佐渡島ツーリング

01|プロローグ
02|北海道~小樽港~新潟港
03新潟港~両津港
04|***
05|***
06|***
07|***
08|***
09|***
10|エピローグ

2013年8月11日(日) 1日目(19日目)
島へ。

1_2 
フェリーを下船して、現在地は新潟県新潟市の新潟港。
乗り換えがあるため、ゆっくりしている場合ではありません。

新日本海フェリーの新潟フェリーターミナルと、
佐渡汽船の新潟港ターミナルは4kmほど離れています。
まずは新潟市街をかすめて、佐渡汽船の乗り場へ急行。

天気は曇り。内地の市街地は久しぶりです。

1_5 
0653、佐渡汽船の新潟港ターミナルに到着。
徒歩の乗客はこちらで乗船券を購入してください。

1_6 1_7 
私は自転車ですから、航送車の乗船券売り場へ。
小樽で予約しておいた両津港行き、0925~1155の乗船券を購入。
新潟港~両津港はメインの航路になっており、便数が多いです。

1_8 
2等船室は自転車込みで3960円。
「帰りの便も予約しますか?」と聞かれましたが、
行き当たりばったりで走るので今は買いません。

1_17 
乗船準備が完了し、しばらく休憩タイム。
新潟での走行距離は約4.2kmとなりました。
佐渡島に上陸したら、多分ノンストップでしょう。

1_14 1_13 
1_12 
佐渡島の行程に備えて自転車と装備を点検。
マシンの完成から5年以上、とことん酷使してきました。
リアディレイラーは塵を巻き込んで悲惨なことになってます。
この旅が終わったら、今年2回目のオーバーホールが必要。

1_10 1_9 
5月の「山陰ツーリング II」でクラックが入ったリアフェンダーは、
北海道の中盤で完全に破断。テープでリアキャリアに固定しています。
テールライトは機能停止。これまで沢山の厄から私を守ってくれました。
もちろん、スペアのライトがあるから安全上は問題ありません。

1_19 1_18 
乗船開始は出港の45分前。
時間があるので乗り場付近を散策します。

佐渡汽船はジェットフォイルと呼ばれる高速船も保有しており、
カーフェリーで2時間30分の航路を1時間5分で航行可能です。
車両を積める構造にはなっておらず、乗船は徒歩のみ。
バックパッキングやトレッキングで訪れる方はどうぞ。

1_23 
そろそろ待機する時間。
佐渡島行きの車は新潟ナンバーと県外ナンバーが半々。
それぞれ帰省や観光など、色んな目的があるのでしょうね。

1_25 1_26 
0835、カーフェリー「おけさ丸」が入港。
国内の離島航路では最大級のカーフェリーです。
これから佐渡島ツーリングへ向かうライダーの姿も。

ドライバーか観光客か分かりませんが、接岸中の立ち入り禁止区域に
子供を連れて侵入するおバカがちらほら。係員さんに追い返されてました。

1_27 1_28 
0845、一足先に乗船。
自転車は車両甲板から乗船することになります。
フロントバッグを外し、自転車の固定は係員さんにお任せ。

1_29 
2等船室にIN。
マイカーや徒歩の乗客でごった返す前に場所を確保。
静かに寝られるような状況ではありません。

1_31 
まもなく出港。船内を散策します。
こちらは3階のエントランスホール。

遠方のツーリングでは頻繁にフェリーを利用しますが、
あくまで移動手段。こうして船内を歩き回ることはありません。
今回は佐渡島の探訪ということで、写真多めでやってます。

1_35 1_33 
0925、出港。サイドデッキには乗客がいっぱい。
カモメやウミネコに給餌しているようです。

1_36 1_38 
新潟港を離れます。向こうに停泊しているのは、
北海道から乗ってきた新日本海フェリーの「ゆうかり」。

1_41 
北海道から新潟を経由して、佐渡島へ出動。
3週間ぶりの内地を、早々と後にするのでした。

1_42 1_43 
・・・というわけで、船内探訪を再開。
4階、後部デッキ及びイベントプラザ。

1_44 
3階のイベントプラザ。2等船室が混雑するので、
こういうところで時間を過ごす人も沢山います。

1_45 1_46 
1_47 
同じく3階。食堂、売店、ゲーセンがあります。

1_48 1_49 
再びエントランスホール。
そろそろ船室に戻りましょうか。

1_50 1_51 
2等船室に戻って今後のプランをおさらい。
既に何度も見返してますけど暇潰しです。

地図は『ツーリングマップル北海道 2008年版』から、
『ツーリングマップル関東・甲信越 2010年版』に引き継ぎ。
どの地図も、満遍なく使い込んでボロボロになっていきます。
(詳細はナビゲーションのページを参照)

1_52 
1120、サイドデッキに出たら佐渡島が見えました。
あと30分で両津港。下船の準備をしておきます。
今日は空気が霞んでおり、視程が悪いですね。

1_53 
サイクリスト向け(?)の小ネタ。
新潟港~両津港、直江津港~小木港の航路は、
海上のR350になっている模様。もちろん走れません。

1_55 1_56 
下船のアナウンスで車両甲板へ。
バイオレンスな飛び出し注意。

1_57 
1155、定刻通り両津港に入りました。
前方の車が出たら下船となります。

いよいよ佐渡島上陸。
次ページに続きます。

「中部地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。