東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道ロケ地の階段信行寺前踏切跨線橋
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

千光寺参道 
千光寺公園(p.11)から千光寺(p.10)に引き返し、先ほど登ってきた千光寺参道(p.9)に復帰。3ページ前の千光寺山麓エリアを思い出してください。

千光寺山地図 
千光寺山エリアの地図。現在地は千光寺直下の千光寺参道。次は西の千光寺新道を下ってロープウェイ山麓駅に戻ります。補完探訪で写真が増え、千光寺山だけで4ページに分割しました。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

千光寺参道の階段 
尾根伝いの千光寺参道を下りながら、西側の千光寺新道に抜ける路地を探します。日中は本当に暑い。写真でも暑さが伝わると思う。

千光寺参道から千光寺新道へ 千光寺参道から千光寺新道へ 
路地を横方向に抜けて千光寺新道へ。左には有刺鉄線のあるコンクリートの塀。「転校生」では通学路として使われた路地。おのみち文学の館もあります。

千光寺新道

千光寺新道の天春の石垣 千光寺新道の天春の石垣 
千光寺参道の西、千光寺新道に出ました。城郭のような立派な石垣が築かれています。

これは大正時代の豪商、天野春吉氏の別荘跡。天野氏は石垣とともにその名を残したかったそうで、望み通り、尾道の近代史跡「天春の石垣」になりました。この高台から眺める港町は素晴らしい情景だったでしょう。

かつては狭い谷道だった千光寺新道。天野氏は別荘を建てるついでに石段の参道まで新設。千光寺山にアクセスする新しい観光ルートが生まれたのです。公園、参道、別荘、上水道…どれも豪商の私財で築かれました。

海岸通りから千光寺に至る参道に観光客が集まる一方、その風景が成立した経緯には興味を持たれていないのが現状。観光地化を進めると歴史は薄れ、ルーツすら失われてしまう。だからこそ、異常なほど歴史に特化したレポを書くのです。

千光寺新道 千光寺新道 
山麓の土堂2丁目交差点(R2)から山陽本線を渡り、民家や別荘の間を抜けて千光寺に至る石畳の坂道。東の千光寺参道と並んで人気のある道です。路地に入ると迷うから気を付けてね。

千光寺新道 
千光寺新道の防火水槽 千光寺新道の防火水槽 
千光寺新道の一角、蓮の葉が風流な防火水槽。「かみちゅ!」9話で三つ葉丸君が現れる場所。これも天野氏が作った設備らしい。

千光寺新道の階段 千光寺新道の階段 
階段の上から見える尾道水道。「転校生」では雑然とした感じの通学路でした。「あの、夏の日」のラジオ体操のシーンもここですね。

千光寺新道の階段 
「かみちゅ!」9話を意識した写真。ゆりえ様達が源さんの家から帰るシーンです。夕暮れの中、海がが見える階段を下っていく一行。坂道を生かしたアングルが上手く用いられています。

千光寺新道から路地へ 千光寺新道から路地へ 
千光寺新道から西側の路地に入ります。

千光寺山の路地 千光寺山の路地 
R2には下らず、山手を縦横無尽に歩いて探訪。尾道の人々が張り巡らせた迷路のような路地たち。現在では空き家が多くなり、朽ちかけた道もありました。あまり言いたくないけど、尾道の人口は減り続けています。

千光寺山の民家と路地 千光寺山の民家と路地 
千光寺山の民家と路地 
2019年12月15日。何度訪れても迷ってしまうヘンテコ路地。いかにも生活道な雰囲気がたまりません。

この辺りの路地は尾道でも特に入り組んでおり、目当ての探訪ポイントを見つけるのに大変苦労します。しかし見当外れに迷いながらあちこち歩き回るのが、尾道という町の奥深さを楽しむことになるわけで。大林監督もそういう探訪を推奨されています。

尾道の猫 尾道の猫 
2019年12月15日。猫ちゃんを発見。キャメラを持ってるお兄さんは明らかに探訪者。

千光寺山の路地 尾道の猫 
尾道の猫 
2019年12月15日。野良猫。増えすぎると色々弊害があるため去勢手術が施され、去勢の印に耳をカットされた猫を見かけるようになりました。それほど普及しているわけではなく、まだまだ一部だけです。

ロケ地の階段

ネコノテパン工場 二手に分かれた階段 
「かみちゅ!」で有名な階段を発見!水路を跨ぎ、二手に分かれた構造が特徴的。正面の路地にあるネコノテパン工場が目印です。

ゆりえ様達が来福神社に向かう際に登っていく階段。2話の八島様捜索のワンシーンでもお馴染みだと思います。ゆりえ様が座り込んで、とうふちゃんと会話する場面ですね。撮ってないけど同じ段に座って、ゆりえ様を感じておきました。

二手に分かれた階段 
2019年12月15日。実は「転校生」の冒頭にも映っている階段。当時は分岐の石垣の上に民家が建っていました。「かみちゅ!」は現代の尾道をベースに描かれているため、実際の1980年代に撮られた風景とは微妙に異なっています。

二手に分かれた階段 私設道路の標柱 
石造のお地蔵さん 
2019年12月15日。階段下には素朴な石造のお地蔵さん。「私設道路」の記念碑…もとい標柱があります。昔から生活の一部として存在してきたのですね。

路地から階段へ 路地から階段へ 
左の階段を登って来福神社へ。作中では階段から見下ろすカットもありました。

来福神社のモデルは御袖天満宮(p.8)と艮神社(p.9)。どちらの参道からも遠くかけ離れた路地の中に存在しており、「転校生」で使われたというヒントなしに見つけるのは困難。大林作品ファンならすぐに分かったのでしょうか?

