東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校ロケ地の路地尾道鉄道跡ガウディハウス空き地
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

東第一踏切交差点 東第一踏切交差点 
夕暮れが迫る中、土堂小学校へ。東第一踏切交差点を北に入ります。

千光寺山地図 
JR尾道駅~千光寺山の地図。このページでは土堂小学校からガウディハウスまで探訪。尾道駅はp.14に回しました。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

本通り商店街の西端 本通り商店街の西端 
林芙美子氏の像 林芙美子氏の案内 
2019年4月13日。ここは本通り商店街(p.4)の西端です。商店街入口には尾道を愛した小説家、林芙美子氏の像。昭和59年(1984年)、彫刻家の高橋秀幸氏による作品です。

芙美子氏は下関あるいは門司の出身。大正5年(1916年)、13歳の時に尾道に移り住み、19歳で上京し苦労を重ねて小説家になったそうです。氏にとって青春時代を過ごした尾道は特別な町であり、代表作の『放浪記』にも尾道の情景が綴られています。尾道市民は皆知ってるはず。

JR山陽本線の土堂踏切 JR山陽本線の土堂踏切 
2017年9月9日。山陽本線の土堂踏切です。南北を行き交う車が多く、自転車や徒歩で渡る際は要注意。

跨線橋「うず潮橋」 跨線橋「うず潮橋」 
踏切を渡って跨線橋「うず潮橋」へ。平成元年(1989年)に架けられました。

土堂小学校

うず潮橋から尾道駅方面 うず潮橋から土堂小学校へ 
うず潮橋から尾道駅方面 
商店街から土堂小学校に通じる跨線橋。千光寺山の尾道城(p.11)がとても目立ちます。

橋の西にはJR山陽本線の尾道駅(p.14)。この区間は大正14年(1925年)に複線化されました。「かみちゅ!」では田舎らしく単線の「日の出駅」に改変。奥のマンションや複合施設は当然のように消されています。やっぱり、尾道を田舎町として描くのは難しい。

本通り商店街の林芙美子記念館 本通り商店街からうず潮橋 
2019年4月13日。商店街西の一番街には林芙美子記念館。そちらからも、うず潮橋に登ることができます。

土堂小学校 土堂小学校の路地 
跨線橋の先には土堂小学校。自転車を停めて探訪していきましょう。

土堂小学校 
2017年9月9日。土堂小学校を再訪。「かみちゅ!」ではゆりえ様達が通う中学校。設定上の名称は「石浜中学校」です。入口からそのまんまですね。

ロケ地の路地

土堂小学校の路地 路地から尾道市街 
土堂小学校の路地 
2017年9月9日。学校右手の路地へ。とりえあず16話に使われた道を探してみます。

土堂小学校の路地 土堂小学校の路地 
2017年9月9日。目的の路地に行き当たりました。

16話、ゆりえ様と健児君がジョンを追いかける場所。生活道のため、地元の人が原付で通ったりします。邪魔にならないよう気を付けてください。(壁に張り付いてやり過ごした)

土堂小学校の校門 土堂小学校の校門 
2019年4月13日。校門へ。これ以上入ると不審者になるから自粛します。

土堂小学校は林芙美子氏や大林宣彦監督の出身校。大林監督の「ふたり」。そして「かみちゅ!」の舞台になりました。最近ではコミュニティスクールのモデル校として注目されています。

土堂小学校の路地 土堂小学校の路地 
路地から尾道駅前の海岸通り 路地から尾道駅前の海岸通り 
2019年4月13日。学校左手の路地へ。屋根越しに尾道駅前の海岸通りが見えます。

電柱のある路地 
2019年4月13日。「ふたり」で二番目に有名なロケ地。千津子と実加の通学路になった路地です。このロケーションを撮影に使うのが大林監督らしい。小学生の頃、路地を走り回って遊んだのでしょうね。

電柱のある路地 電柱のある路地 
2019年4月13日。絶妙に配置された電柱。石田ひかりさんの真似をして、内側を通ってみました。同じことやったファンは数え切れないぐらいいると思う。

土堂小学校の路地 土堂小学校の路地 
土堂小学校の裏門 土堂小学校の路地 
2017年9月9日。学校の裏門へ。この辺りも「かみちゅ!」の作中で描かれました。コメンタリーによると校舎内まで取材させてもらったとか。流石は大林監督の出身校です。

土堂小学校から千光寺山へ 土堂小学校の校庭 
尾道の猫 
L字型の校舎を眺めつつ千光寺山へ。あっ、猫ちゃんに見つかった。

土堂小学校から千光寺山へ 土堂小学校から千光寺山へ 
2017年9月9日。「かみちゅ!」OPの「だまって俺についてこい」。どうやってもフェンス越しの構図では撮影できません。

