東方巡遊記

尾道探訪

目次

01
福山(福山駅常石港)~向島(歌港岩屋山
02
向島(大元神社~展望地~福本渡船)
03
海岸通り(福本渡船~突堤/ベンチ~尾道渡船)
04
商店街(渡し場通り/オバQ~御旅所~宝土寺~吉備津彦神社~鎌倉稲荷~尾道町奉行所跡)
05
海岸通り(荒神堂小路~住吉浜/住吉神社/中央桟橋~薬師堂浜~出雲大社道~尾道市役所)
06
浄土寺山(山陽本線~斎藤邸~尾道大橋/新尾道大橋~浄土寺~一橋邸~不動岩~奥の院)
07
西國寺山(厳島神社/八坂神社~亀山八幡宮~西國寺~大山寺)
08
西國寺山(菅公腰掛岩~タイル小路~福善寺~御袖天満宮~大山寺)
09
千光寺山(ロープウェイ~艮神社~猫の細道~天寧寺~千光寺参道~中村憲吉旧居)
10
千光寺山(千光寺~鼓岩~千白稲荷神社跡)
11
千光寺山(千光寺公園~八福稲荷~八畳岩~文学のこみち~尾道城)
12
千光寺山(千光寺新道~ロケ地の階段~信行寺前踏切~跨線橋)
13
尾道駅周辺(土堂小学校~ロケ地の路地~尾道鉄道跡~ガウディハウス~空き地)
14
尾道駅周辺(尾道駅~蘇和稲荷神社~駅前渡船~尾道駅前桟橋)
15
栗原川以西(祇園橋~東巌通橋~天満神社~竜王山~西願寺)
16
向島(福本渡船~岩屋山/大元神社~歌港)|しまなみ海道
17
向島(高見山~津部田~津部田の坂道~備後造船~胡子神社/海物園跡)
18
向島(駅前渡船~尾道渡船~呼子浜の待合所~兼吉の丘~神原造船)
19
尾道(尾道駅)~福山(福山駅~福山城)|出雲(国鉄大社駅~荒木小学校~出雲大社)

2017年7月27日(木) 1日目

晴れのちハレ?
アニメ「かみちゅ!」の舞台となった尾道へ。情緒あふれる港と坂の風景を自由気ままに撮りながら、開港850年を迎える備後国尾道の歴史を探究する一大企画。カメラとフィルムを用意して、自転車で渡船に乗り込みます。

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

輪行開始 
1640に兵庫県の自宅を出発し、1645にJRの最寄駅到着。時間に余裕が無く、10分で輪行作業を済ませてホームへ。最近、慌ただしく出発する旅が増えています。

輪行とは電車で自転車を輸送すること。自転車を分解して、輪行バッグという専用の袋に入れて運びます。今回は輪行しやすいよう、リアキャリアとフェンダーは外してきました。
(詳細は自転車用バッグのページを参照)

山陽・九州新幹線「さくら569号」 山陽・九州新幹線「さくら569号」 
JR新大阪駅にて乗り換え。1809発の山陽・九州新幹線「さくら569号」に乗車します。座席の後ろに自転車を置くスペースを確保したら一安心。出張するサラリーマンに紛れて福山駅に向かいます。

そういえば水色の九州新幹線に乗るのはこれが初めて。鉄の趣味を持っていないので車両の種類はよく知りませんが、同じN700系でも東海道新幹線とはカラーリングが異なります。それ以外は何が違うんだろう……?

福山駅

JR福山駅まで新幹線で輪行 
1915、JR福山駅にて下車。マシンの重量は軽くなっても11kgぐらい。新幹線のホームを移動するのは大変です。

JR福山駅の南口 JR福山駅の南口 
福山駅南口の様子。山陽本線・福塩線・山陽本線が乗り入れる駅。福山から尾道を目指す自転車の旅が始まります。

ここは備後国深安郡/広島県福山市。反対側の北口には再建された福山城があり、駅前とともに「かみちゅ!」の舞台になりました。今回は割愛。9月に補完しています(p.19

TOEIスポルティーフ、サイクリング仕様 ヘルメットにヘッドランプとセーフティライトを装着 
自転車を組み立てて出発準備。お馴染みのTOEIスポルティーフ、サイクリング仕様。中型フロントバッグとザックで装備を携行しています。
(詳細は自転車のページを参照)

マシンはサイクリング用に軽量化して11kg。フロントバッグには地図やカメラなどを入れて4kg。ザックには最低限の野宿セットをパッキングして10kg。普段のキャンプツーリングに比べると圧倒的に軽装備。これでも野宿旅に必要なものは全て揃っています。

