佐渡島ツーリング

01|プロローグ
02|北海道~小樽港~新潟港
03|新潟港~両津港
04|両津港~小木港
05|小木港~二見
06|二見~二ッ岩大明神
07|二ッ岩大明神~岩谷口
08岩谷口~両津港
09|***
10|エピローグ

2013年8月13日(日) 3日目(21日目)
最後の佐渡島。

3_1 
0430起床。あまり寝れませんでした。

天気は晴れ。
風が強く、雨の前触れのような感じ。
車のキャンパーが増えていました。

3_2 
現在地は新潟県佐渡市、岩谷口の駐車場。
トイレに行ったら、張り紙にこんな落書きが。

願わくば 桜の下にて 春死なん
その如月(きさらぎ)の 望月の頃
西行
法師

旅先では西行法師が訪れた跡をよく見かけますが、
まさかこんな形で出会うことになるとは思いませんでした。
2016年4月の「弘川寺探訪 II」では、西行が晩年を過ごし、
墳墓の残る大阪府の弘川寺を訪れています。

ちなみに「桜」ではなく「花」が正解。
惜しいですね。

3_3 3_4 
まだ日は昇っていません。
朝食は昨日セーブオンで補給したおにぎり。
出発の準備をして、明るくなるのを待ちましょう。

3_5 3_6 
0525、ESCAPE氏と別れて早めの出発。
同じ方向ですから、両津港で会うかもしれません。

3_7 
岩谷口からZ坂こと跳坂へ。
なるほど、斜面にZ型に設けられているのですね。

本日の目的地は中部の両津港です。
午前中に到着して、1240の便に乗船する予定。
距離は約47km。佐渡島の行程はこれで終わり。
実質最終日となります。

3_8 3_98 
取り付き開始。

こうやって、いかにもな感じで延びる坂は、
実際には普通に上れるケースがとても多いです。
何の前触れもなく現れる急坂こそ、一番恐ろしい・・・

3_9 3_10 
小さな橋やトンネルを抜けていきます。

3_11 3_12 
あっさりZ坂をクリア。後は下るだけ。
ちょっとした上りが残っている程度です。

3_13 3_14 
田んぼルート。
日はまだ山の向こう側。

3_15 
断崖沿いの道を走ります。
ここまで下りたら、しばらく平坦になるはず。

3_16 3_17 
3_18 
素掘りのトンネル群を抜けると日差しが。
向こうには大野亀が見えています。

3_19 3_20 
鳥と蟹です。

3_21 3_22 
大野亀。
この辺りの上りが地味に手強い。

3_23 
少し走ると二ツ亀。
休憩がてら寄ってみようかと思いましたが、
海岸まで下る必要があるらしい。スルーで。

3_24 
天気は快晴。
早朝の雲や風は完全に消えてしまいました。
順調なペースで進みます。

3_25 3_26 
鷲崎を通過。静かに走ろうね。

3_27 3_28 
海沿いルート。
今日は狭い道が多い。

3_29 3_30 
交通量は皆無で安全に走れます。
若干、舗装が荒れている箇所がありました。

3_31 
そしてアップダウン。
昨日ほど険しくはないですね。

3_32 
0735、弁天付近の自販機で小休止。
ここまで約25km。両津港まで半分を過ぎました。

3_34 3_35 
トンネルや漁村を抜けて両津港へ。
後は平坦な海沿いルート。

3_36 3_37 
両津港がうっすらと見えてきました。

3_40 
3_39 3_38 
内陸と海の様子。
南西には島内の最高峰である金北山(1172.1m)。
こうしてみると、佐渡島が大きな島だと実感できます。

3_41 3_42 
まもなく両津港。
佐渡汽船のカーフェリーが見えます。

3_43 
両津市街に入りました。

3_44 3_99 
佐渡汽船乗り場へ。

3_47 3_46 
0905、両津港ターミナルに到着。
予定通り約47.8km。佐渡島一周を終えました。

後からやってきたESCAPE氏とも合流。
彼は小木港まで、私はここで行程終了。
お互いの無事を願って別れます。

3_49 3_50 
ゆっくりする前に乗船券売り場へ。
新潟港行き、1240~1510の乗船券を購入。
2等船室は自転車込みで3960円です。

3_51 
これで佐渡一周線は攻略完了。
短いながらも素晴らしい旅になりました。
では、帰路に向けた準備を始めましょう。

3_52 
とりあえず日陰に退避。
新潟に着いたら、サイドバッグとパニアバッグを郵便局から自宅に送り返します。
今のうちにバッグ内を整理して再パッキング。新潟での作業時間短縮に努めます。

作業していたら複数のサイクリストに遭遇。
ロードバイクのサイクリストや、MTBのHIP-HOP風グループまで。
サイクリストの間ではメジャーな島になっているようです。

3_54 
本日の走行距離は約49km。
佐渡島の総合走行距離は約254.3km。
二ッ岩の探訪を含めて、一周+αの距離となりました。

ルート自体は一本道で、距離もそれなり。
一見するとノーマル程度の難易度に見えますが、
大小のアップダウンが多く、特に南部の上りはきついです。
総合的にはハードといったところでしょう。

3_55 
1130、そろそろ待機します。

ここでもロードバイクのサイクリストに出会いました。
相川在住で、佐渡島の道を知り尽くしているベテラン。
彼にとっても「佐渡島は楽をさせてくれない」とのこと。
やはり恐ろしい島です。

3_56 
1155、カーフェリー「おけさ丸」が入港。

3_59 3_58 
下船を見守るドライバー&ライダー達。

3_60 
サイクリストのグループが下りてきました。

1210、佐渡島の旅を終えて乗船。
次ページに続きます。

「中部地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。