守屋山ハイキング II

01|岡谷駅~洩矢神社~下社秋宮~下社春宮~茅野駅
02|茅野駅~上社前宮~御頭御社宮司総社~上社本宮
03上社本宮~守屋神社奥宮~守屋山西峰
04|守屋山西峰~守屋神社里宮~茅野駅

2017年1月28日(土) 2日目

2_79 2_80 
諏訪大社上社本宮から守屋山へ。

東参道の鳥居をくぐって境内を出ると、
右手には蠶玉大神を祀る蠶玉神社があります。
そのまま山手へ進んで、法華寺前を左折します。

2_81 2_82 
大工の神様を祀る墨繩神社へ登ります。

2_84 
2_85 2_83 
神宮寺跡に出ました。
神仏習合の時代には五重塔や普賢堂があったところ。
明治時代に跡形もなく取り壊され、法華寺のみ現存しています。

2_86 2_87 
ここから先は積雪が増えそうです。
今のうちにスパッツを装着し、軽アイゼンも用意。
冬山ですから、足回りは万全の態勢で登りましょう。

守屋山地図 
こちらが守屋山周辺の地図。
本宮付近の登山口をスタートしたら、
守屋山水呑場山荘を経て守屋神社奥宮のある東峰へ。
主峰となる西峰で折り返して、守屋神社里宮まで下ります。

後はR152を歩いて杖突峠の駐車場へ。
早めに着いたら、守屋山水呑場山荘を経て本宮までリターン。
遅くなればR152で茅野へ下ってゴールとなります。

※国土地理院の「地理院地図(新版)」から抜粋。
「カシミール3D」で出力し、ポイント及びルートを追記。
利用規約に基づいて掲載しています。

2_89 2_88 
0900、出発。
墓地の前を通って片山展望台へ向かいます。

神体山には許可なく入山禁止とありますが、
現在の諏訪大社が所有しているのは守屋山麓一帯のエリア。
守屋山自体は一般のハイカーでも入山可能となっています。

2_90 2_91 
女沢川を渡り、獣害対策のネットを開けて展望台へ。

2_92 2_102 
野生動物の足跡が残っていました。
これは鹿と狸かな?

2_93 
丘陵に広がる畑の脇を歩きます。
天気は快晴、気温は0℃。もう暑い。

2_94 2_95 
2_96 2_97 
0912、片山展望台(838.7m)。
この丘陵全体が武居畑遺跡に指定されており、
縄文時代の集落跡と考えられているそうです。

2_98 2_101 
展望台の北には諏訪盆地が広がっています。
諏訪湖西岸の上諏訪市街から北岸の下諏訪市街。
奥の山は筑摩山地の鉢伏山(1928.8m)ですね。

2_100 
北東には、霧ヶ峰の最高峰となる車山(1924.7m)。
山頂に設置された車山気象レーダー観測所が見えます。

2_103 
畑を抜けて登山口へ。
東の正面には八ヶ岳のシルエット。

2_104 
2_105 2_106 
0935、車道と合流して登山口。

平成の猪垣を抜けて武居城址森林公園をかすめ、
ひたすら守屋山へ登っていく長いルートの入口です。
登山口と表示されているわけではありませんが、
起点として分かりやすいから登山口扱いに。

2_108 2_107 
山手の祠。左は詳細不明、右は蛭子社とのこと。
ここは林道の起点にもなっているようです。

2_109 
ちなみに平成の猪垣はショートカットできません。
壊れそうな扉があり、無理に開けるのは駄目っぽい。

2_111 
というわけで、無難に林道を上ります。

守屋山は伊那山地の一部であり、
糸魚川静岡構造線と中央構造線の交差点。
盆地から一気に盛り上がり、そこそこ急な地形となっています。
本宮の標高が800mぐらいですから、山頂まで750mの登りです。