初日から夜間走行になるため、自転車にヘッドライト(スペア含む)とテールライト、ヘルメットにはヘッドランプとセーフティライトを装着。いつも通り、安全なツーリングを追求します。
(詳細はライトのページを参照)

尾道略地図 
自転車を駆使した尾道探訪企画。輪行でストレートにアクセスしてもいいのですが、いきなり尾道に着いてしまうのは旅的につまらない。フェリーを多用して旅感のあるルートを設定しました。海から尾道に向かうサイクリングプランです。

初日はJR福山駅から南に下って道の駅「アリストぬまくま」へ。2日目は常石港から備後商船のフェリーを利用して向島の歌港へ。福本渡船で尾道に渡り、3日目にかけて尾道と向島を探訪します。帰路はJR尾道駅から輪行で撤収。どれぐらい回れるでしょうか。

福山市街の自転車専用レーン 
1950、行程開始。R22を下って福山市街を出ます。自転車専用レーンがあるのは嬉しい。

芦田川を渡ってR72に乗り換え 
芦田川を渡ってR72に乗り換え。沼隈半島を縦断する地元の幹線道路です。意外と交通量が多いから気を付けましょう。

福山市街から沼隈半島へ 
幹線道路と呼ぶには狭い山あいの道。それほどアップダウンはなく快走できます。

道の駅「アリストぬまくま」 
2100、道の駅「アリストぬまくま」に到着。軒下とトイレを備え、静かで理想的な寝場所です。ここが本日の目的地。走行距離は約15.1kmでした。

道の駅にテントを設営 
速やかにテントを設営して、22時過ぎに就寝。気温は28℃。明日の探訪は蒸し暑くなりそうです。

2017年7月28日(金) 2日目

探訪本番。尾道へ。

道の駅から出発 
0400起床。夜のうちに雨が降った模様。現在地は備後国/広島県福山市の道の駅「アリストぬまくま」。素早くテントを撤収してザックにパッキング。0430に出発します。

R47で常石方面へ 
R47で常石方面へ。予定より1時間早く行動しています。

R389で常石市街に入る 
R389に乗り換えて常石に入ります。

常石市街のファミリーマート ファミリーマートで朝食 
0447、ファミリーマートで休憩&朝食。常石造船の繁栄とともに成立している常石の街。このコンビニも造船施設が立ち並ぶ一角にあります。

常石港

常石港の備後商船フェリー乗り場 
0530、明るくなったので常石港へ。天気は晴れ。霞んでいて視程が悪いです。もっと突き抜けた青空を期待していたのに……

常石港の備後商船フェリー乗り場 備後商船の時刻表 
常石港、備後商船のフェリー乗り場。ここまで約3.3km。0630発の尾道港行きに乗り、向島の歌港で下船します。

※フェリーの運賃・時刻表・航路は度々改正されます。レポに記載している情報は古くなっていることがありますので、必ず最新の運賃・時刻表・航路を確認した上で訪れてください。

常石港の日の出 電燈と鳥 
日の出。乗船まで1時間待機します。

備後商船のフェリー「百風」 備後商船のフェリー「百風」 
フェリー「百風」に乗船。かっこいいです。

老朽化した「フェリーびんご」の後継として、平成27年(2015年)に就航したばかりの新しい船。尾道市が所有して備後商船に貸与する方式とのこと。建造は向島の神原造船(p.18)です。

常石港を出発 
0630、出港。常石造船で建造中の船が並んでいます。

常石港から歌港へ 
運賃は船内で支払うシステム。常石港~歌港は自転車込みで710円でした。面倒な輪行と違い、フェリーはそのまま乗船できるから便利。旅感がUPするし、遠回りになってもフェリーを使いたいのです。

歌港

向島、歌港の備後商船フェリー乗り場 向島、歌港の備後商船フェリー乗り場 
0709、予定通り歌港にて下船。常石港に比べると簡素な乗り場です。

ここは広島県尾道市の向島。中世まで「歌島」と呼ばれていたのが、やがて尾道の向かいの島という意味の「向島」に。歴史的には備後国御調(みつぎ)郡に属した地域であり、江戸時代は浅野氏の広島藩の領地になりました。

「御調」の由来は不明ですが「貢ぎ」に通じており、律令制における租税制度の「調」に関係ありそうです。この地方の伝説によると神功皇后の三韓征伐に際して、軍船に水を貢いだことから水調郡(御調郡)が生まれたとか。おそらく中世以降に成立した伝承と考えられますが、そういう言い伝えは大切にしたいです。

かつては向島西村・向島東村・立花村・岩子島村から成り立っていた向島。昭和25年(1950年)、向島西村が向島町に改称。昭和29年(1954年)、向島東村が向東町に改称。立花村、後に岩子島村が向島町に編入されています。この時代、向島と尾道の間に橋は存在しませんでした。

