戸隠ハイキング II

01長野駅~戸隠神社宝光社~火之御子社~中社~随神門
02|~戸隠神社奥社|宝光社・火之御子社・中社・奥社
03|~随神門~鏡池~中社~長野駅

2016年3月4日(金) 1日目
冬の長野遠征。
スノーシューを楽しむハイキングプラン。
雪に閉ざされた戸隠を歩きます。

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。
必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。
サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁です。

1_1 
2227、JR長野駅にて下車。
仕事を終えて、兵庫県から4時間半かけて出動してきました。
時間が限られているため、今回も贅沢させてもらいます。

1_2 1_3 
長野駅善光寺口の様子。
信越本線と北陸新幹線が乗り入れる大きな駅。
ここは長野県長野市です。

1_5 
コンビニで買い出しを済ませ、「長野第一ホテル」にIN。
ザックを探訪用にパッキングして準備完了。
2400、休む間もなく就寝・・・

2016年3月5日(土) 2日目
探訪本番。

2_1 2_2 
0530起床。
本日の天気は快晴とのこと。
気温も高くなるそうです。

2_3 
0615、出発。
今回は2泊3日の探訪プラン。
17時頃にはホテルに戻りますよ。

2_4 
長野駅前の長野駅バス停にて待機。
今のうちに、スパッツやザックカバーを装着しておきます。

2_5 
アルピコ交通、川中島バスを利用して戸隠へ。
0700、スキーヤー達に紛れて戸隠高原行きに乗車。

※バスの運賃や時刻表は頻繁に改正されます。
レポ記載の情報は古くなっていることがあるので、
必ず最新の情報を入手した上で訪れてください。

2_6 
浅川ループラインを経て1時間ぐらい。
今回は戸隠連峰がバッチリ見えますね。

2_7 
0754、戸隠宝光社バス停にて下車。
運賃は1150円です。

戸隠地図 
こちらが戸隠周辺の地図。
今回のルートも宝光社~火之御子社~中社~奥社入口~奥社~鏡池~中社。
宝光社→火之御子社→中社→奥社・九頭龍社の順に戸隠神社を巡ります。
東方の探訪としては、2015年9月の「善光寺・戸隠神社探訪」でひとまず完結。
普通のハイキングプランとなります。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。
「カシミール3D」で出力し、ポイント及びルートを追記。
利用規約に基づいて掲載しています。

2_8 
早速、R36から戸隠神社宝光社へ。
う~ん、雪が少ないような・・・

2_10 2_9 
2_11 2_12 
気温は5℃。
今年は暖冬で、あまり積もっていない様子。

2_13 2_14 
2_15 
社殿まで、急な石段を登ります。

2_16 
雪で滑りやすく、とても危険。
左手の女坂から登ったほうがいいでしょう。

2_17 2_18 
社殿にて参拝。
宝光社の創建は康平元年(1058年)のこと。
天八意思兼命の御子神である天表春命をお祀りしています。

2_19 2_20 
戸隠という地名は、天照大神の岩戸隠れに因んだもの。
天手力雄命が投げた天岩戸が、当地に飛んできて戸隠山になりました。

戸隠神社は奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社から成り、
岩戸開きで活躍した神々を祀ります。・・・と、前回のレポから大体コピペ。

2_21 
0822、火之御子社と中社に繋がる神道へ。

2_22 2_23 
小鳥の森を抜ける、短いハイキングコース。
既にスノーシューのトレースがいっぱい。

2_24 2_25 
0830、伏拝所を通過。

2_26 2_27 
分岐を右に入り、火之御子社へ。
平成17年(2005年)の編入合併により、上水内郡の戸隠村は消滅。
現在では長野市の一部になっています。

2_28 
0837、火之御子社の境内に下りました。

2_30 2_29 
こちらが戸隠神社火之御子社。
承徳2年(1098年)の創建で、主祭神は天鈿女命。
高皇産霊命、栲幡千千姫命、天忍穂耳命を配祀しています。

2_31 
入口の鳥居はR36に面しています。
除雪されていますが、つづら折れの狭い車道。
マイカーでアクセスする際は気を付けてください。

2_32 
では、先程の分岐に戻ります。

2_33 
神道を抜けて中社へ。
北東の正面に見えるのは怪無山(1549m)。
戸隠スキー場中社ゲレンデが整備されています。

2_34 2_35 
R36に合流すると、まもなく中社。

2_36 2_37 
0900、R36を渡って戸隠神社中社。

2_38 2_39 
境内へ。正面の石段は封鎖。
左手の女坂を登ります。

2_40 2_43 
社殿にて参拝。

中社の祭神は天八意思兼命。
寛治元年(1087年)、奥社と宝光社の間に創建されました。
規模やアクセス的には、ここが戸隠神社の中心となっています。

2_42 2_41 
境内の様子。
観光客は少なく、落ち着いた雰囲気。
雪のあるシーズンはオススメです。

2_44 
境内を出て、奥社入口に向かいます。

2_45 
R36を進行。車に気を付けて歩きましょう。

2_46 2_47 
0938、奥社参道入口。
北西には戸隠連峰がそびえています。

2_48 2_49 
麓の奥社まで2kmほど。
写っていませんが、ハイカーは結構多いです。

2_51 
さかさ川を渡り、鳥居をくぐって参道へ。

2_52 2_53 
スノーシューを使うようなコンディションではありません。
地元の方によると、今年の積雪は例年より1mも低いとのこと。

2_54 2_55 
まもなく中間点の随神門。
雰囲気のいい道です。

2_56 2_57 
1000、随神門までやってきました。
南の鏡池方面、北の戸隠キャンプ場方面への分岐があります。

2_58 2_59 
随神門から奥社へ。
次ページに続きます。

「中部地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。