東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園八福稲荷八畳岩文学のこみち尾道城
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

千光寺公園

千光寺山ロープウェイの頂上駅 千光寺公園の頂上展望台 
千光寺山中腹の千光寺(p.10)から、山頂エリアの千光寺公園まで登ってきました。千光寺山ロープウェイの山頂駅、頂上展望台があります。

千光寺公園の整備が始まったのは明治時代のこと。明治27年(1894年)に豪商の三木半左衛門が開発に着手。当時は千光寺領だった山頂一帯を「共楽園」として整備されました。住職の多田實圓の協力を得て、明治36年(1903年)に尾道市に寄付。以降も公園の整備は続き、観光名所の「千光寺公園」に発展します。

公園内には沢山の桜が植えられ、地元の人や観光客の憩いの場に。ロープウェイ(p.9)と頂上展望台は昭和32年(1957年)に整備。その礎を築いた三木半左衛門は尾道市に貢献した偉人と讃えられ、昭和43年(1968年)、第13代尾道町奉行の平山角左衛門ともに尾道市の名誉市民に認定されました。

頂上展望台から尾道水道の眺望 頂上展望台から尾道水道の眺望 
頂上展望台から尾道水道の眺望。長い歴史の積み重ねで生まれた尾道の風景。やっぱり、私は風景より歴史が好きみたいです。

千光寺山地図 
千光寺山エリアの地図。このページでは千光寺公園を探訪。東土堂町から西土堂町までカバーします。山麓の路地と異なり、綺麗に整備された公園。歩き回る分には比較的分かりやすいです。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

千光寺公園の頂上展望台 頂上展望台から尾道水道の眺望 
頂上展望台から尾道水道の眺望 千光寺公園 
2017年9月9日。展望台にはレストランや売店あり。尾道市立美術館、千光寺山荘、尾道城など、山頂一帯に色んな観光施設が建てられています。

海岸通り(pp.3-5)と並んで人気の千光寺公園。混雑するのは一部の場所だけで、他はそうでもありません。西國寺山(p.7)や浄土寺山(p.6)を訪れると静かな雰囲気だし、浄土寺奥の院に至っては登っている人を見たこともありません。これがロープウェイの集客効果でしょうか。

尚、展望台は老朽化が進んで建て替えの話が出ています。平成31年(2019年)には公園をリニューアルする計画でしたが、色々と上手くいっておらず工事開始の目処は立っておりません。リニューアル案は現代アートすぎて尾道に似合わないし、なんだかな~、という感じです。

混雑する千光寺公園 混雑する千光寺公園 
混雑する千光寺公園 混雑する千光寺公園 
2018年3月31日。桜の季節は観光客が溢れて激混み。昼間に訪れるのは全くオススメできません。ロープウェイから千光寺参道まで人だらけです。

頂上展望台から尾道水道の眺望 頂上展望台から尾道水道の眺望 
2018年3月31日。頂上展望台から対岸の向島の眺望。ここから見える尾道・向島の大部分を撮り歩きました。

東から尾道渡船と兼吉の丘。(p.18
日立造船向島西工場跡地のJFE商事造船加工。(p.3
水路の奥には駅前渡船乗り場。(p.18
「かみちゅ!」でお馴染みの福本渡船乗り場と小歌島。(p.2
大きな乾ドックが特徴的な向島ドック。(p.3
向島最高峰の高見山(283.3m)も見えます。(p.17

「かみちゅ!」で一部用いられた遠景。ゆりえ様が通学に利用するのは福本渡船ですが、遠景をよく見ると尾道渡船と乗り場が時々写っています。高見山に設置された3本のアンテナは尾道からよく目立ち、作中でもちゃんと描かれていました。

早朝の千光寺公園と桜 早朝の千光寺公園と桜 
早朝の頂上展望台 早朝の頂上展望台 
2019年4月13日。夜遅くに尾道入りして千光寺公園で野宿。日の出前から行動開始という理想的な探訪プラン。この時間は誰もいません。一人で撮影に専念できます。