昭和43年(1968年)には尾道大橋が開通。昭和45年(1970年)、向東町が尾道市に編入。平成17年(2005年)、向島町も尾道市に編入され、とうとう御調郡は消滅、島全域が尾道市になりました。律令制の成立から用いられた歴史的な行政区分が、平成の大合併で失われてしまったのです。

向島の海沿いを走る サイクリング用の地図 
0715、流れるように出発。向島の北を走って尾道に渡ります。

分かりにくい探訪ポイントが多いため、「Googleマップ」を元に探訪用の地図を作成。『ツーリングマップル中国・四国 2007年版』も携行。10年前の「瀬戸内ツーリング I」から使っている思い出の地図です。
(詳細はナビゲーションのページを参照)

1回で全部カバーできるはずがなく、後日、徒歩で再訪して補完するという構想。それでも撮りこぼしがあって中々完成させられず、2019年12月、5回目の補完でひとまず執筆に着手。レポを公開できたのは3年後、2020年のことでした。

当初は「かみちゅ!」の舞台探訪だった企画。何度も通ううちにそれだけでは済まないことに気付き、尾道と向島の歴史や風景を幅広く紹介するレポに転換。補完写真を盛り込んで、かなり冗長な内容になっています。アニメの話題を求める人には向いていないかも……

向島地図 
こちらが向島の地図。「かみちゅ!」の探訪ポイントになる場所は、尾道水道に面した渡船乗り場に集中しています。自転車を使えば余裕で一周できるぐらいの距離。徒歩で探訪するのはきついと思います。

本レポの構成としては…まず尾道の眺望を得られる岩屋山に寄り道。福本渡船(p.2)を利用して尾道に渡ります。
向島の最高峰で島内と瀬戸内海を見渡せる高見山、「かみちゅ!」で使われた津部田の坂道はp.17から。駅前渡船、尾道渡船、兼吉の丘はp.18で補完しています。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記。利用規約に基づいて掲載しています。

向島の海沿いの地道 
R377から海沿いの地道に乗り換え。向島は交通量が少なく走りやすいです。

探訪のメインカメラは工事現場用のコンデジ、RICOH G800。サブカメラとしてフィルム式の一眼、PENTAX SPも携行しました。カメラとかフィルムの話題は尾道に渡ってからやります。
(詳細は「GEARS」を参照)

向島の桑田渡船フェリー乗り場跡 向島の桑田渡船フェリー乗り場跡 
桑田渡船フェリー乗り場跡。尾道水道の連絡には渡船が欠かせません。地元の車、自転車、徒歩の乗客が毎日利用し、全盛期には9つの航路が繁盛していたそうです。

しかし昭和43年(1968年)に尾道大橋が開通すると、利用者が減少して経営が成り立たなくなり、航路が縮小。桑田渡船も平成23年(2011年)に廃止されてしまいました。現在では福本渡船・駅前渡船・尾道渡船が存続しています。

尾道水道に架かる尾道大橋と新尾道大橋 
尾道水道の様子。尾道を象徴する2本の斜張橋が架けられており、手前が尾道大橋(R317)、奥が新尾道大橋です。「かみちゅ!」の時代設定は1980年代ですから、作中では尾道大橋のみ描かれていました。

新尾道大橋は平成11年(1999年)に開通。西瀬戸自動車道(しまなみ海道)の起点であり、尾道~今治を結ぶ自動車専用のルートの一部。自転車が通行できない道には興味ないです。あっそ、って感じ。

尾道大橋へ 
狭い山道を上がって橋の向こうへ。

尾道大橋をくぐる 新尾道大橋をくぐる 
尾道大橋と新尾道大橋をくぐります。

尾道大橋は徒歩・自転車ともに通行できますが歩道狭すぎ。自転車は非常に危険なので渡船の利用が推奨されています。ゆりえ様が尾道大橋を自転車で走る場面がありましたけど、あれは渡船が運休している場合の非常手段です。危ないから走らないで!

R317を跨いで岩屋山へ R317を跨いで岩屋山へ 
橋をくぐり、R317を跨いで岩屋山へ。気温は30℃。もう暑くなってきました。

岩屋山

向島の岩屋山 向島の岩屋山 
0745、岩屋山に到着。最初の寄り道です。自転車を置いて山歩き…した割には写真が少なくて、いきなり補完が必要になりました。何しに来たんだか。

岩屋山ミステリーツアー 岩屋山ミステリーツアー 
というわけで2019年12月15日。この辺は「かみちゅ!」とは関係ないです。

尾道大橋の付け根に位置する岩屋山(102m)。その名の通りゴツゴツした岩山で、尾道からよく目立ちます。山頂一帯には巨石群が点在し、古代信仰の痕跡とかなんとか。「岩屋山ミステリーツアー」として宣伝・整備されています。これってトンデモ系なのでは……?

