東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅~常石港)~向島(歌港~岩屋山)
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺鼓岩千白稲荷神社跡
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月28日(金) 2日目

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

千光寺

千光寺境内 千光寺境内 
千光寺山の案内板 千光寺境内から尾道水道の眺望 
艮神社(p.9)から千光寺の本堂まで登ってきました。千光寺山(136.6m)の中腹に位置し、尾道を象徴する寺院。その由緒や、ここから見える風景は以下で紹介していきます。

千光寺山地図 
千光寺山エリアの地図。現在地は千光寺山中腹の千光寺。東土堂町の市街地を登ったところです。このページでは千光寺の本堂周辺を探訪。p.11から山頂の千光寺公園に登ります。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

混雑する千光寺境内 混雑する千光寺境内 
混雑する千光寺境内 混雑する千光寺境内 
2018年3月31日。古寺というより観光地として有名な千光寺。桜の季節は参道から境内まで観光客だらけです。昼間の人混みは凄い。写真どころじゃないよ。

千光寺境内の桜 
2019年4月13日。同じく桜が満開の季節に訪れました。早朝は誰もおらず、ゆっくり撮影できます。

千光寺は平安時代初期の大同元年(806年)、空海(弘法大師)によって開かれたと伝わります。平安中期には多田満仲(源満仲)に中興されました。山号は大宝山。本尊は秘仏の千手観音菩薩。真言宗の単立寺院になります。

大悲閣の扁額 
千光寺の三十三観音堂 千光寺の三十三観音堂 
観音様をお祀りする三十三観音堂。江戸時代中期の寛保3年(1743年)に建てられました。扁額の「大悲閣」は山城国(京都府)の千光寺と同じです。

参拝すれば西国三十三所巡礼と同じ功徳があるとのこと。「百八煩悩滅除大念珠」という数珠が滑車に掛けられており、回すとカチカチ鳴って観音様の御加護が得られます。こんな仕掛けは初めて見ました。面白いです。

俚謡が刻まれた巨石 千光寺の俚謡 
2019年4月13日。観音堂の隣の巨石には俚謡が刻まれています。

「音に名高い千光寺の鐘は一里聞えて二里ひびく」
山から響く鐘の音は、尾道の人々の暮らしの一部でした。

千光寺境内の桜 千光寺境内の桜 
千光寺境内の桜 千光寺境内の桜 
2019年4月13日。朝日に照らされる桜。この補完探訪は本当に素晴らしいものでした。

本堂の手前には大仙堂。平成7年(1995年)に再建されました。伯耆国(鳥取県)大山中腹の大山寺の本尊、地蔵菩薩の御分体をお祀りしています。

千光寺の奇岩「三重岩」 千光寺の本堂 
2019年4月13日。本堂の後背には奇岩「三重岩」。左手から石鎚山鎖修行に通じています。本堂で参拝してから岩場を訪れましょう。

千光寺の本堂 
2019年4月13日補完分の本堂。千光寺山中腹の巨石の間に諸堂が並び、磐座の信仰に関係ありそうな雰囲気です。

本堂は江戸時代前期の貞享3年(1686年)に建立。本尊の千手観音菩薩は聖徳太子の作と伝わっています。平安中期に当寺を中興した多田満仲が深く信仰した観音様は、江戸時代の伝説により火伏せの観音としても崇敬されています。

千光寺本堂から尾道水道の眺望 千光寺本堂から尾道水道の眺望 
2019年4月13日。尾道水道の眺望。本堂は海岸通り(pp.3-5)からずっと見えていました。

1枚目はFUJIFILM SUPERIA X-TRA 400(ネガ)。2枚目はFUJIFILM Velvia 100(リバーサル)にて撮影。ここでもネガ/ポジフィルムの写りを比較してみました。風除けのビニールの質感がリアルです。(そこかよ)

千光寺境内の桜 千光寺の本堂 
千光寺の由緒 千光寺の案内図 
2019年4月13日。桜と本堂。日の出前から行動するのがオススメです。

千光寺の石鎚山鎖修行 千光寺の石鎚山鎖修行 
2019年4月13日。先程の石鎚山鎖修行に向かいます。

熊野権現と石鎚蔵王権現の社 
2019年4月13日。千光寺の鎮守、熊野権現と石鎚蔵王権現の社。大正時代からお祀りされているそうです。

夫婦岩 烏天狗が彫られた陽石 
2019年4月13日。夫婦岩。凹が陰石、凸が陽石ということでしょう。陽石の側面には烏天狗が彫られていました。

千光寺の石鎚山鎖修行 
2019年4月13日。石鎚山鎖修行へ。……と言いたいところですが高所恐怖症なのでパス。すいません。高い展望地とか岩場に登るのは無理です。

千光寺の玉の岩 
2019年4月13日。本堂の右手に玉の岩があります。その形状にちなんで烏帽子岩とも。

遠い昔、岩の頂には玉(如意宝珠)がありました。夜になると光り輝き、灯台の役割を果たしていたのです。ある時、異国の皇帝の命令で玉が持ち去られてしまいますが、途上で海に落とし、尾道は「玉の浦」と呼ばれるようになったとか。「千光寺」や「大宝山」の由来でもあります。

尾道水道を行き交う船の目印が失われ、以来、岩の頂で篝火を焚いて玉の代わりに。光り輝く玉の岩の伝説は後世まで語り継がれ、現在では玉型の電燈が設置されています。

千光寺の護摩堂 千光寺の護摩堂 
2019年12月14日。高台には不動明王をお祀りする護摩堂。

戦国時代、千光寺山に木梨杉原氏の山城が築かれました。ここには杉原氏の守護神、多聞天を本尊とする三重宝塔が建立。後に大石が落下して倒壊し、江戸時代中期の宝永7年(1710年)、跡地に護摩堂が建立されました。