尾道水道の日の出 尾道水道の日の出 
2019年4月13日。日の出。尾道大橋の向こうから朝日が昇ります。

尾道水道の風景は100年足らずで劇的に変わりました。しかし、朝日の美しさは遠い昔から変わっていないはず。千年以上前にもこの高台から朝日を眺めた人がいて、素晴らしい景色だと感嘆したことでしょう。

朝日に照らされる尾道水道 朝日に照らされる尾道水道 
朝日に照らされる尾道水道 朝日に照らされる尾道水道 
2019年4月13日。朝日に照らされる尾道・向島の町並み。空気が澄んでいれば遠くまで見渡せる展望台。2枚目、遥か南に四国山地が浮かんでいます。

6時になるとフェリーが運転開始。ここまでエンジン音が聞こえてきて、尾道らしさを感じます。

「永遠の愛」のモニュメント 千光寺公園の頂上展望台 
愛鍵 「永遠の愛」のモニュメント 
2019年4月13日。

平成21年(2009年)に恋人の聖地に認定された千光寺公園。「永遠の愛」なるモニュメントがあり、愛鍵が掛けられています。展望台前には彫刻家の圓鍔勝三氏による「あけぼの」像。平成元年(1989年)に設置されました。

千光寺公園の桜 有名画家写生地 
頂上展望台と桜 千光寺公園の桜 
2019年4月13日。桜をメインに。「有名画家写生地」のモニュメントがあります。尾道は画家、詩人、歌人などの芸術家に愛された町。映画やアニメだけじゃないんですね。

八福稲荷

千光寺山の正一位八福稲荷大明神 
千光寺山の正一位八福稲荷大明神 正一位八福稲荷大明神の桜 
2019年4月13日。公園の一角に稲荷神社が鎮座。

昭和5年(1930年)の由緒碑では「正一位八福稲荷大明神」とあります。京都府の伏見稲荷大明神の分霊を勧請し、大正11年(1922年)に祠が再建されました。

残念ながら社殿は傷んでおり、修繕されないまま周囲が封鎖された状態。駅とか公園とか表向きの場所ばかり整備されて、裏側に手入れが行き届いていないのは悲しいです。

八畳岩

千光寺山の八畳岩へ 千光寺山の八畳岩へ 
2019年4月13日。八福稲荷の裏から八畳岩へ。

千光寺山の石仏 千光寺山の石碑 
千光寺山の石仏 
石仏と石碑。ここは信仰の山です。

千光寺山山頂の三角点 八畳岩からJR尾道駅 
2019年4月13日。八畳岩。ここが標高136.6mの千光寺山(大宝山)山頂。三角点が設置され、北にJR新尾道駅が見えます。

戦国時代、日本全国に築かれた山城。尾道も例外ではなく千光寺山城が存在しました。木梨杉原氏が城主だったのは確かだと思われますが、永禄年間(1558~1570年)に6代目の杉原元清が築いた。あるいは天正年間(1573~1593年)に7代目の杉原元恒が築いた。と諸説あって分かりません。

千光寺山に築かれたという山城は港町を見下ろす絶好の立地にあったでしょう。残念ながらその優位性を十分に発揮することもなく、天正19年(1591年)、豊臣秀吉の山城停止令により廃城。遺構は未発見ながら、八畳岩が城跡とする説があります。

千光寺公園の桜 千光寺公園の桜 
千光寺公園の桜 千光寺公園の桜 
2019年4月13日。桜を撮りながら公園を歩きます。

頂上展望台と桜 千光寺公園の桜 
尾道市立美術館と桜 尾道市旗 
2019年4月13日。昭和55年(1980年)開館の尾道市立美術館。平成15年(2003年)に改築された現在の建物は、高名な建築家、安藤忠雄氏の設計によるものです。

千光寺公園の桜 千光寺公園の桜 
千光寺公園の桜 千光寺公園の桜 
2019年4月13日。視界に入った風景は何でも撮ります。

千光寺山グリーンランド跡の猿 千光寺山グリーンランド跡の猿 
2019年4月13日。平成19年(2007年)に閉園した千光寺山グリーンランド跡。跡形もなく撤去されたけど、昔は観覧車などの施設がありました。この塔は園内の猿山の名残。一匹だけ残った猿が暮らしています。