土堂小学校と尾道水道 
2019年4月13日。階段の上から。校庭の向こうには尾道水道、そして向島。毎日こんな風景を見られるのが羨ましいです。

土堂小学校と尾道水道 土堂小学校上の階段 
尾道城まで急な階段を登ります。学校の裏手は土砂災害の危険があり、斜面がコンクリートで補強されていました。

土堂小学校と猫 土堂小学校の屋上 
土堂小学校と尾道水道 尾道水道の福本渡船 
2017年12月29日と9月9日。土堂小学校。昭和12年(1937年)に建てられたL字型の校舎が特徴。戦前の鉄筋コンクリート造の建物が現役で使われる学校は、広島県内では土堂小学校と久保小学校(p.6)のみ。素人目にはデザインも似ています。

「かみちゅ!」で何度も写される土堂小。特徴ある校舎と体育館が忠実に再現されました。町並みが写る遠景では、実際より田舎っぽく改変。作中では山側に民家が少なくて緑が多い風景でした。時代設定が1980年代だから新尾道大橋はありません。

ゆりえ様が台風を鎮めたり、二宮君の青空部室を訪れたり、数々の名シーンが脳裏に浮かんできます。私の青春はアニメの中にあったのですね~

土堂小学校と尾道水道 土堂小学校の屋上 
2019年4月13日。

古い駅や市役所が新しくなっていく尾道。築80年以上の土堂小学校は老朽化が進んでおり、長江小・久保小とともに耐震工事が行われていません。学校に通う児童にとって、非常に好ましくない状況です。

検討の結果、現在地での改修工事は無理と判断。裏手が土砂災害特別警戒区域なのも致命的でした。土堂小学校・長江小学校・久保小学校は廃止・解体され、令和5年(2023年)、久保小跡地の新設校に統合するらしい。もちろん反対の意見も多数出ています。

土堂小学校の校舎が建った昭和12年(1937年)。滋賀県にて豊郷小学校の2代目校舎が建てられました。平成になり、心無い町長が破壊を目論みましたが阻止され、後にアニメ「けいおん!」の高校のモデルとして使用されました。今では文化財として保存されつつ、ファンが集う聖地になっています。

価値のある建物とは何でしょうか。明治や大正の近代建築だけが文化財ではありません。昭和に建てられた校舎も、今では重要な価値を持っています。その学校に通った人、校舎がある風景を懐かしいと思う人がいて、ただのコンクリートの校舎ではない特別な存在になっている。そうやって文化財としての価値が生まれるのです。

明治時代に急激な近代化を経験した尾道の町。中世の寺院、近世の町割りの中に近代的な建物が増殖し、和洋折衷の建物が密集する独特の情景が生み出されました。土堂小の校舎もその一つであり、間違いなく尾道の宝物です。このまま文化財の破壊を続ければ尾道の歴史は無くなる。なんとかして校舎を残してほしいです。

千光寺山の尾道城 千光寺山の尾道城 
土堂小から尾道城へ。よくこんな場所に建てたものです。

尾道城の廃墟 尾道城の入口 
尾道ビュウホテルセイザン 
階段を登りきると尾道ビュウホテルセイザン。

隣には全国城の博物館尾道城、いわゆる尾道城の廃墟。p.11で紹介した通り、昭和39年(1964年)に建設されるも閉鎖。尾道に城下町の歴史などなく、紛らわしい存在になっていました。解体の話が出て、令和3年(2021年)に抹消が完了する予定です。

尾道城と桜 千光寺山の尾道城 
2019年4月13日補完分の尾道城。長い間、山麓から目立つ千光寺山上にありました。当たり前ですが「かみちゅ!」には登場しません。

駅前や対岸から撮った風景に必ず写り込み、その異様な姿は、いつの間にか尾道のシンボルに。あれ?もしかして文化財としての価値を持ったのでは?いやいや、町の歴史を乱すものは要りませんよ。一応、無くなる前に記録はしておこう。

土堂小学校へ下る 
このエリアの探訪も着実に完了。次は尾道駅の北側に向かいます。

尾道駅の北口へ 
土堂小学校前から尾道駅の北口へ。

尾道鉄道跡

JR山陽本線、尾道駅の北口 JR山陽本線、尾道駅の北口 
JR山陽本線、尾道駅の北口です。しまなみ海道の玄関口の南口(p.14)との差が凄い。田舎の無人駅と言ってもいいぐらい地味な駅舎でした。「かみちゅ!」の「日の出駅」の参考にしたのかな。

今では跡形すら残らないけど、ここは尾道鉄道跡。明治時代に御調郡を南北に結ぶ民営の鉄道が計画され、大正14年(1925年)、紆余曲折を得て西尾道駅~石畦駅が開通。昭和8年(1933年)、国鉄尾道駅~市駅の区間も開通となりました。昔、尾道駅から北に向かう鉄道が走っていたのです。

悲しいことに需要は少なく、昭和39年(1964年)に廃止。廃線跡は住宅地として開発され、遺構は殆ど残りません。尾道鉄道が存在していたという歴史すら忘れ去られ、鉄道マニアや史跡マニアが知っている程度。記念碑ぐらいあってもいいのでは……?

