ!」2話に登場。八島様捜索の際にゆりえ様達が向かった「神様ご休息センター」の入口が存在する場所です。作中では福本渡船乗り場の上の高台(p.2)に見えますが、モデルになったのは尾道渡船乗り場の上の兼吉の丘です。

「神様ご休息センター」の祠は存在せず、別の場所で撮ったものを書き加えたとのこと。ここで探し回っても神様の世界には行けないですよ。あと、作中と同じく藪蚊が多いから対策を怠らないように。

兼吉の丘の石碑 「龍王神」と「椙原八幡宮元宮旧蹟」の石碑 
2017年9月9日。「あした」のワンシーンにも登場し、ロケ地の案内板が設置されています。

石碑に刻まれた文字をよく見ると、左は「龍王神」、右は「椙原八幡宮元宮旧蹟」。「かみちゅ!」でも少し改変されて登場しました。

龍王神の石碑は高見山(p.17)にもありました。重複して紹介すると…向島には各地区に龍王山があり、渇水期には山頂で雨乞いのお祭りを行っていたそうです。おそらく兼吉の丘でも雨乞いを行う風習があったのでしょう。

椙原八幡宮の詳細は不明。同名の社が尾道市中部の原田町に鎮座しており、山城国の八幡宮(京都府の石清水八幡宮)の旧社領だとか。杉原氏のルーツに関係あると思うけど、かなり難解そうな話題。本レポでは深入りしないでおこう。

兼吉の丘から尾道市街の眺望 兼吉の丘から尾道水道の眺望 
2018年3月31日。兼吉の丘から尾道の眺望。頂上の開けた畑は対岸の尾道三山からもよく目立ちます。渡船・造船・海運の全盛期は過ぎ、今は静かな尾道水道。その風景を眺めると、なんだかさびしんぼうな感じです。

兼吉の丘から尾道水道の夜景 兼吉の丘から尾道水道の夜景 
2019年12月14日。せっかくなので夜景も撮ってみました。電燈がありませんので夜間探訪の際は要注意。ヘッドランプや手持ちライトがあれば便利かつ安全です。

彦ノ上地区の造船所 彦ノ上地区の水路 
向島のしまなみフェリー乗り場跡 彦ノ上地区の造船所へ 
2019年12月14日。尾道渡船乗り場の東側を探訪します。水路を渡ると、造船所が立ち並ぶ彦ノ上地区。しまなみフェリー(岸本渡船)乗り場跡があります。上述のように平成20年(2008年)に廃止されました。

「七名神 箱石沖 明神社」の石碑 彦ノ上地区の造船所へ 
2019年12月14日。造船所が密集するエリアへ。道端には「七名神 箱石沖 明神社」と刻まれた石碑。詳細不明でも目についたものは撮ります。

神原造船

向島の神原造船 向島の神原造船 
2019年12月14日。神原造船。「かみちゅ!」8話に登場した猫の集会所のモデル。いかにも工場な雰囲気やクレーンの形状がよく似ています。常石港~尾道港を運行する備後商船のフェリー「百風」は、神原造船にて建造されました。

尾道渡船で尾道水道を渡る 尾道渡船で尾道水道を渡る 
尾道渡船で尾道水道を渡る 尾道渡船で尾道水道を渡る 
2019年4月13日と2018年3月31日。夕方、尾道渡船で尾道水道を行ったり来たり。尾道と向島の探訪を満喫しています。超楽しい。

尾道水道の夕暮れ 尾道渡船乗り場から尾道水道の夕暮れ 
尾道渡船乗り場から尾道水道の夕暮れ 尾道水道の夕暮れ 
2018年3月31日。向島から尾道水道の日没模様。この時は地元の翻訳家とともに撮影しました。

尾道渡船で帰宅する向島の人々。着桟する「にゅうしまなみ」がかっこいいです。西の山に沈む太陽、夕日に照らされる尾道水道。千光寺山と尾道城のシルエットも実に味わい深い。派手さはなく、のどかで落ち着きのある情景です。

p.11で紹介したヘンテコ天守モドキの尾道城。昭和39年(1964年)に観光施設として建設されるも閉鎖。尾道に城下町の歴史などなく、紛らわしい存在になっていました。解体の話が出て、令和3年(2021年)に抹消が完了する予定です。

駅前や対岸から撮った風景に必ず写り込み、その異様な姿は、いつの間にか尾道のシンボルに。見慣れてくると尾道の風景の一部のように感じられます。もう50年以上存在して、これが普通になってしまいました。

日没後の尾道渡船乗り場 日没後の尾道渡船乗り場 
日没後の尾道渡船乗り場 日没後の尾道渡船乗り場 
2017年9月9日。日没後、徐々に明かりが灯される尾道の町並み。私が知っている尾道にはいつも尾道城がそびえていました。解体は当然の結果として、寂しさを感じながら記録に残します。

尾道渡船乗り場から尾道水道の夜景 尾道渡船乗り場から尾道市街の夜景 
尾道渡船乗り場から尾道水道の夜景 尾道渡船乗り場から尾道市街の夜景 
2017年9月9日。暗くなりました。カメラは工事現場用のコンデジ、RICOH G800。ISO100モードで三脚とセルフタイマーを併用しています。

街燈に照らされた海岸通り、夜も忙しく行き交う尾道渡船。ライトアップされた天寧寺の三重塔(p.9)と千光寺の玉の岩(p.10)。尾道を愛する画家のおじさんに教えてもらった最高の夜景スポット。私も含めて殆どの観光客は眺望=千光寺山と思い込んでおり、対岸から尾道を眺めるという発想に至りません。

尾道渡船乗り場から尾道水道の夜景 尾道渡船乗り場から尾道水道を撮影 
尾道渡船乗り場から尾道水道の夜景 尾道渡船乗り場から尾道水道の夜景 
2019年12月14日。再び夜景。カメラはオートフォーカスのMINOLTA α8700i。フィルムはFUJIFILM Velvia 100(リバーサル)です。ISO100なので三脚とケーブルレリーズは欠かせません。

夜の尾道渡船 夜の尾道水道 
2018年3月31日。「にゅうしまなみ」で尾道に渡ったところ。海岸通りと渡船の話題は書き尽くしました。

夜の尾道渡船 夜の尾道渡船 
夜の尾道渡船乗り場 呼子浜の待合所で野宿 
2019年12月14日。21時を過ぎ、帰宅する人に紛れて向島へ。誰も来ない待合所にシュラフを設置して就寝。これで、向島の補完探訪は一通り完了です。

福本渡船の桟橋 福本渡船の「第拾五小浦丸」 
向島を走り終えて福本渡船フェリー乗り場。0736、「第拾五小浦丸」に乗って再び尾道へ。
ラスト、尾道でゴールして福山の探訪に続きます。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。