路地を抜けてR2へ 
曲がりくねった路地を下り、適当な踏切を渡ってR2に戻りました。

メインルートのR2 
千光寺山を下ってR2に戻りました。これで尾道三山の探訪ポイントは一通り回ったことに。まずはロープウェイ下に置いてきた自転車を回収します。

信行寺前踏切

信行寺前踏切 
信行寺の階段下にある信行寺前踏切。「かみちゅ!」DVD5巻ジャケットの場所。千光寺新道と千光寺参道の間に位置します。

映画「転校生」では御袖天満宮(p.8)に通じる踏切。実際には離れているけど天満宮下にあるような描写でした。中身が入れ替わった小林聡美さんが貨物列車の通過を待ち、映像がモノクロからカラーになる冒頭の印象的なシーン。大林宣彦監督の演出が素晴らしい。

信行寺前踏切の階段 信行寺前踏切の階段 
「かみちゅ!」16話のカットを再現。ゆりえ様と健児君がジョンを追いかけて、階段中腹にある路地を横切っていく場面です。ピントを変えて2枚撮影。両方とも気に入ってます。

信行寺前踏切の階段 信行寺前踏切を通過する列車 
階段の上から撮ってみました。列車の通過を見下ろすだけで楽しくなります。

千光寺山ロープウェイの山麓駅 
千光寺山ロープウェイの山麓駅。ここに自転車を置いて千光寺山に向かったのが1310。現在の時刻は1530…もう2時間半も経ってしまいました。

R2を走るおのみちバス 
R2を西に走って尾道駅方面へ。バスや電車はなるべく撮っておく習性。

「かみちゅ!」で見覚えのある旧尾道市営バス。平成20年(2008年)に民営化され「おのみちバス」に。大部分は市営時代末期の新塗装で運行していますが、時々、昔懐かしい復刻塗装を見かけます。

OPでみこちゃんが降りる「日の出バス」は、まさに昭和の尾道市営時代の塗装です。バス停の位置は特定されておらず、実在しない可能性も。

跨線橋

歩道橋と跨線橋が合体 
歩道橋と跨線橋が合体しています。時間が足りなくなってきたからスルー。

歩道橋と跨線橋が合体 歩道橋からJR山陽本線 
2007年9月11日。R2を走っていると絶対に気になる跨線橋。この橋の重要性に気付くのは10年後でした。

うず潮橋から跨線橋のスロープ 
2018年3月31日。どう見ても「転校生」のワンシーンです。小林聡美さんが向こうから自転車で走ってきて、車道を華麗にターンしてスロープを上っていく場面。土堂小学校前の「うず潮橋」から望遠で撮れます。

歩道橋と跨線橋 歩道橋と跨線橋 
歩道橋と跨線橋 跨線橋のスロープ 
2019年4月13日。トラス構造の長いスロープが特徴的な跨線橋。橋上は地元の人の自転車・原付置き場になっている模様。歩道橋と跨線橋の正式名称や建設年代は分かりませんでした。

跨線橋から光明寺の山門 跨線橋に下る路地 
2018年3月31日。跨線橋を渡ると光明寺の山門です。

橋に下る路地は「ふたり」で使われており、山際に鉄道が通された尾道らしい風景と思います。有名な跨線橋が「かみちゅ!」に登場しなかったのは、近代的すぎて田舎町にふさわしくなかったからでしょう。

山陽鉄道の境界杭 山陽鉄道の境界杭 
2019年4月13日。大変貴重な山陽鉄道の境界杭。山を二つ組み合わせた社紋が刻まれています。地元のおじさんに教えてもらい、感動しながら撮影。

p.6で紹介したように明治24年(1891年)、民営の山陽鉄道が福山駅から延伸して尾道駅が開業。明治42年(1909年)に国有化され国鉄山陽本線になりました。JR化された現在でも、100年以上前の山陽鉄道の名残があり、レンガ造りの架道橋や社紋入りの境界杭が残っています。

JR山陽本線の黄色一色の車両 JR山陽本線の黄色一色の車両 
2019年12月15日。最近の山陽本線に多い黄色一色の車両。他にも色んな塗装・種類の列車が走っているらしく、跨線橋は鉄道マニアの撮影スポットになっています。私は鉄じゃないから分からない。

東今の2踏切を通過する貨物列車 東今の2踏切を通過する貨物列車 
JR山陽本線の跨線橋 
2019年12月15日。東今の2踏切。旅客のみならず貨物輸送の路線としても大活躍しており、尾道を探訪していると長い貨物列車を頻繁に見かけます。市内を横断する鉄道は、現代の輸送に欠かせないのです。

東土堂町から西土堂町へ 持光寺前踏切 
2017年9月9日。R2を進み、東土堂町から西土堂町に入りました。これは持光寺下に設置された持光寺前踏切。ロケ地ではないけど尾道らしい風景の一つです。
次ページ、土堂小学校の周辺を探訪します。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。