岩屋山地形図 
こちらが岩屋山の地形図。巨石群を巡って山頂に向かうルートと、大元神社の参道を通るルートがあります。尾道水道の眺望を得られるのは山頂の北西。p.2からどうぞ。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。「カシミール3D」で出力し、ポイントを追記しています。

岩屋山の案内地図 岩屋山 
2019年12月15日。案内地図に従って岩屋山を探訪します。

岩屋山 岩屋山の標柱 
岩屋山の巨石 大正8年に奉納された標柱 
2019年12月15日。いきなり巨石が出現。この標柱は大正8年(1919年)に奉納されました。

巨石を祀る祠 巨石を祀る祠 
巨石を祀る祠 岩屋山の標柱 
2019年12月15日。巨石をお祀りしていると思われる祠。

信仰の対象となる巨石は磐座と呼ばれます。磐座の祭祀は古代から日本各地に存在しており、岩屋山の巨石群もその一つだったと想像できます。立派な巨石は神様の依代に相応しいですからね。

5回目の補完からコンデジをRICOH WG-6に更新。MINOLTA α8700iとPENTAX SPの3台態勢です。フィルムはFUJIFILM Velvia 100(リバーサル)と、Lomography Color Negative 400(ネガ)を使用。
(詳細は「GEARS」を参照)

岩屋巨石正面 岩屋巨石正面の案内板 
2019年12月15日。いかにも磐座な岩屋巨石正面です。

岩屋巨石正面 岩屋巨石正面 
岩屋巨石正面 岩屋巨石正面の拝所 
2019年12月15日。どれほどの根拠があるのか知りませんが、この岩屋は古代の太陽信仰や天岩戸の神話に関係するとか。あくまで推測であって、古代に作られたなどと断定はできません。

岩屋巨石、飛び出す石 
岩屋巨石、飛び出す石 岩屋巨石、飛び出す石の案内板 
2019年12月15日。岩屋巨石、飛び出す石。『古事記』と『日本書紀』に登場する天岩戸に見立てています。

岩屋の下の祠 岩屋巨石、飛び出す石 
2019年12月15日。岩屋の下の祠は稲荷神社でしょうか。

岩屋山の祠 岩屋巨石 
岩屋山 岩屋山の石仏 
2019年12月15日。周辺には祠や石仏が点在しています。

岩屋山 岩屋山の標識 
石仏が並ぶ山道 石仏が並ぶ山道 
2019年12月15日。石仏が並ぶ山道。古代信仰はともかく、信仰の山であることは間違いないです。

岩屋山 陽石の案内板 
陽石 陽石 
2019年12月15日。アレの形をした陽石。岩屋を陰石、こちらを陽石に見立てているらしい。

岩屋山の山頂方面へ 
2019年12月15日。山頂方面へ登ります。

岩屋山から向島最高峰の高見山 
岩屋巨石割れ目 巨石に彫られた不動明王 
不動明王が彫られた岩屋巨石割れ目。南には西瀬戸自動車道と向島最高峰の高見山(283.3m)。3日目に上るつもりだったのが天気が悪くてキャンセル。2019年に補完することになりました。(p.17

岩屋巨石割れ目 岩屋巨石割れ目の案内板 
2019年12月15日。山中の磐座を巡拝する信仰は、中世に隆盛した修験道に通じているように思います。

岩屋巨石割れ目 巨石に彫られた不動明王 
岩屋巨石割れ目 
2019年12月15日。いかにも意味ありげに割れています。これも古代の太陽信仰に関係するらしいですよ。

岩屋山の巨石 岩屋山の巨石 
岩屋山の巨石 岩屋山から向島の眺望 
2019年12月15日。薬師堂へ。独特な形状の巨石が鎮座しています。

岩屋山の薬師堂 岩屋山から尾道の眺望 
薬師堂の後背から尾道の眺望。正面に尾道三山の一つ、千光寺山が見えます。千光寺にも巨石群が点在し、岩屋山と関係あるとか。こちらはp.10で補完しています…って補完ばっかりです。

岩屋山の薬師堂 
千光寺山パノラマビュー 千光寺山パノラマビューの案内板 
2019年12月15日。薬師堂後背の千光寺山パノラマビュー。木々が生い茂り、千光寺は見えませんでした。

大元神社へ 大元神社 
竹林を抜けると大元神社。
次ページに続きます。

ページトップに戻ります。

「中国地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。