護摩堂の上を通るロープウェイ 千光寺の玉の岩と尾道水道 
2019年12月14日。護摩堂の真上を千光寺山ロープウェイ(p.9)が通ります。玉の岩と索道を入れて尾道水道を見渡す絶好の展望地。ここ、4回目の補完探訪で撮っておくべきでした。

光明真言と大日如来真言が刻まれた梵字岩 光明真言と大日如来真言が刻まれた梵字岩 
2019年12月14日と4月13日。護摩堂下。光明真言と大日如来真言が刻まれた梵字岩(曼荼羅岩)。徳川綱吉の帰依僧、浄厳大和尚により書き遺されたと伝わります。

千光寺の大師堂 千光寺の玉の岩 
玉の岩の由緒 おみくじ掛け 
2019年4月13日と12月14日。大師堂と玉の岩の間を通ると展望地(海光台)へ。千光寺の開基、空海(弘法大師)をお祀りするお堂です。

海光台の鐘楼 海光台の鐘楼 
2019年4月13日。海光台に設置された鐘楼。

江戸時代前期の元禄元年(1688年)から、尾道町に時刻を知らせる役割を果たしています。現在の鐘楼は明治23年(1890年)に再建されました。扁額は達筆すぎて読めません。

海光台から尾道水道の眺望 海光台から尾道水道の眺望 
2019年4月13日。海光台から尾道市街、尾道水道の眺望。

雲ひとつない快晴。突き抜けた青い海と空。海岸通り(pp.3-5)から浄土寺山(p.6)に至るまで、海運都市たる尾道の町並みを一望することができます。ひたすら町中を歩き回って尾道の歴史を学んだ人なら、ここから中世の尾道浦の姿を想像できるはずです。

千光寺の鏡岩 干支の御本尊様 
2019年4月13日。文学のこみちに通じる裏道。山側を見上げると鏡岩がありました。

千光寺の鏡岩 2_17" 
干支の御本尊様 鏡岩の記事 
2019年12月14日。干支の御本尊様の上に鎮座する鏡岩。長い間、所在不明で幻の存在になっていました。

平成11年(1999年)に枯れた大松を伐採した際、円形に彫られた巨石を発見、鏡岩と確認されました。玉の岩や太陽、月光を反射させたという伝説があり、神聖な磐座・鏡として信仰されていたと推測。玉の岩と並ぶ千光寺のシンボルです。

千光寺公園へ 
2019年4月13日。この先、文学のこみち(p.11)で千光寺公園へ。本レポでは反対側の鼓岩を経由して向かいます。

千光寺山へ 千光寺の由緒 
では、本堂の西側から千光寺山に登りましょう。

千光寺参道から尾道水道の眺望 千光寺参道の石仏 
千光寺の石鎚山 千光寺の石鎚山 
2019年4月13日。道端には石仏がお祀りされています。振り返ると石鎚山、そして光り輝く尾道水道。

鼓岩

千光寺参道から尾道水道の眺望 千光寺山の鼓岩 
2017年9月9日。山の中腹に突き出した鼓岩。叩くとポンポンと音がするから、ポンポン岩とも呼ばれます。映画「あの、夏の日」のロケ地にもなりました。

千光寺山の鼓岩 鼓岩の案内板 
2017年9月9日。安全柵は設置されておりませんので、羽目を外して滑落しないよう注意してください。

四角形の穴は石材を切り出すために空けられた矢穴。 浄土寺山の不動岩(p.6)で紹介したように、 こうして穴を並べて楔を打ち込み、巨石を割っていたのです。昔の尾道は石細工が盛んな町でもあり、今でもその痕跡が残されています。

千光寺参道の石仏 鼓岩から尾道水道の眺望 
鼓岩から尾道水道の眺望 鼓岩から尾道水道の眺望 
2019年4月13日。尾道水道を行き交う船。尾道渡船と兼吉の丘(p.18)、福本渡船と小歌島(p.2)。対岸の向島の探訪ポイントを意識して眺めると楽しいです。

千光寺山の鼓岩 
陣幕久五郎の記念碑 陣幕久五郎の案内板 
2019年12月14日。鼓岩の向かい側。江戸時代末期に尾道の相撲で活躍した力士、陣幕久五郎の記念碑がありました。

想(頼山陽之像) 橋本次郎氏の紹介 
2019年12月14日。「想(頼山陽之像)」。

頼山陽は江戸時代後期の詩人。度々尾道を訪れて詩を残しています。この銅像は彫刻家の橋本次郎氏による作品。平成5年(1993年)に設置されました。

千白稲荷神社跡

千白稲荷神社の狐 千白稲荷神社の記念碑 
2019年12月14日。千白稲荷神社跡。昭和32年(1957年)に拝殿大修理と記されるも、随分前に廃れてしまったらしく社殿は残りません。

千白稲荷神社跡 千白稲荷神社跡の石仏 
千白稲荷神社跡の祠 千白稲荷神社跡の祠 
2019年12月14日。かつての参道と境内。朽ちた祠が地面に埋もれ、辛うじて石仏のみ現存。巨石の矢穴を見るに、ここも石切場だったのでしょう。

千白稲荷神社跡の百度石 千白稲荷神社跡からロープウェイ山頂駅 
2019年12月14日。荒廃した境内に佇む百度石。無理やり斜面を登るとロープウェイ山頂駅に通じます。

千光寺山へ 
引き続き千光寺山に登りましょう。
次は山頂エリアの千光寺公園を探訪します。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。