ガウディハウス

ガウディハウスへ ガウディハウスへ 
三軒家町に入ってガウディハウスへ。意外と分かりにくいです。

ガウディハウスこと旧和泉家別邸 ガウディハウスこと旧和泉家別邸 
山手の斜面に建つ旧和泉家別邸。昭和8年(1933年)に一人の大工が3年かけて建てました。奇抜なデザインから、いつしかガウディハウスの通称が定着。元々は尾道で箱物の製造・販売を手がける和泉茂三郎氏の別邸。1980年頃まで和泉家で使われ、その後は空き家になっています。

千光寺山エリア(pp.9-12)では明治以降、山の斜面に民家や別荘が次々に建てられました。和洋折衷の建物が密集する独特の風景が生まれますが、現在では空き家が多くなり、朽ち果てて廃墟同然に。ガウディハウスもその一つでした。

しかし貴重な建築が注目され、平成19年(2007年)から、NPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」による再生が始動。元のデザインを尊重した大々的なリノベーションが計画され、10年後の現在も改修工事が続けられています。皆で支援しましょう。

ガウディハウスこと旧和泉家別邸 ガウディハウスの門 
ガウディハウスこと旧和泉家別邸 
改修工事中のガウディハウス。建築や芸術には詳しくないけど凄い構造です。玄関前の鳥居のようなものは門の跡だそうで。

「さびしんぼう」「ふたり」では通学路として登場。「かみちゅ!」2話の八島様捜索の場面でも使われました。門に寄り掛かるのれんまたぎの下を祀ちゃんがくぐるという、ガウディハウスの構造を最大限に生かしたシーンです。まさか実在する風景とは思わなかった。

ガウディハウスこと旧和泉家別邸 ガウディハウスこと旧和泉家別邸 
2019年12月14日。長い年月をかけて改修してきた家。令和2年(2020年)に完成予定です。

空き地

ガウディハウス上の階段 
2017年9月9日。ガウディハウス上の階段へ。この先にも「かみちゅ!」の探訪ポイント。5話、幽体離脱したゆりえ様が昇っていくところです。

ガウディハウス上の空き地 天満町のイオン尾道店 
2017年9月9日。階段の上は空き家と空き地でした。

3話の貧乏神対策の際、祀ちゃんと光恵ちゃんが四つ葉のクローバーを探した空き地。5話、階段を昇ったゆりえ様の背景に天満町の市街がありました。今は寂れてるけど、昭和の時代は現役の住宅地だったはず。ここで潤いを見つけるのは厳しいかもね……

天満町の真ん中には近代化の象徴、イオン尾道店。昭和54年(1979年)にニチイ尾道店として開業しました。ということは「転校生」より前の時代からあったんですね。商店街の衰退に繋がると批判されることも多いイオン。地元の人からすれば便利なのも確かです。

天満町の眺望 
2019年12月14日。イオン尾道店は老朽化のため解体されました。跡地はイオンと同様の複合商業施設になる予定。この地区は普通の地方都市といった雰囲気です。

ガウディハウス上の路地 ガウディハウス上の路地 
2017年9月9日。尾道城や土堂小学校に通じる路地。迷いながら散策してみるのも面白いです。

祇園町2踏切 
2017年9月9日。西御所町、山陽本線の祇園町2踏切。「かみちゅ!」11話の踏切かと思ったけど別物。それより「祇園町」という町名が気になります。

尾道で祇園といえば常称寺の祇園社です。明治の神仏分離で八坂神社(p.7)になりましたが、江戸時代中期から盛んになった祇園祭は今でも続けられ、尾道の夏を盛り上げる勇壮なお祭りとして知られています。……流石に13ページも書くと疲れてきました。

祇園祭の見どころは三体神輿。土堂町・十四日町・久保町の神輿が町内を練り歩きます。土堂町の御旅所(神輿の安置場所)は祇園橋東(p.15)にあり、戦後間もない時期まで存在するも、やがて廃絶してしまいました。祇園町という変わった町名。それは近世の賑わいの名残なのです。

尾道探訪の大部分を終え、遂に尾道駅へ。
次ページ、尾道駅周辺と栗原川以西に続きます。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。