千光寺のぼんぼりと桜 千光寺公園の桜 
千光寺公園の桜 千光寺公園の桜 
2019年4月13日。満開の桜並木。1、4枚目はFUJIFILM SUPERIA X-TRA 400(ネガ)。2、3枚目はFUJIFILM Velvia 100(リバーサル)にて撮影。ネガフィルム、ポジフィルム、それぞれ独特の良さがあります。

千光寺公園の桜 日陰でフィルム交換中 
2019年4月13日。休憩所で一休み…ではなく日陰でフィルム交換中。36枚撮りのフィルムでも、あっという間に1本消費。日陰を見つけて素早く交換します。

探訪に特化した旅ではノンストップが基本。とにかく尾道の風景を記録しながら歩きたいので、疲れたから休憩する、なんて発想は無駄の極みです。補完探訪では一日中、休憩も軽食も省く回がありました。そういう行程が当たり前になっておりまして……

夜の頂上展望台 千光寺公園の夜景 
千光寺公園の夜景 
2017年12月28日。夜景が綺麗だと思って登ってきたら、木が多い上に向島の明かりは地味でした。

尾道側で夜景を撮るなら浄土寺山の不動岩(p.6)。向島側なら尾道渡船乗り場と兼吉の丘(p.18)。それと岩屋山(p.16)がオススメです。

ライトアップされた千光寺公園 しまなみ海道のぼんぼり 
ライトアップされた千光寺公園 ライトアップされた千光寺公園 
2019年4月12日。夜景は微妙でも夜桜は綺麗です。

この時期は公園中にぼんぼりが設置。満開の桜が夜通しライトアップされています。深夜は地元の若者ぐらいしか訪れません。三脚を立てて静かに撮れますよ。

千光寺公園の夜桜 千光寺公園の夜桜 
千光寺公園の夜桜 千光寺公園の夜桜 
2019年4月12日。電燈に照らされた桜。鮮やかに撮るため意図的にVelviaを使用しており、実際にはこれほど明るくシャープな情景じゃないです。イメージ写真として鑑賞してね。

千光寺公園の夜桜 千光寺公園の夜桜 
千光寺公園の夜桜 千光寺公園の夜桜 
2019年4月12日。幻想的な夜桜。こんな鮮やかな写真は始めて撮りました。

千光寺山ロープウェイの山頂駅 
千光寺山ロープウェイの山頂駅 千光寺山ロープウェイの山頂駅 
2018年3月31日。千光寺山ロープウェイの山頂駅。私は徒歩派なので乗りません。

文学のこみち

文学のこみちへ 
2018年3月31日。山頂駅から千光寺境内まで、文学のこみちが整備されています。

千光寺公園の頂上展望台 
文学のこみち 千光寺公園の猫 
2019年12月14日。早朝、文学のこみちへ下ります。

文学のこみち 千光寺山ロープウェイの山頂駅 
江見水蔭 志賀直哉 
2019年12月14日。尾道ゆかりの作家や詩人の作品が、山中に点在する巨石に刻まれています。

文学のこみちの巨石 文学のこみちの巨石 
千光寺山ロープウェイの「かもめ」 千光寺山ロープウェイの「かもめ」 
2018年3月31日。岩場の間を抜けるハイキングコース。3代目の「かもめ」が通り過ぎていきました。

文学のこみちから尾道水道の眺望 文学のこみちから尾道水道の眺望 
林芙美子氏の『放浪記』の一節 
2019年12月14日。林芙美子氏の『放浪記』の一節が刻まれた石。映画「転校生」でチンピラと乱闘した場所です。

文学のこみちで千光寺へ 千光寺山の案内板 
2018年3月31日。千光寺へ。

山口玄洞氏の座右の銘 山口玄洞氏の案内板 
2019年12月14日。

「明明徳(明徳を明らかにす)」
実業家、山口玄洞氏の座右の銘です。

玄洞氏は尾道町の久保町出身。商店経営で財を成して豪商にのし上がった人物です。大正14年(1925)、氏の巨額の寄付により尾道市に上水道が整備。その功績は語り継がれ、 昭和43年(1968年)には平山角左衛門、三木半左衛門とともに尾道市の名誉市民に認定されました。p.14では氏の屋敷神の蘇和稲荷神社を紹介しています。

