戸隠ハイキング II

01|長野駅~戸隠神社宝光社~火之御子社~中社~随神門
02~戸隠神社奥社宝光社・火之御子社・中社・奥社
03|~随神門~鏡池~中社~長野駅

2016年3月5日(土) 2日目

2_60 2_61 
随神門をくぐると杉並木の参道です。
戸隠神社奥社まで、あと1kmほど。

2_63 2_62 
徐々に緩い登りになります。

2_64 
奥社までもう少し。
左手に、飯綱大明神を祀る飯綱社があります。

2_65 2_82 
1028、奥社エリアです。
社務所手前には、戸隠山(1904m)への登山口。

※戸隠山には登山道が整備されているものの、
鎖場や蟻の戸渡りと呼ばれる危険箇所があり、墜落事故が多発しています。
昭文社の『山と高原地図18』では熟練者の同行やロープの携行を推奨しており、
無雪期であっても気軽に登れる山ではありません。念のため。

2_80 
2_81 2_66 
手水舎の様子。凍ってます。
例年より少ないとはいえ、それなりの積雪。
足回りは万全の装備で訪れましょう。

2_67 2_70 
拝殿にて参拝。

奥社の祭神は天手力雄命。
孝元天皇5年(紀元前210年頃)の創建と伝わりますが、
嘉祥2年(849年)、 学問行者が当地で修験を始めたのが起源ともされています。

2_68 2_83 
2_69 
北に見えるのは九頭龍山(1882.7m)。
これが、天手力雄命が投げ飛ばした天岩戸なんですね。

東方的には、「萃夢想」の伊吹萃香の元ネタの一つ。
秘封倶楽部の「伊弉諾物質」でも触れられています。
その手の情報は「善光寺・戸隠神社探訪」からどうぞ。

2_71 2_77 
奥社手前には、九頭龍大神を祀る九頭龍社。
創建年代は不詳。奥社で天手力雄命が祀られる前から、
戸隠の地主神として崇敬されていたようです。
こちらは冬期閉鎖中。

2_78 
社務所も閉鎖されています。
屋根に積もった雪が滑り落ちました。危ない。

2_79 2_76 
九頭龍山を眺めつつ、一旦休憩・・・

1 2 
2010年3月12日撮影分。
初めて戸隠を訪れた際の写真です。
今回は積雪が少ないので、補完的に掲載。
0800、まずは宝光社からスタートしましょう。

3 4 
冬季閉鎖中のため、ご用の方は中社まで。
この時点で標高1000m以上、よく積もってます。

7 6 
5 
境内へ。

8 9 
石段らしき斜面を登ります。

10 11 
社殿の様子。

12 
R36で火之御子社へ。

13 14 
こちらが社殿です。

15 16 
再びR36で中社へ。

17 18 
19 20 
0902、中社までやってきました。

22 21 
女坂を登って社殿へ。

23 24 
社殿の様子。もう6年経ちました。

25 26 
かなり積もっているのが分かると思います。

27 28 
29 
中社を出て、奥社入口へ。

31 30 
0950、奥社参道入口です。

32 33 
34 
スノーシューを装着して奥社へ。

35 36 
正面には戸隠山。素晴らしい情景です。

38 39 
1040、随神門。

40 41 
杉並木の参道を歩きます。

42 54 
55 43 
まもなく奥社。

45 
1140、奥社。
鳥居が雪に埋まってます。

46 47 
このスケール感が伝わるといいのですが・・・

49 48 
50 
雪に埋もれた社殿。
一応、参拝スペースは確保されています。
滑り降りるのは簡単ですが、脱出が大変。

51 52 
社殿から南東方面の眺望。

手前に怪無山、奥にそびえるのが飯縄山(1917m)。
神仏習合の飯縄権現で知られる山で、山頂付近に飯縄神社があります。
東方では、「妖々夢」の八雲藍の元ネタの一つと言えるでしょう。

44 53 
社務所と九頭龍社は雪の中。
ここまで2010年撮影分でした。

2_84 
1055、リターン開始。
ラスト、3ページ目に続きます。

「中部地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。