佐渡島ツーリング

01プロローグ
02|***
03|***
04|***
05|***
06|***
07|***
08|***
09|***
10|エピローグ

2013年8月11日(日)~8月14日(水)
二ッ岩マミゾウの故郷、佐渡島。
サイクルツーリングを始めた頃から気になっていた島に、
ようやく乗り込む機会がやってきました。まずは計画概要から。

※当サイトの内容を過信して発生したトラブルには一切の責任を負いかねます。
必ず注意事項に目を通してからレポをお楽しみくださいますよう、強くお願いします。
サイト内に掲載している写真・文章等のコンテンツは、形態を問わず転載厳禁。
野宿要素が大変多く含まれているので、苦手な方はお引き取りください。

・計画
7月24日に兵庫県の自宅を出発。
舞鶴港から新日本海フェリーで北海道の小樽港に上陸します。
3週間ぐらいノープランの北海道ツーリングを楽しんだ後、
小樽港から新日本海フェリーで新潟港へ。
ここまでが導入部。

佐渡島略地図 
新潟港から佐渡汽船で佐渡島中部の両津港に上陸すると、
海沿いを時計回りに走って佐渡島を一周。中間点の相川では、
「神霊廟」の二ッ岩マミゾウの元ネタである二ッ岩大明神に寄り道。
一周を終えたら、両津港から新潟港に戻って行程終了。
JR新潟駅から輪行で撤収となります。

佐渡島は一周約210km。これを3日ほどで走ります。
補給が少ないため基本的に自炊、宿泊は野宿が中心。
概ねいつも通りのプランです。

・装備
キャンピング仕様のTOEIスポルティーフ 
いつものTOEIスポルティーフ、キャンプツーリング仕様。
キャリアにはフロントバッグ・サイドバッグ・パニアバッグを積載。
北海道を含めると3週間以上の旅になるため、フル装備で実施します。
自転車や装備の詳細は、「GEARS」を参照してください。

まずは、導入部の北海道からどうぞ。

「中部地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。