千光寺境内へ 大明神の石碑 
2019年12月14日。千光寺境内の手前。民間信仰と思しき大明神の石碑がありました。

千光寺境内へ 千光寺境内 
2019年12月14日。文学のこみちから千光寺に入りました。千光寺境内はp.10を参照してください。

早朝の尾道水道 早朝の千光寺公園 
尾道市立美術館 千光寺公園 
2017年12月29日と9月9日。次は美術館前から尾道城へ向かいます。

千光寺公園の桜 
日立造船のぼんぼりと桜 千光寺公園の桜 
2019年4月13日。青空と桜並木の組み合わせ。早朝はカメラマンすらいないです。

第12代尾道市長、土屋寛翁像 
2019年4月13日。「土屋寛翁像」。昭和15年(1940年)から昭和17年(1942年)まで、第12代の尾道市長を勤めた土屋寛の銅像になります。

尾道城

千光寺公園の貯水タンク 尾道城 
貯水タンク上の展望台 向島の兼吉の丘 
2017年9月9日。千光寺公園の南西端まで来ました。貯水タンクの上は展望台になっており、隣の尾道城が謎の存在感を放っています。

尾道城と桜 尾道城と桜 
尾道ビュウホテルセイザン 尾道城の廃墟 
2019年4月13日と2017年9月9日。タイ料理で有名な尾道ビュウホテルセイザンと、全国城の博物館尾道城、いわゆる尾道城の廃墟。

上述したように、戦国時代の千光寺山には山城が存在。木梨杉原氏によって築かれるも、廃城となり現存しません。尾道は港町として発展し、城下町の歴史は持たない町です。海運都市、商業都市の歴史を大切にするべきでした。

ところが昭和39年(1964年)、地元の偉い人が観光客を呼び込むため、私費を投じて「全国城の博物館尾道城」を建設。海運、造船、古寺の町には何の関係もない天守モドキ。千光寺山の南端に突き出したシルエットは非常に目立ち、歴史的価値もなく、著しく景観を汚すとして批判されました。

そもそも尾道に城の博物館など不必要。平成4年(1992年)、惜しまれることなく閉鎖。何ら有効活用されず廃墟になって現在に至りました。駅前から目立つ千光寺山上に城のようなものが残されて、尾道が城下町だったという誤解すら生んでしまう有様です。何故こんなテーマパークのようなものを作ったのでしょう。

無理やり建てられてから50年以上経ち、いつの間にか尾道のシンボルにもなっていた尾道城。千光寺公園のリニューアルと同時期に解体の話が出て、令和3年(2021年)には黒歴史が抹消される予定。尾道城の跡地は展望台として整備されるそう。奇抜なデザインはやめてほしいな……

尾道城廃墟 尾道城の入口 
尾道城の門番 
2017年9月9日。閉鎖から25年経ち、老朽化が進んだ尾道城。鯱が片方無くなり、門番が孤独に守っています。

尾道城下の尾道水道 
2017年9月9日。城下の尾道水道。駅前渡船が運行しています。

尾道城と桜 尾道城と桜 
尾道城下の尾道水道 尾道城の門番 
2019年4月13日。駅前や対岸から撮った景色には必ず写り込み、見慣れてくると尾道の風景の一部になる尾道城。解体は当然の結果ですが、無くなる前に撮ります。

3枚目の船は福本渡船の「第拾弐小浦丸」。中二階の船室で判別できますね。

尾道城下の尾道水道 
2018年3月31日。福本渡船の「第拾五小浦丸」。

向島の桟橋右の小山は小歌島(おかじま)。p.2で紹介したように、中世には宇賀島という小島。村上水軍の村上吉充が岡島城を築いたと伝わっており、尾道水道を行き交う船から通行税を徴収していたそうな。儂はこういう歴史ある城を紹介したいのじゃ。

尾道城から土堂小学校へ 
2017年9月9日。尾道城から階段を下ると土堂小学校(p.13)へ。
一旦千光寺に戻り、次ページから千光寺新道に下ります。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。