2_112 2_113 
平成の猪垣を抜けると、右手に武居城址森林公園の入口。
0945、林道を外れて守屋山に取り付き開始。

※気軽に歩けるハイキングコースですが、
積雪期はそれなりの装備が必要になります。
麓から登ると長いルートなので、念のため。

2_114 2_115 
武居城址へ登ります。
詳細はパネルを参照してください。

2_116 2_117 
0955、武居城址森林公園。
こじんまりした休憩ポイントです。

2_118 
ノンストップで守屋山を目指します。
2_119 2_120 
スノーシュー装備のハイカー1名が先行している模様。
積雪は少なく、スノーシューでは歩きにくいでしょう。

2_121 
先程の林道と交差。真っ直ぐ渡って尾根道へ。
地形をよく見てナビゲーションすれば大丈夫。

2_122 2_123 
1400mのピークまで尾根道が続きます。
このルートは諏訪市と茅野市の境界になってますね。

2_124 2_125 
2_126 
東には八ヶ岳と、西麓の田園風景。
高度が上がり一気に冷えてきました。

2_127 2_128 
2_129 
トレースを辿り、黙々と登ります。
険しいルートではありません。

2_130 2_131 
1400mのピークを越えて林道に合流。
ようやく守屋山が見えました。

2_132 2_133 
2_134 
東の林道から西の林道へショートカット。

2_135 2_136 
林道を進んだハイカー2名と、森の中へ消えていった足跡。
山を縦横無尽に駆け回る野生動物は本当に凄いと思います。
私は装備に頼りっぱなしなので。

2_137 
1140、やっとのことで広場に到着。
登山口から2時間かかりました。

2_138 2_139 
2_141 
ここまで来れば、後は無難なハイキングコース。
杖突峠の駐車場からスタートするのが一般的らしい。

2_140 2_142 
守屋山水呑場山荘の前を通って守屋山へ。
殆どのハイカーは午前中に登っていったのでしょう。
私は、ゆっくりプランで進行させてもらいますよ。

2_143 
1145、東峰へのメインルートに入ります。

2_144 
踏み固められて歩きやすい尾根道。
諏訪市と伊那市の境界になっています。

2_145 2_146 
ちょっと急な胸突坂を登ります。

2_147 2_148 
岩場を越えると、まもなく東峰。
下山組はアイゼンを装着しています。

2_149 
東峰が見えました。

2_153 
1240、守屋山東峰(1631.2m)。
快晴で期待以上の眺望です。

2_150 
北には諏訪湖と岡谷・下諏訪市街。
その向こうには、奥穂高岳(3190m)を最高峰とする飛騨山脈。
北アルプスとして知られ、急峻な山々が連なるダイナミックな山域です。

2_151 
東には茅野市街と八ヶ岳。
今日の天気は大当たりでした。

2_152 
山頂に設置された方位盤。
誰かがグローブを置き忘れていった様子。

2_155 2_154 
向こうに見えるのは主峰となる西峰。
ノンストップで登ってきたから、そろそろ休憩したい。

2_156 
それでは西峰へ。
東峰の山頂裏手には守屋神社奥宮があります。

2_157 2_158 
祭神は物部守屋大連大神。
祠は鉄格子で保護され、手作りの弓が備えられています。
ミシャグジ神をお祀りしているわけではない様子。

御柱は存在せず、諏訪大社との関連は全くもって不明。
しかし物部守屋と諏訪に一切の繋がりが無いわけではありません。
飛鳥時代に色々あって滅ぼされた物部守屋。その次男の武麿は当地に逃れ、
神長である守矢氏の養子に迎えられて27代目の当主になったと伝わっています。

それ以外には何も分かっていないのですが、
物部守屋に関係の深い山であることは本当らしい。
ミシャグジ神、洩矢神、守矢氏、物部守屋、守屋山・・・うん、分からん。
あまりにも昔のことで、もはや明確な答えなど存在しないのです。

2_159 
東峰から西峰まで軽いアップダウン。
帰りは東峰に戻って、守屋神社里宮へ下ります。

2_160 2_161 
ブナン観音を過ぎて、登りはもう少し続きます。

2_185 2_186 
1300、守屋山中獄(1643m)を通過しました。

2_162 2_163 
カモシカ岩を越えると、まもなく西峰です。

2_164 
そして西峰へ。
ラスト、4ページ目に続きます。

「中部地方の旅」のレポ一覧に戻ります。
「東方巡遊記」に戻ります。